転生したら悠々自適の皇妃ライフ 原作。 モブ転生 小説家になろう 作者検索

『転生悪役令嬢』の参考文献と感想|八朔|note

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 原作

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA氏、 原作 Yuna 氏の韓国漫画です。 16歳で皇妃でありながら反逆罪に問われ、愛する皇帝のルブリスに処刑されたものの、また同じ人生を9歳の子供の時点から転生しやり直すという、転生がベースの恋愛ファンタジー作品。 毎週土曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ルブリスは皇帝の庭園でであったときのアリスティアの態度を生意気だと受け取る。 そのアリスティアは温かい騎士団の面々と打ち解け、さらにアレンディスも加わり賑やかになる。 帝国を守る第二騎士団のモニーク家。 彼女は父のケイルアンに、剣術を教えて欲しいと頼むだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「捨てられた皇妃」16話のネタバレ 剣術を教えてほしいというアリスティアの頼みを、かけっこすらできない身体の弱い彼女には無理だと、父は却下する。 しかし彼女は諦めず、体力をつけるためにも、一生懸命頑張るからとすがる。 必死な彼女を見てケイルアンは、習いたい本当の理由は関わりたくないと言っていた皇太子ルブリスのせいではないかと突っ込む。 確かにその通りなのだが、具体的に未来でどうであったかなど説明できない。 すると父が、ひょっとして何か思い出したのかと聞いてくる。 思い出したとはどういうことなのだろう、彼女はびっくりする。 もしかしたら時間が巻き戻ったのは自分だけじゃないかもしれない。 しかしそれなら未来の悲劇をどうすればいいのだろうと彼女は考える。 ケイルアンは、アリスティアがとても幼かったときのことだと付け加えた。 別のことかとホッとする彼女。 幼い頃のことと言われても、ルブリスとはこの前初めて会ったと答えるアリスティア。 それならいいと、今の話は忘れるように言うケイルアン。 ではなぜ皇太子と関わり合いになりたくないのか、との問に、彼女はパパと一緒に暮らしたいから結婚なんてしたくないと答えた。 父は呆気にとられる。 彼女自身は、身体が子供に戻ったから考えまで子供っぽくなってしまったと、何を言ってしまったのかと焦る。 ケイルアンは微笑み、手を差し出すとアリスティアに近くに来るように言う。 そして彼女を抱きしめ、そう望むならそうしようと頭を撫でる。 その代り剣術となると厳しいと言い、アリスティアは元気に返事するのだった。 翌朝、動きやすい衣装で練習場にやってくるアリスティア。 自分も剣術を習うことにしたとアレンディスに伝えると、最高だと彼は彼女を抱きしめた。 殺気立つ騎士団。 毎日会えるんだねと喜ぶアレンディスを、心細かったのかと背中に手を添えるアリスティア。 騎士団が口パクでダメダメアピールをする。 そうケイルアンが来ており、アレンディスを引き剥がした。 アレンディスを睨み、ウォーミングアップに練習場30周を言いつける。 アリスティアは10周だ。 ケイルアンはじめ騎士団からほとばしる火花。 アレンディスは目をつけられたのだった。 その頃ラス公爵邸では、主のラス公爵が戻り、妻が出迎える。 妻は皇帝の妹であった。 皇帝の残り1人の兄妹なので、たまには皇宮に行ってはどうかと彼は勧める。 そこへ、母上と元気な声で呼びかける少年が現れた。 漫画「捨てられた皇妃」16話の登場人物 アリスティア・フィオニア・ラ・モニーク・・・主人公。 神が予言した子だと思われ、帝国の皇后になるべく教育されてきたが、突然現れた美優という少女がお告げの子だと判明し、次位の皇妃に落とされる。 そして愛する皇帝ルブリスに異様に虐げられ、流産させられ、父も殺され、最後には自身も処刑される。 その後、神ビタの手によって9歳に自分に転生させられ、今度は自分自身で運命を切り拓き、悲劇を回避しようとしている。 まずはルブリスとの婚約を避けるために、騎士として跡継ぎになろうとしている。 転生した際、皇位継承権の意味を持つ2つ目の名フィオニアを授かる。 アレンディス・デ・ベリータ・・・帝国の宰相ベリータ公爵の次男。 後に天才と呼ばれるほど頭が切れる。 アリスティアと仲が良く、結婚を申し込むほど彼女を好き。 彼女の父に認めてもらうために、運動音痴ながらも剣術を始めた。 アルキント・デ・ラス公爵 ・・・帝国の第一騎士団長。 真っ赤な髪を持つ。 妻は現皇帝の妹。 漫画「捨てられた皇妃」16話の感想 転生系の話は、「小説家になろう」というサイトから数多くでていまして、アニメ化やコミカライズと大人気なのですが、日本だけでなく韓国も人気のようですね。 この 捨てられた皇妃も、転生なのでなろう系なのでしょうか。 強くてニューゲームのような設定が好まれているようですね。 アリスティアは強くはなってないですが、過去の知識がある分有利です。 そんな彼女がルブリスとの結婚を避けるために選んだ道が、剣術です。 家を継ぎ、騎士として生きていくつもりなのでしょう。 実際、彼女しか子供がいないモニーク家なので、彼女が嫁に行ってしまうと断絶の危機ですよね。 そのあたりを上手く利用して、婚約を取り消しにするのでしょう。 身体が弱いので、鍛錬についていけるか怪しいところですが、未来であんな思いをするくらいなら耐えられそうですね。 さて新キャラクターがでました。 皇帝の妹の、水色の髪を持つラス公爵婦人です。 出てきたからには何かをしてくれそうです。 次回が楽しみですね。 それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

