ミミッキュ タマゴ。 ミミッキュ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ミミッキュ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ミミッキュ タマゴ

わざ 採用理由 のろい HPが半分減るという大きなリスクはあるが、高耐久ポケモンをじわじわ追い詰めることが出来る ゴーストダイブ 特性と合わせて相手のダイマックスターンを枯らすことができる ウッドハンマー 高火力だが反動が痛い。 使いすぎは厳禁 おにび 相手の火力を落とせるため、殴り合いに無理やり持ち込める やられても後続が有利に動ける でんじは 相手の素早さを落とせるため先手を取りやすい やられても後続が有利に動ける きゅうけつ ウッドハンマーの連発や長居させたい場合に使える ドレインキッス ウッドハンマーの連発や長居させたい場合に使える 育成論の解説 技構成は定番のわざ ミミッキュは二つのタイプ一致わざで大半のポケモンと殴り合いができるようになります。 ダイフェアリーのおかげで状態異常も防げるためヒートロトムへの対策としても有効です。 シャドークローは補助技に変えても良い シャドークローを使用するタイミングがそこまで多くない為、かげうちで事足りるケースが多くあります。 そのためにシャドークローを補助技に変え、より動きやすくするのも良いでしょう。 与ダメージ計算 技 攻撃対象 割合 回数 じゃれつく 珠持剣舞後 ドラパルト HB無振り 244. わざ 採用理由 じゃれつく ミミッキュ最強の技、安定した火力を出してくれる ウッドハンマー 高火力だが反動が痛い。 ヌオーやガマゲロゲを借りたいとき専用の為、優先度は低い おにび 鬼火に弱いならこっちも鬼火打てばいいじゃない でんじは 相手の素早さを落とせるため先手を取りやすい やられても後続が有利に動ける ドレインパンチ まだまだ居座りじわじわ追い詰めたいときに使える ゴーストダイブ ダイマックス対策。 のろいで自主的な退場もできる のろいを利用し相手ポケモンを追い詰める状況を作りつつ自主的に退場するという戦法も取れます。 挑発にめっぽう弱い サポート型であるため、補助技を封じる挑発持ちには要注意です。 攻撃で倒せそうな敵であれば攻撃で蹴散らし、無理であれば素直に交代もアリでしょう。 挑発を打つ前に攻撃することを見越したみちづれで共倒れという賭けもアリですが、リスクが高すぎるためあまりお勧めできません 与ダメージ計算 技 攻撃対象 割合 回数 じゃれつく 珠持 ドラパルト HB無振り 133. ばけのかわで守り、剣舞で積み、それ以降は攻撃で相手をなぎ倒していくのがミミッキュの基本的な立ち回りとなります。 ダイマックス技で弱点克服 第七世代では攻撃が下がる火傷状態はミミッキュにとってはまさに天敵であり、おにびなど受けてしまうとせっかくの火力が生かせなくなりました。 しかし剣盾ではダイマックス技であるダイフェアリーを使用することによって、火傷状態から自己防衛することが出来ます。 素早さの調整対象になるくらい素早い ミミッキュに先手を取られると止められなくなる可能性がある為、先手を取るために素早さ調整を行わせられるのも往々にしてあります。 しかしミミッキュは「かげうち」を習得できるため素早さ対策にも対応可能です。 ミミッキュの短所 ナットレイに有効打が無い ミミッキュにとってナットレイは正に天敵です。 タネマシンガンでのばけのかわ貫通、物理受けされる、タイプ相性の三点で強い圧力をかけられてしまいます。 対峙した場合は素直に交代させるのが良いでしょう。 かたやぶりで特性を貫通される 特性無効効果を持つかたやぶり持ちのポケモンと対峙すると、ばけのかわが意味を成さなくなります。 幸いにもかたやぶり持ちで先手を取れるポケモンは条件付きが多い為、状況を読んでミミッキュを守ってあげましょう。 てっぺき積みで苦戦。 ミミッキュよりはやいポケモンでふいうちで弱点を突いて対策しましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策

