プロ ん ハブ。 HUB (プロレスラー)

人気メーカーのおすすめUSBハブ14選!Macbook pro、Surface、Nintendo Switchでも使える|@DIME アットダイム

プロ ん ハブ

見た目や省スペースにこだわるなら一体型。 見た目より汎用性を重視したいならケーブル付き あとは必要なポートとその数、見た目の好みで決めればOK。 ただ、極端に安いものはクオリティがヤバいので、安くても3,000円〜を考えておくのがベストです。 MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ 前置きが長くなりましたが、MacBook ProのおすすめUSB-Cハブを紹介します。 Satechi USB-C アルミニウム Proハブ 機能とデザイン性を兼ね備えた、Apple製品と相性抜群な周辺機器メーカーといえばSatechi。 そのSatechiから販売されている凄まじい人気を誇るケーブルレスのハブが「」です。 ただ高機能というだけでなく、デザインや質感がMacBook Proにマッチしてカッコいい。 接続ポート USB-A 3. 接続ポート USB-A 3. USB-C(Thunderbolt 3)ポートが 最大100Wのため、この点で言えば上記のSatechi製(最大87W)より優れてます。 それでいて価格はSatechiより安い。 違いは、大きさやデザイン。 また、Satechiは表面に文字がないデザインですが、Anker製にはメーカーロゴが。 反対側も、Satechiの方が主張が少ないシンプルなデザイン。 ハブ性能的には申し分ないので、デザインやサイズの違いが気にならなければ「」はおすすめの一体型ハブ。 こちらもおしゃれSatechiのケーブル付きUSB-Cハブ。 上記で紹介した「Satechi V2 マルチ USB-Cハブ」からUSB-A1つと有線LANを削ぎ落とし、形状をスリム化したタイプ。 接続ポート USB-A 3. Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブ 「」は必要最低限のポートを備えていながら割と低価格で買えるケーブル付きハブ。 必要最低限のポートを備える ただ、このハブのUSB-Cポートは60WのPDに対応していますが、接続した電力から 9Wをハブそのものに使います。 MacBook Pro 13インチ付属充電器の出力は約60Wですが、9Wをハブに取られるので 51Wで充電されることになり、 充電までにかかる 時間が少し長くなる という部分がデメリット。 また、3ポートしか接続出来な割にはサイズも少し大きめです。 ギリ手のひらサイズ このようにデメリットは多少あるものの、ハブとして約3,000円は低価格な部類ですし、さらに信頼性のあるAnker製なので、デメリットに目をつむれるのであれば全然アリだと思います。 「 そんなにポートは接続できなくていいから、低価格なタイプが欲しい」という方におすすめ。 接続ポート USB-A 3. 0 2ポート USB-C 1ポート (最大48W) HDMI 1ポート 4K 30Hz SDカード 1ポート MicroSDカード 1ポート 有線LAN 1ポート 接続できるポートの種類が多く、有線LANまで備えているので使い勝手は良い。 ポートが豊富な分サイズは少し大きいですが、デザインもシンプルでMacとの相性も悪くないです。 ただ、ひとつ残念なのはUSB-Cポートの充電性能が 最大48Wになるところ。 参考までにMacBook Proの付属充電器の出力はこちら インチ 出力 13インチ 61W 15インチ 87W 16インチ 96W 48Wでも充電が不可能なわけではないですが、高負荷な作業時などに出力が足りなくなる可能性があるので、このハブのUSB-Cポートで充電する場合は注意。 まあ、MacBook ProはUSB-Cポートが複数あるので充電はMac本体のポートから取れば何の問題もありません。 電源は本体のUSB-Cポートから取ればOK 信頼性の高いAnker製で 価格とスペックのバランスが取れたハブ。 接続ポート USB-A 3. 最大の特徴は 最大100Wまで対応した高出力USB-Cポート。 MacBook Pro 13インチはもちろん、15、16インチの充電もハブのUSB-Cポートで対応可能。 