アップル ウォッチ アプリ。 アップルウォッチでFX Apple Watch用FXアプリを用意しているFX会社

【アップルウォッチ】ゴルフに使える便利な対応アプリを探せ!

アップル ウォッチ アプリ

ゴルフな日-Su(ゴルフナビエスユー)は国内2300箇所以上のゴルフ場のコース情報などが入っているゴルフアプリです。 また当然コース情報をダウンロードしておけば、通信圏外だって使用できる便利なアプリです。 このコースの特徴はコースの距離や形状はもちろんのこと、高低差までも細かく掲載されていること。 障害物やグリーンまでの距離もすぐに計測できますので、プランニング管理も非常に楽になりますね。 このゴルフな日-Suがアップルウォッチにも対応しています。 距離計測や高低差、風向きのチェックなどいちいちスマホを出したりする必要がありません。 ゴルフ中にこそアップルウォッチは活用できそうですね。 全コース使い放題で1ヶ月360円となっています。 ゴルフと直接関係のあるアプリではありませんが、ゴルフ中のあるコトにとっても便利に使えます。 その「あるコト」とは写真撮影です。 そう、カメラリモートはスマートホンのシャッターや構図の調整などをアップルウォッチでリモート操作ができるアプリなんです。 広々とした美しいゴルフ場をバックにして、ベストショットを撮影しやすくなります。 インカメラや自撮り棒などを使う必要がありませんので、荷物や操作を増やすこと無くゴルフ中の様子をバシバシ撮影できちゃいますね。 いかがでしたか? アップルウォッチに対応しているアプリを紹介してみました。 ここのところどんどん対応アプリが増えて、ゴルフアプリも同様に増えてくるでしょう。 スマートフォン端末1台よりもゴルフを便利に楽しめる幅がどんどん広がっていきますね!.

次の

Apple Watchにアプリを追加(インストール)する方法

アップル ウォッチ アプリ

自動車でお出かけするとナビがありますので、道に迷うことなくスイスイ進めるので便利ですよね。 バイクにもナビをつけることはできますが、実際には配線をいじったりナビをバイク用のナビを探したりと意外と大変です。 ナビをバイクに取り付けるのは難しいのでスマートフォンを取り付ければ代用することも可能ですが、走行中に万が一落下したらと思うとこの方法もなかなか手が出しにくいのが現実です。 そこで今回は バイクには取り付けないけれどナビの代わりになりそうなアップルウォッチについて解説をしていきます。 Apple Watchってそもそもなに? アップル社のスマートフォンを使用している人であれば一度は見聞きしたことがあるでしょうが、アップル社ではスマートフォンやパソコン以外にも スマートウォッチであるアップルウォッチを展開しています。 そもそもスマートウォッチとはなんなのかいまいちご存知ない方も多いのですが、ざっくりとお伝えすると 腕時計バージョンのスマートフォンとお考えいただいて差し支えありません。 アップルウォッチでは基本的な腕時計の機能を備えているほか、 スマートフォンと同じようにインターネットに接続でき、アプリをダウンロードしたり、SNSの閲覧、バージョンによっては通話することができます。 そのため腕時計としてではなく、ひとつの電子機器端末として使用できるので普段の生活をより便利に、より豊かにしてくれるのです。 スマートフォンの代わりになる アップルウォッチは単体でアプリをダウンロードしたり、インターネットに接続使用できるだけでなく アップル社のスマートフォンと連携させることでさまざまなメリットを生み出してくれます。 アップルウォッチのメリットのひとつには スマートフォンで受けた通知をアップルウォッチに直接受けられ、わざわざスマートフォンをバッグから出してチェックする必要がありません。 たとえば、大手SNSサイトに誰かからメッセージを受信した場合は通知がアップルウォッチに届くようになります。 そのほかにも アップルウォッチは音楽プレイヤーとしても使用でき、アップル社のスマートフォンに 保存している音楽をアップルウォッチをリモコン代わりにして再生できますし、アップルウォッチに音楽を保存しておけばアップルウォッチ単体で音楽プレイヤーとしても活躍できるのです。 マップ機能が使える アップルウォッチにはスマートフォンの通知を受けたり、リモコン代わりに使用できるほかにアップルウォッチのアプリに マップアプリがインストールされています。 アップルウォッチに入っているマップ機能は スマートフォンに入っているマップアプリと同様にインターネット回線に繋がっていればリアルタイムにマップをチェックして目的地までのルートチェックができます。 またアップルウォッチのマップアプリにも 経路案内機能もありますので、 進むにつれてアップルウォッチのマップも自動的に進んでいってくれるので画面をわざわざ操作する必要がないのです。 そのため通常の街中のナビゲーションだけでなく、バイクのナビとしても活躍できる余地があり、バイクに直接ナビを取り付けたりスマートフォンをホルダーにセットする必要がなく、腕時計として、そしてナビとして活躍できるのです。 アップルウォッチはバイクのナビに使える? ここまでアップルウォッチについてお伝えしたところで、勘のいい方は アップルウォッチをバイクのナビに使えるのではないか?ということにお気づきになられたはずです。 アップルウォッチはインターネット回線にさえ繋がっていればもちろんバイクの乗車中であっても機能しますが、実際のところはどうなのでしょうか。 結論は可能 結論から先にお伝えすると、アップルウォッチはバイクのナビとして使用することは可能です。 アップルウォッチは大手携帯電話事業者のサービスのひとつにアップルウォッチ単体でインターネットへ接続できるようになるサービスを展開していますので、 モバイルWi-Fiやスマートフォンのテザリングがなくてもインターネットに接続できます。 このサービスに申し込んでさえいればアップルウォッチだけでマップ機能が機能しますので、これでルートに迷う心配はなくなるのですが、 アップルウォッチをナビに使うにはひとつ落とし穴があります。 それは アップルウォッチのインターネット回線への接続が通常のスマートフォンとは違い通信速度が遅いことにあります。 具体的にお伝えすると、スマートフォンのマップアプリを見ると開けばすぐに地図情報が反映されますが、 アップルウォッチのマップですと地図情報が表示されるまでに時間がかかり、一瞬で地図情報が反映されにくい欠点があります。 そのため長い信号待ちの間に次のルートをチェックする分にはよいのですが、 短い停車時間ではアップルウォッチの地図情報が反映されずにルートのチェックができない恐れがあります。 そのためスイスイ進みながらルートチェックができるという訳ではなく、 あくまで一旦停止して反映されるまで待ち、そこから走行再開という流れになりますので、スピーディに走行したい場合には向いていないといえます。 まとめ いかがでしたか? アップルウォッチは腕に巻いてしまえばルートチェックが簡単にできるので重宝しますが、反映までに時間がかかってしまうため使用するタイミングなどが限られるので、人によっては向かない場合があります。 アップルウォッチはナビだけでなく腕時計や音楽プレイヤーとしても役立ちますので、もしお気になりましたら検討されてみてはいかがでしょうか? 参考-、原田慧.

