咲 ドラマ 感想。 ドラマ「咲

仁と咲は結婚しないの?最終回のドラマと原作漫画の違いを詳しく解説!

咲 ドラマ 感想

見出し• 実写ドラマ『咲-Saki-』が面白いと感想が多い理由 1.主演の浜辺美波がかわいい&演技が上手い! このドラマの主人公・咲を演じる浜辺美波。 2015年のSPドラマ『あの花』や秋ドラマ『無痛』に出演して注目されるようになりました。 まだ16歳の高校生ですが、「浜辺美波が主演をつとめるワケ」がわかるほどの堂々とした演技。 滑舌が良くて聞き取りやすい澄んだ声、喜怒哀楽の表情、感情を込めた動の演技や相手との間をはかる静の演技など、他の出演者とは一線を画すほど演技が上手です。 RT 浜辺美波っていうのこの子。 無痛で初めて演技を見てからこの子の演技に引き込まれたので注目したい女優さん。 画面に登場するたびに思わず目が行ってしまう男子も多いのではないでしょうか。 ドラマ版の咲、ようやく見たんですけど、浜辺美波さんの美しさに改めて惹かれたし東宝シンデレラがよくやってくれてるなと驚き、そしてなんだかんだで廣田あいかさんの特徴的な声がフックになるし演技も良い感じで世間的な意味での出世作はこれになるのかなと思いつつ、ロボサンと舞台がここに活きてる — 足利義政 torqueEngine 咲の実写ドラマ、なかなか良かったわ!出会いのシーンがとても百合っぽくて 笑 キャラもみんな意外と忠実。 何よりも、浜辺美波ちゃんが可愛い。 超かわいい。 — リリィですわ 百合用 yurionna 2016年12月13日 2.わりと原作に忠実! 最近はアニメや小説を原作としたドラマや映画が本当に増えています。 実写化すること自体はよいのですが、あまりにも原作のストーリーからかけ離れていたり、原作の世界観が台なしになってしまうようなドラマは、原作ファンをがっかりさせることもあります。 その点、『咲-Saki-』は原作をリスペクトしているといえるでしょう。 各登場人物のビジュアルやキャラクター設定、ストーリー展開など、かなり原作に寄せた作りになっています。 とくにあの独特な雰囲気が再現されていますよね。 あのアニメ声は最高でした。 実写版咲、嫌な予感しかしてなかったけど、いざ始まってら、すっかりハマってしまったw タコス女の声で完全にやられた感じ。 原作ファンに高評価なのがわかる気がする。 これは、劇場版行くしかないなぁ。 実写版 同一人物です。 サイズ以外の再現度が高すぎる…。 — なすちる@お昼寝 naschil 原作キャラクターの再現度を高めるためのニクいキャスティング。 さすがに全部を再現するのは難しいですが、要所要所でこういう再現をしてくれると嬉しいですよね。 スポンサードリンク 3.ツッコミどころもあってドラマとして普通に面白い! 浜辺美波は素晴らしいし、原作に割りと寄せているのも高得点ですが、ちょいちょいツッコミどころがあるのも、このドラマの面白いところ。 予告動画から感じていましたが、とにかく制服のコスプレ感が満載で制服サイズが小さめでぱっつんぱっつん。 制服がコスプレっぽいのが面白いよね咲 — 咲-saki-実写版最高bot orikastar 咲-Saki-録画見た。 制服のコスプレ感すごい。 キャスト皆可愛いけど浜辺美波ちゃんが一段上で可愛いの恐ろしい。 ぁぃぁぃはハタ坊で正解なのかしら?麻雀分からんけど漫画調で面白いから録画継続 — りんごハムノイズ sqzringo ビジュアル的にも演出的にもツッコミどころもあり、普通にドラマとして面白いと感じている人も多いのではないでしょうか。 もはや普通におもしろいとしか言いようがないので、美少女コスプレ系が嫌いじゃない人は何とかして観たほうがいい。 ドラマと映画で完結する内容になっているはずなので、続きをぜひ劇場で観たいものですね。 こんな記事も読まれています.

次の

仁と咲は結婚しないの?最終回のドラマと原作漫画の違いを詳しく解説!

