ご教授いただけますと。 「教えていただけますでしょうか」の意味やビジネスメール等での使い方

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

ご教授いただけますと

「ご教授」とは 「ご教授」の意味 「ご教授」とは「教授」という言葉が入っているように「教え授ける」という意味です。 これに「ご」が付くことによって、相手から「教え授けてもらう」という意味に変わります。 ここでいう「教え」とは一時的なものや、聞いてすぐに理解が深まるものではありません。 ある程度の期間に渡って指導を受け続けるという意味です。 「ご教授」の例文 「ご教授」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「ご教授」という言葉に「これからしばらくの間、そのことについて理解をするために教えてください」という意味を持たせています。 「ある程度の時間や期間は覚悟ができている」という意味も含まれていますので、その場限りの教えを願っているのではないということがわかります。 「ご教示」とは 「ご教示」の意味 「ご教示」とは「教え示す」と書きます。 「示す」という言葉には「見せる」という意味があり、「ご教示」は「教える物事を見せる」ということです。 「見せる」という行為は一時的な行動で完了するため「ご教示」は「一時的な教えを請う」という意味になります。 また、「一時的に見せることで完了する」ということから「比較的容易なこと」に対して使われ、その場限りの教えで理解ができることです。 ビジネスの場などで「教えてください」と言いたい時に、「ご教示ください」と言えばビジネス感を出すことができます。 また「教えて欲しい」という気持ちを、謙虚に格式のある言葉で伝えることができるので相手への心配りを示すこともできるでしょう。 「ご教示」の例文 「ご教示」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「先日ご提案くださった件の詳細についてご教示願えますでしょうか」 取引先などに対して、提案された内容の詳細を教えて欲しいと伝えています。 ビジネスの場では「ご教示」が相応しい場面が多く、例文のように「詳しく知りたい」という時にも使うことができます。 「明日の会議の議題についてご教示ください」 社内でも「ご教示」を使う機会はあります。 ビジネスシーンでの「ご教授」と「ご教示」の使い分け 「ご教授」と「ご教示」は言葉が似ているため、どちらが適しているのか、ということを咄嗟に判断することが難しい場合があります。 「ご教授」も「ご教示」も主にメールなどの書き言葉 基本的には「ご教授」も「ご教示」も手紙やメールで使われることが多い言葉です。 口頭で使ってはいけないわけではありませんが、少し堅苦しく感じる人もいるでしょう。 特に「ご教示」については言い換えの言葉がたくさんあります。 「お教え願えますでしょうか」とシンプルに伝えても良いでしょう。 また、自分にそもそも知識が無いことについて教えて欲しいのであれば「後学のためにお伺いしたいのですが」と付け加えることで相手に失礼なく尋ねることができます。 ビジネスの場において「知りません」「存じません」という言葉を出すことに躊躇する場合に使うことができます。 「ご教授」の誤用に注意 他の人が使っている言葉を真似て自分の言葉にする、というのは語彙を増やす上でとても大切なことです。 しかし「ご教授」と言うべきところを「ご教示」と聞き間違えて使ったり、その逆であったりすると意味がありません。 特に「ご教授」という言葉は、使う相手が限定されます。 何かを専門に研究されていたり、何らかの技術を磨いていたりする人へのみの使用です。 相手へ「何かの使い方」「何かのやり方」などを聞く時には「ご教示」を使いましょう。 本来「ご教示」と言うべきところを「ご教授」と言ってしまうと、相手によっては嫌味と受け取る可能性もありますので注意が必要です。 まとめ 何かを知りたい、教えて欲しいといういう時に「ご教示願います」などの言葉がスムーズに出てくると、知性や品性を示すことができます。 何かを習得したい、教えを請いたいという時に「ご教授ください」と言うことができれば、相手への尊敬を示すことができます。 「ご教示」も「ご教授」も「教えて欲しい」という用件だけでなく、こちらの構えや気持ちまで相手へ伝えることができるのです。 正しく使って、自分にとっても相手にとっても気持ちのよいコミュニケーションを築きましょう。