Mac本体のUSB-Cポートにはこのハブだけを接続し、ハブ側に充電ケーブルと周辺機器を全て接続すれば運用が楽だし見た目もスマート。 イヤホンジャックはハブにないので有線イヤホンを使う場合はMac本体に接続する必要がある USB-Cポートが100Wまで対応したハブは珍しいので、高出力を必要とするMacBook Pro 15インチ、16インチユーザーで、ハブから電源を取りたいという人におすすめ。 DesertWest USB C ハブ USB-A4つを含め、9ポート接続できるDesertWest USB-Cハブ。 接続ポート USB-A 3. 0 3ポート USB-C 1ポート(PD対応) HDMI 1ポート 4K 30Hz SDカードリーダー 1ポート MicroSDカードリーダー 1ポート 有線LAN 1ポート VGA 1ポート イヤホンジャック 1ポート まあもう、これ以上何が必要なのかというポート数です。 有線LANまでは珍しくないですが、 VGAとイヤホンジャックを持っているのが珍しい。 VGAだけを接続できるようなハブは他にもいくつかありますが、このように他のポートも含めていろいろ接続できるというモデルは少ないので重宝します。 MacBook Proはイヤホンジャックが標準で備わっているので必要ないかもしれませんが、イヤホンジャックがないデバイスに接続する時に活躍してくれそう。 CalDigit TS3 Plus 「CalDigit TS3 Plus」はハブというより、ドッキングステーション。 持ち歩き用ではなく据え置きで使うタイプ。 MacBook Proにケーブル1本接続するだけで、 充電も含めモニターやSSDを始めあらゆる機器を接続可能な高性能ドック。 ケーブル1本でスッキリ 接続ポート UCB-C 2ポート Thunderbolt 3 1ポート 3. 5A, 7. 5W 1ポート 3. 5A, 7. 5W USB-A 5ポート 3. 5A, 7. 例えば、• 4Kモニターを2枚• 最大10Gbpsの高速外付けSSD• バックアップ用のHDD• 有線LAN• USB機器の充電• その他USB機器 これらを Macにケーブル1本で接続できるようになります。 しかもMacBook Proの充電もしてくれるので電源アダプタをつなぐ必要はありません。 TS3 Plus側には電源アダプタを接続する必要があります。 自宅環境などでの利用を想定すると、モニターを2枚接続したいとか、USB周辺機器を複数接続したいというニーズもあると思います。 そんなときに一般的なUSB-Cハブのポート数だと足りず、何とかしようとするとハブとケーブルまみれに。 これはさすがにつらい 「CalDigit TS3 Plus」があればMacBook Proには1本ケーブルをつなげるだけ。 一瞬でデスクトップマシンに変わります。 海外ですこぶる評判の高いドッキングステーションですが、評判通りこれは本当に優れた製品だと思います。 接続したい機器がUSB-Cハブでは対応しきれないという不満がもしあれば、TS3 Plusは圧倒的におすすめ。 価格が結構高いものではありますが、その価値はあります。 まとめ:MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ というわけで、MacBook Pro用おすすめUSB-Cハブをまとめました。 悪者のように扱われるUSB-Cですが、実はとても 優れた規格。 普及すればとても便利になると思います。 しかし、 今の流れを見ているとまだまだ時間はかかりそう。 ということで、まだしばらくはハブと付き合って行く必要がありそうなので、ひとつ手元に置いとくと重宝するはず。 気になったUSB-Cハブがあったらぜひチェックしてみてください。 今日は以上です。 それではまた。 この記事で紹介したおすすめハブ USB-Cハブ ポイント 一体型、7ポート、スタイリッシュ、Thunderbolt 3ポート 一体型、7ポート、Satechiより安い ケーブル付き、8ポート、スタイリッシュ、USB-Aが3つ、有線LAN ケーブル付き、6ポート、他Satechiより安価だけど性能ダウン ケーブル付き、3ポート、性能は並、安い ケーブル付き、7ポート、ミドルスペック、バランス良し ケーブル付き、7ポート、100W充電 ケーブル付き、9ポート、サイズ大きめ ケーブル付き、10ポート、VGA接続可能、サイズ大きめ 据え置き型、15ポート、最強のUSB-Cドック.

