と が わ あい。 あいすまぬ、あいわかったの「あい」

冠婚葬祭 あいプラングループ

と が わ あい

お尋ねの「相(あい)」は、国語辞書によれば、接頭語で ・・・動詞に付いて、語勢や語調を整える。 現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。 昔は侍がよく使いました。 殿様が家来に「そのこと相許す」 「こういうことに相成った」など。 「アイ何とか」というと、重々しい言い方になりますね。 「相手」の意味はありません。 「一致」の方がやや近いかも知れませんが、あまり意味のない「あい」です。 一部の動詞に付く場合に限り、辞書の通り単に調子を整える語ですから「相」という漢字の意味は比較的薄いと思います。 「あい」という和語に「相」という漢字を当てたもので、特に「相」という漢字の意味と一致しているわけではないと思います。 「アイ」という語勢や語調を整えるだけで、あまり意味のない言葉に「相」という字を当てたわけです。 「合」でもよかったと思います(愛や藍はダメですがね)。 「相違」の「相」や、「相見える(あいまみえる)」の場合の「あい」は「互いに」という意味があり、ご質問の「あいすまぬ」の「あい」とは違います。 国語辞書「大辞林」 あい〔あひ〕【相】 《「合い」と同語源》 [名] 1 二人で互いに槌 つち を打ち合わすこと。 あいづち。 〈和名抄〉 2 共謀の仲間。 また、相手。 一緒に、ともに、の意を表す。 現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。 他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。 「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。 「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。 怖い小説を読んでぞっとしたり、寒い冬に、おふろに入って、お湯だと思って冷水のシャワーを浴びると、「ぞっとする」ということになります。 他方、「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定ではなく、「感心できる・関心がない」という意味です。 「怖くない・寒くない」という意味ではないのです。 >「聞いているだけでも、あまりゾッとしない事件ですね」 これは、聞いて、なるほどと思ったり、いかにもこれでよい、という風に感心できる事件ではない、という意味で述べています。 「あまり感心できない事件ですね」と言っているのです。 A「最近の女子中学生は、電車の床などで、あぐらをかいて座っているらしい」 B「それは、何というか、ぞっとしない話だな」 C「それは本当か。 だとすると、ぞっとするなあ」 Bは、「感心できない話だ」と答えていて、 Cは、「そこまでしているのか。 怖い話だ」と答えているのです。 Cは、「感心できない」を通り越して、怖い風俗状況だ、と述べています。 以前に、似たような質問がありました(そこで、引用されているURLを、以下に引用します): >No. goo. php3? nifty. linkclub. hmt. toyama-u. goo. php3? nifty. htm 「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。 「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。 他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。 「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。 「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。 怖い小説を読んでぞっとした... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「いう」は以下のような、使用区別があります。 言う: (1)心に思うことを言葉で表します。 (2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。 (3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。 例:Aが~だと言った。 云う: (1)「伝える」が語源です (2)人から聞いたことを「云う」 (4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」 例:昔から~だと云われてきた。 謂う: (1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があります。 (2)「謂れ」=「因縁」「由緒」と考えるとわかり易いです。 例:この家の謂れは~ 2.「きく」は以下のような、使用区別があります。 聞く: 物音や人の話を耳でとらえます。 例:人の話を聞く。 聴く: 「(限定的に)身を入れて聴くこと」を言います。 例:音楽を聴く。 国民の話を聴く。 訊く: (1)「訊ねる=問いただす」から来ています。 (2)意味は「尋ねる」ということです。 例:道を訊く。 詳細を訊く。 以上ご参考までに。 はじめまして。 1.「いう」は以下のような、使用区別があります。 言う: (1)心に思うことを言葉で表します。 (2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。 (3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。 例:Aが~だと言った。 云う: (1)「伝える」が語源です (2)人から聞いたことを「云う」 (4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」 例:昔から~だと云われてきた。 謂う: (1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があ... A ベストアンサー 「立ち居振舞い」とは、立ったり座ったりの身のこなし、日常の動作のことです。 立ったり座ったりだから「立ち居」なのです。 「立ち振舞い」だと座ることが抜けてしまいます。 (笑) では、なぜ「立ち振舞い」が、同義語として載っている辞書があるのか? 、言葉は生き物です。 正しくなくとも使う人が大勢いると誤りもやがては誤りではなくなってしまうのです。

