仏前 花。 お盆にお供えする花の種類は?仏前や仏花にダメな花とは

御仏前と御佛前の違いは?読み方やマナーの決まりはある?

仏前 花

この一周忌は法要の中でも特に大切にされていて、喪が明ける意味をもっています。 そのため身内だけでする場合もありますが、ご家族の他に親戚や知人の方とともに一周忌法要をする場合も多いです。 よく一周忌の次の年だから二周忌じゃないかと言われる人もいますが、一周忌は時が一周したという意味で、その次の年はこれから3年目に入るので三回忌というそうですね。 数え年と同じ数え方なんですね。 そんな中で 一周忌法要に出席するけどお花を贈りたい、一周忌法要に参列できないのでせめて花を贈りたいという方がいらっしゃると思います。 そこで お花を贈るときにいつ贈るとよいのか、花の色やどんな種類を贈るとよいのかなど詳しくお伝えしていきますね。 ・一周忌(一回忌)に花を贈る時期は? ・一周忌(一回忌)に贈る花の金額相場は? ・一周忌(一回忌)に贈る花の色や種類は?形や大きさは? ・一周忌(一回忌)に贈る花に添えるメッセージ例文。 Sponsored Link 一周忌(一回忌)に花を贈る時期は? 花を贈るにも時期を考えて贈るようにしたいと思います。 まずやってはいけないことは「急に送ってサプライズ!」ということですね。 受け取ったご家族は驚いて喜ばれるかもしれませんが、準備している時や一周忌法要中などに届いたら迷惑になるのですよ。 それに日にちの都合で一周忌の日に法要が行われるかどうかもわからないですし、どこでするかもわからないので、留守の時に届いたりすると配達の人にも迷惑という大変なことになってしまうんです。 一周忌法要をみなさんが集まりやすいようにと、故人の命日より少し早めの土曜日や日曜日に行われることもあります。 そのためしっかり確認する必要があります。 まずは ご家族にお電話しましょう。 確認することは 「いつするのか」「どこでするのか」ですね。 花を贈る日にちの確認をしよう お花屋さんのサイトには「必ず受け取る人がいること」という注意書きがありますので、留守の場合は配送される人が持ち帰ってくれないかもしれません。 おられる時間を確認してくださいね。 届ける時期はドタバタ用意している時に届けられても迷惑になりますから、一周忌の当日はやめたほうがいいですね。 当日になるとだいたい一周忌法要は午前中に行われることがありますので、お坊さんの読経中に花が届くという御遺族にとって迷惑をかけてしまう場合があります。 必ず前日に贈るようにしましょう。 季節にもよりますが 前日から2日前くらいがベストのようですよ。 そのあたりでご都合のいい日を決めましょう。 場所の確認をしよう 一周忌法要は自宅でするとは限りませんね。 お寺や 会館でする事もあるんですよ。 その時は色々と荷物があって花まで持っていくのは大変かもしれませんので、お寺や会館の名前を聞いて受け取ってもらえるか電話して聞いてみてくださいね。 一周忌法要をお寺や会館でするときは 当日の法要が始まる前までに届けられるように手配をいたしましょう。 このときは事前に法要の場所、法要の開始時間を確認することを忘れずにしましょう。 一周忌(一回忌)に贈る花の金額相場は? 一周忌の法要に贈る花の金額の相場について調べてみました。 お花の値段の平均は、法人とかだと10,000円以上というのもありますが、ここは 個人的なものとして考えたら5,000円から10,000円といわれていますね。 お手軽に3,000円台からというものもありますよ。 ただ故人が好きだったからと言って真赤なバラとか色合いの派手なものは避けましょう。 赤は仏事では血を連想するといって避けられます。 色を混ぜたとしても淡い色程度にとどめておくと良いと思います。 