次の

PRGR TOKYO

プロ ん ハブ

見た目や省スペースにこだわるなら一体型。 見た目より汎用性を重視したいならケーブル付き あとは必要なポートとその数、見た目の好みで決めればOK。 ただ、極端に安いものはクオリティがヤバいので、安くても3,000円〜を考えておくのがベストです。 MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ 前置きが長くなりましたが、MacBook ProのおすすめUSB-Cハブを紹介します。 Satechi USB-C アルミニウム Proハブ 機能とデザイン性を兼ね備えた、Apple製品と相性抜群な周辺機器メーカーといえばSatechi。 そのSatechiから販売されている凄まじい人気を誇るケーブルレスのハブが「」です。 ただ高機能というだけでなく、デザインや質感がMacBook Proにマッチしてカッコいい。 接続ポート USB-A 3. 接続ポート USB-A 3. USB-C(Thunderbolt 3)ポートが 最大100Wのため、この点で言えば上記のSatechi製(最大87W)より優れてます。 それでいて価格はSatechiより安い。 違いは、大きさやデザイン。 また、Satechiは表面に文字がないデザインですが、Anker製にはメーカーロゴが。 反対側も、Satechiの方が主張が少ないシンプルなデザイン。 ハブ性能的には申し分ないので、デザインやサイズの違いが気にならなければ「」はおすすめの一体型ハブ。 こちらもおしゃれSatechiのケーブル付きUSB-Cハブ。 上記で紹介した「Satechi V2 マルチ USB-Cハブ」からUSB-A1つと有線LANを削ぎ落とし、形状をスリム化したタイプ。 接続ポート USB-A 3. Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブ 「」は必要最低限のポートを備えていながら割と低価格で買えるケーブル付きハブ。 必要最低限のポートを備える ただ、このハブのUSB-Cポートは60WのPDに対応していますが、接続した電力から 9Wをハブそのものに使います。 MacBook Pro 13インチ付属充電器の出力は約60Wですが、9Wをハブに取られるので 51Wで充電されることになり、 充電までにかかる 時間が少し長くなる という部分がデメリット。 また、3ポートしか接続出来な割にはサイズも少し大きめです。 ギリ手のひらサイズ このようにデメリットは多少あるものの、ハブとして約3,000円は低価格な部類ですし、さらに信頼性のあるAnker製なので、デメリットに目をつむれるのであれば全然アリだと思います。 「 そんなにポートは接続できなくていいから、低価格なタイプが欲しい」という方におすすめ。 接続ポート USB-A 3. 0 2ポート USB-C 1ポート (最大48W) HDMI 1ポート 4K 30Hz SDカード 1ポート MicroSDカード 1ポート 有線LAN 1ポート 接続できるポートの種類が多く、有線LANまで備えているので使い勝手は良い。 ポートが豊富な分サイズは少し大きいですが、デザインもシンプルでMacとの相性も悪くないです。 ただ、ひとつ残念なのはUSB-Cポートの充電性能が 最大48Wになるところ。 参考までにMacBook Proの付属充電器の出力はこちら インチ 出力 13インチ 61W 15インチ 87W 16インチ 96W 48Wでも充電が不可能なわけではないですが、高負荷な作業時などに出力が足りなくなる可能性があるので、このハブのUSB-Cポートで充電する場合は注意。 まあ、MacBook ProはUSB-Cポートが複数あるので充電はMac本体のポートから取れば何の問題もありません。 電源は本体のUSB-Cポートから取ればOK 信頼性の高いAnker製で 価格とスペックのバランスが取れたハブ。 接続ポート USB-A 3. 最大の特徴は 最大100Wまで対応した高出力USB-Cポート。 MacBook Pro 13インチはもちろん、15、16インチの充電もハブのUSB-Cポートで対応可能。 Mac本体のUSB-Cポートにはこのハブだけを接続し、ハブ側に充電ケーブルと周辺機器を全て接続すれば運用が楽だし見た目もスマート。 