ギガ ファイル 便 遅い。 ギガファイル便が遅いと思った時にチェックしたい事3つとは?!

大容量でも大丈夫!ギガファイル便で送ろう!!

ギガ ファイル 便 遅い

これは、スマートフォンで撮影した写真1枚でもギリギリの容量です。 では、それ以上のファイルを送りたい場合はどの様にすれば良いのでしょうか? 方法はいくつかありますが、大容量ファイル送信サービスを利用するのもひとつの手です。 今回は大容量ファイル送信サービスの使い方をご紹介します。 なぜ容量の大きなファイルを添付してはいけないのか 容量の大きなファイルをメールに添付して送ってしまうと、受け取る相手がメールの受信に時間がかかってしまったり、各種設定によって受けられなかったりする場合があります。 また、そもそも送信が出来ない事もあります。 昔と比べて、インターネット回線の速度は飛躍的に向上しましたが、インターネットは1人で使っているものではありません。 「塵も積もれば山となる」で、各自が好きなようにファイルを送受信していると、思わぬ回線トラブルを引き起こしてしまうかも知れません。 その為、多くのメールサービスでは一度に送信出来るファイルの容量を制限しています。 代表的なWebメールのGmailやYahoo! メールでは1通あたりの上限が25MBに設定されています。 容量の大きなファイルを相手に送りたい時に便利なのが、「ギガファイル便」に代表される様な大容量ファイル送信サービスです。 ギガファイル便の使い方 大容量ファイル送信サービスはいくつかありますが、有名どころの「ギガファイル便」を押さえておけば間違いないでしょう。 ギガファイル便はアップロードもダウンロードも登録なしで、気軽に利用する事が出来ます。 一度に送れる容量は100GBまでですが、困る事はないでしょう。 ギガファイル便: ページの中ほどにある「ここにファイルをドラッグ&ドロップしてください」と書かれた枠の部分に、送りたいファイルをドラッグ&ドロップすれば即座にアップロードが始まります。 そしてアップロードが完了すると、ダウンロード用のURLが表示されます。 こちらのURLをコピーして、送りたい相手にメール等で送信します。 相手がそのURLにアクセスして、ファイルをダウンロードする仕組みです。 保存期間は「7日間」「14日間」「21日間」「30日間」から選べて、その期間を過ぎると自動的にファイルは削除されます。 送った相手に、ダウンロードしたらギガファイル便から削除してもらう為の「削除キー」や、ダウンロードの際に必要な「パスワード」も任意で設定出来ます。 これで、容量を気にする事なくファイルのやり取りが可能になりますね。 スマートフォンでの扱い ビジネスの場面では、パソコン同士という事が多いと思いますが、プライベートでは、iPhone等のスマートフォンで受け取る場合もあるでしょう。 しかし、残念ながらそのままでは、スマートフォンでファイルのダウンロードは出来ません。 ギガファイル便からファイルをダウンロードする場合は、「zipファイル」という圧縮ファイルの形式になりますが、スマートフォンでは圧縮ファイルの取り扱いが出来ません。 そこで、圧縮ファイルを操作する為のアプリを利用する方法があります。 すこし前までは「Clipbox(クリップボックス)」というアプリを利用する方法が良く紹介されていましたが、iPhoneではこのアプリがダウンロード出来なくなりました。 代わりのアプリとしては「Easy zip(イージージップ)」というアプリがあります。 現在「Clipbox」をお持ちの方はそのまま使う事が出来ます。 新たに取得する場合は、「Easy zip」を使う事になりそうです。 いずれもアプリ名とギガファイル便で検索をすれば、やり方が紹介されていますので、参考にしてみてください。 まとめ 大容量のファイルを送る場合に便利な大容量ファイル送信サービス、「ギガファイル便」をご紹介しました。 初めは少し分かりにくい印象があるかも知れませんが、送ってみればすぐに使い方を覚える事が出来ると思います。 容量の大きなファイルを送る場合は、大容量ファイル送信サービスを利用してみましょう。 担当:鬼山 以前、Cドライブの空き容量が減る理由と、空き容量を確保する方法をご紹介しましたが https パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも簡単に利用できるようになった 自治体クラウドという言葉を、見聞きした事はありますか?最近何かと「クラウド」という言葉が話題 クラウドサービスは、ビジネスを効率化してくれる非常に便利なツールです。 cloud-japan. とても便利な一方で、気をつけな ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。 今回は、Microsoft マイクロ デジカメやスマホで撮影した写真、みなさんはどの様に管理しているでしょうか。 たまにスマ ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。 今回は、iPhoneや.

