爬虫類 ラック 自作。 リクガメ ケージ 自作(手作り)&設計図を紹介!!

カメの浮島(陸地)を100圴で自作してみた※90cm×45cm水槽の場合 │ はちゅうるいまにあ

爬虫類 ラック 自作

17時までの注文で即日出荷! ほとんどの地域が翌日到着! 通販販売価格は常に最安値に合わせ変動しております!お気づきの点があればお電話でご一報下さい。 宅急便100サイズ以内は送料540円から! 小さいものはDM便 メール便 OK 全国一律167円• アルミフレームのラックに飼育ケースが3個入った、アクリル飼育ケースです。 積み重ね可能で、にも積み重ねが可能です。 --下記メーカー表記引用-- 小型の生体飼育や飼育用具なども使い方いろいろ、用途に合わせて使用できます。 底面・側面はブラック色で中は見えません。 アクリルメッシュフタ採用 自由に組み合わせて、お楽しみいただけます! タフタンク603036にもかさねられる! 2WAY仕様 フタ 1タフラックに取り付ける 2タフケースに直接取り付ける タフラックの特長 フタに耐久度を向上させる補強バーを採用 アクリルケース タフケース の耐久度を向上させる、コーナー補強構造 メンテナンスに便利なコーナーカット構造 フタをしっかり固定する、スプリングロック構造 別売 採用 ・実績のあるの特注仕様! 日本製で安心! ヒーターコード用クリップ付 タフヒーターを取付可能なレール構造 ご利用案内 不明な点及びお問い合わせは、お電話で受け付けております。 TEL : 0294-36-7763 初期不良について 飼育用品等生体以外の商品に不都合及び初期不良がございました場合、誠に恐縮ですが 基本的にメーカー対応となりますので予めご了承頂ければ幸いです。 その際は合わせて当店にお電話を頂ければ、念のためクレームを兼ねて購入履歴などの説明をメーカーに連絡させて頂きますので、ご理解頂ければ幸いです。 飼育用品・ガラス製品の破損到着について ご注文頂きました飼育用品等が破損して到着した場合には、誠にご迷惑をおかけいたしますが、当店に破損到着のご連絡を頂いたのち 現実は直接運送会社にご連絡いただいた方が早いです。 に、運送会社のドライバーがお客様宅にうかがい破損商品の回収及び破損の確認をさせて頂く運びとなります事を予めご理解頂ければ幸いです。 商品破損の確認が取れ次第、同じ商品を至急発送させて頂きたいと思いますが、ごくまれに同じ商品の在庫がない場合もございますので、その際は発送までに多少日数がかかってしまいますことを、ご了承下さい。 お支払方法 当店では、銀行振込決済(先払い)、代金引換決済(商品到着時にお払い)、クレジットカード決済(先払)、がご利用可能です。 支払い方法及び商品の種類によっては 手数料等がかかる場合がございますのでカート内の 合計金額をご確認下さい。 代金引き換え額 宅急便 ヤマト運輸 のみが使用可能です。 クロネコDM便 メール便 ・ヤマト便は代金引換を使用することができません。 カード番号は暗号化及びトークン接続により安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 営業時間について 出荷は年中無休です ネットでのご注文は24時間受け付けております。 店舗の営業時間は11:00~22:00です。 お電話でのお問合せは上記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日以降となりますので、ご了承ください。 配送業者に変更がございましても カートに表示された送料以上の料金はかかりません。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)が17時までに確認ができましたらば即日出荷をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は電話及びメールでご連絡させて頂きます。 ・クロネコDM便 メール便 にも対応しております。 紛失補償なし・クレジット決済か銀行、郵便振込で合計(2cm)までのご注文に限ります)ポストに入るサイズ(厚さ2cmまで)までで銀行振込、郵便振替、クレジットカード払いにしていただけるお客様に限ります。 代金引換はできません。 配達はポストインになり、 クロネコDM便 メール便 は商品の到着補償はありません。 また日時指定などはできませんのでご了承ください。 【クロネコDM便】 メール便 A4サイズの封筒に入いる程度の梱包まで。 ポスト投函のため保証なし 本・温度計・小さなパネルヒーター等。 【宅急便】 120サイズ以上 クール便手数料 220円税込 梱包サイズ合計が三辺計100cm~160cmまで。 120サイズ以上は2個口になっても1個口以上の送料は頂きません。 グラステラリウム6045以下・パンテオン9045以下はこの宅急便120サイズ以上の料金で送れます。 【ヤマト便】 宅急便で送れない 大型商品 梱包サイズ合計が三辺計160cm~200cmまで。 大型ケージ・大量注文等 グラステラリウム6060以上・WP660以上等、ごく一部の大型ケージはヤマト便になります。 到着日時は指定不可です。 都道府県 クロネコ DM便 宅急便 100サイズ以内 宅急便 120~160サイズ ヤマト便 北海道 167円 1,130円 1,370円 2,850円 青森 秋田 岩手 660円 1,040円 2,432円 宮城 山形 福島 540円 930円 2,508円 東京 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川 山梨 540円 930円 2,432円 新潟 長野 540円 930円 2,432円 富山 石川 福井 540円 930円 2,542円 静岡 愛知 三重 岐阜 540円 930円 2,608円 大阪 京都 滋賀 奈良 和歌山 兵庫 540円 1,040円 2,652円 岡山 広島 山口 鳥取 島根 847円 1,150円 2,872円 香川 徳島 愛媛 高知 847円 1,150円 2,641円 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 1,010円 1,370円 3,048円 沖縄 2,481円 3,200円 4,858円 返品・交換について 注文キャンセル及び返品は受け付けることが出来ませんのでご了承下さい。