よく選ばれるのは、 女性だと淡いピンク系、男性だと淡い紫系、子供だとベビーカラーですね。 お葬式の時は白というのが定番ではありますが、一周忌などの場合は贈られたご家族のお気持なども考えると心が和む色の花がいいと思いますよ。 お花の種類ってあるのでしょうか? どうしてもお葬式や一周忌と聞くと百合とか菊とか胡蝶蘭などが頭に浮かびますが、トルコキキョウとかカーネーションやチューリップなどもカタログを見ていたら多いですね。 トゲのある花はやめておいた方が無難だと思いますよ。 どうしても故人が好きだったと思われるのでしたら、トゲを全部取ってもらいましょう。 お花の世話が大変だという場合もありますので、ブリザードフラワーを選ぶ方も増えてきているようですよ。 そもそもお花の大きさってどのくらいなものが普通なのでしょうか? お店でのアレンジメントの大きさを例にとったら、ほんの気持ちということでしたら20センチ。 手軽に持ち運びできる大きさだと30センチ。 大きくもなく小さくもなく一番人気があるのは40~50センチ。 見栄えがいいものをと考えられるならば60センチからになるようですね。 どんな花を送ってよいかまったくわからない。 花に詳しくなくてどんな花をお願いしたらよいかわからないという方もいらっしゃると思います。 その場合は お花屋さんで一周忌法要のお花を贈りたい旨を説明し値段を指定すると、それにふさわしい花束を作ってくれたり、またアレンジメントされたものの見本などを見せてくれて、それから選ぶことができます。 一周忌(一回忌)に贈る花に添えるメッセージ例文。 一周忌に参列できなくてお花をそのまま贈るより 一言メッセージを添えて贈るようにしましょう。 「お供え 名前」だけでは味気ないので短い文章でも書かれると喜ばれると思いますよ。 例文を参考までにご紹介します。 ・一周忌の法要にあたりまして、心ばかりのお花をおくります。 あらためてご冥福をお祈り申し上げます。 ・亡くなってから一年経ったことに、まだ実感できていない思いがあります。 ・このたびの一周忌法要にお花をおくらせていただきました。 故人のご冥福とご家族のご健康をお祈り申し上げます。 ・早いもので〇〇様(さん)とお別れしてもう1年の月日が過ぎてしまいました。 一周忌のお供えに心ばかりのお花をおくらせていただきます。 ・〇〇様(さん)の一周忌に、改めてご冥福をお祈りして心ばかりのお花をおくらせていただきます。 ご仏前にお供えください。 ・一周忌を迎えられ、改めてご冥福をお祈りし、ご家族のご健康をお祈りしております。 ・一周忌のご法要に参列することができませんが、せめて心ばかりのお花をおくらせていただきます。 メッセージを書くときの注意点として 「贈る」と言う言葉はひらがなの「おくる」にしておいたほうが良いかと思います。 年配の方には「贈る」と言う言葉は祝福のメッセージのときに使うと思われる方がいらっしゃるため、また「送る」となると物を送るというような使いかたで心がこもっていないように感じます。 その点は注意したほうが良いかと思われます。 お花をお供えすることは、故人だけでなくご家族や自分自身への気持ちの供養になります。 まずは法要の日時の確認をして、お花屋さんの方には早めに手配をお願いするようにすると良いと思います。 またお花を選ぶときもわからない場合はお花屋さんに相談すると良いでしょう。 大切な人の一周忌が近づいてくると、その人との大切な思い出が浮かんできますよね。 寂しい気持ちは、自分だけでなくご家族はもっと寂しく悲しいと思います。 お花は心を慰めてくれるときがあります。 お花は心を癒してくれる大切なもので、見るだけではなくお花の香りに乗ってその人への思いや祈りが故人に届くともいわれていますよ。 法要のときにも御遺族の方の心を慰められるよう、ぜひ心を込めて贈ってあげてくださいね。