次の

ギガファイル便のすすめ!ギガファイル便の使い方や保存や使い方、遅いのか?など

ギガ ファイル 便 遅い

これは、スマートフォンで撮影した写真1枚でもギリギリの容量です。 では、それ以上のファイルを送りたい場合はどの様にすれば良いのでしょうか? 方法はいくつかありますが、大容量ファイル送信サービスを利用するのもひとつの手です。 今回は大容量ファイル送信サービスの使い方をご紹介します。 なぜ容量の大きなファイルを添付してはいけないのか 容量の大きなファイルをメールに添付して送ってしまうと、受け取る相手がメールの受信に時間がかかってしまったり、各種設定によって受けられなかったりする場合があります。 また、そもそも送信が出来ない事もあります。 昔と比べて、インターネット回線の速度は飛躍的に向上しましたが、インターネットは1人で使っているものではありません。 「塵も積もれば山となる」で、各自が好きなようにファイルを送受信していると、思わぬ回線トラブルを引き起こしてしまうかも知れません。 その為、多くのメールサービスでは一度に送信出来るファイルの容量を制限しています。 代表的なWebメールのGmailやYahoo! メールでは1通あたりの上限が25MBに設定されています。 容量の大きなファイルを相手に送りたい時に便利なのが、「ギガファイル便」に代表される様な大容量ファイル送信サービスです。 ギガファイル便の使い方 大容量ファイル送信サービスはいくつかありますが、有名どころの「ギガファイル便」を押さえておけば間違いないでしょう。 ギガファイル便はアップロードもダウンロードも登録なしで、気軽に利用する事が出来ます。 一度に送れる容量は100GBまでですが、困る事はないでしょう。 ギガファイル便: ページの中ほどにある「ここにファイルをドラッグ&ドロップしてください」と書かれた枠の部分に、送りたいファイルをドラッグ&ドロップすれば即座にアップロードが始まります。 そしてアップロードが完了すると、ダウンロード用のURLが表示されます。 こちらのURLをコピーして、送りたい相手にメール等で送信します。 相手がそのURLにアクセスして、ファイルをダウンロードする仕組みです。 保存期間は「7日間」「14日間」「21日間」「30日間」から選べて、その期間を過ぎると自動的にファイルは削除されます。 送った相手に、ダウンロードしたらギガファイル便から削除してもらう為の「削除キー」や、ダウンロードの際に必要な「パスワード」も任意で設定出来ます。 これで、容量を気にする事なくファイルのやり取りが可能になりますね。 スマートフォンでの扱い ビジネスの場面では、パソコン同士という事が多いと思いますが、プライベートでは、iPhone等のスマートフォンで受け取る場合もあるでしょう。 しかし、残念ながらそのままでは、スマートフォンでファイルのダウンロードは出来ません。 ギガファイル便からファイルをダウンロードする場合は、「zipファイル」という圧縮ファイルの形式になりますが、スマートフォンでは圧縮ファイルの取り扱いが出来ません。 そこで、圧縮ファイルを操作する為のアプリを利用する方法があります。 すこし前までは「Clipbox(クリップボックス)」というアプリを利用する方法が良く紹介されていましたが、iPhoneではこのアプリがダウンロード出来なくなりました。 代わりのアプリとしては「Easy zip(イージージップ)」というアプリがあります。 現在「Clipbox」をお持ちの方はそのまま使う事が出来ます。 新たに取得する場合は、「Easy zip」を使う事になりそうです。 いずれもアプリ名とギガファイル便で検索をすれば、やり方が紹介されていますので、参考にしてみてください。 まとめ 大容量のファイルを送る場合に便利な大容量ファイル送信サービス、「ギガファイル便」をご紹介しました。 初めは少し分かりにくい印象があるかも知れませんが、送ってみればすぐに使い方を覚える事が出来ると思います。 容量の大きなファイルを送る場合は、大容量ファイル送信サービスを利用してみましょう。 担当:鬼山 以前、Cドライブの空き容量が減る理由と、空き容量を確保する方法をご紹介しましたが https パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも簡単に利用できるようになった 自治体クラウドという言葉を、見聞きした事はありますか?最近何かと「クラウド」という言葉が話題 クラウドサービスは、ビジネスを効率化してくれる非常に便利なツールです。 cloud-japan. とても便利な一方で、気をつけな ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。 今回は、Microsoft マイクロ デジカメやスマホで撮影した写真、みなさんはどの様に管理しているでしょうか。 たまにスマ ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。 今回は、iPhoneや.