次の

メタルラック収納アイデアBEST8 コンテスト結果発表

爬虫類 ラック 自作

自作ケージ1 1ページ このページでは幅82cm奥行き48. 8cm高さ39cmの自作ケージを作ります。 だって私でも作れたぐらいですから。 ただし、正直に言うと実際に製作したのは今から半年以上前です。 しかも、元々は仲間がweb上で見つけて作った物を、更にパクっ・・・インスパイアしたケージです。 これを書きながら脳の記憶領域をフル活動させて必死に思い出しています。 ですから簡単に出来てしまった工程は忘れている可能性もあります。 そこはアレです、同じものを先に作った我らのムードメーカー『』に聞いて下さい。 私より数倍、いや数十倍の記憶力をお持ちですから。 『困った時は !』さぁ皆さん声を出して!『困った時は!』ハイ、もう覚えましたね。 それでは私が覚えている範囲で製作手順を解説します。 木材にも種類があります。 安価なベニアやコンパネ等、お財布に優しい木材もありますが、爬虫類に優しいかというと一概にそうとは言えません。 理由は多々ありますが、良く言われる事が『湿度調節機能が低い』という点です。 これは合板と呼ばれる材質の特徴ですが、薄い板や小さな木材の破片を固めて製造しています。 その為どうしても水に弱い特性が出ます。 なのでベニアを使っても木材に期待する『湿度の調整』が機能しないのです。 そこで登場するのがSPF材です。 これは『スゲー!・パーフェクトな・雰囲気』の略です。 ウソです。 本当はSpruce、Pine、Firの頭文字です。 意味は『とど松、かど松、じゅうしまつ』です。 意外としつこいです。 正しくは北米産針葉樹のえぞ松、松、もみの木が正解です。 この木材はツーバイーフォー工法やお庭のウッドデッキに使われる種類です。 そしてこれらの知識は全て、たった今ネットで調べてきたばかりの受け売りです。 ですから、とりあえずSPF材を使えば問題は全て解決です。 なんせ安いですから。 木材加工と書きましたが、要するに『切断』です。 これは自宅に電動ジグソーが有り、かつ直線に切る自信が有る方は読み飛ばして下さい。 どちらも無い無い尽くしの方は、素直に木材を購入した店で『私は負け犬ですので切断加工して下さい』と頼みましょう。 どの店も加工料金は1カット20円〜50円程です。 良心的な店は同じ長さの板を何枚も切る時に、板を重ねて1度に切断してくれます。 どうしても自分で切りたい方は『ソーガイド』を買いましょう。 手引きノコでプロ並みの切断が出来ます。 だいたい3000円以内です。 最近は安価な電動ジグソーも揃ってますので、完成後のケージを改良したい方は思い切って買うのも良い選択です。 そろそろ長い前置きに飽きてきた頃ですね。 本当は上記以外にも『自作の心得』や『木材と友達になろう』等の解説をしようかと思いましたが、嫌われるのでやめます。 この先は写真を用意出来た物は写真付きで説明します。 B材とは、細かく削った木材を接着して形成した物です。 形成時の木材にもよりますが、収縮が少なく高温多湿な環境にも強いです。 アルミ製よりプラ製の方が便利です。 レール幅は片側3mm、上下でレールの 深さが違います。 気をつけて下さい。 150本入りの徳用パック等で足ります。 レプロ1945と比べますと横幅が8cm足りませんが、ほぼ同等のサイズに仕上がります。 『高さも足んねーじゃん バカ!』と思われるかもしれませんが、製作手順の最後に解決策を書きます。 どうでしょうか?なんだか自分にも作れる気がして来ませんか? 難しい工程は『正確なサイズにカット』だけです。 これをDIY店にお願いすれば、後は板と板をネジで締めるだけで完成。 ネジ締めする腕力に自信が無い方でも、ドンキーで充電式ドリルを買えば鼻歌まじりで出来ちゃいます。 なによりも完成後の満足感はお金じゃ買えない価値があります。 次のページからは、いよいよお待ちかねの組み立て作業です。 心の準備は整いましたか? トイレは今のうち行っておきましょう! ハイそこ!おしゃべりしない! 夕飯の買い物がまだの方は先に済ませて下さいね。 では行きましょう!へ!.

