エクセル リンク貼り付け。 Excelのセルにハイパーリンク、長いURLでも「見た目スッキリ」な埋め込み方

エクセルでシートにリンクを貼り付けているのですが元シートに行を挿入

エクセル リンク貼り付け

他のセルを使用して良ければ、面倒ですが可能です。 Book1. CELL 24,Sheet1! Book2. xlsのB列に Book1のB列をリンク貼付します。 xls]Sheet1! B1 と入れて 下までコピー 4. Book2のA列に条件付書式を設定します。 xlsのA5が赤字なら Book2. xlsのA5も赤字になります。 Book1 Sheet1等の名称はお使いの環境に合わせて書き換えて下さい。 A ベストアンサー ごめんなさい #2です。 文字色ではなくセルの色を変更ですね。 ご希望の内容に添って書き換えました。 表1をSheet1 表2をSheet2としています。 CELL 63,Sheet1! geocities. html ------ ここまでは上記の方法を使用出来るのですが、条件付き書式では 3つまでしか設定が出来ません。 #1の方が言われている通り、セルの色を変える関数もなく、 条件付き書式では3種類しか設定出来ないので、3つ以上の値がある場合は VBAでセル色を変更するしか無いかと思います・・。 ごめんなさい #2です。 文字色ではなくセルの色を変更ですね。 ご希望の内容に添って書き換えました。 表1をSheet1 表2をSheet2としています。 CELL 63,Sheet1! A ベストアンサー NO2です。 もう一度、手順を整理します。 (1)色付け範囲を選択。 1さんのおっしゃるように、いわゆるコピペしか方法はありません。 どうしてもということでしたら、VBAの世界です。 Sheet1 の A1 を Sheet2 の B3 にコピーする場合、マクロ自動記録機能を使えば、 次のようなマクロが取得できます。 Sub Macro1 Sheets "Sheet1". Select Range "A1". Select Selection. Copy Sheets "Sheet2". Select Range "B3". Select Selection. Select ActiveCell. Copy Sheets "Sheet2". Select ActiveCell. Sheet2 にマクロボタンを作成し、このマクロを登録しておけば処理も簡単ですね。 残念ながら、一般関数ではセルの属性そのものを取り入れることはできません。 1さんのおっしゃるように、いわゆるコピペしか方法はありません。 どうしてもということでしたら、VBAの世界です。 Sheet1 の A1 を Sheet2 の B3 にコピーする場合、マクロ自動記録機能を使えば、 次のようなマクロが取得できます。 Sub Macro1 Sheets "Sheet1". Select Range "A1". Select Selection. Copy Sheets "Sheet2". Select Range "B3". Select Selection. Q 使用ソフトはExcel2010です。 ある商品が、何日に、どの種類がどれだけ売れたのかを視覚化し、最近よく売れている商品や全く売れていない商品を見極めるというシチュエーションです。 ここでは仮に1~10の商品があるとします。 sheet1のA1~A10にそれぞれ商品1~10の数字を記入します。 次にsheet2のA2~A11にそれぞれ商品1~10の数字を、B1、C1、D2という順に日付を入力します。 商品1~10の数字と日付がマトリックスになるかっこうです。 注文があったがキャンセルになった場合は5を入力します。 問い合わせだけがあった場合は3を入力します。 同様の作業を1週間繰り返します。 そして1週間が経過したとき、sheet1のB2~B10のセル(商品1~10の番号が入力された隣のセル)に sheet2に入力された値の合計に従って数字が入るようにしたいのです。 例えば、商品1が一週間に3日売れた日があった場合、sheet2にの1行には合計30の数値が入力されます。 sheet2で合計30という数値を上回った際にsheet1のB1セル(商品1の隣のセル)に3という数字を入れたいのです。 他の例ですと、例えば商品2に問い合わせが9回入ったとします。 そうするとsheet2の2行には合計27の数字が入ります。 この場合、2.7という数字がsheet1のB2のセル(商品2の隣のセル)入力されるようにしたいのです。 そしてその際、3以上なら赤、2.6~3.0未満ならオレンジ、2.1~2.6未満なら黄色、1.6~2.1未満なら青、1.0~1.6未満なら水色、というように数値に従って色分けされるようにしたいのです。 実際には商品は約300で、期間は1週間ではなく月単位となります。 上手く説明できず申し訳ございませんが、どなたかお教えいただけないでしょうか。 使用ソフトはExcel2010です。 ある商品が、何日に、どの種類がどれだけ売れたのかを視覚化し、最近よく売れている商品や全く売れていない商品を見極めるというシチュエーションです。 ここでは仮に1~10の商品があるとします。 sheet1のA1~A10にそれぞれ商品1~10の数字を記入します。 次にsheet2のA2~A11にそれぞれ商品1~10の数字を、B1、C1、D2という順に日付を入力します。 商品1~10の数字と日付がマトリックスになるかっこうです。 A ベストアンサー こんばんは。 nifty. nifty. nifty. htm.

