炭 カナ。 【炭カナ】炭治郎とカナヲの接点は何話?竈門炭彦と竈門カナタは子孫?結婚理由はなぜ?出会いや恋愛のきっかけ考察!

TanKana(Tanjiro) Manga/「「都合がよろしいので」 善炭、カナ炭 」

炭 カナ

現パロです。 全員が前世の記憶あるご都合設定でお楽しみください。 フフッ、なかなか上手くいかないものね」 「そうね」 「よぉし、それじゃあもう一本、やりましょう」 「またやるの?」 「そうよ!だってカナヲ、全然ドキドキしてないでしょう?」 「そんなこと、無いけど……」 ここは空き教室。 文化祭実行委員をやることになった私とアオイ、そして一年の炭治郎と嘴平くんの四人は放課後に集まっては文化祭の打合せを毎日していた。 今日は一年生の二人が掃除当番らしく来るのが遅いこと、そしてクラスでポッキーゲームが流行っていたと言うことで、二人を待っている時間に私達二人でポッキーゲームをして遊んでいた。 クラスでの流行っぷりを見て、購買でしっかりポッキーを買っている辺り、アオイったら抜け目ないよね。 女の子二人でしてもそこまでドキドキはしない。 と言うか相手がアオイだもんね。 もし万一のことがあっても全然嫌じゃないので大丈夫。 唇がチョコ色してるわよ」 「もぉ……アオイが何度もやろうって言うからじゃない」 「フフッ!いいじゃない。 もう一本やりましょう」 「何回繰り返すのよ……」 「カナヲ!アオイさん!お待たせ~!」 「ハッハッハ!待たせたなぁ子分ども!……って、お前らなにやってるんだ?」 その時、遅れていた炭治郎と嘴平くんが空き教室にやってきた。 新たなポッキーを口にくわえていた私とアオイはそのままの状態で二人の方を振り返る。 「ポッキーゲームよ」 「ポッキーゲーム?」 「そうよ。 知らないの?って言うか男子はこの手のやつ知らないのかしら」 「んだよ、俺はそんなもの知らねぇぞ。 説明しやがれ」 「やれやれ……説明も何も、こうして二人でポッキーを口にくわえて、そして左右から少しずつ食べ進んでいくだけの遊びよ」 「なるほど、面白そうじゃねぇか。 よし、アオイ!お前ポッキーくわえてろ」 「わ、私?!ちょっと、私とやるの?」 「いいから早くしやがれ!」 「も、もぉ……強引なんだから……」 アオイが「仕方ないなぁ」と言う感じで新しいポッキーを口にくわえて、そして嘴平くんの方を振り向く。 すると、 「いよっしゃあ~行くぜ!」 「えっ?!ちょっ、ちょっと……!」 嘴平くんは、アオイが口にくわえていない方のポッキーをくわえると、カリカリポリポリとすごい勢いで食べ進め始めた。 アオイは唇を手で押さえながらワナワナと震えている。 「ん?どうした?」 「ど、どうしたじゃないでしょうが!」 「うん?あぁ、お前の唇も、ポッキーみたいな味がして美味かったぞ!」 「……!!」 嘴平くんは「美味かったぞ!」なんて言いながら満面の笑みを見せた。 その笑顔は同性の炭治郎すらもドキッとしてしまうような眩しい笑顔だった。 そしてそんな笑顔を見たアオイの顔は一気に真っ赤になる。 「こ、こら~~~~!」 「お、おい、なんで怒るんだよ」 「そんなの、自分で考えなさい!」 「おい!なんだよ、先に食べ終えた方が勝ちってゲームじゃねぇのか?!」 