次の

ギガファイル便のアップロードとダウンロード時間を計測する

ギガ ファイル 便 遅い

パソコンで作業をしていたり、趣味であったり仕事をしていたりすると、たくさんのファイルを送りたい場面って意外に多くあります。 ・旅の思い出写真全部を、参加者全員に送りたい ・わが子の成長記録動画を、遠くに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんへ ・商品写真と解説資料を、Webサイト制作会社へ しかしメール添付量には制限があるし、この時だけのためにFTPサーバを用意するのは手間だし、費用もかかるし。 そんな時に使えるのが、今回ご紹介する「ギガファイル便」です。 スポンサーリンク ギガファイル便とは ギガファイル便とは、大多数・大容量のファイルをまとめて転送するサービスです。 クラウド側にいったん送りたい大容量のファイルを置いて、送りたい人にその場所を知らせることで、受け取る人がそこから取ってもらう、というイメージで使用します。 クラウドに置いたファイルは、最大21日間保持されます。 1ファイル100ギガまでの、無制限です。 通常、クラウドサーバを使用する場合は、レンタルサーバ等の有料サービスを使う場合が多いですが、ギガファイル便は無料です! 会員登録なども無く、個人利用でも、商用利用でも、無料で使えるのがありがたいですね。 ギガファイル便使い方 ギガファイル便の使い方は簡単です。 まずは送信側の操作です。 1:送りたいファイルを用意します。 この時出来ればzipで圧縮して、複数のファイルを1つのファイルにまとめておいた方が、後々楽です。 2:ギガファイル便のサイトにアクセスします。 4:送りたいファイルをドラッグ&ドロップで指定します。 あっという間にアップロードされます!1ファイル毎にURLが1つづつ割り当てられます。 5:表示されたURLを受信者に通知します。 受信者はそのURLにアクセスすることで、ダウンロードが可能になります。 6:複数ファイルを1つづつアップロードした場合、受信者がまとめて1ファイルでダウンロードできるようにしたい場合は、 まとめるファイル名を指定して「まとめる」ボタンを押すと、1つのzipファイルになります。 7:アップロードした際に「削除キー」が割り当てられますので、これを必ずメモまたは画面をキャプチャしておいてください。 アップロード完了した画面を呼び出すことが2度と出来ないので、削除キーを紛失すると、3:で指定した日数まで自分で削除できなくなります。 8:送りたい人にメール等で、アップロード時に表示されたURLと、ファイルの保持期間を伝えます。 画面上から直接メールアドレスを指定してメール通知する機能も、ページ末にあります。 スポンサーリンク 次に受信側の操作です。 1:ファイルの保持期間内に、送信者から送られたURLにアクセスします。 2:ダウンロード画面が表示されますので、好きなファイルを指定してダウンロードします。 ファイルが複数ある場合は「まとめてダウンロード」と「個別ダウンロード」が可能です。 3:「いますぐWebで中身を見る」を選択すると、ブラウザ上でファイルが参照できます。 写真等はサムネイル表示されます。 ギガファイル便は遅いの? ギガファイル便に利用したいのは大容量ファイルですから、アップロードにもダウンロードにも時間がかかる可能性はあります。 それはネット回線の状態、操作するパソコンの性能等に左右されるようです。 ネット回線が混んでいると遅いと言うのは、ストリーミングやあけおめメール等で、イメージが沸くかもしれません。 