サイト マップ 作り方。 50代主婦のSEO対策

サイトマップ・構成図作成の方法(テンプレートプレゼント) | シーズ・クリエイト

サイト マップ 作り方

色々なサイトマップ まずはサイトマップの意味と作り方について理解しましょう。 サイトマップとは サイトマップとは 「このサイトの中にはどんなコンテンツがあるのか」を示す図です。 「 サイト構成図」とも呼ばれています。 サイトマップをあらかじめ作っておくことで、サイトの全体像やボリューム感、各ページに必要な機能が分かります。 以前はサイト全体の利便性向上、検索流入の増加狙いでサイトマップを導入しているサイトが多かったです。 しかし、最近はメニューを網羅したフッターなどの登場により、サイトマップを持たないサイトも多く見かけるようになりました。 個人ブログなどであれば、フッターを活用してメニューを網羅するのも悪くありません。 ただし、サイト制作を請け負い、制作に複数人が参加するのであれば、事前のサイトマップ作成はまだまだ必須と言えます。 ハイレベルサイトマップとは ハイレベルサイトマップとは、簡単に表現すると サイトマップの概略版です。 サイトマップの構造を大まかに記述し、ユーザーの導線チェックとコンバージョン(購入)率向上が目的です。 ECサイトのハイレベルサイトマップをイメージしてみましょう。 商品検索・カテゴリー検索・特集ページなどサイトの大まかな循環を確認します。 そして、最終的に商品を購入して欲しい場合、どこに力をいれるべきか明らかにするのがハイレベルサイトマップ作成の目的です。 コンバージョン率向上を考えるのであれば、検索結果の見やすい表示・商品のセールスポイントのアピールが考えられます。 これが通常のサイトマップの場合、ECサイトで取り扱っているコンテンツすべてを網羅しなくてはいけません。 大規模なサイトになるほど、ハイレベルサイトマップの導入が不可欠です。 ハイレベルサイトマップは、サイトが購入者にとって見やすく作られているか、見てほしい(購入して欲しい)ページに移動しやすいサイト構造になっているかを視覚的に判断しやすいです。 HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違い HTMLサイトマップは主に サイトを利用するユーザーの「ユーザビリティの向上」を目指して設置されます。 サイト内のコンテンツが多岐に渡る場合、サイト内で目的のページにたどり着けず迷子になって離脱してしまうリスクがあります。 しかし、HTMLサイトマップを導入すればコンテンツをカテゴリーごとにリスト形式で網羅することが可能です。 一方の XMLサイトマップは 検索エンジン対策(SEO)として利用されています。 XMLサイトマップがあれば、検索エンジン(Googleなど)がサイトの全体像を把握できるようになります。 その結果、検索エンジンにインデックスとして記録されやすくなり、検索結果に表示させたいページが表示されやすくなります。 また検索エンジンが新規ページを検索結果に表示させるようになるまでには、ある程度の時間を要するのが一般的です。 しかし、はやく検索結果に表示させたい場合はこちらからWebページが新設・更新されたことをGoogleに通知することができます。 それがXMLサイトマップです。 XMLサイトマップは通常、Googleサーチコンソールに送信され、更新ページが早くGoogleに登録されるように促します。 サイトマップの作り方 サイトマップの種類について理解は出来たでしょうか。 ここからは、サイト全体の設計を考えるための「サイトマップ」「ハイレベルサイトマップ」 について解説していきます。 サイトマップの作成方法は大きく分けて「サイト構成の決定」「ページの洗い出しとグループ分け・階層化」です。 サイトマップ作成の流れ 本格的にWebサイトを制作・運営するには設計図が欠かせません。 サイトの構造が優れているかどうかは。 すべてサイトマップの品質にかかっています。 さっそく、どのようにサイトマップを作っていくべきか解説していきます。 ここでは主に、これから新規サイトを制作するためのサイトマップ作成方法について解説します。 しかし、既存サイトの再構築にもサイトマップは使えるので、ぜひ参考にしてください。 載せるページを洗い出す Webサイトを作るにあたり、目的を達成するためにはどのようなページを何ページ作るか洗い出しましょう。 しかし、たとえば企業のホームページの場合はどんなページを載せるべきでしょうか。 まずは「トップページ」、ここでサイト全体の印象が決まります。 レイアウトには注意しつつ、このサイトにはどんなコンテンツがあるのか一目で分かるようにすると良いです。 他には「会社の紹介」「取り扱っている商品紹介」「採用情報」「問い合わせページ」などが一般的なところです。 載せるページを洗い出すには、まずサイトを作る目的を明確にしなければなりません。 目的やビジョンがあやふやな場合は、サイトマップの作成前に「Webサイトを作ってどうしたいか」を明確にしましょう。 