「なんでも速さで解決しようと思うな~~!!」 嘴平くんをすごい勢いで追い回すアオイ。 ……結局、二人はそのまま教室から出て行ってしまった。 「あ、アハハ……二人とも、出ていっちゃったな」 「う、うん……」 「どうする……?」 「えっ?」 「その……俺たちも、するか?」 「えっ……」 炭治郎は、アオイが座っていた席に置いてあったポッキーの箱から一本取り出した。 それはあくまで、一年生男子の二人を待っていただけだった。 ただの軽い気持ちでの時間つぶしのつもりだった。 それなのに、今では私と炭治郎が向かい合って。 炭治郎が口にポッキーをくわえて、笑顔で私の方を見つめている。 ず、ずるい、こういうのって普通男の子の方から食べ進めてくるものじゃないの?ってそういう問題でもないけれど…… 「さぁ、やろうか」 「ん……」 観念した私は、ポッキーの反対側を口に含んだ。 私が口に含んだ方はチョコの方なので、甘い味が舌に伝わってくる。 でも今の私にはそんな甘さを感じる余裕はなく、ただただ目の前に炭治郎がいる、このポッキー一本で繋がれている……その事実がただただ照れくさい。 少しずつ。 少しずつ、左右から長さを失っていくポッキー。 それに伴って、徐々に近づいていく私と炭治郎がの距離。 (うぅ……恥ずかしい……私、目が良いから炭治郎の顔がよく見えちゃって余計に緊張しちゃう……炭治郎の目、綺麗な色してるな……って、今はそんなことを気にしている場合じゃなくって……!) 元々十数センチしかないポッキーの長さ。 それが今では、既に十センチも残っていない。 もうすぐで五センチ程になってしまう。 (そ、それってもう……こ、このままじゃあ私と炭治郎の唇が……む、無理……っ!) (……?!) あまりの近さと恥ずかしさに耐えられなくなった私は、ポッキーから口を離……そうとした所で、炭が私の両肩に手を置いて、私の身体が逃げないように押さえてくる。 「カナヲ。 恥ずかしいか……?」 「(?!……こく)」 「……だよな。 正直、俺だってめちゃくちゃ恥ずかしい」 「(あっ……)」 ドキドキしすぎて、余裕が無さ過ぎて全然気づいていなかった。 いつの間にか炭治郎の顔も真っ赤になっていた。 炭治郎も、恥ずかしいんだ。 私と同じで照れているんだ……そう思うと少しだけ安心してしまう。 「このまま進んだら……カナヲは、嫌か?」 「えっ……」 「俺は……俺は、このまま進みたい。 カナヲとなら、進みたい。 カナヲさえ嫌じゃなければ」 「私、さえ……?」 「あぁ。 勿論、無理なら口を離してくれて構わない。 どうかな……カナヲの、心のままに……!」 「!」 ずるい。 炭治郎、ずるいよ。 鬼殺隊時代、私に告げてくれたその言葉。 その言葉は私の生き方に大きな影響を与えてくれた。 そして、炭治郎への想いにも気づかせてくれた、とっても大事な言葉。 そんな言葉を言われて、私が断れるわけないじゃない…… 「……!」 「おっ」 「……」 「カナヲ、いいんだな」 「(……こく)」 いいんだな、じゃないよ。 ずるいよ。 この距離であの言葉を出されて私が断れるわけない。 でも……炭治郎のそんな所が、大好きだったりするんだけど。 炭治郎……私、炭治郎となら……いいよ。 心のままに。 