胸 肉 レシピ。 ヘルシー、安いで人気の鶏むね肉で餃子を作ったらおいしかったよ。

プロ直伝の鶏の照り焼きレシピ。肉汁じゅわっ。皮はパリッ!

胸 肉 レシピ

鶏むね肉で餃子を作ってみた。 なんでむね肉かって言うと安いから。 スーパーに行くと安さにつられてついつい買ってしまうよね。 で、この鶏むね肉なんだけど、パサパサしてまずいってイメージある人が多いみたいなんだけど、片栗粉やお酒使ったり、火加減に気をつけたりすると結構おいしく食べれると思う。 美味しいの定義なんて人それぞれだけど、最近割と油っぽいもの苦手だからむね肉で十分。 今回は餃子を作ってみたよ。 ちなみに餃子は初挑戦! 参考にしたのはこのレシピ 材料 鶏むね肉 2枚 玉ねぎ 1個 片栗粉 大さじ1ぐらい 餃子の皮 60枚 A しょうが 2かけら A にんにく 1かけら A しょう油 大さじ1ぐらい A 鶏がらスープの素 大さじ1ぐらい A こしょう 適量 A 塩 ひとつまみ A 日本酒 大さじ2ぐらい にんにくを効かせたいなら多めにしてもいいと思う。 生姜はたくさん入れた方が味にメリハリが出て美味しい気がする。 まずは玉ねぎをみじん切りに まず玉ねぎをみじん切りにしてボウルにいれ、片栗粉をまぶす。 片栗粉をまぶすことで玉ねぎから出る水分を押さえるらしい。 続いて鶏むね肉をミンチ状にする 続いて鶏むね肉と皮と肉の部分を細かく切って包丁でたたきミンチ状にする。 カロリーが気になる場合は、皮はいならないのかと思うけど、うまみになるということで投入した。 結構油分が多いのでこの状態までするのに苦労したw 同じように肉の部分もミンチ状に。 この作業はかなり疲れる・・・。 混ぜる、こねる この皮と肉のミンチ、 A の調味料を玉ねぎを入れたボウルに入れて混ぜ合わせる。 ほどよい感じというか、自分で納得するくらいこね回したら、餃子の皮に包んでいく。 包む ヒダを最初はつけようとしたが、難しいので挫折。 うまくヒダをつける方法を探そうとしたら、「ヒダなしの方がうまい」説を発見し、ヒダをつけないことに決定。 本場中国でもヒダなしが多いとのことで本格的餃子ということになる。 後はこの餃子を焼き上げれば完成。 焼き上げる フライパンに中火でキンキンに熱し、油を少し多めに引く。 我が家はステンレスフライパンなのでこの作業をしないと親の敵レベルでくっつく 餃子を並べ、片面ずつ、両面を焼いたら、100ccぐらいの水を入れフタをする。 水分が飛んだら火を止めて完成。 喰らう お味の方は、普通の牛や豚の挽肉を使った餃子よりさっぱりしてうまい。 餡にしっかり味をつけておけば、タレなしやラー油のみでもおいしいかも。 鶏のうまみが効いていてとてもおいしく頂けた。 以上、鶏むね肉を使った餃子。 log134.