次の

メールで「教えてください」を丁寧に伝える方法

ご教授いただけますと

使用シーン ・申請や登録に必要な書面の書き方を知りたい ・詳しい内容や手順、状況、対処方法などを知りたい ・日程調整のため、相手のスケジュールを知りたい ただし、やや堅苦しさのある表現ですので、 「ご教示」はメールや手紙の中で使われる書き言葉として使われることが多いです 会話では「お教えください」「教えていただけますか」「お知らせください」といったシンプルな表現や、にてご紹介する「類義語」を使う方が自然な場合もあります。 では、「ご教示」の使い方について、例文で確認していきましょう! 1-1.「ご教示」の正しい使い方【例文】 これから紹介します「ご教示ください」「ご教示願います」「ご教示いただけますでしょうか」は、どれも同じ意味であり、 社内外問わず目上の方への敬語表現として使うことができます。 ただし、少しだけ相手が受け取る印象が異なる言葉でもありますので、それぞれ例文で確認していきましょう。 実際には、書き言葉として使われることが多いです。 もちろん話し言葉として使うこともできますが、「〜ください」という表現は敬語表現の命令形にあたりますので、相手によっては少し違和感を感じる方もいらっしゃいます。 そのため、話し言葉で使うときには、 「ご教示ください」を命令口調だと感じさせないよう注意が必要です。 対策としては早口で言わない、強い口調で言わない、などが考えられますが、後述の「ご教示いただけますでしょうか」を使ったり、もしくは「お教えいただけますか」と言い換えてもよいでしょう。 「ご教示願います」 2.「ご教示」と「ご教授」の違い 「ご教示」に似た表現として、「ご教授」という言葉があります。 どちらも「教えてください」という意味を持ちますが、「ご教授」と「ご教示」では教えてもらう内容や教えてもらう期間が異なります。 これから説明いたしますが 「ご教授」の方はやや大げさな感じが出てしまうため、ビジネスシーンでは「ご教示」が使われることが多いです。 とはいえ、相手に応じて使い分けられるよう、意味をおさらいしていきましょう。 2-1.「ご教授」の意味 「ご教授」とは「学問や技能・技芸を伝達する・教える」という意味です。 学問や技能・技芸、専門的な知識を教わるのですから、簡単に1日で、というようにはいきません。 これから先、長期間にわたって知識や技能を教えてもらう必要があります。 そのような場合に使われるのが、「ご教授」です。 2-2.「ご教示」と「ご教授」の使い分け 「ご教示」は、誰かのスケジュールや、会社の規則、簡単な内容や手順、方法、知識などを聞きたい時に使用します。 「ご教授」は、長期間・継続的に、かつ体系的に何かについて教えてもらいたいときに使用します。 また、長期間にわたって教わるのでなくとも、相手が長い時間をかけて身につけた知識や技能を教えてもらいたいというときに、相手を立てるために「ご教授」が使用されることもあります。 「ご教示」を使うべきところで「ご教授」を使ってしまうとやや大げさな印象ので、意味を理解し、注意して使うことが必要です。 2-3.「ご教授」の正しい使い方【例文】 「ご教授」の正しい使い方を、例文で学んでいきましょう。 取引先とのやりとりで使える例文 2-4.「ご教示賜る」は間違い!「ご教授賜る」の誤用なので注意 「ご教示賜(たまわ)る」という日本語は残念ながらありません。 では、なぜ時々耳にするのかと言いますと「ご教授賜る」が誤まって使用されているからという説が有力です。 「ご教授賜りたく」「ご教授賜り」は弟子入りした人や、秘書、カバン持ちなど、長期間にわたって何かを教わっている人が「教えていただく」という意味で使う表現です。 (なお、ここでの「賜る」とは、「もらう」のの役割をしています) 「ご教示賜る」は間違った日本語です。 誤って使用しないよう気をつけましょう。 3.「ご教示」の類語 「ご教示」は「教えてください」を丁寧にした表現ですが、やや固い印象があります。 そのため、他の言い方も合わせて使えるようにしておかれますと、ビジネスシーンで役立ちます。• 3-1.「ご指導」 「指導」とは、 「ある目的・方向に向かって教え導く」という意味です。 そのため、何かを具体的にのではなく、「(目的を達成するために)これから色々と教えてください」ですとか「今後もよろしくお願いします」という意味合いが強い言葉です。 別れ際に使う「のほど宜しく」という有名な定型文がありますので、覚えておきましょう。 3-2.「ご指南」 「指南」とは 「武道や芸能を教える」という意味です。 柔道や華道、将棋、チェスなど、教える内容が限定された人に対して、教えを請うために使います。 上司やクライアントといった目上の方と趣味を通じた交流がある場合や、習い事などで師匠をお持ちの方は「これからもどうぞご指南ください」という表現を覚えておかれるとよいでしょう。 また、余談ですが将棋などで格上の人と勝負するときには「一局、ご指南ください」と言ってから対戦が始まります。 4.「ご教示ください」を英語で言いたい 「ご教示」は簡潔にいいますと「(情報や方法を)教えてください」「(情報を)知らせてください」です。 英文にいたしますと、下記のような表現となります。