次の

【なべKUWA】飼育部屋の紹介(自作温室作成手順など記載)

爬虫類 ラック 自作

温室を自作するのに便利な100均アイテム 100均のアイテムで温室が作れるのですが、工具なども全て100均でそろえることができます。 ここでは、おすすめの工具やアイテムなどを4つ、以下の通りにまとめました。 のこぎり• ドライバー• ニス では、ひとつひとつ詳しくみていきましょう。 そのため、 温室を自作する際にはのこぎりが絶対に必要になりますので、ぜひ覚えておいてください。 温室自作をする際に100均で木材でできたフレームを購入するかと思いますが、そのときに、ついでに100均でのこぎりも購入してしまいましょう。 さすがにのこぎりを自作できる方はいらっしゃらないでしょうから、温室の材料を買うついでに絶対にのこぎりも100均で入手してみてください。 自作で温室を作るのならば、裁断等も自分でやらなければならないのですが、ホットケーキやクッキーのように目分量でやってしまうと大変なことになります。 目分量で裁断すると、組み立てるときに失敗してすき間が空いてしまうこともありますし、仕上がりがもろくなってしまうこともあるのです。 そのため、 自作で作る際には必ず印を付ける必要があり、自作温室に定規はマストアイテムです。 定規は100均で安価な値段で売られていますので、自作温室を作りたいと思ったら、すぐに購入しましょう。 そして、それらの 材料をしっかりととめるためには、ドライバーも必要になりますので、忘れずに100均で購入してください。 ねじを止めるためにはドライバーがとても必要になります。 もし、ドライバーだとやりづらいなと思うようでしたら、100均で電動ねじ回しを購入するのも手です。 ねじを止めるために、ドライバーかねじ回しを100均で探して購入してください。 自作で温室を作ったときに、 最後の決め手となるのがニスで、ニスがないと表面にツヤがなく、チープな印象になってしまいます。 100均で作る自作温室だからといって、妥協をしたくないと思う方は絶対にニスを購入してください。 ニスを塗ることで表面がきれいになり、自作した温室の強度も少し高めることができます。 そのため、最後のひと手間を惜しまず、ぜひ、使用することを念頭に置いて材料を集めるときに、100均で購入してください。 ポリカ温室の自作DIY ポリカ温室を自作したいと思う場合は、こちらの動画がおすすめです。 こちらの動画は、ポリカを普通のホームセンターなどでそろえていますが、ホームセンターではなく、100均でもポリカ売っていますので、ぜひ、探してみてください。 造り方は木材を購入し、まずは土台とします。 その後、土台をしっかり作るためにコンクリートなど入れていて、かなり凝った温室に仕上げています。 ポリカがあれば、このような凝った温室を作ることも可能なのですが、ここまで派手にしたくないな、と考える人もいるかもしれません。 ポリカと木材はそろっても、そこまで秘密基地のようなものはいらないな、と思う方もいるかもしれませんが、その場合、小さい温室を作ることも、もちろん可能です。 100均には、大きめな絵画などを納める額が売っていることがあり、それを使うととても手軽にポリカ温室を作ることができます。 その額を骨組みとして正方形や長方形などお好みの形を作り、そしてそのまま骨組みとすれば良いのです。 そして、四方八方をしっかりとねじで止めて、骨組みをかなり盤石なものにしてください。 そうすることにより、自作温室であっても崩れづらく、もろい温室になるということがありませんので、そのようにしてください。 そして、ネジで止めるときに木材に木工用ボンドを付けることによって、さらに補強されて壊れづらい自作温室に仕上げることができます。 