次の

御仏前》御霊前/御仏前とは/書き方/薄墨/お礼状/香典袋/金額相場/49日法事

仏前 花

宗派や地域によって風習やしきたりが違うことから、すぐに花を手配しても相手に迷惑をかけることにならないように、まず式場や斎場に確認することをおすすめします。 式場や斎場によっては他社のフラワーショップからの持ち込みはできないという場合や、持ち込み料がかかることがある場合があります。 お通夜、葬儀に供花を贈る場合は、トラブルが起きないように、遺族の方へ事前に連絡をするようにしてください。 そしてお花を贈ってもいいということであれば、フラワーショップや式場・斎場に入っている葬儀社に直接連絡します。 故人と親しい間柄であれば、お通夜や葬儀に加えて、初七日、四十九日、一周忌、三周忌などの節目の法要にお供え花を贈るようにします。 故人と親族の間柄なら、節目の法要と命日、月命日などにも花を贈るのが一般的です。 お悔やみ・お供えに適した花とは? お悔やみ花やお供え花にこの花を贈ってはいけないという決まりはありません。 ただ、お通夜や葬儀は厳かな場であり、遺族が不快に思わないという側面から、お通夜や葬儀、初七日、四十九日にお供えするのは、落ち着いたブルーやグリーンを差し色に、白を基調としたアレンジメントや花束を贈るのが一般的です。 また、地方によっては、白一色の方がよい場合もあるので、贈る前に遺族の方へ確認しておきましょう。 四十九日以降であれば、優しい印象をした淡い色合いの花で作られたアレンジメントを贈ることが多いです。 一般にトゲのある花はお悔やみやお供えにはタブーとされているので、バラの花は避けるようにしましょう。 故人が好きだったという理由からどうしても贈りたい場合は、遺族の方にあらかじめその旨を伝えておくといいでしょう。 宗教ごとのお悔やみ・お供え花 仏教 仏教の葬儀の場合は、ユリ、菊、ランなどの白い花を使ったアレンジメントを贈るのが一般的です。 地域によっては、葬儀会場の周辺に花輪を飾るところもあるので、どの形式で花を贈ればいいのか事前に遺族の方へ確認しておきましょう。 供花のアレンジメントなら8,000円ほどが相場です。 また、四十九日以降の法要・法事にお花を贈る場合は、飾る場所なども確認しておくとスムーズです。 神道 基本的には仏教と同じですが、白の他に黄色の花を供花に使うこともあります。 キリスト教 キリスト教の葬儀に造花や花輪は使わず、生花のみのフラワースタンドやバスケットフラワーを贈ります。 また、菊の生花はあまり使われず、洋花を使用します。 ただし、バラはトゲがあるので避けるようにしましょう。 生花は枕花として使用された後、教会や斎場へ運ばれるので、コンパクトなバスケットフラワーを贈るのがおすすめです。 葬儀の後に追悼ミサが行われるようであれば、そこへお花を贈ることもでき、通常ののし袋に「お花代」と書いて遺族に渡すこともできます。 ミサに贈る場合は、バスケットフラワーやクロス型・リース型などのアレンジメントなどがおすすめです。 夏季期間中は「クール便」でのお届けです 夏季期間中 5月下旬~9月下旬 は、花の鮮度保持のために「クール便」にてお届けをいたします。 クール便料金は 650円 税込 となります。 クール便料金はお客様のご負担とさせていただいております。 クール便対象商品は、生花を使った「フラワーアレンジメント」「花束・ブーケ」です。