次の

「ご教授賜る」の意味とビジネスでの言葉の正しい使い方

ご教授いただけますと

「ご教授」とは 「ご教授」の意味 「ご教授」とは「教授」という言葉が入っているように「教え授ける」という意味です。 これに「ご」が付くことによって、相手から「教え授けてもらう」という意味に変わります。 ここでいう「教え」とは一時的なものや、聞いてすぐに理解が深まるものではありません。 ある程度の期間に渡って指導を受け続けるという意味です。 「ご教授」の例文 「ご教授」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「ご教授」という言葉に「これからしばらくの間、そのことについて理解をするために教えてください」という意味を持たせています。 「ある程度の時間や期間は覚悟ができている」という意味も含まれていますので、その場限りの教えを願っているのではないということがわかります。 「ご教示」とは 「ご教示」の意味 「ご教示」とは「教え示す」と書きます。 「示す」という言葉には「見せる」という意味があり、「ご教示」は「教える物事を見せる」ということです。 「見せる」という行為は一時的な行動で完了するため「ご教示」は「一時的な教えを請う」という意味になります。 また、「一時的に見せることで完了する」ということから「比較的容易なこと」に対して使われ、その場限りの教えで理解ができることです。 ビジネスの場などで「教えてください」と言いたい時に、「ご教示ください」と言えばビジネス感を出すことができます。 また「教えて欲しい」という気持ちを、謙虚に格式のある言葉で伝えることができるので相手への心配りを示すこともできるでしょう。 「ご教示」の例文 「ご教示」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「先日ご提案くださった件の詳細についてご教示願えますでしょうか」 取引先などに対して、提案された内容の詳細を教えて欲しいと伝えています。 ビジネスの場では「ご教示」が相応しい場面が多く、例文のように「詳しく知りたい」という時にも使うことができます。 「明日の会議の議題についてご教示ください」 社内でも「ご教示」を使う機会はあります。 ビジネスシーンでの「ご教授」と「ご教示」の使い分け 「ご教授」と「ご教示」は言葉が似ているため、どちらが適しているのか、ということを咄嗟に判断することが難しい場合があります。 「ご教授」も「ご教示」も主にメールなどの書き言葉 基本的には「ご教授」も「ご教示」も手紙やメールで使われることが多い言葉です。 口頭で使ってはいけないわけではありませんが、少し堅苦しく感じる人もいるでしょう。 特に「ご教示」については言い換えの言葉がたくさんあります。 「お教え願えますでしょうか」とシンプルに伝えても良いでしょう。 また、自分にそもそも知識が無いことについて教えて欲しいのであれば「後学のためにお伺いしたいのですが」と付け加えることで相手に失礼なく尋ねることができます。 ビジネスの場において「知りません」「存じません」という言葉を出すことに躊躇する場合に使うことができます。 「ご教授」の誤用に注意 他の人が使っている言葉を真似て自分の言葉にする、というのは語彙を増やす上でとても大切なことです。 しかし「ご教授」と言うべきところを「ご教示」と聞き間違えて使ったり、その逆であったりすると意味がありません。 特に「ご教授」という言葉は、使う相手が限定されます。 何かを専門に研究されていたり、何らかの技術を磨いていたりする人へのみの使用です。 相手へ「何かの使い方」「何かのやり方」などを聞く時には「ご教示」を使いましょう。 本来「ご教示」と言うべきところを「ご教授」と言ってしまうと、相手によっては嫌味と受け取る可能性もありますので注意が必要です。 まとめ 何かを知りたい、教えて欲しいといういう時に「ご教示願います」などの言葉がスムーズに出てくると、知性や品性を示すことができます。 何かを習得したい、教えを請いたいという時に「ご教授ください」と言うことができれば、相手への尊敬を示すことができます。 「ご教示」も「ご教授」も「教えて欲しい」という用件だけでなく、こちらの構えや気持ちまで相手へ伝えることができるのです。 正しく使って、自分にとっても相手にとっても気持ちのよいコミュニケーションを築きましょう。

次の