民の望んだ皇妃

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 原作

モブとしての人生を送り、目覚めたと思ったらまたしてもモブだった! 見知らぬ場所で見知らぬ姿になり、心機一転! 今度こそ幸せな恋愛、幸せな結婚がしてみたい! せっかくなら冒険もして、ゆくゆくは名声とか浴びたりして……!? と思って努力をし てみるものの…… モブに素敵なスキル?あるわけない! お金?目が冷めたら無一文! 顔なんか平凡に決まってんだろ! 才能なんか降って湧いてこない! モブはどこまで行ってもモブ!! これは地味ロードまっしぐらのモブが、幸せ結婚生活を夢見ながら、あれよあれよと無くなる金と相談しながら、狩りをしたり、ナンパ友達 ? を作ったり、ささやかなお洒落に挑戦してみたり、地雷女を躱したりしながら生きる日常の話だ。 この世界は『ラビリンスは恋模様』っていう乙女ゲームの舞台。 主人公が希少な聖魔術を使えることから王立魔術学園に通うことからはじまるのです。 私が主人公・・・ではなく、モブです。 ゲーム内ではただの背景でしかないのです。 でも、それでいい。 私は 影から主人公と攻略対象達のラブラブな日々を見られればいいのです。 でも何かが変なんです。 わたしは主人公と攻略対象のラブラブを影から見守ることはできるのでしょうか。 *この世界は『番とは呪いだと思いませんか』と同じ世界観です。 本編を読んでいなくても全く問題ありませんが、少々ネタバレがあります。 ご検討の上お進みください。 *内容的にはn番煎じの内容かと思いますが、時間潰しでさらりと読んでくださいませ。 *アルファポリス様にも投稿しております。 不運で冴えない織原久遠(ラック)は転生者として召喚された。 転生者であるからには、魔王を倒さねばならない。 さあ冒険のはじまりだ、と意気揚々と歩き出したラックだった。 けれども始まりの町ホクキオに足を踏み入れる前に山賊被害にあった挙句、濡 れ衣で逮捕されたラックは、村から出ることも禁止されてしまった。 これでは魔王を倒しようがない。 そもそも出鼻をくじかれ心折られて、旅立つ気もなくしてしまった。 どんより引きこもり生活のなかで、習慣のモブ狩り生活を続けていたラックだったが、十年後に転機が訪れる。 ラストエリクサーを手に入れたのだ。 ラストエリクサーは高値で取引されており、これを売ることで一気に金持ちになったラックは、味をしめてラストエリクサー転売業者を目指すことにした。 ところが、『偽装スキル』を使った別の売り手にだまされてしまう。 このままにはしておけない。 悔しがるラックは『鑑定スキル』と『検査スキル』という偽装に対抗するスキルを身に着けて問題を解決。 信用を取り戻し、駆け出し商人としての生活に希望を抱いた。 ほどなくして、ラストエリクサーの価格が大暴落。 追い打ちをかけるように税金を払わされ、借金生活に転落。 しかも国家転覆容疑までかけられて、指名手配を受けながら、追われるように旅立つことになった。 散々な目に遭うラックだったが、この不運に満ちた慌ただしい旅立ちは、ラックにとって悪い事ばかりでもなかった。 レヴィアという可憐な少女に出会えたのだ。 そして、いつしか彼は、大いなる旅の目的を得た。 島国ヴィヴァルディには存在しないはずのサクラを見た瞬間、ペリーウィンクルは気付いてしまった。 この世界は、前世の自分がどハマりしていた箱庭系乙女ゲームで、自分がただのモブ子だということに。 しかし、前世は社畜、今世は望み通りのまったりラ イフをエンジョイしていた彼女は、ただ神に感謝しただけだった。 ところが、ひょんなことから同じく前世社畜の転生者である悪役令嬢と知り合ってしまう。 