ドリーム ランド モノレール。 ドリーム開発ドリームランド線

ドリーム開発ドリームランド線

ドリーム ランド モノレール

ドリームランドモノレール線 ドリームランドモノレール線 (大船〜ドリームランド) ドリームランド駅に停車中のモノレール JR線の大船駅からやや戸塚寄りにモノレール 大船駅はあった。 住宅図に描かれたモノレール線の絵。 自転車放置禁止区域図に書かれたモノレール 線の絵。 現在は文字を消去し修復が実施されている。 川を渡っですぐの軌道跡の駐車場に僅かに 橋脚が残っていた。 通行止めを知らせる看板が設置されていた。 雑木林の方を見ると何か工事をしていた。 よく見ると・・・軌道を撤去している。 ちょうど橋桁と橋桁の間の1区間の軌道を撤去 しているところであった。 工事現場を間近で見られる場所。 工事車両が稼動するための仮設の足場がある。 工事現場の入り口。 モノレール線撤去工事と看板が出ている。 解体中の軌道を間近で見ることが出来た。 細かく切断された軌道が並んでいる。 ここからは山の中を走る感じとなる。 玉縄基地近くの路線跡。 一旦山を抜け、下に見える道路を跨ぎ、再び山の 中へ入っていく。 まさしく山の中から出てきた感じの軌道が ここにはあった。 これが正式な工事用の看板? 県道を跨ぎ、再び山の中へ入っていく。 ここから左へカーブして道路を跨いでいた。 広い空き地を通っていく。 民家の上を通っていた軌道跡を高所から 見下ろす。 やがて道路の方へ出てくる。 森を抜けた軌道は、浄水場や運動施設を 通って左の方へ進んでいく。 畑のようになっている軌道跡。 小雀信号所。 事務所がある所に僅かに軌道とホームが 残っている。 保守車両が留置されていた所の軌道が 残っていた。 ドリームランド寄りの信号所跡。 ここから国道1号までひの字型に軌道 が走っていた。 広いグランドの中を軌道は通っていた。 国道1号線を渡っていた軌道跡。 工場の敷地内を軌道は通っていた。 ウィトリッヒの森へ入り、中央奥で斜め下へ降りて いった。 雑木林の中を軌道は通っていた。 ウィトリッヒの森の軌道跡。 左奥から右斜め上の方に向かってカーブしていた。 この辺りの軌道はとても急であった。 正面の自動車の並んでいるところが軌道跡。 複線から単線に変わる場所。 かつて、右側にそれて小田急電鉄の長後駅 まで建設する計画もあったが実現には至らなかっ たらしい。 橋桁跡は畑のようになっている。 民家の裏側の軌道跡。 路線域を示す「ド」。 ドリームランド駅場内信号機跡。 中央奥が軌道跡で、左の民家の手前まで来て 右にカーブしていた。 コンクリート製の橋脚跡。 ドリームランドへ続く402号線を左から中央奥に 向かって軌道は通っていた。 道路中央の分離帯にも橋桁跡がある。 ランド坂の軌道跡。 既に宅地化が始まっていた。 ドリームハイツ手前の駐車場を軌道は地面すれ すれまで低い橋桁に乗って通っていた。 ドリームハイツへ続く道路を鉄橋のように跨いだ。 ドリームランド駅跡。 車庫跡。 新しいバスターミナルを建設中である。 ローソン横浜ドリームランド駅前店。 モノレールはもう存在しないのに店名に 駅前の名が付いているのはとても興味深い。 大船〜横浜ドリームランドを結んでいた5. 3kmのモノレール。 1966年/昭和41年に開通するも車両の超過重量、橋桁の強度不足の問題が発覚し、僅か1年4ヶ月で休止となり、1985年頃/昭和60年頃まで保守車両が稼動し軌道周辺の木の伐採を実施、その後1987年/昭和62年に車両と車庫が、1990年/平成2年に大船駅が、2003年/平成15年からついにモノレール線全線が解体となった。 休止中の間、HSSTや小型モノレール、上下分離方式等による運行再開計画が発表されたが、経済情勢の激変や親会社のダイエーの経営状態の悪化などが重なり最後まで実現に至ることはなかった。 現在は、モノレール線の代替となる道路整備計画が進行しているようで、今後鉄道関連施設が再び出来ることはないと思われる。 (なお、探索はドリームランドから大船駅に向かって徒歩で行っていて、2006年/平成18年5月現在で総歩行距離は50km近くにもなると考えている。 ) [UNLIMITが今なら1円].