次の

父の日 お供え 花 命日 仏壇 アレンジメント 生花 仏前 ビューティフルボーイ wb :wabfa1905:ビューティフルボーイ

仏前 花

仏壇に供えるお花選びで注意すべき4点!• 花の色• 花の本数• よりふさわしいとされる花の種類• タブーな花の種類 それぞれ解説します。 花の色は3色あるいは5色と覚える 仏壇に供えるべき 花の色は、3色あるいは5色といわれています。 3色…白、黄、紫の3つです。 5色…白、黄、紫、ピンク、赤の5つです。 四十九日までは3色、四十九日を過ぎてからは5色とするのがよいとされています。 花の本数は奇数、花束は1対(2束) 花の本数は、奇数が良いとされています。 3本、5本、7本という本数が一般的です。 なお、仏壇には、左右に1つずつ仏花を飾るので、同じ花束を2つ、つまり1対を用意しましょう。 仏壇によりふさわしいとされる花は長持ちするもの 仏壇には、特定の花をあげなければならないわけではありませんが、ふさわしいとされる花は存在します。 それは、長持ちする花です。 長く飾っていられる花を買った方が嬉しいのは、仏事に限らずどんなシーンでも同じですよね。 長持ちする花の代表格は、菊です。 とくにピンポン菊と呼ばれる、丸い形が愛らしい品種は、かなり長持ちする花として有名です。 ほか、カーネーションやトルコキキョウ、スターチスといった花が長持ちする花の代表格で、葬儀の場でも良く使われます。 仏壇にタブーな花はバラや彼岸花 仏壇にタブーな花は、バラや彼岸花です。 バラは、棘のある姿が殺生を思い起こさせるため、殺生を避ける仏教にはふさわしくないとされています。 なお、彼岸花は毒のある花です。 毒を仏様にお供えすることになり、タブー視されています。 また、種類に限らず香りの強すぎる花も避けるべきとされています。 仏壇に供える仏花のルールは、お墓の仏花にもそのまま使えます。 覚えておくと便利です。 次章では、法事など特別な日における仏花の選び方をご案内します。 特別な日の仏花の選び方 法要や故人の命日など、みんなが集まる日には、仏壇まわりをいつもより華やかにしましょう。 仏花の選び方とあわせて、供物の選び方も解説します。 法要の日の仏花はいつもより華やかにする 法要の日の仏花は、いつも飾っているものよりも、ぐっと華やかにしましょう。 いつもより一回り大きな花瓶を用意して、花のボリュームを大きくします。 お花屋さんで「仏花を」と依頼すると、1対で2千円から3千円ほどになると思いますが、特別な日には、5千円ほどの予算で花束を作ってもらうのがいいでしょう。 大ぶりな花も素敵ですが、カスミソウやスターチスなど小ぶりな花をふんだんに使うと、華やかな雰囲気になります。 なお、誰のための法要なのか、誰の命日なのかを考えたセレクトができると理想的です。 厳格なお父さんの命日に、可憐な花束は似合いませんよね。 赤やピンクより、紫や白を多用したほうが男性らしく仕上がります。 迷ったらお花屋さんに相談してみましょう。 また、ネットで花の通販を見てみるのも一つの手です。 は仏花の種類も豊富です。 是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。 法要の日は供物も豪華にするのを忘れずに 特別な日に花束を豪華にしたら、供物もやや豪華にするのを忘れないようにしましょう。 供物で華やかさを演出するには、「高さ」を出すのが一番簡単です。 果物ならパイナップル、お菓子ならたくさんのお饅頭を積み重ねるなどして高さを出しましょう。 故人の好きだったものをたくさん飾るのもおすすめです。 特別な日の仏花や供物について、おわかりいただけたかと思います。 「今度、友人の家に仏花を持って弔問したいと思っているんだけれど、そのときも花の種類は同じでいいの?」 と迷っている人のために、次章では弔問時の仏花にまつわる注意点をお伝えします。 弔問時の仏花にまつわる注意点 弔問時に、仏花を持って行きたいと思ったなら、気をつけたい点がいくつかあります。 順を追ってご案内します。 選ぶべき仏花の種類は同じだが、通常の「仏花」より豪華に 弔問時であっても、選ぶべき仏花の種類は変わりません。 ただ、通常の「仏花」ではなく、法要のときのような豪華な花束にしましょう。 予算は3千円から5千円程度が相場です。 また、亡くなってすぐの場合は、花束が殺到し、花瓶が足りなくなっていることが予想されます。 花束ではなく、花瓶のいらない花籠を選ぶのも一つの手です。 花籠の場合も、予算は同じように3千円から5千円程度が相場です。 購入から時間をおく場合は保存方法に注意 訪問する直前に花束を買えるなら新鮮なまま持ち運ぶことができますが、購入から時間を置く場合は、保存方法に注意しましょう。 数時間程度なら、茎の下部分に濡れティッシュを巻いて、その上からアルミホイルを巻き、茎の下が常に濡れている状態を保ちます。 一日以上時間が空く場合は、バケツに水を張り、持参する直前まで茎部分を漬けておきましょう。 