私は、気付くと赤ん坊になっていた。 これってまさか、転生モノ? 乙女ゲームの悪役令嬢とかになってるのかな?楽しみ! …そんな期待は大外れ。 親が仕える金持ちの家のボンボンは、私を指して叫んだのだ。 「お前!漫画の主人公になった俺の邪魔をする気 か!?このモブが!」 えっ、私モブなの!?っていうか、その漫画知らないんですけど! 同じく転生して来た彼が言うには、私は所謂呼び出し係。 セリフが作品全体で一、二個くらいしかない、しがないモブの女の子。 ……なら、精々好き勝手に生きますか! そんなマイペースな主人公が歩む、無意識フラグ乱立モテモテライフの物語。 コメディ要素の方が強いかと思われます。 結構シリアス要素もあります。 また、ラブコメなので、ハーレム、逆ハーレム要素が非常に強いです。 お嫌いな方はバックして下さい。 見た目は地味で中身は中身は並以下。 劣等感の塊だった貧乏男爵家の娘、ケイト・リズワイト。 伯爵邸のお茶会で、事故に巻き込まれたことから前世の記憶を思い出す。 電気もない、ガスもない。 車は一体何モノだ!? そんな西洋中世風のこの世界で、第二の人生は貴族のくせに食べることにもことかく悪環境。 今世ではほとんど役に立たない近代知識。 こんな記憶、なくても良かった! 「魔法も使えん、才もあらへん! これっていわゆるモブ役令嬢?」 それでもおぎゃーと生まれたからは、楽しく生きなきゃソンソンソン! 子育てロスから幼児をモフり、産婆のまねごともやってみる。 前世飯研究に没頭したり、ときには蜂の大群にも追われてみたり……。 過去にない、新鮮かつ野性味あふれる毎日を謳歌するケイトであったが、なぜか病んでる元王子につきまとわれ……。 「あれ? 私、モブ役令嬢ちゃうかったん?」 しかし、今さら思い出したその記憶には、とっても大事な意味があって……。 本編は子供をモフモフしてばかりで「育児もの」とは異なり、タイトル詐欺っぽいです。 2018年スタートの最初につけたタイトルということ(音が気持ちいい)と、いったん完結したときに最終話へうまく繋がったのとで(と思う)このまま使わせていただきます。 何卒ご容赦くださいませ。 一章 ほのぼの 二章 根性 三章 悪役令嬢物的なアレ展開 四章 苦難 五章 溺愛 一章は恋愛要素が薄いですが、二章以降徐々に加わってきます。 相変わらずジレってます。 さすが改稿版だけあって、レイクが前のめりです。 伯爵令嬢として生まれたルイーズ・ド・レーヌは、5歳の時にこの世界に転生したことを自覚する。 少しずつ前世の記憶を取り戻していくうちに、ルイーズは前世の弟がハマっていたギャルゲー『Princess of Roses』の中に自分と同じ名前のキャラ がいること、さらにそのギャルゲーの元となった『君にバラの花束を』という乙女ゲームがあることを思い出す。 どこにでもいるモブ令嬢だと思っていたのに、生い立ちに秘密があったり、見目麗しい貴公子に溺愛されたり、チート級の魔力を持っていたり…と、いつの間にか色々フラグが立ってるのは気のせいじゃない……!? 自分では至って平凡だと思っているやや設定過多な主人公が、前世の因縁やらゲームのストーリーやらに振り回されながらも、大好きな婚約者との幸せを目指して頑張るお話。 子供時代からスタート、後半は学園生活編、卒業で終了予定。 のんびり、まったり更新ですが、どうぞよろしくお願いします。 俺こと、荒谷 逢由武(あらたに あゆ む)は死んだ直後に、異世界の使者からダンジョンマスターにスカウトされる。 なんで、ヒントの文章をらくがき扱いしてるの? なんであからさまに怪しいスイッチを無警戒に踏むの!? 頭を抱える俺の元に現れた一組の探索者たち。 更新は23時を予定しています。