イヤホンジャックはハブにないので有線イヤホンを使う場合はMac本体に接続する必要がある USB-Cポートが100Wまで対応したハブは珍しいので、高出力を必要とするMacBook Pro 15インチ、16インチユーザーで、ハブから電源を取りたいという人におすすめ。 DesertWest USB C ハブ USB-A4つを含め、9ポート接続できるDesertWest USB-Cハブ。 接続ポート USB-A 3. 0 3ポート USB-C 1ポート(PD対応) HDMI 1ポート 4K 30Hz SDカードリーダー 1ポート MicroSDカードリーダー 1ポート 有線LAN 1ポート VGA 1ポート イヤホンジャック 1ポート まあもう、これ以上何が必要なのかというポート数です。 有線LANまでは珍しくないですが、 VGAとイヤホンジャックを持っているのが珍しい。 VGAだけを接続できるようなハブは他にもいくつかありますが、このように他のポートも含めていろいろ接続できるというモデルは少ないので重宝します。 MacBook Proはイヤホンジャックが標準で備わっているので必要ないかもしれませんが、イヤホンジャックがないデバイスに接続する時に活躍してくれそう。 CalDigit TS3 Plus 「CalDigit TS3 Plus」はハブというより、ドッキングステーション。 持ち歩き用ではなく据え置きで使うタイプ。 MacBook Proにケーブル1本接続するだけで、 充電も含めモニターやSSDを始めあらゆる機器を接続可能な高性能ドック。 ケーブル1本でスッキリ 接続ポート UCB-C 2ポート Thunderbolt 3 1ポート 3. 5A, 7. 5W 1ポート 3. 5A, 7. 5W USB-A 5ポート 3. 5A, 7. 例えば、• 4Kモニターを2枚• 最大10Gbpsの高速外付けSSD• バックアップ用のHDD• 有線LAN• USB機器の充電• その他USB機器 これらを Macにケーブル1本で接続できるようになります。 しかもMacBook Proの充電もしてくれるので電源アダプタをつなぐ必要はありません。 TS3 Plus側には電源アダプタを接続する必要があります。 自宅環境などでの利用を想定すると、モニターを2枚接続したいとか、USB周辺機器を複数接続したいというニーズもあると思います。 そんなときに一般的なUSB-Cハブのポート数だと足りず、何とかしようとするとハブとケーブルまみれに。 これはさすがにつらい 「CalDigit TS3 Plus」があればMacBook Proには1本ケーブルをつなげるだけ。 一瞬でデスクトップマシンに変わります。 海外ですこぶる評判の高いドッキングステーションですが、評判通りこれは本当に優れた製品だと思います。 接続したい機器がUSB-Cハブでは対応しきれないという不満がもしあれば、TS3 Plusは圧倒的におすすめ。 価格が結構高いものではありますが、その価値はあります。 まとめ:MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ というわけで、MacBook Pro用おすすめUSB-Cハブをまとめました。 悪者のように扱われるUSB-Cですが、実はとても 優れた規格。 普及すればとても便利になると思います。 しかし、 今の流れを見ているとまだまだ時間はかかりそう。 ということで、まだしばらくはハブと付き合って行く必要がありそうなので、ひとつ手元に置いとくと重宝するはず。 気になったUSB-Cハブがあったらぜひチェックしてみてください。 今日は以上です。 それではまた。 この記事で紹介したおすすめハブ USB-Cハブ ポイント 一体型、7ポート、スタイリッシュ、Thunderbolt 3ポート 一体型、7ポート、Satechiより安い ケーブル付き、8ポート、スタイリッシュ、USB-Aが3つ、有線LAN ケーブル付き、6ポート、他Satechiより安価だけど性能ダウン ケーブル付き、3ポート、性能は並、安い ケーブル付き、7ポート、ミドルスペック、バランス良し ケーブル付き、7ポート、100W充電 ケーブル付き、9ポート、サイズ大きめ ケーブル付き、10ポート、VGA接続可能、サイズ大きめ 据え置き型、15ポート、最強のUSB-Cドック.