そう心に決めた私は、残り五センチ程になっていたポッキーを食べ進めるのを少しずつ再開した。 そして、そんな私の様子を見て炭治郎もまた食べ進める。 あっという間に残りのポッキーは長さを失っていく。 (キス、してしまった) 男の子との、キス。 炭治郎の唇の感触。 アオイとは何度やっても(どうせ本気で最後まではやらないだろう)と途中で終わってしまっていたこのポッキーゲームを、あろうことか炭治郎とは一回目で最後まで……キスをするまで、続けてしまった。 (……) と言うか、キスって、ど、どうしたらいいの? いま、唇がくっついている時間はほんの数秒なのかもしれないけれど、私には物凄く長い間くっついているような、そんな感覚を感じていた。 「……ぷはっ」 「……っ」 そして、唇が離れた。 本当に、数秒とも数分とも感じられた時間だった。 「へへ……キス、しちゃったな」 「う、うん……」 「カナヲとキス、出来て嬉しかった」 「うん……私も……」 「ほ、ホントか?」 「う、うん。 ホント、だよ……」 「そ、そうか……」 お互いに「嬉しかった」と伝えあい、お互いに顔を真っ赤にして、そしてお互いに黙り込んでしまう。 うぅ、なんなの、なんなのこの気まずさは……?は、恥ずかしすぎるんだけど……!で、でも、ポッキーゲームの最中に「無理!」って逃げなくって良かったと思う。 心のままに、私のしたいようにすることが出来て、本当に良かったと思う。 それに炭治郎が喜んでくれているの、私も嬉しいんだもの……! 「あっ?」 「うん?」 炭治郎が私の顔を見て声を上げた。 炭治郎が再度私に顔を近づけてきたと思ったら、なんと私の唇の一部にそっとまたキスをしてきた。 「な……な……」 「へへっ。 チョコついてたぜ」 「?!ちょ、チョコ?!」 「あぁ。 カナヲ、俺とする前にもアオイさんとやってただろ?それに、カナヲはチョコのある方から食べ始めたから、溶けたチョコが口についちゃってたみたいだ」 「だ、だからって……」 「いやぁ、口で言うのもよかったんだけどさ、キスをした流れでつい……なんてな」 「……!」 「えっ!あ、お、おい!カナヲ!」 「む、無理ぃ~~~!」 さすがにもう無理。 恥ずかしさの限界を超えてしまった。 ポッキーゲームの時はまだ、途中で「心のままに」なんて背中を押してくれたからなんとかなったけれど、こんな風に不意打ちで、しかもキスをした直後にされたのでは私の心臓はいくつあっても足りない。 って言うか、そうでなくてもポッキーゲームの直後でこれ以上ないぐらいにドキドキして、そして少しずつ落ち着きを取り戻そうとしていた所だったのに、こんな不意打ち……こんな、不意打ち……! 私は恥ずかしさのあまり空き教室から逃げ出してしまった。 「おい、待ってくれよ、カナヲ!」 「無理、無理~!」 「カ、カナヲォ~!」 「無理ぃ~!」 ……結局、この日の文化祭実行委員会の打合せは中止になってしまった。 だけどその後、文化祭が終わった後でも時々、私の靴箱にはポッキーの袋が入れられていることがあった。 その時には必ず空き教室に集まって、そして二人だけの放課後のゲームをすることになった……と言うのは、私達二人だけの秘密なのでした。 おわり。 (早く付き合った方がいいんじゃないか!!!!!).