次の

ミュエラの捜査官

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 原作

モブとしての人生を送り、目覚めたと思ったらまたしてもモブだった! 見知らぬ場所で見知らぬ姿になり、心機一転! 今度こそ幸せな恋愛、幸せな結婚がしてみたい! せっかくなら冒険もして、ゆくゆくは名声とか浴びたりして……!? と思って努力をし てみるものの…… モブに素敵なスキル?あるわけない! お金?目が冷めたら無一文! 顔なんか平凡に決まってんだろ! 才能なんか降って湧いてこない! モブはどこまで行ってもモブ!! これは地味ロードまっしぐらのモブが、幸せ結婚生活を夢見ながら、あれよあれよと無くなる金と相談しながら、狩りをしたり、ナンパ友達 ? を作ったり、ささやかなお洒落に挑戦してみたり、地雷女を躱したりしながら生きる日常の話だ。 この世界は『ラビリンスは恋模様』っていう乙女ゲームの舞台。 主人公が希少な聖魔術を使えることから王立魔術学園に通うことからはじまるのです。 私が主人公・・・ではなく、モブです。 ゲーム内ではただの背景でしかないのです。 でも、それでいい。 私は 影から主人公と攻略対象達のラブラブな日々を見られればいいのです。 でも何かが変なんです。 わたしは主人公と攻略対象のラブラブを影から見守ることはできるのでしょうか。 *この世界は『番とは呪いだと思いませんか』と同じ世界観です。 本編を読んでいなくても全く問題ありませんが、少々ネタバレがあります。 ご検討の上お進みください。 *内容的にはn番煎じの内容かと思いますが、時間潰しでさらりと読んでくださいませ。 *アルファポリス様にも投稿しております。 不運で冴えない織原久遠(ラック)は転生者として召喚された。 転生者であるからには、魔王を倒さねばならない。 さあ冒険のはじまりだ、と意気揚々と歩き出したラックだった。 けれども始まりの町ホクキオに足を踏み入れる前に山賊被害にあった挙句、濡 れ衣で逮捕されたラックは、村から出ることも禁止されてしまった。 これでは魔王を倒しようがない。 そもそも出鼻をくじかれ心折られて、旅立つ気もなくしてしまった。 どんより引きこもり生活のなかで、習慣のモブ狩り生活を続けていたラックだったが、十年後に転機が訪れる。 ラストエリクサーを手に入れたのだ。 ラストエリクサーは高値で取引されており、これを売ることで一気に金持ちになったラックは、味をしめてラストエリクサー転売業者を目指すことにした。 ところが、『偽装スキル』を使った別の売り手にだまされてしまう。 このままにはしておけない。 悔しがるラックは『鑑定スキル』と『検査スキル』という偽装に対抗するスキルを身に着けて問題を解決。 信用を取り戻し、駆け出し商人としての生活に希望を抱いた。 ほどなくして、ラストエリクサーの価格が大暴落。 追い打ちをかけるように税金を払わされ、借金生活に転落。 しかも国家転覆容疑までかけられて、指名手配を受けながら、追われるように旅立つことになった。 散々な目に遭うラックだったが、この不運に満ちた慌ただしい旅立ちは、ラックにとって悪い事ばかりでもなかった。 レヴィアという可憐な少女に出会えたのだ。 そして、いつしか彼は、大いなる旅の目的を得た。 島国ヴィヴァルディには存在しないはずのサクラを見た瞬間、ペリーウィンクルは気付いてしまった。 この世界は、前世の自分がどハマりしていた箱庭系乙女ゲームで、自分がただのモブ子だということに。 しかし、前世は社畜、今世は望み通りのまったりラ イフをエンジョイしていた彼女は、ただ神に感謝しただけだった。 ところが、ひょんなことから同じく前世社畜の転生者である悪役令嬢と知り合ってしまう。 