ミミッキュ タマゴ

54 技レコード90 威力 90 命中率 90 分類 物理 効果 10%の確率で相手の「こうげき」を1段階下げる 命中率にやや不安がありますが フェアリータイプの物理で 強い技なのでほぼ必須 かげうち タイプ ゴースト 覚え方 Lv. 6 威力 40 命中率 100 分類 物理 効果 必ず先制攻撃できる 威力は低めですが 「すばやさ」に関係なく 先制攻撃ができるので 相手の体力があと少しの 場合などで倒しやすくなる シャドークロー タイプ ゴースト 覚え方 Lv. 42 技マシン65 威力 70 命中率 100 分類 物理 効果 きゅうしょ に当たりやすり 使いやすい ゴーストタイプの技なのでオススメ サブ技 タイプ不一致 ドレインパンチ タイプ かくとう 覚え方 技マシン63 威力 75 命中率 100 分類 物理 効果 相手に与えたダメージの半分だけ自分の体力を回復する ミミッキュが苦手な はがねタイプを倒しやすくなります 変化技 でんじは・ おにび タイプ でんき ほのお 覚え方 技マシン14 技マシン38 命中率 90 85 効果 一部特性、 でんき、 じめんタイプ以外の相手を「 まひ」状態にする 一部特性、 ほのおタイプ以外の相手を「 やけど」状態にする 相手の「すばやさ」を下げたり まひ 「こうげき」を下げて やけど 戦いやすくするため つるぎのまい 覚え方 技レコード00 効果 自分の「こうげき」を2段階上げる 特性「ばけのかわ」で 相手の1発目のダメージを抑えれるので その隙に攻撃を上げて かげうち 先制攻撃 するなど相性がいい技 トリック 対人向き 覚え方 技レコード38 命中率 100 効果 相手と自分の持ち物を交換する 相手と自分の持ち物を強制的に入れ替えれるので• こだわりスカーフ• ゴース Lv. ゴースト Lv. ゲンガー Lv. ヨマワル Lv. サマヨール Lv. ヨノワール Lv. デスマス Lv. デスカーン Lv. デスバーン Lv. ヒトモシ Lv. ランプラー Lv. シャンデラ Lv. ボクレー Lv. オーロット Lv. バチンウニ Lv. 35 みちづれ 覚え方 遺伝技 効果 連続で使用すると失敗するが使った次のターンまでに相手の技で「ひんし」状態になったとき相手も「ひんし」状態にする *ダイマックス相手には効果なし 相手を強引に「ひんし」状態にできる技 みちでれ遺伝経路 レベルで覚えるポケモン• ゴース Lv. ゴースト Lv. ゲンガー Lv. ドガース Lv. マタドガス Lv. ソーナンス Lv. 1 or 進化時• フワンテ Lv. フワライド Lv. ヨノワール Lv. デスマス Lv. デスカーン Lv. デスバーン Lv. プルリル Lv. ブルンゲル Lv. ボクレー Lv. オーロット Lv. 48 まとめ ミミッキュはかわいくて 特性も強いポケモンなので 是非育ててみてくださいね.

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ミミッキュ タマゴ

ガルーラと威張るボルトで楽してた奴やろねえ 今はピロゲンで楽しようとしてるんだろうが、ラムミミッキュで屠ってすまんなwwww まあ、本題にマジレスすると、ミミッキュやカプやリザバシャマンダもだけど、機能とか仕様とか色んな面がとにかくレート人口を増やすのと噛み合ってない んでその最たるものはレート差マッチングだと思う マッチングシステム改悪のせいで、バカらしくなってレートをやる意味を見出せなくなる人は居そうだし、ランクマにしてマッチングを完全にランク別にしないとレート人口増えないと思うよ あと安易かつ能動的に仕掛けられる運ゲーに対する弱体化がまだ足りない、具体的にはピロゲンとゴーリ こいつらはミミカスカプカスリザバシャ以上にヘイト要員だと思う 基本的にレート対戦ガチ勢が減ったのはzワザのせい。 レート人口をみても第6世代から大幅に減ってる。 もちろんトリプル廃止だとかレートマッチングシステムを若干変えたこととかもあるだろうけど。 メガストーンを最初から全部ネット環境無しで手に入れられなくしたのも改悪。 そっちはガチ勢というよりもキッズに影響ありそう。 ネット環境無い奴とあるやつでゲーム内ですら差が付くのはかわいそうだし、次からは絶対にこういったことはやめるべき。 (サンムーンは、いやポケモンは他ゲーを絶対にパクるべきじゃない。 とくにZワザの踊りとか妖怪のモロパクリ) メガストーン配布しなかったのは第5世代にあった夢特性を徐々に解禁で環境に変化をつけるため~ってのをやりたかったんだろうけど、たぶん皆白けてる。 それとDQMJ3とかのネット環境必須的なモノに影響されてるのが若干見て取れる。 もちろんMJ3のライドシステムはポケモン第6世代からあった、ポケモンに乗れるシステムを参考にした、ってのもあるだろうけど。 そこらへんはお互い影響を与え合ってるだろうしお互い意識しているのだろう。 ただポケモン側はそういったものを意識すべきではないし参考にすべきでもないしパクるべきでもない。

次の