咲 ドラマ 感想

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

咲‐Saki‐の映画内容をネタバレ!公開日や出演者・感想まとめ

咲 ドラマ 感想

いや〜、いいものを見た。 私自身麻雀は全く知らないし、原作もドラマ版も観てないのですが、これは本当に良かった。 まず、豪華キャスト陣が眼福過ぎる! 浜辺美波、浅川梨奈、古畑星夏、山田杏奈、永尾まりや、柴田杏花、武田玲奈、佐野ひなこ、岡本夏美、あの…etc 特に大将戦は菊地麻衣さんのシリアスな演技が光る中でも、終始ニヤけてました(多分)。 "もちろん"豪華キャストを見るために観たので、正直あまりストーリーは期待していませんでしたが、目の保養になるだけでなく、女子高生の青春群像劇が意外にもしっかりしていました。 また、ビジュアルもかなり気合が入っており、原作未読の私でも原作愛を感じます。 麻雀分からなくても十分楽しめるのですが、分かってた方が言ってることの意味がわかると思うので何倍も楽しさが増すと思いました。 で、悔しかったので、早速ちと調べてみたのですが、やはり初心者が少し調べたぐらいでは難しかった… ちょっとやってみたいです。 この県予選に至るまでのドラマの部分や今後も気になるので、ドラマや原作も見るべきですね。 制服のコスプレが凄くて足の付け根が見えそうなくらい。 浜辺だけでなくみんなスカート短いだけで無く、デカパイの浅川なんてブラなしで胸ツンツンしてるし。 セリフも、浜辺が大会前にオヤジに潤んだ目で、脱いでも良いですか、何て聞いて、オヤジがたじろいだら、靴と靴下脱いでるし。 それはそれでエロいのだが。 佐野ひろ子は笑顔を封印して怖い顔で後輩叩いたりして、それもエロいし。 永尾マリアや夏菜は古星は普通にエロいし。 浜辺と浅川の布団の中では色々と有り〜の。 麻雀知らんけど、最後まで怒涛の展開でしたわ。 これで、感動まで何故かしてしまうし。 いや、観てよかたい、目の保養になりました。 興奮して、歯の詰め物取れました。 あのミニスカで、座るところで下から舐めるように撮るのは反則ですね。 公開する時、Rいくつかあるのかね? ネタバレ! クリックして本文を読む 映画はほぼ決勝戦を描いている。 『阿知賀編』を先に観ていたので、構成や展開はほぼ同じ雰囲気だ。 個々の参加女子高生たちも個性的で、面白い。 特に笑ってしまったのは、目立たない存在なので気配を消すことができるステルス桃。 リーチを発声しているのに、誰も気づかないほどだ 笑 大将戦に出場した清澄高校の宮永咲(浜辺)はカンが得意で嶺上開花を何度も上がる。 対する龍門渕高校の天江衣(菊地麻衣)は小学生並みの体格で、海底撈月が得意技。 風越高校を集中攻撃して、ぶっ飛び寸前にロンして態勢を自分のものにしてしまう。 うかつに上がれない状況の後半オーラス。 役満直撃じゃないと逆転勝利できない状況で、咲はカンを連発して衣から責任払いで数え役満を上がり大逆転を収めるのだった。 衣がガキっぽさのコンプレックスを隠しつつも、ガキっぽさをウリにしてるのが面白く、それが見ていて楽しい。 浜辺美波が優しさとともに大人っぽい対処する。 積もるときにハイが光ったり、桜吹雪が舞う最後の自摸シーンが素敵だ。 ドラマ見て興味を持ち、原作は読んでいないけれど、アニメは見ました。 内容は長野県大会で、1回戦、2回戦はほぼカット。 残った4校、清澄高校、龍門渕高校、風越女子高校、鶴賀学園で戦う決勝戦が中心。 おおまかな試合形式をおさらいしておくと、全自動卓でやる競技麻雀の団体戦。 最初各チーム10万点づつ持っていて、1チーム一人づつ先鋒、次鋒、中堅、副将、大将の順番で半荘2回戦い、点数を引き継いでいって、どこかのチームの持ち点がマイナスになるか、全部終わった時点で持ち点の一番多いチームの勝ちとなるルール。 清澄高校の先鋒は片岡優希役のエビ中廣田あいかさん(ぁぃぁぃ)。 原作の片岡優希のキャラクターもエビ中のぁぃぁぃも好きだし、ドラマでは一番活躍していて、再現度も高く、ここを一番期待していたけれど、どちらのキャラも生かされておらず、不完全燃焼で終わった。 もっとノリノリで上がりまくるシーンがほしかった。 次鋒戦は牌譜を大量に記憶している染谷まこ(山田杏奈さん)、中堅戦は地獄待ちの得意な部長竹井久(古畑星夏さん)ときて、副将戦原村和(スパガ浅川梨奈さん)が出てくる。 浅川さんは最近グラビアで大人気だけれど、この作品ではたぶん胸が大きいというだけで原村役になっているので、まったく原作のキャラと合っていない。 本人の性格とは真逆の役で、役のキャラも自分のキャラも殺してしまってかなり苦しい感じだった。 対戦相手の龍門淵高校部長龍門淵透華役の長尾まりやさん(元AKB)もそこそこ演技うまいけれど、原作のキャラとだいぶイメージが違っていてよくなかった。 最後は主人公宮永咲(浜辺美波さん)の大将戦。 最近売り出し中の女優浜辺美波さんは、かわいいとは思うけれどいまいち印象が薄い。 