そして、骨組みが完成したらポリカを外側に貼っていく段階に入ってください。 骨組みが完成したら、ポリカを貼って温室の完成です。 ポリカ温室を作ってみたいと思ったら、このように大規模なものを作らなくても、100均にはすのこなどがたくさんあります。 そのため、それらを利用して棚を作り、その棚が収まる程度の小さなものでも良いでしょう。 ポリカ温室は、自分の好きなようにカスタマイズできるので、100均で道具や材料をそろえて、ぜひ、自分だけの自作温室を作ってみてください。 アクリル温室の自作DIY こちらは、アクリル板を使ったアクリル温室を自作した方の投稿です。 インコ用のアクリル温室なので、アクリル板が観音開きになるようになっていて、インコが閉じ込められてもあまりストレスにならないようになっています。 骨組みとなる木材は100均で購入できますので、ぜひ、100均でたくさん購入して、素晴らしいアクリル温室を作ってみてください。 大きなアクリル板はネットで購入したり、ホームセンターで購入したりする必要がありますが、ちょうつがいの部分の部品は100均で購入可能です。 さらに、ちょうつがいの金具以外にも、ねじが必要ですがこちらも100均で購入可能です。 つまり、 アクリル板以外の材料は100均でそろえることができるので、かなり100均DIYとしてはおすすめのひと品となっています。 作り方としては、まず、木材で骨組みを作ります。 木材で骨組みを作ったら、100均で購入できるねじを探してそのネジで木材を止めてください。 こうすることで、骨組みをしっかりと作ることができます。 骨組みをしっかり作ることができたら、次はアクリル板をはめ込むのですが、このとき、ちょうつがいの金具を利用します。 このことによって、観音開きになる自作温室を作ることができるのです。 この自作温室は鳥の飼育のために作られたものですが、観音開きになりますので、いろいろなものを取り出したりすることもできます。 最近は、多肉なども流行っていますので多肉をたくさんしまって、そして、飾ってみる、ディスプレイとしての自作温室にすることができます。 そのため、何かを取り出しやすいディスプレイしやすい自作温室を作りたいと思う人は、この温室がオススメです。 植物などをたくさん置くのにも、とてもおすすめなので100均で購入できる湿度計などを置いて、さらに機能的にすることができます。 100均を隅々まで使うことができれば、かなりすばらしい自作温室を作って楽しむことができますので、おすすめです。 アルミ温室の自作DIY こちらは、アクリル温室のDIYです。 アクリルのパイプをたくさん購入し、組み立ていますので、枠に関してはホームセンターや楽天などで購入することをおすすめします。 アクリルパイプ以外にネジが必要になってきますが、それは100均で購入可能ですので、100均をフル活用しましょう。 100均を活用できる部分は活用し、そしてそれ以外のアイテムは通販等で購入することがおすすめできる組み立て方法です。 まずはアクリルのパイプで骨組みを作りますが、この温室は自作するには少し大きいので大人2人くらいの人が必要なのです。 そのため、組み立てるときには事前に打ち合わせ等をしておくことをおすすめします。 アクリルの骨組みをきれいに組み立てたら、最終的にビニール天板を付けます。 アクリルの骨組みがとても大変な最初の難関部分ですが、そこを乗り越えると、とてもいろいろなことができますので、根気強く組み立てていってください。 ビニール天板もまた、100均では購入できませんが、普通のホームセンター等では売っていますので、ぜひ、購入してみてください。 このタイプの温室は、人が入るときに簡単にできるので、出入りが激しい温室にもとてもおすすめです。 