次の

チンジャオロースのレシピ【人気12選】1位は殿堂!つくれぽ100

胸 肉 レシピ

鶏の照り焼きのレシピ/作り方 フライパンを中火で熱し、フライパンが熱くなれば 塩をせず、油をひかず、そのまま鶏肉を皮目から焼き始めます。 大きすぎると鶏肉にたれがしっかり絡まず、焦げ付きやすくなります。 火加減は中火のまま、 3〜4分かけてじっくりと皮目を焼き、こんがりと焼けたら裏返します。 焼くときのポイントは、皮目に凹凸があるので 焼く途中にヘラなどで、時おり強く押さえながら焼き、皮目全体にきれいな焼き色がつけること。 さらに、焼く途中に脂が出てくるので、 キッチンペーパーで脂を吸い取りながら焼くとカリッとなり、後から加えるタレものりやすくなってくれます。 裏返したら身側を焼きます。 鶏肉の厚みにもよりますが、裏返してから2〜3分ほど焼いて 鶏肉に完全に火が通る手前(8割ほどの火通り)にする気持ちで焼くとよいです(タレを加えて煮詰める工程でも火が通るので)。 火加減は中火のまま、調味料を煮詰めていきます。 はじめのころは調味料がフライパンの中で沸騰して、細かい泡が出てくるような状態です。 徐々にとろみがついてきて、泡が大きくなってきます。 このあたりから、スプーンを使って タレを皮に何度もかけて、ということを繰り返します。 しっかり煮詰まってきて、明らかにタレが少なくなってきたら火を弱めます。 タレをかける手を早めて、 皮の上にタレがとどまるくらいになるまで、しっかり味をのせ、たれが少なくなれば火を止めて鶏肉を取り出します。。 フライパンから取り出しても、写真のように皮目にタレがしっかりのっている状態がベストです。 取り出して食べやすい大きさに切っていただきます。 鶏肉の身が厚いときや、冷蔵庫から出したての冷たいものを焼く時などは、時間通りにやっても火通りが十分でない可能性も。 その場合は、裏返してから火を弱めたタイミングで 蓋をして蒸し焼きにし、芯まで火を通しやすくするとよいです。 ブリの照り焼きなどはブリに脂が多いため下漬けが必要ですが、鶏はしっかり後工程で煮詰めれば下漬けなしでも、十分に美味しく仕上がると思います。

次の

チンジャオロースのレシピ【人気12選】1位は殿堂!つくれぽ100

胸 肉 レシピ

鶏の照り焼きのレシピ/作り方 フライパンを中火で熱し、フライパンが熱くなれば 塩をせず、油をひかず、そのまま鶏肉を皮目から焼き始めます。 大きすぎると鶏肉にたれがしっかり絡まず、焦げ付きやすくなります。 火加減は中火のまま、 3〜4分かけてじっくりと皮目を焼き、こんがりと焼けたら裏返します。 焼くときのポイントは、皮目に凹凸があるので 焼く途中にヘラなどで、時おり強く押さえながら焼き、皮目全体にきれいな焼き色がつけること。 さらに、焼く途中に脂が出てくるので、 キッチンペーパーで脂を吸い取りながら焼くとカリッとなり、後から加えるタレものりやすくなってくれます。 裏返したら身側を焼きます。 鶏肉の厚みにもよりますが、裏返してから2〜3分ほど焼いて 鶏肉に完全に火が通る手前(8割ほどの火通り)にする気持ちで焼くとよいです(タレを加えて煮詰める工程でも火が通るので)。 火加減は中火のまま、調味料を煮詰めていきます。 はじめのころは調味料がフライパンの中で沸騰して、細かい泡が出てくるような状態です。 徐々にとろみがついてきて、泡が大きくなってきます。 このあたりから、スプーンを使って タレを皮に何度もかけて、ということを繰り返します。 しっかり煮詰まってきて、明らかにタレが少なくなってきたら火を弱めます。 タレをかける手を早めて、 皮の上にタレがとどまるくらいになるまで、しっかり味をのせ、たれが少なくなれば火を止めて鶏肉を取り出します。。 フライパンから取り出しても、写真のように皮目にタレがしっかりのっている状態がベストです。 取り出して食べやすい大きさに切っていただきます。 鶏肉の身が厚いときや、冷蔵庫から出したての冷たいものを焼く時などは、時間通りにやっても火通りが十分でない可能性も。 その場合は、裏返してから火を弱めたタイミングで 蓋をして蒸し焼きにし、芯まで火を通しやすくするとよいです。 ブリの照り焼きなどはブリに脂が多いため下漬けが必要ですが、鶏はしっかり後工程で煮詰めれば下漬けなしでも、十分に美味しく仕上がると思います。

次の