次の

あいグローバル・アセット・マネジメント株式会社

と が わ あい

あいグローバル・アセット・マネジメント株式会社のホームページを閲覧いただきまして、誠にありがとうございました。 大変ご迷惑をおかけしますが、当サイトを閲覧いただく際、JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。 JavaScriptの設定方法 ・Windows 版 Internet Explorerをご利用の方 1. Internet Explorerの右上のメニューバーで[ツール](歯車マーク)をクリックしてください。 下から二番目の[インターネットオプション]をクリックしてください。 設定画面が表示されます。 「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、[既定のレベル]ボタンをクリックしてください。 「インターネットオプション」の画面がされます。 下記の手順で操作を行ってください。 「このゾーンの設定を変更しますか?」という警告が表示されますが、「はい」をクリックしてくい。 「インターネットオプション」の画面に戻されますが、[OK]ボタンをクリックしてください。 「インターネットオプション」の画面は閉じられます。 ・Windows版Google Chromeをご利用の方 1. Google Chromeのツールバーの「Google Chromeの設定」ボタンをクリックしてください。 表示されるメニューから、「設定」をクリックしてください。 設定のページが表示されます。 ページの下部分にある[詳細設定]ボタンをクリックしてください。 「プライバシーとセキュリティ」のメニューが表示されます。 メニューの「コンテンツの設定」ボタンをクリックしてください。 「コンテンツの設定」画面が表示されます。 画面中の「Javascript」 の項目をクリックし、[すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する(推奨)]を選択してください。 設定画面をそのまま閉じてください。 ・Macintosh 版 Safariをご利用の方 1. Safari上部のツールバーで「Safari」ボタンをクリックしてください。 上から三番目の「環境設定」ボタンをクリックしてください。 設定画面が表示されます。 画面内の「セキュリティ」ボタンをクリックしてください。 「Webコンテンツ」項目の[JavaScriptを有効にする]に選択してください。 設定画面をそのまま閉じてください。

次の

上原亜衣

と が わ あい

あいグローバル・アセット・マネジメント株式会社のホームページを閲覧いただきまして、誠にありがとうございました。 大変ご迷惑をおかけしますが、当サイトを閲覧いただく際、JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。 JavaScriptの設定方法 ・Windows 版 Internet Explorerをご利用の方 1. Internet Explorerの右上のメニューバーで[ツール](歯車マーク)をクリックしてください。 下から二番目の[インターネットオプション]をクリックしてください。 設定画面が表示されます。 「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、[既定のレベル]ボタンをクリックしてください。 「インターネットオプション」の画面がされます。 下記の手順で操作を行ってください。 「このゾーンの設定を変更しますか?」という警告が表示されますが、「はい」をクリックしてくい。 「インターネットオプション」の画面に戻されますが、[OK]ボタンをクリックしてください。 「インターネットオプション」の画面は閉じられます。 ・Windows版Google Chromeをご利用の方 1. Google Chromeのツールバーの「Google Chromeの設定」ボタンをクリックしてください。 表示されるメニューから、「設定」をクリックしてください。 設定のページが表示されます。 ページの下部分にある[詳細設定]ボタンをクリックしてください。 「プライバシーとセキュリティ」のメニューが表示されます。 メニューの「コンテンツの設定」ボタンをクリックしてください。 「コンテンツの設定」画面が表示されます。 画面中の「Javascript」 の項目をクリックし、[すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する(推奨)]を選択してください。 設定画面をそのまま閉じてください。 ・Macintosh 版 Safariをご利用の方 1. Safari上部のツールバーで「Safari」ボタンをクリックしてください。 上から三番目の「環境設定」ボタンをクリックしてください。 設定画面が表示されます。 画面内の「セキュリティ」ボタンをクリックしてください。 「Webコンテンツ」項目の[JavaScriptを有効にする]に選択してください。 設定画面をそのまま閉じてください。

次の