次の

#炭カナ #キメツ学園 誰にも、渡さない。

炭 カナ

「よーし!! 泳ぐぜ!泳ぐぜ!猪突猛進!!!」 「伊之助!走ると危ないぞ!」 「伊之助は元気だなぁ~」 今日は善逸、伊之助、カナヲ、アオイさん、禰豆子と一緒にプールに遊びに来た。 先週突然伊之助が、「海で泳ぐぞ!! 」なんて言い出した。 冬に海では泳げないよ、と俺達は行ったのだが伊之助は聞く耳を持たなかった。 そして善逸の提案で、みんなで温水プールに行って泳ごうということになった。 「お兄ちゃん達~、お待たせ~」 女子も着替えが終わったようだ。 「ね、ね、禰豆子ちゃ~~ん!!!めちゃくちゃ可愛いよぉぉ!!!何これ!天使!?天使だよね!?結婚してくれぇぇぇぇぇぇ!!!」 相変わらず善逸は…………。 確かに禰豆子は可愛いが。 「た……炭治郎……」 「……!!」 善逸に呆れている間に、カナヲが俺の目の前にいた。 ……えっ、ちょっと待って、水着姿のカナヲが可愛すぎる……。 「姉さん達と一緒に選んだんだけど……。 そ、その……変じゃないかな……?」 う、上目遣い……!!いやいや、変なわけがない。 カナヲはピンクを基調とした花柄の水着を着ていた。 ……これは…ビキニというやつか…。 「……可愛い……」 心の声が漏れたような、そんな声が出た。 「……っ!! 」 「う、うん!! その、す、すっごい似合ってるよ!」 「……ありがと、炭治郎」 カナヲと付き合い出したのは、つい最近のこと。 未だ恋人の雰囲気ドギマギしてしまう。 「あー、はいはい、いちゃつくならよそでやってくださーい。 」 気が付くと、俺達はみんなに見られていた。 俺達二人は揃って顔を真っ赤にした。 「お!なんだあれは?!なぁ!あのグルグル巻きのやつ!! 」 「走ると危ないですよ!あれはウォータースライダーです!」 「面白そうだな!! 行くぞ!アカイ!」 「アオイです!だから走ると危ないって行ったでしょ!」 伊之助とアオイさんはウォータースライダーの方へ行った。 俺達も泳ごうかとカナヲ達に話しかけようとすると、ある視線を感じた。 「なぁなぁ、あの子、可愛くね?」 「ほんとだ。 髪長い子も可愛いな。 」 「俺は蝶型の髪飾りをしてる子がタイプだ。 」 ……なるほど。 カナヲへの視線か。 確かにカナヲは可愛いが、自分の彼女が他の男にジロジロ見られてて平気な男はいるだろうか。 少なくとも俺はムリだ。 「……カナヲ、これを着ててくれ。 」 俺は自分が着ていたパーカーをカナヲに着るように促した。 カナヲがどうして?というので、 「……俺以外の男にカナヲの肌を見せたくない。 」 自分でもびっくりするほど低い声が出た。 カナヲは赤くなりつつ、俺のパーカーを着てくれた。 華奢なカナヲに俺のパーカーはブカブカだが、それはそれで可愛いと思ってしまう自分がいた。 それから俺達はプールで泳いだり、他愛もない話をしたりした。 善逸と禰豆子もいつの間にかどこかへいってしまったらしく、伊之助とアオイさん、禰豆子と善逸、俺とカナヲという構図になっていた。 「炭治郎、髪をまとめたいからヘアゴムとってくるね」 「分かった、ここで待ってる。 」 「あれぇ、炭治郎、カナヲちゃんは?」 「更衣室に戻ってるはずだけど……。 それにしては遅いかもな……」 「気を付けろよ、炭治郎。 カナヲちゃん、絶対ナンパとかされやすいだろうから。 」 ……どうしよう、炭治郎を待たせてるのに……。 でも、困ってる人をほっとくわけにはいかないよね……。 「連れはいますが……。 」 「ええー!君みたいな可愛い子を放置するなんて信じられないなあ!どうせなら、俺と遊ばない??」 何なのだろう、この人。 早く炭治郎のところに戻りたいのに……。 「何も言わないなら、OKっことでいいよね?さ、行こう」 突然腕をとられ、私は反抗した。 しかし、相手も予想以上に力が強く、ふりきれなかった。 炭治郎、助けて!! そう思った瞬間、拘束されていた腕が解かれ、優しく、抱き締められてした。 「すみません、彼女は俺の彼女なので、他をあたって下さい。 」 炭治郎だ……。 助けてくれた。 