コロナ いつ 終わる のか。 新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

絶望…安倍晋三のコロナ経済対策は「大大失敗」に終わる いつまで無能ぶりを世界に晒すのだ

コロナ いつ 終わる のか

【内容情報】(出版社より) どうなったら新型コロナウイルスは終わるのか。 いつになったら、コロナ前の生活に戻れるのか。 もう戻ることは不可能なのか。 そして、そもそも終息しつつあると言われている中国も本当に終わったのか? それとも、第二波がくるのか。 ワクチンはいつできるのか。 それともだらだらと続いていき、世界経済はそのまま終焉を迎えてしまうのか? ウイルスの専門家、感染学の専門家、未来学の専門家、パンデミックの歴史を研究する歴史家たちに、コロナが終わるということはどういうことなのか。 コロナが終わるのはいつなのかを問う! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) スペイン風邪の第2波の致死率は第1波の10倍となった。 日本は緊急事態宣言が解除され、いったんは感染が収束したかに見える。 本当にピークは越えたのか。 感染症の専門家、ウイルスの専門家、そして医師、社会学者、経済学者がウイルスと世界の今後を解説する。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 新型コロナはいつ完全終息するのか?(Q・新型コロナウイルスが収束とは、どういうことでしょうか? A・短期的な収束と、総合的な収束の二つがあります/Q・短期間で収束した感染症や根絶した感染症はありますか? A・SARSは短期間で収束し、天然痘は人類が時間をかけて根絶しました ほか)/第2章 無症状感染と「集団免疫」の基礎知識(Q・新型コロナは、他のウイルスとどう違うのでしょうか? A・ウイルスにはさまざまなタイプがあり、まったく異なる存在です/Q・そもそもウイルスとはどういったものなのでしょうか? A・ウイルスは生物と無生物のはざまの、「生物的」な、「曖昧な存在」です ほか)/第3章 ワクチンと治療薬は、本当はいつできるのか?(Q・検査の種類にはなにがあるのでしょうか? A・ご存じのPCR検査に、抗原検査と抗体検査があります/Q・抗原検査と抗体検査の違いは? A・ウイルスのタンパク質を調べる検査と、抗体そのものを調べる検査の違いです ほか)/第4章 コロナ後に日本も世界もここまで変わる!(Q・IT技術で国民を監視するシステムは進むのでしょうか? A・ITはより進歩します。 悪用されないシステムを作ればいい!/Q・コロナで健康志向が強まりますか? A・人生の目的が健康だけにはなりません。 仕事の意味が問われるでしょう ほか)/第5章 もしコロナが終わらないと日本はどうなる?(Q・コロナ禍でも生き残る人は? A・デジタル化の中で結果を出せる人だけが生き残れます/Q・生き残る業種、崖っぷちの業種は? A・アマゾンのひとり勝ち、対面業種はますます苦しくなります ほか).

次の

正直、コロナっていつ終わると予想してる?: GOSSIP速報

コロナ いつ 終わる のか

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。 しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。 首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。 下手をすると何年もかかるかもしれない。 社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。 それははっきりしている。 社会と経済の損失は、とてつもないものになる。 各国は「出口戦略」を必要としている。 様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。 けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。 ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。 日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス 英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。 「イギリスだけではない。 どこの国にも、出口戦略がない」 科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。 この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。 ワクチン• 相当数の人が感染して免疫をつける• 自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。 ワクチン - 少なくとも1年~1年半は先 ワクチンの摂取を受ければ免疫がつくので、ウイルスに接触しても発症しない。 それなりの人数、たとえば人口の約6割が免疫をつければ、ウイルスの大流行は起きない。 これがいわゆる「集団免疫」の概念だ。 アメリカで今月半ば、初めて試験的にワクチン接種を受けた人がいる。 通常ならば動物実験を繰り返して初めて人間相手の治験が許可されるものだが、今回はその手続きの省略が認められたのだ。 かつてないペースでワクチン開発が進められているが、成功の保証はないし、実用可能になっても世界全体での摂取が必要になる。 全てが順調に行っても、ワクチン開発にはまだ1年から1年半はかかるだろう。 かなり先の話だ。 平時において前例がないほどの制約を社会に強いている状態で、1年から1年半も待つのは大変だ。 「ワクチンをただ漫然と待つことを、戦略という立派な名前で呼ぶべきではない。 そんなものは戦略とは呼ばない」と、ウールハウス教授はBBCに話した。 自然の免疫 - 少なくとも2年先 イギリスの当面の短期的戦略は、医療機関がパンクしないように、感染者数をできる限り抑制するというものだ。 集中治療病床が不足すれば、すなわち死者数が急増してしまうので。 感染をいったん抑えることができれば、一部の規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。 その内にまた感染が増えて、規制再開が必要になるかもしれないが。 これがいつになるのかは、不透明だ。 英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスは、「何がいつどうなると、はっきりした時系列を定めるのは無理だ」と述べている。 しかし規制をしばし解除すれば、そういうつもりはなくても、感染者が次々と増えて集団免疫の獲得につながるかもしれない。 しかし、免疫が十分に積み上がるには、何年もかかるかもしれない。 インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「できれば国民のごく一部が感染するだけで済むレベルに、伝播(でんぱ)をいかに抑えるかという話だ」と説明する。 「なのでこの対応を2年余り続けたとして、もしかするとその時点ですでに、必要なだけの国民がすでに感染を経験していて、免疫を獲得していたとする。 そうすれば、その人たちが、社会全体を守る防波堤になる」 しかし、この集団免疫がいつまで続くのかは疑問だ。 普通の風邪のような症状を引き起こす他のコロナウイルスは、感染してもあまりしっかりした免疫がつかない。 だからこそ、同じウイルスに何度も感染して発症する人が出てくるのだ。 代替案 - 明確な終息なし 「3つ目の選択肢は、自分たちの行動形式を決定的に変えることだ。 感染率を低く抑えるために」と、ウールハウス教授は言う。 すでに実施された対策を今後もずっと続けるというのも、ひとつの方法かもしれない。 あるいは、アウトブレイク(大流行)を制御するため、検査と隔離を徹底して行うことも、やり方としてはあり得る。 「早期発見と接触者の追跡を試してみたが、うまくいかなかった」と教授は付け足す。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に効く治療薬の開発も、他の戦略を補完する。 症状が出たとたんに患者に使えば、次の人への伝染を抑えられる。 これは「感染制御」と呼ばれるプロセスだ。 あるいは、入院患者の症状を薬で和らげ、集中治療室の負担を減らすという意味もある。 これによって、ロックダウン(外出禁止)を再開してしまう前に、まずは急増した感染者を手当てできるようになる。 集中治療病床を増やすことも、大規模なアウトブレイクへの対応能力を増やすという意味で、同じような効果がある。 英政府の医療対策責任者、イングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授に、どういう出口戦略を用意しているのか質問してみた。 「長期的には明らかに、ワクチンがひとつの脱出方法だ。 できるだけ早くに開発されることを、みんな期待している」と、教授は答えた。 「あとは地球全体として、科学が答えを見つけるよう、期待している」 (英語記事 ).