宮永咲役に合ってないわけではないけれど、決勝戦の大詰めなのだからもう少し鬼気迫る迫力が欲しかった。 龍門淵高校の怪物でインターハイ得点王、天江衣役の菊池麻衣さんは総選挙で大躍進したNGT48荻野由佳さんによく似ていて、原作のイメージには合ってないけど、それなりに雰囲気を出していてよかったと思う。 全体的には面白くないわけではないけれど、出演者がよくないかな? 人数がたくさんいるアイドルグループなどのメンバーの中で、キャラが確立している人を原作のキャラにはめていったらもっと面白くなったような気がしました。 これまで私が漫画原作の実写映画に対して持っていた悪い印象や拒絶反応を、ガラリと変えてくれた作品。 キャラの数が多いにも関わらず、それぞれの完成度は高く、一切の妥協も許さない唯一無二のクオリティ。 カメラのアングルを、各キャラの牌の持ち方や扱い方の表現の違いを、セリフのない時ですら画面上の全員に目を光らせておかなければ勿体ないと感じるほどに各演者が完璧に各キャラを演じきった、その一挙一動を見てほしい。 画面上に、あの娘が生きている。 原作を10年以上愛して応援してきた身としては、実写化の知らせを聞いた当初は吐き気を催すレベルで出来の心配しかしていなかったが、そんな不安を完全すぎる形で裏切ってくれた監督に、心からの感謝を。 ということで、原作を知っていると最高にテンションの上がる、最強の実写化映画です。 でもまあどっちが先でもいいレベルで原作に忠実な素晴らしい映画なので、映画を見てから原作でも楽しめるかもしれない…。 「女子高生同士の異能力麻雀バトル!百合もあるよ!」 ネタバレ! クリックして本文を読む ロン!ツモ!カン! 麻雀まったく興味ないけど、こうやって勝つ!とか駆け引きは何となく解ったので見てて面白かったです。 普通にやったら地味になる麻雀にバッと手を広げ見たり、スカーン!と音をたてながら端?に牌を置く?のも見てて格好良かった 色々詰め込んでる感はありましたが原作知らないので普通に人間関係楽しめました。 知ってるとどうしても【あれが違う、これが違う】になりますし… ドラマで全然麻雀打たなかった清澄の部長の活躍、風越の片目部長の目が開いたときテンション上がりました。 ベタですけど、そして風越の鬼監督こと佐野ひなこの演技が地獄!素人でも解るくらい地獄! 笑 咲を楽しめたのは原作を知らないってのも良かったのかなと、2017年に見た映画ぶっちぎり最下位だったあさひなぐが猛烈につまらかなったのは原作を知ってるせいかな…と言うことにしておきます。 それにしても和の制服だけなんか質感が違うというか凄いことになっている!! 阿知賀編も楽しみにしてます。 ネタバレ! クリックして本文を読む アニメやマンガの実写化は駄作が多く、個人的にも興味は無かったのですが、予告編をみて妙なオーラに惹かれ鑑賞。 咲オンリーコスプレイベント若しくは娘の学園祭の演劇を見に行く程度の心構えだったのに、思ったより面白くてのめり込んでしまいました。 (ハードルを低くしておいたのでより良く感じたのも否めませんが・・) 和のリボンやすばらの髪型など見た目キツいキャラもいたけど、みんなそれっぽい良い味出していて微笑ましいです。 単調になりそうな麻雀シーンも端折るとことは端折り、見せるところはじっくりと飽きない流れ。 能力の見せ方も自然で楽しめました。 とにかく個性的なキャラが沢山いるので、もっと観たかったキャラもいたけど、あの尺の中では精一杯だと思います。 前半の宮永照の圧倒的怪物感、中盤から後半にかけて他校選手のがんばり(それも各々のドラマをひっさげて)、大将戦の息詰まる駆け引きと劇的な結末・・。 もちろん原作を知っていれば読める展開ですが、劇中の観客と一緒に拍手したくなりました。 新潟ではガラガラでしたが、咲ファンなら観て損はないと思います。 それにしても生死の境をさまよって得た能力が一巡先を見ること・・ってリアルに聞くと吹き出してしまいそうですね。 感想は、非常に良いです!! 麻雀が好きならオススメです! 出ている女優さんは皆、超美少女です。 有名で、最近活躍している若手女優や、今後有名になるであろう若手女優さんばかりで、豪華です。 よくもまぁこれだけ集められたなという感じです。 作品にあわせて眼鏡をかけたり、髪型をいじったり、目をほそめたりしていますので、作中ではそれほどでもない人もいますが、普段は超美少女です。 だからといって、作品や内容が悪いわけでもなく、なかなかおもしろくできています。 (本当に) 最後の大将戦は特に、若手なのに皆非常に良い味出していました。 原作にも忠実です。 麻雀好きなら痺れるシーンもいくつかありました。 観た後の後味もすごく良いです。 麻雀好き、若手アイドル好きであれば超オススメです。 劇中ではしらない女性だと思っていても、ほとんどが知ってる人、又最近活躍してる人なので見る前、もしくは見た後に是非調べてみてください。 更に良い印象になると思います。 今作の主人公は最近公開したばかりの映画、「君のすいぞうを食べたい」で主演を演じてる超若手女優さんです。 かわいいですよ。

次の