次の

Apple Watchの呼吸アプリが神すぎるので紹介します!

アップル ウォッチ アプリ

アップルウォッチのアプリって? アップルウォッチのアプリは iPhoneに入っているアプリが入る仕様になっていますが、 アプリ自体がアップルウォッチ対応のアプリに限ります。 例えば、私のiPhoneには「Instagram」のアプリが入っていますが、Instagram インスタグラム のアプリは アップルウォッチには対応していないので、アップルウォッチには入っていません。 既に使用しているアプリで対応・未対応を調べるにはiPhoneから「 Watch」のアプリを開きます。 このアイコンのアプリです。 マイウォッチを下にスクロールするとiPhoneの「設定」のような感じでアプリが並んでいます。 そこに 表示されているアプリは対応していますし、反対に表示されていないアプリは未対応です。 アップルウォッチ対応のアプリを探す方法 2つあるのでそれぞれご紹介します。 使いやすい方で探してみて下さい。 Advertisement Watchアプリから探す 「Watch」アプリの「App Store」もしくは「検索」から探す方法です。 ここから探すと アップルウォッチ対応のアプリしか出てこないので、アップルウォッチとiPhone両方で使用したい場合は1番楽に探せます。 「App Store」アプリにはある「Today」や「ゲーム」の項目はありません。 App Storeから探す 「App Store」から探す方法です。 これは普段iPhoneに入れたいアプリを探す時にも使っていると思うのですが、ここから入れたいアプリを探します。 アプリの詳細を見るとアプリのプレビューやアプリ内の画像などが出てくると思います。 その下に 対応端末が記載してあります。 こんな感じです。 この画像の場合、 iPhoneだけに対応している「Instagram」 画像左側 はiPhoneのアイコンと「iPhone」の記載しかありません。 しかし、 アップルウォッチにも対応している「LINE」 画像右側 はアップルウォッチのアイコンと「Apple Watch App」と記載があります。 iPhone以外のデバイスにも対応している場合は矢印をタップすると、 表示イメージを確認する事も出来ます。 こんな感じです。 アップルウォッチ用にインストールしたけど、イメージと違ったという事が減るので、 特に有料アプリを購入する時は事前に確認するといいと思います。 アップルウォッチにある要らないアプリを非表示にする iPhoneに入っていて、アップルウォッチに対応しているアプリは自動的にアップルウォッチに表示されます。 アプリをたくさん入れているとアップルウォッチではどこにどのアプリがあるか探すのが大変です。 そんなアップルウォッチでは使わない アプリを非表示にする方法です。 「 Watch」アプリのマイウォッチを下にスクロールすると「 APPLE WATCH上にインストール済み」という項目があります。 今回はテストでLINEを非表示にしてみます。 アップルウォッチで非表示にしたいアプリをタップし、「 AppをApple Watchで表示」のボタンを切り替えて下さい。 そうするとアップルウォッチでは非表示になり、iPhoneでは今まで通り使える状態になります。 ちなみに「APPLE WATCH上にインストール済み」の上にある「アクティビティ」や「ヘルスケア」などのアプリは非表示には出来ません。 任意でインストールしたアプリのみ表示・非表示が選択出来る仕様のようです。 アップルウォッチで使える便利なアプリ 実際にアップルウォッチを約5ヶ月愛用してきて、便利だと思ったアプリや使用しているアプリをご紹介します。 アクティビティ このアプリはアップルウォッチを買った時から使っています。 使っているというよりはアップルウォッチを着用している間、計測しているので勝手に測られていると言った感じです。 1日をムーブ・エクササイズ・スタンド・歩数・距離・階段の6項目をグラフ化または数字化してくれるアプリです。 