次の

ドリーム交通モノレール線 概要

ドリーム ランド モノレール

ドリームランドモノレールとは に続き、今回はドリームランドモノレールの延伸についてを調査する。 1964(昭和39)年から2002(平成14)年まで開園していた戸塚区俣野町の遊園地、「横浜ドリームランド」と「大船駅」の間を走っていたモノレールにも延伸の話があったという。 このドリームランド線は、横浜ドリームランドの開園に伴い、アクセス手段として開業。 しかし、開業からわずか1年ほどで運休、その後運転が再開することはなく2003(平成15)年に正式に廃止となった。 大船駅付近に残されたドリームランド線の軌道跡。 2002(平成14)年ごろ のを記憶している人も多いかもしれないが、どこへ伸びる計画があったのだろうか? 大船駅(青矢印)とドリームランドがあったあたり(緑矢印、Googlemapより) 大船駅とドリームランド駅。 駅が出来る予定だった場所(青矢印、 Googlemapより) ドリームランド線について『全国鉄道事情大研究 湘南篇 川島令三』によると 「ドリームランド・モノレールは大船~ドリームランド間の5. 3キロメートルの跨座式(こざしき、レール上を走る)モノレールだ。 モノレールブームだった昭和40年前後、各地にモノレール路線が誕生した。 そのころはどこが最初に実用化するか、モノレールの開発競争が進んでいて、日立に後れを取っていた東芝は、1961(昭和36)年に自社方式のモノレールを奈良ドリームランド内に遊具施設として造った。 これをもとに1966(昭和41)年5月に東芝が全面協力してドリーム交通の大船~ドリームランド間が開通した。 3両編成2本により、15分ごとに所要時間8分で結んだ」 ドリームランド線(青矢印)が運行しているころの写真 「うたい文句は『小型軽量で建設費が安い』というものだった。 しかし他社の成功の焦りからか車両が重くなったのに、それに見合った軌道桁に強化すべきところをおこたったため、1年後には各所で軌道桁にひびが入ってしまった。 全線を全面改修する必要性から開業じてわずか1年余りで運休になった。 以後何度か復活の話があったが、再開していない。 この復活はドリームランドへのアクセス路線だけではなく、隣接するドリームハイツ(神奈川県と横浜市の住宅供給公社によって建設された高層団地)やその手前の深谷住宅とを結ぶバス路線の代替としても横浜市や住民から要望されている。 バスは1号線を出たところで渋滞に巻き込まれ、時間がかかるからである。 しかし復活には費用がかかり話が進まなかった」 ドリームハイツ(青矢印)と渋滞で知られる国道1号線の原宿交差点(赤矢印、 Googlemapより) 「ドリームランドを経営するドリーム開発は、大手スーパーのダイエーグループが100%株主になり、ダイエーはこの要望を了解した。 そして日本航空が中心となって開発していたHSSTリニアモーターカーに作り替えることが具体化した」 HSSTは静粛性があり環境にやさしいという そのときにドリームハイツに手渡されたリニアモーターカーの仕様書には 「ドリームランド駅~大船駅 営業キロ5. 3キロメートル 駅数4~5駅 車両形式・磁気吸引浮上式リニア誘導電動推進方式電車 4両固定連結 最高速度時速70キロ 所要時間約10分」などとある。 磁気で浮上するHSST 「許認可を与える運輸省としては、ダイエーグループのような新規事業者が交通事業に参入することに抵抗がある。 また途中駅を作るとなると、平行する神奈川中央交通との経営参加や保証などの調整が必要になり、実現までの問題点は多い」とある。 そして『県ドリームハイツ30年史』には、「阪神淡路大震災で、神戸のダイエーの旗艦店が被害を被り、再開の見通しが困難になった。 そして2002年(平成14)年8月ドリーム開発はモノレール開発の断念を市に申し出た」とある。 ドリームランド線はモノレールの開発競争の中で登場した画期的な路線だったが、初期段階のミスが致命的な問題となったようだ。 そしてドリーム開発が再開を断念するとともに、モノレールもリニアモーターカーの実現もなくなったようだ。