次の

Excel(エクセル)のリンク貼り付け、リンクを設定した数式の説明|別シートや別ブック(ファイル)と連動させる

エクセル リンク貼り付け

他のセルを使用して良ければ、面倒ですが可能です。 Book1. CELL 24,Sheet1! Book2. xlsのB列に Book1のB列をリンク貼付します。 xls]Sheet1! B1 と入れて 下までコピー 4. Book2のA列に条件付書式を設定します。 xlsのA5が赤字なら Book2. xlsのA5も赤字になります。 Book1 Sheet1等の名称はお使いの環境に合わせて書き換えて下さい。 A ベストアンサー ごめんなさい #2です。 文字色ではなくセルの色を変更ですね。 ご希望の内容に添って書き換えました。 表1をSheet1 表2をSheet2としています。 CELL 63,Sheet1! geocities. html ------ ここまでは上記の方法を使用出来るのですが、条件付き書式では 3つまでしか設定が出来ません。 #1の方が言われている通り、セルの色を変える関数もなく、 条件付き書式では3種類しか設定出来ないので、3つ以上の値がある場合は VBAでセル色を変更するしか無いかと思います・・。 ごめんなさい #2です。 文字色ではなくセルの色を変更ですね。 ご希望の内容に添って書き換えました。 表1をSheet1 表2をSheet2としています。 CELL 63,Sheet1! A ベストアンサー NO2です。 もう一度、手順を整理します。 (1)色付け範囲を選択。 1さんのおっしゃるように、いわゆるコピペしか方法はありません。 どうしてもということでしたら、VBAの世界です。 Sheet1 の A1 を Sheet2 の B3 にコピーする場合、マクロ自動記録機能を使えば、 次のようなマクロが取得できます。 Sub Macro1 Sheets "Sheet1". Select Range "A1". Select Selection. Copy Sheets "Sheet2". Select Range "B3". Select Selection. Select ActiveCell. Copy Sheets "Sheet2". Select ActiveCell. Sheet2 にマクロボタンを作成し、このマクロを登録しておけば処理も簡単ですね。 残念ながら、一般関数ではセルの属性そのものを取り入れることはできません。 1さんのおっしゃるように、いわゆるコピペしか方法はありません。 どうしてもということでしたら、VBAの世界です。 Sheet1 の A1 を Sheet2 の B3 にコピーする場合、マクロ自動記録機能を使えば、 次のようなマクロが取得できます。 Sub Macro1 Sheets "Sheet1". Select Range "A1". Select Selection. Copy Sheets "Sheet2". Select Range "B3". Select Selection. Q 使用ソフトはExcel2010です。 ある商品が、何日に、どの種類がどれだけ売れたのかを視覚化し、最近よく売れている商品や全く売れていない商品を見極めるというシチュエーションです。 ここでは仮に1~10の商品があるとします。 sheet1のA1~A10にそれぞれ商品1~10の数字を記入します。 次にsheet2のA2~A11にそれぞれ商品1~10の数字を、B1、C1、D2という順に日付を入力します。 商品1~10の数字と日付がマトリックスになるかっこうです。 注文があったがキャンセルになった場合は5を入力します。 問い合わせだけがあった場合は3を入力します。 同様の作業を1週間繰り返します。 そして1週間が経過したとき、sheet1のB2~B10のセル(商品1~10の番号が入力された隣のセル)に sheet2に入力された値の合計に従って数字が入るようにしたいのです。 例えば、商品1が一週間に3日売れた日があった場合、sheet2にの1行には合計30の数値が入力されます。 sheet2で合計30という数値を上回った際にsheet1のB1セル(商品1の隣のセル)に3という数字を入れたいのです。 他の例ですと、例えば商品2に問い合わせが9回入ったとします。 そうするとsheet2の2行には合計27の数字が入ります。 この場合、2.7という数字がsheet1のB2のセル(商品2の隣のセル)入力されるようにしたいのです。 そしてその際、3以上なら赤、2.6~3.0未満ならオレンジ、2.1~2.6未満なら黄色、1.6~2.1未満なら青、1.0~1.6未満なら水色、というように数値に従って色分けされるようにしたいのです。 実際には商品は約300で、期間は1週間ではなく月単位となります。 上手く説明できず申し訳ございませんが、どなたかお教えいただけないでしょうか。 使用ソフトはExcel2010です。 ある商品が、何日に、どの種類がどれだけ売れたのかを視覚化し、最近よく売れている商品や全く売れていない商品を見極めるというシチュエーションです。 ここでは仮に1~10の商品があるとします。 sheet1のA1~A10にそれぞれ商品1~10の数字を記入します。 次にsheet2のA2~A11にそれぞれ商品1~10の数字を、B1、C1、D2という順に日付を入力します。 商品1~10の数字と日付がマトリックスになるかっこうです。 A ベストアンサー こんばんは。 nifty. nifty. nifty. htm.