健康の為にウォーキングやジョギング、ジムに通っている人はもちろん便利ですし、特別体を動かす時間を取っていない人でも 目標を達成する面白さからハマります。 目標を達成していくと バッジがプレゼントされます。 このバッジはiPhoneの「アクティビティ」アプリの「成果」から今までもらったバッジを確認する事が出来ます。 ミュージック このアプリの便利さに気付いたのは最近なのですが、もっと早くに知りたかったアプリです。 iPhoneでもお馴染みの「 ミュージック」アプリです。 アップルウォッチから操作が出来ます。 言わば リモコンのような感じです。 イヤホンを使っていると、iPhoneはバッグやポケットの中だったり、満員電車の中でiPhoneを取り出すのが困難な時にも、腕に着けているアップルウォッチで操作が出来ます。 他にも 音量の調整や 音楽のオン・オフ操作も出来るので、外出時に便利です。 音量はアップルウォッチのデジタルクラウンを回すだけです。 LINE ライン みなさんお馴染みのLINE ライン もアップルウォッチで使用出来ます。 今ではメールよりLINE派の人も多いと思うので、これは重宝すると思います。 アップルウォッチでメッセージの受け取りが可能で、さらにその メッセージに対して返信が可能です。 通知からの場合 返信の方法は 音声入力、絵文字、定型文の3通りです。 絵文字はいわゆるスタンプとは違い、iOSの絵文字になります。 アプリからの場合 アップルウォッチのLINEアプリから返信をする場合も返信が 音声入力、絵文字、定型文の3通りですが、LINEのスタンプになります。 購入したスタンプは使用不可能で、一部のLINEのスタンプのみ使用可能です。 iPhoneだと通知に気付かなかった、ということもありますが、アップルウォッチなら気付きやすいですね。 Wallet ウォレット 、Suica スイカ Walletは最初からiPhoneにインストールされており、削除が出来ないアプリです。 電車に乗る時や商品購入時の支払いにも便利なウォレットアプリ、Suicaアプリです。 アップルウォッチでは使用していませんが、iPhoneではSuicaを設定してウォレットアプリを使用しています。 iPhoneで使うにはとても便利で重宝しているアプリです。 調べてみたら、同時に 同じSuicaを登録は出来ませんが、切り替えは可能とのこと。 ちなみに クレジットカードはiPhoneとアップルウォッチの両方に追加可能なようです。 もう1つ使うことを断念した理由は、私はアップルウォッチを左腕に着けています。 でも、 改札機って右側にICカードをタッチするところがあるので、腕をクロスする形になるんですよね。 これが不便そう!と思って今でもSuicaはiPhoneで使っています。 アップルウォッチ自体は右腕に装着する事も出来ますし、文字盤も右腕用に変更する事も可能ですが、アップルウォッチは普段から装着するものであり、私は右腕に装着するのは違和感があってアプリを使うことを断念しました。 私が 使うことを断念したのはあくまでも個人的な理由です。 アプリ自体はとても便利で、使っている方も見かけるので、おすすめ出来ないアプリという意味ではありません。 いつか何かの役に立つかもしれない情報を中心に、私が調べてみたこと・感じたこと・分かったことをメインにブログにしていきます。 関連する記事• 2018. 14 私がApple Watch Series3を購入した時はあまり使っている人を見かける機会は少なかったように感じましたが、2018年にApple Wat[…]• 2019. 24 最近、日本でも英語が必要になってきていますよね。 小学校の授業で英語が必修化になったり、大人の習い事として英会話を選ぶ人も多いようです。 私の学生時代[…]• 2018. 04 アップルウォッチ Apple Watch を購入したら、1番やりたかったバンドのカスタマイズも終わりました。 私にとっては付属していたバンドを除けばフ[…].

次の