私は、気付くと赤ん坊になっていた。 これってまさか、転生モノ? 乙女ゲームの悪役令嬢とかになってるのかな?楽しみ! …そんな期待は大外れ。 親が仕える金持ちの家のボンボンは、私を指して叫んだのだ。 「お前!漫画の主人公になった俺の邪魔をする気 か!?このモブが!」 えっ、私モブなの!?っていうか、その漫画知らないんですけど! 同じく転生して来た彼が言うには、私は所謂呼び出し係。 セリフが作品全体で一、二個くらいしかない、しがないモブの女の子。 ……なら、精々好き勝手に生きますか! そんなマイペースな主人公が歩む、無意識フラグ乱立モテモテライフの物語。 コメディ要素の方が強いかと思われます。 結構シリアス要素もあります。 また、ラブコメなので、ハーレム、逆ハーレム要素が非常に強いです。 お嫌いな方はバックして下さい。 見た目は地味で中身は中身は並以下。 劣等感の塊だった貧乏男爵家の娘、ケイト・リズワイト。 伯爵邸のお茶会で、事故に巻き込まれたことから前世の記憶を思い出す。 電気もない、ガスもない。 車は一体何モノだ!? そんな西洋中世風のこの世界で、第二の人生は貴族のくせに食べることにもことかく悪環境。 今世ではほとんど役に立たない近代知識。 こんな記憶、なくても良かった! 「魔法も使えん、才もあらへん! これっていわゆるモブ役令嬢?」 それでもおぎゃーと生まれたからは、楽しく生きなきゃソンソンソン! 子育てロスから幼児をモフり、産婆のまねごともやってみる。 前世飯研究に没頭したり、ときには蜂の大群にも追われてみたり……。 過去にない、新鮮かつ野性味あふれる毎日を謳歌するケイトであったが、なぜか病んでる元王子につきまとわれ……。 「あれ? 私、モブ役令嬢ちゃうかったん?」 しかし、今さら思い出したその記憶には、とっても大事な意味があって……。 本編は子供をモフモフしてばかりで「育児もの」とは異なり、タイトル詐欺っぽいです。 2018年スタートの最初につけたタイトルということ(音が気持ちいい)と、いったん完結したときに最終話へうまく繋がったのとで(と思う)このまま使わせていただきます。 何卒ご容赦くださいませ。 一章 ほのぼの 二章 根性 三章 悪役令嬢物的なアレ展開 四章 苦難 五章 溺愛 一章は恋愛要素が薄いですが、二章以降徐々に加わってきます。 相変わらずジレってます。 さすが改稿版だけあって、レイクが前のめりです。 伯爵令嬢として生まれたルイーズ・ド・レーヌは、5歳の時にこの世界に転生したことを自覚する。 少しずつ前世の記憶を取り戻していくうちに、ルイーズは前世の弟がハマっていたギャルゲー『Princess of Roses』の中に自分と同じ名前のキャラ がいること、さらにそのギャルゲーの元となった『君にバラの花束を』という乙女ゲームがあることを思い出す。 どこにでもいるモブ令嬢だと思っていたのに、生い立ちに秘密があったり、見目麗しい貴公子に溺愛されたり、チート級の魔力を持っていたり…と、いつの間にか色々フラグが立ってるのは気のせいじゃない……!? 自分では至って平凡だと思っているやや設定過多な主人公が、前世の因縁やらゲームのストーリーやらに振り回されながらも、大好きな婚約者との幸せを目指して頑張るお話。 子供時代からスタート、後半は学園生活編、卒業で終了予定。 のんびり、まったり更新ですが、どうぞよろしくお願いします。 俺こと、荒谷 逢由武(あらたに あゆ む)は死んだ直後に、異世界の使者からダンジョンマスターにスカウトされる。 なんで、ヒントの文章をらくがき扱いしてるの? なんであからさまに怪しいスイッチを無警戒に踏むの!? 頭を抱える俺の元に現れた一組の探索者たち。 更新は23時を予定しています。

次の