次の

【解決】エクセルの別シートの内容を参照(自動反映)する方法

エクセル リンク貼り付け

貼り付けにはオプションが用意されている 貼り付けには、いくつものオプションが存在します。 メニューの「ホーム」タブにある [貼り付け] クリップボードのアイコンの下矢印をクリックすると「 貼り付けのオプション」が表示されます。 また、貼り付けたいセル上で右クリックしても「 貼り付けオプション」は表示されます。 用途に応じて的確な使い分けができれば、貴方の仕事において強い味方になります。 では、ひとつずつ見ていきましょう。 貼り付け 普通の 貼り付け 良くも悪くも普通の貼り付けです。 値、数式、書式、すべて貼り付けます。 ただ、コピー元と「全く同じ状態」を再現したいと思っているユーザーには不満に感じる点もあります。 下の例は、B-C列の点線部分が コピー元のセルで、E-F列の実線部分が貼り付けたセルです。 全く同じようにも見えますが、「 列の幅」は元々の E-F列の列幅から変化ありません。 文字列が入力されている場合は、そのまま文字列を貼り付けます。 貼り付けた結果をひとつ前のスクリーンショットと比較するとわかりやすいです。 全体としての書式はコピーされないものの数値の書式がコピーされてカンマが入っているのが見てとれます。 元の書式を含めてコピペし、数式もそのまま貼り付けます。 元の列幅が反映しない点も同じです。 罫線なしで貼り付け こちらは下の貼り付け結果を見てもらいましょう。 4行目ヘッダー行の塗りつぶしや、数値の書式(カンマ)はコピペされているのに、罫線は縦も横もまったく反映していません。 まさに「完コピ」。 値、数式、罫線、書式、そして 列の幅もすべてコピペ します。 用途によっては非常に便利な 貼り付けオプションですが、書式は崩れるので再設定が必要な場合もあります。 このオプションは全部で3種類あるのですが、いずれも使い勝手の良いオプションなのでぜひ覚えておきましょう。 値のみ貼り付け 筆者自身にとってはとても利用頻度の高い 貼り付けオプション です。 コピー元のセルに 数式で求められた値 が表示されている場合、その 計算結果の値をセルに張り付けてくれます。 また、コピー元の書式を貼り付けないため、 貼り付け先に全く別の書式が設定されていても、そこの書式設定を損なうことなく値のみを貼り付けてくれます。 値と数値の書式のみ貼り付け ひとつ上の「値のみ貼り付け」に似ていて、基本的に書式はコピペしません。 しかし、数値の書式だけはコピペするというオプションです。 値と元の書式のみ貼り付け このオプションは文字どおり、値と元の書式のみ貼り付けます。 つまり、コピー元に数式が入っていても、貼り付け先には「数式の結果の値とすべての書式」を貼り付けてくれます。 書式設定のみ貼り付け 「値のみ貼り付け」と真逆で、コピー元の書式だけを貼り付けるオプションです。 「この表のフレームだけ欲しい」なんてときに便利です。 つまり「動的コピー」です。 コピー元の値が変更されれば、貼り付け先の値も変わります。 会議資料など、複数のエクセルファイルからデータを1つのファイルに集めるときなどに手っ取り早い手段として使えます。 静止画像ではなく、コピー元の値に対して連動する画像として貼り付けます。 形式を選択して貼り付け 最後に、「形式を選択して貼り付け」について触れておきます。 オプションの最下部にあるのが「形式を選択して貼り付け」です。 ここをクリックすると、貼り付けのパターンや演算ルールまで細かく指定ができます。 ちゃちゃっとコピペしてあとは手直し、と割り切っていればここまで設定にこだわることはないかもしれません。 ただこの設定の存在はあたまの片すみに置いておきましょう。 以上で『エクセルの「貼り付け」を使いこなそう|貼り付けのオプション』は終了です。 貼り付けマイスターになって仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 テーブル エクセルで見やすい表の作り方について解説。 見やすい色や罫線、そのほか小さな工夫で表は見違えるほど見やすい表に変わります。 テーブルスタイルなど便利な機能についても説明します。 見やすい・フォント 『見やすい表の作り方』の第2弾です。 今回は フォントや列、図形の見せ方で『見やすい表』を目指します。 前回は、行間や罫線の使い方、テーブル機能の利用が中心でしたが、今回は違うアプローチです。 エクセルグラフ エクセルで見やすいグラフ・きれいなグラフの作り方です。 グラフがあることで、数値の差や変化などが視覚的に伝わることにより資料を見る人が理解しやすくなります。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。 タイトル行の設定により解決する方法について解説! 条件付き書式・MOD関数・ROW関数 Excelでセルを1行おきに色づけする方法について解説します。 条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。 グループ化 行や列を折りたたむ「グループ化」の機能について解説。 たたむ・展開するの切替えはワンタッチで簡単!この グループ化 で見た目もすっきり、そして機能的な作表に挑戦しましょう。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する方法を解説。 ヘッダー部分や左端の列をロックし画面をスクロールしても動かない様にします。

次の