次の

新型コロナウイルスの大流行はいつ終わる? 生活はもとに戻るのか?

コロナ いつ 終わる のか

皆さんこんにちは! 今日はいい天気ですね!! こんな日はピクニックにでもいきたい気分です。。 最近は長風呂にハマってる筆者ですが皆さんのマイブームは? 明日から土曜日ですが、家で過ごしましょう!! 本日もコロナがいつ終わるかに触れていきます。。 とにかく今全世界の市民は同じ想いでいることでしょう。 「コロナはいつ終わるのか」と。 正直に言うと完璧な回答はありません。 人類すべてが戦っている最中です。 いろんな説を取り上げますが、どれも正解でないかもしれません。 それぞれの仮定について落ち着いて考えてみましょう。 6月に終わる? まずはポジティブな説を取り上げたいと思います。 この騒動は5月下旬には終わる、という説です。 ビル・ゲイツ氏は先日、アメリカのニュースチャンネルのインタビューで 「6月頃には一度ある程度元通りになる」と言いました。 最近のビル・ゲイツ氏について何やってると思ってる方に述べておくと ビル・ゲイツ氏はただのwindowsをつくった人や、ただのお金持ちではありません。 MicrosoftのCEOを退いた後、妻のメリンダ氏と共に財団を設立。 途上国での衛生問題や、ワクチン・医薬品・医療制度の普及、そして感染症の防止を行ってきました。 ポリオでは、どのような手法を取れば最も効率的に封じ込めを行うことが出来るか? 地元の風習や部族の集計等、複数の観点からアプローチし、実績を残しています。 (気になる方はNetflixの「天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する」のパート2を見てみてください) 「人々が州境を自由に行き来できるなら、ウイルスも行き来できる」と述べている。 ビル・ゲイツ氏はもはや衛生・疫病に関して、最も詳しい実業家と言えます。 ビル・ゲイツ氏が、とり得る手立てとして「6週間から10週間」に及ぶ隔離処置が唯一の策であること。 それらの策を忠実に行った場合、20日後には前向きな結果が見えてくる、ことを述べています。 そして万事うまく行けば、6月頃にある程度元通りになるという見解です。 ただし問題もあります。 同氏の予測では6月の改善はあくまで一時的な改善です。 製造業や商業施設の一部が復活し、学校も秋には再開することが出来るでしょう。 しかし人類がコロナに打ち勝つにはワクチンが開発され、多くの人に行き渡ることが必要であり その期間はうまく行って「18ヶ月後」とも述べています。 それまでは一部の活動は制限されたままでしょう。 同じような説としては、ブラジル保険省が「4・5月にピーク・流行は9月まで」と予測しています。 また、大流行したスペインでは、新規感染者や死者数の伸びに鈍化が見られ、収束が近いのではないか、とも予測されています。 ……一見前向きなニュースではありますが、多数の死者を出した故に、早くウイルスが広まり減少に転じているという、あまり喜べない理由でもあります。 なお、同じように感染者が減少した例として韓国もあります。 こちらは比較的成功した例と言えるかもしれません。 徹底的な感染者の情報収集・公開により、クラスターの根絶をうまく行えています。 ただし、「終息宣言」はそのままパンデミックの引き金となりかねません。 「本当に収束するまで」は細心の注意が必要なので、本当に6月で自体が好転したとしても、元の生活を戻すには今しばらく時間が必要でしょう。 本日はここまで! またお会いしましょう!!.

次の