「なんなんだよ、お前。 こんな可愛い子の彼氏にしては地味なやつだなぁ~!」 「彼女と俺が釣り合って見えないというのは重々承知です。 だからといってあんたみたいな人に渡せるほど、俺の想いは軽くないんで。 」 そう言って、私のことを力を込めて抱き締めてくれた。 一見、いつもと同じような笑顔のようにも見えたが、なんだか…圧があるような……。 そのせいか、私に話しかけてきた男は舌打ちしつつ去っていった。 -ありがとう、炭治郎 そう言おうとしたが、私の唇は彼のそれによって塞がれていた。 「……カナヲは可愛いし美人なんだから気をつけないとダメだよ。 」 「ご、ごめんね、炭治郎に迷惑かけちゃった……」 「迷惑じゃないよ。 ただ……今みたいなナンパには気をつけてほしいだけだよ。 」 「……ナンパ??」 私が首をかしげると、炭治郎は困った顔をしながら「無防備なんだよなぁ、そこが可愛くもあるけど……」とボソボソと独り言のように呟いた。 「……ま、俺は譲る気ないけど……」 炭治郎が言いたいことがいまいちよく分からないが、一つ確かなことがある。 「炭治郎以外の人に興味ないよ。 ……私が好きなのは炭治郎だけだから……。 」 炭治郎は一瞬あっけにとられたように顔をしたが、すぐ、 「ありがと、カナヲ。 俺も大好きだよ。 」 と言って、抱き締めてくれた。 そのことが嬉しくて嬉しくて、私は、炭治郎が私に着せたパーカーのチャックを下ろしだしたことに気がつかなかった。 「……!!えっ?炭治郎??」 「ん~、どうした、カナヲ?」 炭治郎は聞く耳を持たず、私の首筋に吸い付いた。 」 「俺以外の男が寄ってこないように、おまじない。 」 私を見つめるその瞳は、熱く燃えるような、紛れもない、男の瞳だった。 みんなで思う存分遊んだ帰り道、俺の親友・炭治郎とその彼女・カナヲちゃんはお互いを見つめ合いながら手を繋いで歩いていた。 当然のごとく、恋人繋ぎ。 どうやら俺が言った通り、カナヲちゃんはナンパされていたようだ。 ナンパ男は撃破したようだが、カナヲちゃんは今までに見たことないほど顔を赤くしており、炭治郎は怖いほどニコニコしていた。 ……炭治郎、お前何したんだ……。 ほんととんでもねぇやつだよ。 ……というか、炭治郎達もだけど…… 伊之助ぇぇ!お前もか!! 伊之助とアオイちゃんは実際には付き合ってないらしいが、端から見ればもはや夫婦だ。 今だって腹減ったと言っている伊之助にアオイちゃんがお菓子を食べさせてあげている。 みんな幸せそうでいいですねぇぇぇ!!! 「……善逸さん」 「ど、どうしたのぉ??禰豆子ちゃ~ん!」 「送ってくれませんか?」 「えっ?でも炭治郎がいるよねぇ?」 「……お兄ちゃん、カナヲさん以外見えてなさそうですよ。 多分、カナヲさんの家まで送るんだと思います。 」 「……あ、ほんとだ。 俺が責任持って禰豆子ちゃんをお家まで送るからねぇぇぇ!」 あー、やっぱりこの子は天使だわぁ…。 ……俺の気持ちも、いつか本気で禰豆子ちゃんの心に届くといいな……。 そんな事を思っていた俺は、禰豆子ちゃんのはにかむような微笑みを見逃していた。

次の

炭カナスレ付き合っちゃいなよ

炭 カナ

イラスト 4• 漫画 24• イラスト 8• 漫画 34• 漫画 10• 漫画 25• イラスト 42• 漫画 35• イラスト 39• 漫画 52• イラスト 13• 漫画 10• イラスト 9• イラスト• イラスト 8• イラスト 14• イラスト 3• 漫画 16• 漫画 13• 漫画 7• 漫画 13• イラスト 2• イラスト• イラスト 33• 漫画 18• イラスト 8• イラスト 2• イラスト 7• イラスト• イラスト 11• イラスト 24• イラスト 43• 漫画 10• 漫画 16• 漫画 12• 漫画 20• イラスト 21• 漫画 19• 漫画 20• 漫画 20• 漫画 20• イラスト 62• イラスト 9• イラスト 48• 漫画 49• 漫画 20• イラスト 11• イラスト• イラスト 51• 漫画 6• 漫画 2• 漫画 17•

次の