次の

Surface Pro向けのおすすめUSBハブを購入!安い・拡張性あり・見た目も良い!|どこログ

プロ ん ハブ

経歴 [ ] スペル・デメキン [ ] 、に入門。 1月17日、デビュー前に、みちのくプロレスを退団。 4月、に入団してデルフィンの弟という設定になる。 2月、武者修行に行く。 11月、に一時帰国して、みちのくプロレスに参戦。 ゴア [ ] 2003年2月、突如登場して軍「岸和田愚連隊」に所属する。 若手特攻隊長の役割を担う。 初期はドクロのマスクに黒い迷彩模様の野戦用軍服という出で立ちであったが、年末ごろより、マスクを大きく変更して鬼面のような顔とデメキン時代を思わせるようなヒレを左右に配したデザインになる。 2月、に出場するが1回戦敗退(対戦相手は)。 1月、内部抗争により、岸和田愚連隊を追放される。 同月、正体がスペル・デメキンである事を明かしてベビー級に再転身。 2月、府立大会へ向けて場して沖縄にてプロボクサーのの下で特訓する。 スーパードルフィン [ ] かつて、ギミック上の兄であるスペル・デルフィンの命名により、スーパードルフィンとなる。 2005年2月、大阪府立体育会館大会にてスーパードルフィンとして登場。 試合でに勝利し第10代王者となる。 4月、9月、10月と3度の防衛に成功している。 2月、負傷を押して出場した大阪プロレス選手権試合にてスペル・デルフィンに敗れ王座から陥落する。 左膝前十字靭帯断裂の為、長期欠場に入る。 2月、グランキューブ大阪大会にてを相手に復帰戦を行う。 4月、突如、ルードターン。 からバッドフォース入隊の勧誘を受ける。 4月28日、メインイベント終了後の乱闘にゴアのマスクを被って参加。 バッドフォース入りを宣言して大阪プロレス旗揚げ8周年記念大会での新キャラクターでの登場を予告。 ゼロ [ ] 2007年4月29日、予告通り新たなキャラクター「ゼロ」として登場。 コスチュームもかつてのゴアを彷彿とさせるものに一新する。 ゴア時代の黒+黄色、黒+赤のカラーリングに対してゼロは黒+緑となっている。 このカラーリングはバッドフォースの軍団色となり、他のバッドフォースのレスラーも、これに倣いコスチュームの色を変更している。 12月、GAINAと共にを奪取。 、の旗揚げに参加する為にバッドフォースを解散。 沖縄プロレス旗揚げ後も、大阪プロレスにはゼロとして参戦することがあったが、10月26日に大阪プロレスタッグ王座を失陥してからは、大阪プロレスへの参戦もなくゼロのリングネームも使用しなくなった。 怪人ハブ男 [ ] 2008年、沖縄プロレス旗揚げに参加。 沖縄プロレスでは怪人ハブ男として活動する。 7月5日、初代沖縄プロレス王座決定トーナメントに優勝してを戴冠。 5月、沖縄プロレス王座を返上して第2代沖縄プロレス王座決定トーナメントの開催を宣言。 トーナメントは準決勝で敗れてしまい2年連続での優勝はならなかった。 9月8日、と組んでNWAインターナショナルライトタッグ王座を奪取。 9月、のに出場して初出場ながら準優勝を飾った。 その決勝戦中に首を負傷してしまい欠場。 10月29日に復帰。 7月30日に沖縄プロレス王座を奪取するが、8月にはNWAインターナショナルライトタッグ王座、MWF世界タッグ王座を相次いで失陥した。 8月、「沖縄プロレス」が本土へ移動。 興行団体となったため退団。 「」に初出場。 準決勝にてに敗退している。 9月12日、ZERO1の天下一Jr. に出場。 HUB [ ] 2012年9月、フリーとして参戦。 