新型 コロナ ウィルス イベント 中止。 イベント中止のお知らせ例文コロナウイルス感染症予防対策お詫び文例

新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止・延期するイベント/町田市ホームページ

新型 コロナ ウィルス イベント 中止

詳しくはイベント主催者などにお問い合わせください。 確認次第、当ページに追記・加筆致します。 ただし掲載可能な情報は、Web上で中止の記載が確認できるイベント、参加者を限定しない多少規模の大きなイベントのみとさせていただきます。 たとえば治療が終了した人数などは全然報道されませんので、現在の発症者が何人いるかなんて知るよしもありません。 新型コロナウイルスは確かに恐ろしいですが、より正確な情報を得て正しく恐れることが必要ではないのかな?と日々思っています。 そこでメディアの報道に合わせ以下のサイトなどで情報を得てみましょう。 新型コロナウイルスの現状をより詳しく知ることができると思いますよ。 チャートで見る新型コロナ情報(日経新聞) 世界中の新型コロナウイルス 総感染者数の推移や、国別の 総感染者数や 総死亡者数などを確認することができます。 特にマップ検索が見やすくておススメです。 なお記載の数値は 総数なので、現在の発症者数とは異なるものと思われます。 日経新聞() 道内の最新感染動向 北海道の感染者数を正確に知るのに便利なサイト。 特に治療終了者数や現在患者数が記載されているため、正しく現状を把握するのに重宝しています。 北海道新型コロナウイルスまとめサイト() 都内の最新感染動向 新型コロナウイルスの影響が著しい東京都内の現在の状況を知ることのできるのが、こちらのサイトです。 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト().

次の

新型コロナウイルスの影響によるイベント等の中止・延期、施設の休止について【2020年6月26日10:00現在】|【京都市公式】京都観光Navi

新型 コロナ ウィルス イベント 中止

新型コロナウィルス(新型肝炎) 連日、マスコミ報道が目に飛び込んでこない事がない状況ですね。 この状況…空気感 なかなか厳しく サポート先や クランアントさん 特に 接客業や 飲食店さん 一部を除き かなり影響を受けております。 予約のキャンセルやら 外出控え など 街を歩いていても 人が本当に少ないですね… そんな街の状況を見ながら 今いろいろと 出来ること仕込んでおります。 お役に立てているなら嬉しく想います。 こんにちは クチコミ・リピート集客の専門家 です。 「リピート・クチコミが増える…」と言っている自分が、 リピート・クチコミが少ないと…ウソになっちゃいますからね。 周囲の知人や クライアントさんからも イベント・セミナーの開催についてのご相談 増えております。 イベントを開催することで 世間の批判につながるなどのリスクや 様々なことを想定しながらの選択 この時期 無理してイベント開催することなく 最善を考え保険・保障などを活用しつつ、 次につなげる一手…二手を積んでおくなどの仕込み 中には 「今が旬」 「今のタイミングを逃しては…」的な催事には 最低限のリスクで イベント開催・催事の向こう側にも「楽しみ」が届くよう、 思考を巡らせ最大トルク回転数 10800(rpm)状況です。 ただ ギリギリでまわしている宿泊関連業は キツイでしょうね… スタッフさんの給与をはじめ 固定費は変わらず必要ですので この状況が長引くと… 悲しい結果にならないとも限りません。 ご参考になれば幸いです。 さて本題。 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、 「イベント名(開催セミナー名など)」においては消毒液設置等の感染予防策を実施いたします。 ご来場の皆様におかれましても感染予防へのご協力をお願いいたします。 なお、今後の状況によりましては、 「イベント名(開催セミナー名など)」開催を中止・延期させていただくこともございます。 その際は、参加お申込みいただいた方へ順次メール・電話などでお知らせするとともに、 弊社ホームページにてご案内いたします。 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、ご参加・関係の方々の健康・安全面を考慮し、 下記の「イベント名(開催セミナー名など)」を中止することと致しました。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。 現在発生している新型コロナウイルス感染症の影響から、 お客様をはじめとした関係各位の健康と安全を第一に検討した結果、 弊社主催のイベント「_______」を中止しますことをご案内申し上げます。 お客様ならびに関係の皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしますが、 ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 中止となるイベントおよびお問い合わせ先は以下の通りとなります。 (打合せや会議に参加している場合は不在) お気軽に遊びにきてください。 jfc. pref. osaka. html.