ページをグループ分け ページの洗い出しが完了したら、次はページのグループわけをしましょう。 例えば企業のホームページの場合、商品紹介ページや採用情報ページは複数存在するケースが多いです。 商品A・商品Bの紹介ページは「商品紹介グループ」、先輩社員の声や募集要項については「採用情報グループ」といった感じでグループ分けをしましょう。 ページの階層化 複数のページをもつサイトは、一般的にトップページを第一階層として下の階層につながっていきます。 ここで「商品Aの紹介ページ」は第三階層にあたります。 ページの階層化を意識する理由は、トップページから流入してきたユーザーは下層のページを探しづらいからです。 サイト内で迷子にならないように、第二階層でカテゴリーごと、第三階層で個別ページ、といった感じで分かりやすいようにしましょう。 サイトマップの完成 ここまで完了したらサイトマップは完成です。 サイトの構造が視覚的に分かりやすくなったのが実感できるでしょうか。 サイトマップは一般的に上から下に、ピラミッド型の形になります。 構造的に見にくい位置にページが設置されていないか、さらに見やすいサイトを作れないか、日々チェックしましょう。 ワイヤーフレームを作成し、具体的にサイトマップページを作る方法も紹介します。 ワイヤーフレームを作成しよう ワイヤーフレームは「各ページの設計書」です。 サイトマップをもとに、ひとつのページにどんな機能を持たせるかを考えましょう。 たとえばページの上部には常にサイト内検索ボックスを設置する、アイキャッチ画像を指定の場所に挿入する、などです。 TwitterやInstagramなどのSNS共有ボタン設置も一般的です。 ワイヤーフレームの作成も、サイトマップと同じ要領で行います。 これでユーザーにとって使いやすいサイトを作成する準備が整いました。 HTMLサイトマップのデザイン集 最後に、HTMLサイトマップの主なデザインを紹介します。 繰り返しになりますが、HTMLサイトマップとは、ユーザーが目的のページにたどり着けるよう設置された、サイト全体の地図です。 上記で制作したサイトマップは、いわば開発用の設計図です。 実際にサイトに設置するためには、もう少し分かりやすいデザインにしないとサイトマップ本来の役割を果たせません。 ここでは、どこかで1度は目にしたことがあるポピュラーなデザインを中心に紹介します。 シンプル型 シンプル型はその名の通り、装飾などは加えずに「上から下」へ、カテゴリーごとに区切って表示するサイトマップです。 シンプルで分かりやすいですが文字の羅列になってしまうので、コンテンツが増えると少し見にくくなるのが難点です。 色分け型 色分け型は、シンプル型に色を加えてカテゴリーごとの違いを分かりやすくしたモデルです。 シンプルかつ色分けされているので、カテゴリーごとの区切りが分かりやすくなっています。 悩み・目的別型 悩み・目的別型はサポート・ヘルプページでよく見かけます。 例えば携帯電話会社であれば、「料金体系について知りたい」「製品が故障した」など大きなカテゴリーに分け、その下に個別のケースを記載して誘導する手法です。 縦二分割型・グラフィカル型 縦二分割型は名前の通り、中央で区切ってサイトマップを表示するデザイン方法です。 シンプル型・色分け型に近いイメージですが、左右で分けることによって大量の情報を表示することができます。 コンテンツが多様多種な内容を含んでいる場合におすすめです。 グラフィカル型は写真を使って視覚的に訴えかけるデザインです。 温泉旅館のサイトなどで見かけます。 説明付き型 説明付き型は一見すると色付き型サイトマップと似ています。 違いとしては、リンク付きテキストの下に「どのような内容を含んでいるページに飛ばされるか」が説明されている点です。 サイトによっては1ページで複数の内容を含んでいる場合があります。 これが「説明付き型」というサイトマップのデザインです。 カテゴリー別型 カテゴリー別型サイトマップは、ページ上部にタブを設置してカテゴリー分けします。 辞書型 辞書型サイトマップは、言葉通り辞書のようなデザインのサイトマップです。 たとえば検索サイトのように「知る」と書かれたカテゴリーには「ニュース」「天気」などと記載します。 大雑把な概念から具体的な行動を提示しているのが辞書型サイトマップの特徴です。 サイトマップ作成はコストに見合うのか Webサイトを作成するには、事前にサイトマップを作成してサイト全体の方向性を決定する「情報設計」が欠かせません。 事前に情報設計をせずに、随時必要な機能やページを追加する制作方法だと実際にサイト制作が進んだ段階で大幅なサイトの再設計が必要になってしまうリスクが高くなります。 サイトマップを活用した情報設計は作成の手間がかかりますが、Webサイトの品質向上には欠かせない工程です。 事前に「どんなWebサイトを作成したいか」「どんな機能やページが必要になるか」を明確にして、より質の高いWebサイトを作りましょう。