に加入してリングネームを HUB(ハブ)と改名を発表。 改名後、沖縄プロレス在籍時に参戦発表していた上記の「みちのく」と「ZERO1」は怪人ハブ男のままで参戦。 からはDRAGON GATEやややZERO1やといろんな団体に参戦をしている。 さらに、ZERO1の天下一jrでも優勝してインターナショナルジュニアヘビー級王座とNWA世界ジュニアヘビー級王座を奪取。 なお、WRESTLE-1のみではと共に行動している。 HUB主催の自主興行「毒人」ではに勝利するも、2回目の自主興行ではライバルに敗北。 はや東京愚連隊の自主興行や道頓堀プロレスに参戦中で大阪を拠点に活動中。 しかし、ZERO1でジュニア二冠王座はに敗れ惜しくも陥落。 道頓堀プロレスには定期参戦中でヲロチと結託している。 得意技 [ ] 技のキレが鋭く、瞬発力をいかしたスピーディーな試合運びが特徴。 (旧:魔界一のスプラッシュ、世界一のスプラッシュ、フィッシャーマンズスプラッシュ) スペル・デメキンの時代から使い続けているフィニッシャー。 スピード、滞空時間、フォームの美しさに加え、相手をプレスした後に自分自身がバウンドしてしまうほどの威力がある。 バイパーストライク 2014年から使用し始めてる盟友であるのベルディゴの改良技。 HUBの場合抱え上げるモーションはビリーと同じであるが相手を右肩に抱え顔面から右サイドに落とす形で使用している。 バイパーデスロック 亜留魔下首領 スチュハートスペシャルと同型。 両手を相手の胴体に持ち替えて開脚ジャンプ。 両脚の間に背中からマットに叩きつける。 新型亜留魔下首領 アルマゲドンX 大蛇怒雷婆 と同型。 蛇苦波布 と同型。 軽くジャンプしてから高速で丸め込む用に投げる。 技に入る前に「オーケー、ジャック・ハマー」と言っている。 上叩蛇落 アバランチDVDと同型。 蛇剣神滝(旧:カオスブレイク) 相手の足を4の字のように交差させ、サイドへ落とす変形。 因果応報(旧:バベル) 蛇縛魔洞(旧:リミッターショック) ゴリースペシャルの状態から尻餅をつき、背骨にダメージを与える技。 ゴア時代のフィニッシュ・ホールドだったが、自身の腰にも負担がかかるためかスーパー・ドルフィンの時代は封印していた。 波布蛇箱(旧:エゴパッケージ) 蛇苦ナイフパッケージホールド やや高度は低めだが素早いモーションで繰り出す。 とぐろ巻き式ラリアット(旧:蛇腕潰沈) 右腕にマスクの後ろにある、しっぽを巻きつけてから放つ。 しっぽはマスクの一部であるため、攻撃が認められている。 攻撃 マスクの後ろにある、しっぽをのように相手の体に叩きつける。 しっぽはマスクの一部であるため、攻撃が認められている。 怪人エビ固め ゼロドライバー(旧:ドルフィンドライバー) スティグマータ リミッターデスドロップ WR WRリミテッド スイングDDT改 セルフサービス剣山 デス・バイ・ロデリックと同型。 串刺し インビジブル マックスペイン デメキンバスター と同型。 スペル・デメキンの時代に使用していた。 立った状態へ移行するスタンディングタイプを主に使用している。 相手の一瞬の隙をつき形勢逆転にして使用する事が多い。 技の入りがとても早い。 フィギュアフォーアンクルホールド 入場曲 [ ]• 猛毒波布空爆 タイトル歴 [ ]• 天王山優勝• 大阪タッグフェスティバル優勝• 上方プロレス新人大賞優勝• チューバートーナメント優勝• 東京インターコンチネンタルタッグ王座• 九州プロレスタッグ王座• 外部リンク [ ]• kaijinhabuotoko -.

次の