次の

法務省:新型コロナウイルス感染症に関連して,イベントや旅行が中止になった場合のキャンセル料等に関する留意事項について

新型 コロナ ウィルス イベント 中止

国内で感染が続々報告される中で、主催者にとっては開催すべきかの判断が難しい。 どう考えればいいか? 先日の専門家会議でも話し合ったが、イベントといっても、大きなものから小さなものまでいろいろあるが、 全部中止あるいは見合わせた方がいいだろうと決められているわけではない。 イベントの規模や種類によって異なるし、地域によっても、まだ患者が全然いないところから、少し出始めたところまであり、考え方は違ってこなくてはいけない。 委員会の専門家たちの間では、例えばマラソン、スポーツ観戦するスタジアム、劇場など、ウイルスがバッと広がることはない空間で感染する可能性は少ないだろうと意見が一致した。 しかし、すぐ側に病気の人がいた場合は別。 コロナウイルスに限らず、 比較的狭いところで人が集まって、2〜3時間一緒に話をしたり、長い時間おしゃべりをしているようなところが一番感染が広がりやすいと考えられる。 そういうところは、今のところは少し遠慮してもらった方がいい。 その上で、もしイベントを実施するとすれば絶対守ってもらいたいのは 「風邪のような症状で調子が悪い」「熱が出ている」「咳が出ている」などの人は参加を自粛すること。 「症状のある人はできるだけ来ないでほしい」と呼びかける、念の為に手をよく洗うようにする、アルコール消毒を置いておくなどの工夫があると安心感に結びつくのでは。 先日WHO(世界保健機関)からも発表があったが、 中国を含めて8割の方は軽い症状で治まっており、2割の重症になる方は、お年寄りや糖尿病や心臓病の持病がある方が多い。 そういうリスクファクター(危険な要素)がある人はやはり普通の方よりもさらに気をつけた方がよい。 イベントに行くのはやめて、他の楽しみ方を見つけて過ごしていただくのが、自分にも安全だと思う。 コロナウイルスに限らず、インフルエンザやその他の病気に関してもうつりやすい状況なので、できるだけ遠慮していただく。 これが一番中心の考え方。 主催する側として気をつけることは? 比較的狭いところに集まって、換気があまりよくないという環境は避けてほしい。 人同士の間隔をあける、換気をよくする、「手を洗う場所はここ」と誘導する、アルコールの消毒剤を用意するなどの対策が考えられる。 「具合の悪い方はご遠慮ください」と早めに、最初にお伝えすることもやっておいた方がいい。 この病気がどこかで発生したときに広がりを少しでも抑えることにつながると思う。 元気な参加者であっても、気をつけることは? とても元気がよければ、その方自身がかかるリスクが少なく、仮にかかったとしてもその後のリスクはずっと低い。 もしかかってしまった場合は、先に申し上げたのと同じように「ちょっとお休みしてください」「人混みに出ないようにしてください」などの注意は同じになる。 でも、元気な方、特に病気(新型コロナウイルス)と接触したことがない方であっても、狭いところでたくさん集まって、換気がよくないところで 長時間濃厚接触……例えば2. 3時間おしゃべりしているというようなことになると、気をつけたほうがいいだろうということになります。 「不要不急の外出を控えるべき」とも聞くが、具体的には? 繰り返しになるが、健康な人を中心に、約8割が軽い症状で落ち着いている。 残りの2割になりえる基礎疾患や持病を持っている方は早めに気をつけたほうがよく、できるだけ集まりに参加しないでほしい。 ずっと行けないというわけではないので、今回は別の楽しみ方や別の方法をとってもらった方がご自身にとっていいと思う。 ・風邪症状の人は参加をしない。 学校職場を休む 咳や発熱などの風邪症状がある方は、もちろん参加をしないで様子を見ていただきたい。 学校や職場も休んだほうがいい。 これはもちろんコロナウイルスだけでなく、インフルエンザやマイコプラズマ肺炎、その他のウイルス性肺炎でも同じ。 症状の始まりでちょっと具合が悪い時は「人混みに行かないで」というのも共通で、学校や職場を休んでくださいね、となる。 なかなか職場から離れられないのはあるかもしれないが、病気が流行しそうな時には全体でうつさない、あるいはうつらないためにも、職場を休んでほしい。 電話やWebなどさまざまなリモートワークの方法も活用してほしい。 「病気がちの時はゆっくり休んでください」という世の中が、僕は必要だと思う。 コロナだけでなく、他の病気でもうつしたらいけない。 ちょっと具合が悪そう、感染症のような状況の時は、お家にいていただく、様子を見ていただく、あるいはもちろん具合が悪くなったら医療機関や相談センターに相談をしていただく。 その時は他の人との積極を避けるように気をつけてほしい。 厚生労働省は「開催の必要性の検討」を要請 は以下の通り。 新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐためには、今が重要な時期であり、国民や事業主の皆様方のご協力をお願いいたします。 最新の感染の発生状況を踏まえると、例えば屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。 イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。 なお、イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。 また、開催にあたっては、感染機会を減らすための工夫を講じていただくようお願いいたします。 例えば、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加をしないよう依頼をすることなど、感染拡大の防止に向けた対策の準備をしていただくようお願いいたします。 国民の皆様においては、風邪のような症状がある場合は、学校や仕事を休み、外出を控えるとともに、手洗いや咳エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。 特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人込みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防に御注意いただくよう、お願いいたします。 そのためには、学校や企業、社会全体における理解に加え、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備が大切であり、テレワークや時差通勤も有効な手段であります。 関係の皆様のご協力をお願いいたします。 なお、新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや重症度を見ながら適宜見直すこととしています。

次の