餃子 の 皮 余り。 餃子以外でも大活躍!余った餃子の皮を活用したアレンジレシピ8選

餃子以外でも大活躍!余った餃子の皮を活用したアレンジレシピ8選

餃子 の 皮 余り

お弁当の一品に「餃子の皮のウィンナー巻き」 ウィンナーを餃子の皮でクルッと巻いて焼くだけのレシピ。 一緒にチーズとピザソースを巻いているので小さなお子さんも喜んでくれる味になっています。 所要時間も5分ほどでできてしまうので、お弁当にあと一品欲しいなという時にも便利ですよ。 こちらのレシピではえのきを使っていますが、他のきのこや野菜などにアレンジしても良さそうですね。 あっという間にできてしまうので朝食にもオススメのレシピです。 残りカレーを使って「餃子の皮でラザニア風」 なんと余った餃子の皮とカレーの残りを使ってラザニアができてしまうんです! 作り方も耐熱皿にホワイトソースとカレー、餃子の皮を順番に重ねてオーブンで焼くだけなのでとっても簡単。 ちょっとひと手間掛けたい方はホワイトソースを手作りしてみてもいいかもしれませんね。 甘いきな粉と餃子の皮だなんて驚きの組み合わせですが、もちもちした食感の美味しい和スイーツに仕上がっています。 さっと作れるので晩酌のお供にも。 具材やソースを変えるだけでアレンジ可能なので、色々挑戦してみるのも楽しいですね。 肉食べてる〜って感じです。 片っぽ食べかけ。 残りものの強力粉を使った活用方法やおすすめレシピを紹介しています。

次の

冷凍保存が便利!余った「餃子の皮」の正しい保存方法と解凍の仕方

餃子 の 皮 余り

スーパーなどに行くと、春巻きの皮とともにお肉コーナーの隅に並べられていることが多い餃子の皮。 数十枚単位で売られていることがほとんどなため、自宅で餃子の皮を使った際、中途半端に余ってしまうことってありますよね。 そのうち何かに使えるかなと、そのまま冷蔵庫で保存していたら、あっという間に皮の端の部分が乾燥してしまって使い物にならなくなり、結局次回餃子を作る際に新しく購入してまた少し余らせて……の繰り返し。 ですが、余った餃子の皮は冷凍保存できることをご存じでしたか。 すぐに使う予定がない場合はとりあえず冷凍で保存しておきましょう。 そうすれば、その都度餃子の皮を購入する必要がなく、また急に何かひと品作りたくなった場合も使えるのでおすすめです。 それでは、次に餃子の皮の冷凍保存方法をご紹介いたします。 餃子の皮の間にラップかクッキングシートを1枚ずつ挟みます。 未開封のもの、開封済のもの含めてそのまま袋ごと冷凍庫へ入れるという方法もありますが、1枚ずつ分けておいた方が解凍した際にくっつきにくく、料理をする際も使いたい分だけサッと使えるのでおすすめです。 ジップ付きの保存用袋に入れます。 保存袋ごと冷凍庫へ入れます。 このとき、ほかの冷凍品同様に、なるべく袋の中の空気を抜くように注意しましょう。 また、霜がつくと解凍時のべたつきの原因にもなりますので注意してくださいね。 1枚ずつラップかクッキングシートを挟むという手間があるものの、このように保存しておけば、いざ餃子の皮を使おうというときに使いたい分だけ使えるのでとても便利です。 その都度スーパーで購入しなくてもよいため、経済的にもよいですよね。 そんな冷凍保存した餃子の皮ですが、どれぐらい日持ちするのでしょうか。 冷凍保存しておいた餃子の皮を解凍する際は、 冷蔵庫に移して自然解凍させましょう。 前日のうちに冷凍庫から冷蔵庫へと移動させておけば余裕を持って解凍できるのでおすすめです。 室温での解凍もできますが、生地が水っぽくなりやすく、せっかくのお料理の味を台無しにしてしまう可能性がありますので、やはり冷蔵庫での自然解凍がよいでしょう。 間違っても電子レンジで解凍しないよう注意してくださいね。 餃子の皮に必要な水分まで抜けてしまい、風味が損なわれてしまいます。 急激な温度変化による解凍方法は、餃子の皮の劣化を招きます。 水っぽくなり、食べたときにべちゃっとした食感になってしまいますので、なるべく緩やかに解凍するようにしましょう。 うっかり前日のうちに冷蔵庫へ移すのを忘れてしまい、すぐに使いたいけれどまだ凍っている!という場合は1枚ずつ手のひらで温めると使いやすくなるようですので、試してみてくださいね。

次の

余った餃子の皮のアレンジレシピ5選(お弁当・おかず等)

餃子 の 皮 余り

スーパーなどに行くと、春巻きの皮とともにお肉コーナーの隅に並べられていることが多い餃子の皮。 数十枚単位で売られていることがほとんどなため、自宅で餃子の皮を使った際、中途半端に余ってしまうことってありますよね。 そのうち何かに使えるかなと、そのまま冷蔵庫で保存していたら、あっという間に皮の端の部分が乾燥してしまって使い物にならなくなり、結局次回餃子を作る際に新しく購入してまた少し余らせて……の繰り返し。 ですが、余った餃子の皮は冷凍保存できることをご存じでしたか。 すぐに使う予定がない場合はとりあえず冷凍で保存しておきましょう。 そうすれば、その都度餃子の皮を購入する必要がなく、また急に何かひと品作りたくなった場合も使えるのでおすすめです。 それでは、次に餃子の皮の冷凍保存方法をご紹介いたします。 餃子の皮の間にラップかクッキングシートを1枚ずつ挟みます。 未開封のもの、開封済のもの含めてそのまま袋ごと冷凍庫へ入れるという方法もありますが、1枚ずつ分けておいた方が解凍した際にくっつきにくく、料理をする際も使いたい分だけサッと使えるのでおすすめです。 ジップ付きの保存用袋に入れます。 保存袋ごと冷凍庫へ入れます。 このとき、ほかの冷凍品同様に、なるべく袋の中の空気を抜くように注意しましょう。 また、霜がつくと解凍時のべたつきの原因にもなりますので注意してくださいね。 1枚ずつラップかクッキングシートを挟むという手間があるものの、このように保存しておけば、いざ餃子の皮を使おうというときに使いたい分だけ使えるのでとても便利です。 その都度スーパーで購入しなくてもよいため、経済的にもよいですよね。 そんな冷凍保存した餃子の皮ですが、どれぐらい日持ちするのでしょうか。 冷凍保存しておいた餃子の皮を解凍する際は、 冷蔵庫に移して自然解凍させましょう。 前日のうちに冷凍庫から冷蔵庫へと移動させておけば余裕を持って解凍できるのでおすすめです。 室温での解凍もできますが、生地が水っぽくなりやすく、せっかくのお料理の味を台無しにしてしまう可能性がありますので、やはり冷蔵庫での自然解凍がよいでしょう。 間違っても電子レンジで解凍しないよう注意してくださいね。 餃子の皮に必要な水分まで抜けてしまい、風味が損なわれてしまいます。 急激な温度変化による解凍方法は、餃子の皮の劣化を招きます。 水っぽくなり、食べたときにべちゃっとした食感になってしまいますので、なるべく緩やかに解凍するようにしましょう。 うっかり前日のうちに冷蔵庫へ移すのを忘れてしまい、すぐに使いたいけれどまだ凍っている!という場合は1枚ずつ手のひらで温めると使いやすくなるようですので、試してみてくださいね。

次の