運搬時は温度や花粉に注意 仏花を持ち運ぶときには、温度や花粉に十分注意しなければなりません。 自家用車で出向くときには、花がしおれてしまわないよう、車内温度を上げ過ぎないようにしましょう。 電車やバスを使うときには、他の人の服などに花の花粉がついてしまわないよう注意しましょう。 弔問時の仏花にまつわる注意点をご紹介しました。 これで、仏花を購入してから訪問をするまでは、完璧にできそうですね。 しかし、訪問してからも、気をつけるべき点があります。 弔問時のマナーについて、次章で解説します。 弔問時のマナー 仏花を持参して弔問するときには、いくつか覚えておくべきマナーがあります。 玄関をくぐるところから、時系列でご紹介します。 仏花はできれば挨拶時に家の人へ渡したい 訪問宅へ到着したら、玄関先であいさつをします。 亡くなってから間もない場合には、「このたびは、ご愁傷さまでした」「お悔やみ申し上げます」などと言いましょう。 その後、「お線香を上げさせてください」と言って、仏壇まで案内してもらいます。 本来、故人への供物は遺族に渡すのではなく、仏壇へ持参するのがマナーとされます。 よって、仏花も仏壇まで持参するのが正しいのですが、玄関先で家の人から「すぐに活けますので、お預かりしましょう」と言われることもあるでしょう。 そのときには、「御仏前(御霊前)にお供えください」と言って、仏花を家の人へ渡します。 浄土真宗以外であれば、四十九日までは「御霊前(ごれいぜん)にお供えください」とし、四十九日が過ぎたら「御仏前(ごぶつぜん)にお供えください」とします。 浄土真宗の場合は、全て「御仏前」を使います。 宗派がわからなければ、四十九日までは「御霊前」で構いません。 仏壇まで仏花を持参するなら花を仏壇に向けてそっと置く 仏壇まで花束を持参するなら、花のほうを仏壇に向け、座布団の隣にそっと置きましょう。 畳が花粉や露で汚れないよう気をつけます。 焼香をする 仏花を座布団の隣に置いたら、故人の遺影や位牌に向かって一礼してから座布団へ進みます。 この際、座布団を足で踏まずに、正座をしたまま膝から座布団にのるようにしましょう。 その後、お線香を上げたり、抹香をくべたりして焼香をします。 焼香後は、数珠を持って合掌をし、故人の冥福を祈ります。 焼香が済んだら、やはり座布団を足で踏まないように、膝を使って後ずさりをしながら座布団から出ます。 もう一度遺影や位牌へ向かって一礼してから、家の人のほうへ向き直り、また一礼しましょう。 家の人が花瓶を用意したならお手伝いしよう 「あなたがいらっしゃるうちにお花を飾りたい」と、家の人が花瓶を用意してくれることがあるでしょう。 亡くなってすぐの忙しいときであれば、お花の包装紙をとるといったお手伝いをしたいものです。 このときも、畳を汚してしまわないよう、包装紙の上に切れてしまった葉などをまとめながら手早く作業を行います。 以上、弔問時のマナーについてお伝えしました。 ご挨拶やかける言葉、焼香の手順は、仏花ではなく供物を持参するときも同じなので、身につけておくと便利です。 ネットで仏花をお探しの方はこちら! 仏壇にお供えする花は、ネットからも注文することができます。 【花の通販】「フジテレビフラワーネット」 は、お花専門の通販サイトです。 生花からプリザーブドフラワーまで様々な種類が揃っています。 仏花をお探しの方はぜひご覧ください。 「フジテレビフラワーネット」の嬉しい特典• 「お急ぎ配達」午前11時までのご注文なら即日配達• 「お届けフォトメール」実際にお届けしたお花の写真をメールで確認できます• 「送料無料」で手届配達いたします まとめ この記事では、仏壇に供える花について解説しました。 仏花の種類や価格、仏花を持参するときの弔問の注意点まで、お分かりいただけたかと思います。 仏花のマナーについて迷うことがなければ、故人を悼むことにより集中できるでしょう。 基本を押さえたうえで、故人が好きだった花を取り混ぜられれば、最高の供養となります。 お花と一緒に、あなたが故人を想う気持ちを仏壇へ捧げましょう。 自分に適切なお墓を探したいが、そのお墓をどう探したらよいかわからない。 まだ両親や自分が入るお墓が決まっていないが、お墓を探す手順がわからない。 など、数々の不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。 お墓の購入に関しては、全員が初めての経験になることが多いため、不安を持つことは仕方のないことでしょう。 しかし、お墓購入後に後悔はしたくはないですよね。 そのためにも、複数の墓地・霊園を訪問して実際に話を聞き、しっかりと情報収集をしてから決めることをオススメします。 当サイトには全国7,000件以上の墓地・霊園情報が掲載されています。 費用やアクセス、口コミの紹介もしていますので、 お墓をお探しの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

次の