次の

XMLサイトマップの作成・登録・更新手順を解説

サイト マップ 作り方

記事IDはサイトマップを出力するプラグインの設定に必要です。 どこかにメモして、次のステップに進みましょう。 こだわりがなければ以下の画像のようにチェックを入れてください。 ホームページの出力 ブログタイトルを表示させトップページにリンクさせるかの設定です。 投稿リストの出力 投稿記事のリンクを表示させるかの設定。 必ずチェックを入れてください。 固定ページリストの出力 固定ページのリンクを表示させるかの設定。 チェックを入れても外してもどちらでもOK サイトマップを表示する記事 【重要】STEP1で作成したサイトマップ用の記事の 記事IDを入力します。 出力階層制限 「制限なし」に設定しておけばサブカテゴリーも表示します。 先に出力するリスト サイトマップ上に投稿ページと固定ページ、どちらを先に表示させるかの設定です。 カテゴリーと投稿の表示 「同一マップ内」に設定するとカテゴリー名と投稿記事が同じマップ内に表示できます。 STEP4:サイトマップ用の固定ページにコードを貼る 固定ページに作ったサイトマップのページを開き、 「テキストモード」にします。 STEP3でコピーしたサイトマップのコードを貼り付けて「更新」ボタンをクリックします。 STEP5:サイトマップ用の固定ページをフッターに設置する 固定ページに作成したコンテンツはどこかに「固定」しなければ表示されません。 ここではサイトマップは画面下のフッターに設置してみましょう。