次の

廃線研究所 ドリーム交通モノレール大船線

ドリーム ランド モノレール

ドリームランドモノレール線 ドリームランドモノレール線 (大船〜ドリームランド) ドリームランド駅に停車中のモノレール JR線の大船駅からやや戸塚寄りにモノレール 大船駅はあった。 住宅図に描かれたモノレール線の絵。 自転車放置禁止区域図に書かれたモノレール 線の絵。 現在は文字を消去し修復が実施されている。 川を渡っですぐの軌道跡の駐車場に僅かに 橋脚が残っていた。 通行止めを知らせる看板が設置されていた。 雑木林の方を見ると何か工事をしていた。 よく見ると・・・軌道を撤去している。 ちょうど橋桁と橋桁の間の1区間の軌道を撤去 しているところであった。 工事現場を間近で見られる場所。 工事車両が稼動するための仮設の足場がある。 工事現場の入り口。 モノレール線撤去工事と看板が出ている。 解体中の軌道を間近で見ることが出来た。 細かく切断された軌道が並んでいる。 ここからは山の中を走る感じとなる。 玉縄基地近くの路線跡。 一旦山を抜け、下に見える道路を跨ぎ、再び山の 中へ入っていく。 まさしく山の中から出てきた感じの軌道が ここにはあった。 これが正式な工事用の看板? 県道を跨ぎ、再び山の中へ入っていく。 ここから左へカーブして道路を跨いでいた。 広い空き地を通っていく。 民家の上を通っていた軌道跡を高所から 見下ろす。 やがて道路の方へ出てくる。 森を抜けた軌道は、浄水場や運動施設を 通って左の方へ進んでいく。 畑のようになっている軌道跡。 小雀信号所。 事務所がある所に僅かに軌道とホームが 残っている。 保守車両が留置されていた所の軌道が 残っていた。 ドリームランド寄りの信号所跡。 ここから国道1号までひの字型に軌道 が走っていた。 広いグランドの中を軌道は通っていた。 国道1号線を渡っていた軌道跡。 工場の敷地内を軌道は通っていた。 ウィトリッヒの森へ入り、中央奥で斜め下へ降りて いった。 雑木林の中を軌道は通っていた。 ウィトリッヒの森の軌道跡。 左奥から右斜め上の方に向かってカーブしていた。 この辺りの軌道はとても急であった。 正面の自動車の並んでいるところが軌道跡。 複線から単線に変わる場所。 かつて、右側にそれて小田急電鉄の長後駅 まで建設する計画もあったが実現には至らなかっ たらしい。 橋桁跡は畑のようになっている。 民家の裏側の軌道跡。 路線域を示す「ド」。 ドリームランド駅場内信号機跡。 中央奥が軌道跡で、左の民家の手前まで来て 右にカーブしていた。 コンクリート製の橋脚跡。 ドリームランドへ続く402号線を左から中央奥に 向かって軌道は通っていた。 道路中央の分離帯にも橋桁跡がある。 ランド坂の軌道跡。 既に宅地化が始まっていた。 ドリームハイツ手前の駐車場を軌道は地面すれ すれまで低い橋桁に乗って通っていた。 ドリームハイツへ続く道路を鉄橋のように跨いだ。 ドリームランド駅跡。 車庫跡。 新しいバスターミナルを建設中である。 ローソン横浜ドリームランド駅前店。 モノレールはもう存在しないのに店名に 駅前の名が付いているのはとても興味深い。 大船〜横浜ドリームランドを結んでいた5. 3kmのモノレール。 1966年/昭和41年に開通するも車両の超過重量、橋桁の強度不足の問題が発覚し、僅か1年4ヶ月で休止となり、1985年頃/昭和60年頃まで保守車両が稼動し軌道周辺の木の伐採を実施、その後1987年/昭和62年に車両と車庫が、1990年/平成2年に大船駅が、2003年/平成15年からついにモノレール線全線が解体となった。 休止中の間、HSSTや小型モノレール、上下分離方式等による運行再開計画が発表されたが、経済情勢の激変や親会社のダイエーの経営状態の悪化などが重なり最後まで実現に至ることはなかった。 現在は、モノレール線の代替となる道路整備計画が進行しているようで、今後鉄道関連施設が再び出来ることはないと思われる。 (なお、探索はドリームランドから大船駅に向かって徒歩で行っていて、2006年/平成18年5月現在で総歩行距離は50km近くにもなると考えている。 ) [UNLIMITが今なら1円].

次の