またプロバイダや、間に入っているルータ等の機材によっては、大容量のファイル送信を規制している場合があります。 この場合は数ファイルに分割して送るようにすると、解消されるかもしれません。 パソコンの性能で影響するのは、主に搭載メモリ量です。 送受信したいファイルは直接ハードディスクに格納するのではなく、いったんメモリに格納する必要があるからです。 自宅のパソコンでは2時間かかったが、ネットカフェのパソコンでは15分で終了した、という方も居るようです。 スポンサーリンク ギガファイル便は危険なの? ファイル転送をメール添付等で行う時、ファイル自体の暗号化や、パスワードを後から別メールで送る、という方法があります。 しかしそもそも、送りたいファイルの拡張子によってはメールサーバが拒否したり、ダウンロードNGになる場合があります。 これは、ウイルス感染の可能性のある拡張子ファイルのダウンロードを避けるための機能が働くからです。 ギガファイル便ではexeファイル等、問題無くアップロードできます。 そしてアップロードの際に、ダウンロード用のパスワードが設定できますので、安心です。 ただし、パスワードを忘れてしまうと、二度とダウンロードが出来なくなりますので、取り扱いにはご注意ください。 アップロード前にzipでまとめる場合は、その時にも別のパスワードを設定すると、より強固なセキュリティが組めますね。 ただしパスワードを受信者に送る際は、URLとは別のメールで送ってあげてくださいね。 メールが盗聴されてURLとパスワードが入手されては、元も子もありませんので、、、 ギガファイル便の保存 ギガファイル便でアップロードできるファイルは、1ファイル100キガまでのファイルを無制限で指定できます。 また、exe等の(ウィルス対策で削除されがちな拡張子)ファイルでも取り扱い可能です。 ダウンロードする側は、ブラウザからのダウンロードとなりますので、念のためウィルス対策ソフトのスキャンはかけてください。 またiPhone,Android等のスマホやタブレットからでも、ギガファイル便は使用可能です。 指定した保持期間が過ぎると、自動的にアップロードデータは削除されるしくみになっています。 アップロード時に「削除キー」をメモするのを忘れないでください。 この「削除キー」があれば、保持期間を待たずにファイルの削除ができますが、「削除キー」を忘れた場合、再取得する手段が現時点ではありません。 ギガファイル便 受け取り 受け取り時には、指定されたURLと、場合によってはパスワードを用いて、ブラウザからダウンロードできます。 保存期限を過ぎるとダウンロードできなくなるので、注意してください。 また、ギガファイル便はブラウザを使用するので、特定のパソコンでなくても、出先のパソコン、スマホ等を使ってデータを受け取ることが出来ます。 「ブラウザが利用できる場所なら、どこでも使用可能」という事は、ファイルの取り扱いには十分注意する必要がある、という事です。 例えば、社外秘のデータをギガファイル便を利用して、自宅パソコンに取り込む、等は止めてくださいね。 またネットカフェ等、不特定多数が使用するパソコンを利用する場合は、ブラウザの履歴とダウンロードファイルを確実に削除してください。 誰がよからぬ事を考えてしまうか判りませんからね、、、そして念のため、ダウンロードしたファイルには必ず、ウィルス対策ソフトでスキャンをかけてください。 ハッカーが悪意を持ったURLに差し替えている可能性も、ないわけではありませんので。 スポンサーリンク.

次の