次の

3/5 サイトマップの簡単な作り方!SEOに役立つ自動作成例 [ホームページ作成] All About

サイト マップ 作り方

2種類のサイトマップ:兵庫県公式サイトでの例 左は人間向けの、右は検索エンジン向けの HTMLで書かれた人間向けのサイトマップページがあれば、ページ数の多いWebサイトでも訪問者を迷わせることなく目的の情報に誘導しやすくなります。 XMLで書かれた検索エンジン向けのサイトマップXMLファイルがあれば、階層構造の深いページでも漏れなく検索サイトに登録されることでアクセス数の向上が期待できます。 どちらのサイトマップも作り方は簡単ですから、ぜひ両方を用意しておきましょう。 【本記事の目次】• このページ• 5 サイトマップの概要と、サイトマップを作るメリット HTMLとXMLで作る2種類のサイトマップの作り方を解説する前に、両者の用途と特徴を簡単に紹介しておきます。 SEO対策にはどちらのサイトマップでも役に立ちますが、検索エンジン向けに作成するサイトマップXMLファイルの方が、より正確に全ページの存在を伝えられて望ましいでしょう。 一方、人間の閲覧者にXML形式のファイルを見せても意味はないため、人間向けにはHTMLで書かれたサイトマップページが必要です。 概要:• 、人間向けに用意するサイトマップ(リンク集)ページ。 、検索エンジン向けに用意するサイトマップデータ。 ……ではありません。 サイトマップページとは サイトマップページとは、人間のアクセス者が閲覧して利用するために作成されたサイト内リンク集ページのことです。 HTMLで記述して、Webページとして閲覧できる形で用意します。 例えば下図は、総務省サイトにあるサイトマップページです。 このようにシンプルなリンク集の形を取ることが多いでしょう。 総ページ数の多い大規模なWebサイトでよく見かけますが、たとえ規模の小さいサイトでもサイトマップがあれば情報を探すのに便利です。 総務省サイト内にある HTMLで書かれたサイトマップページを作成しておくメリットは以下の通りです。 望みの情報が見つからない場合に参照すると便利です。 特に情報量の多い大規模なWebサイトの場合は、メニューから順にたどっていくよりも、最初からサイトマップページにアクセスして一気に移動した方が楽な場合もあります。 また、ミスやトラブルでどこからもリンクされていないページがあるかもしれません。 サイトマップページがあればそこから全てのページに到達できるので、閲覧者を逃してしまう可能性を減らせるでしょう。 整頓されていなければ探しにくくなってしまいますから、ジャンル別など何らかの方法で分類されているのが望ましいでしょう。 閲覧者が目的の情報へ到達しやすいように、整理して掲載してみて下さい。 HTMLには箇条書きリストを作成するul要素とli要素があります。 入れ子構造にすることで複数の階層構造を作成できますから、サイトマップページに掲載するリンクリストの作成にも向いています。 それらを活用して、見やすいサイトマップページを作りましょう。 詳しくは、本記事の3ページ目でご紹介いたします。 サイトマップXMLファイルの例 上図の通り、人間が直接読むためのデータではありません。 そのため、見た目を整形したり掲載順序を整理したりする必要はなく、自動作成ツールなどを使って作成したXMLソースがそのまま使えます。 無料で利用できる自動作成サービスも多数あるため、それらを使えば費用をかけずに簡単に作成できます。 サイトマップXMLファイルがなくても、どこかのページからリンクが繋がっていれば最終的にはクロールされます。 しかし、奥深い階層のページも含めて漏れなくクロールされるには、コンテンツの存在を示す専用のファイルであるサイトマップXMLファイルを用意しておく方法が確実です。 それよりも、あらゆるページの存在が網羅されていることが重要です。 新規ページの情報は、端に追記していくだけでも充分でしょう。 XMLファイルはテキストエディタでも編集できますが、ページ数の多いサイトでは特に作成や確認が面倒なので、自動作成ツールを使って作るのがおすすめです。 その方法は、本記事の2ページ目で解説しています。 単純にURLを列挙しただけのテキストファイルでもサイトマップファイルとして機能します。 XMLを作成するのが面倒な場合は、1行に1つのURLを記述するだけのテキストファイルを用意しても構いません。 その点も、詳しくは2ページ目で解説します。 総ページ数が少なければサイトマップは不要? HTMLで書かれた人間向けのサイトマップページも、XMLで書かれた検索エンジン向けのサイトマップXMLファイルも、Webサイトのページ数が多ければ多いほど必要になります。 しかし、ページ数の少ないWebサイトでも以下の理由から今のうちに用意しておくことをおすすめいたします。 100ページくらいになった際に「そろそろサイトマップを作ろうか」と思っても、記述分量が多くて面倒です。 ページ数の少ないうちにサイトマップを作っておき、新たにページを追加するたびにサイトマップも併せて更新していく方が楽でしょう。 アクセス者の求めている情報が本当は存在するのにもかかわらず、それに気付かれずに帰られてしまう場合もあるでしょう。 HTMLで書かれた人間向けのサイトマップページは、そのWebサイト内にどのような情報があるのかを一覧する目的にも役に立ちます。

次の