たくさんの苗などを入れ換えるときなどにも、このような温室だったら出入りが楽なのでいちいちビニールをくぐったりしたりせずに、楽に出入りできます。 2人がかりで組み立てるのはとても大変なものですが、そのような不便さを乗り越えると、とても素晴らしい利便性を得ることができます。 ポリカにしたい場合は、アルミ製の骨組みの中でも、わりと骨組みが直線的になっているというものを探し、ポリカがはまりやすいような造りにするのもおすすめです。 そのような作り方にすれば、 ポリカやガラスでも代用ができますのでより強度が素晴らしい自作温室を作ることができます。 木製温室の自作DIY この木製温室は、板をたくさん使い木工ボンドで固定しながらネジでしっかりと固定しながらネジで固定するというものです。 作り方は、まず、電動のこぎりで木材をしっかりと切ってパーツを作っていきます。 そして、木材がきれいにきれたらその後は、しっかりとそのパーツを組み立てていきますが、この自作木製温室はとても小さいので1人でも組み立てることができるでしょう。 1人で組み立ててから、設置までがかなり楽で小さいのでかなりいろいろなアレンジも1人で施すこともできます。 引き出し風にしてありますので、ポリカやガラス窓などといった正面から見るものよりもいろいろなパターンで見ることができる自作温室になっています。 引き出し風のアレンジもとても素晴らしく、 引き出しの取っ手だけならば100均で購入することもありますし、アレンジも利きます。 そして、木材に色を付けたいと思う場合は100均で絵の具を購入し、塗ることもできるので、かなりかわいい自作温室にすることが可能です。 この手のコンパクトな温室は、 とてもいろいろなアレンジが利きますし、100均の場合は絵の具やビジュなどが売っていますので、デコってもかわいいです。 デコったり、自分の好みの色に塗ったりととてもいろいろなアレンジが利き、かなりおしゃれにする方法がありますので、デコレーションに凝る人でもこの方法なら簡単にアレンジが利きます。 デコったりアレンジがとても上手にできる素晴らしい自作温室を作りたいと思ったら、この木製の自作温室を選ぶことが、とてもおすすめです。 サボテン温室の自作DIY こちらは、サボテンなどの室内植物を育てるための自作温室で、ポリカをたくさん使う大規模なものですが、100均で売られているアイテムでも作業が可能です。 サボテンなどの室内植物を育てるための温室なので、 自作することにより自分専用の温室ができますし、ディスプレイにこだわりたい方などにとてもおすすめです。 材料もわりとシンプルなので、まずは100均で骨組みとなる木材を購入するところから始めましょう。 骨組みの木材以外にも、ネジや電動ねじ回し、木工用ボンドなどならば購入可能なので、できる限り100均を利用したDIYが可能です。 ほかの材料は、セメントやポリカがありますが、これらは100均での購入が難しいので、ホームセンターやAmazonなどを上手に利用しましょう。 サボテンなどを育てるためのものなので、ポリカをしっかりと貼ることで、とても保温性の高いタイプのものになっています。 そのため、南国の植物を育てたいと思う方や、冬を越すためにあたたかい場所が欲しいと思う人にはこの自作温室が大変おすすめです。 コンクリートなどを用意するのが難しい場合は、室内における小さな自作温室にするのも良いでしょう。 室内の観葉植物をかこうくらいの小さな自作温室を作るという路線に変更するというのも、気軽にとてもおすすめな選択肢です。 小さな自作温室を作る場合には、自作棚を作るときに必要な100均で買えるすのこを使って、区切りなどを付けると良いかもしれません。 仕切りにすのこを使うことによって、100均DIYらしさが出せますし、観葉植物が好きな人の場合は、このようにしっかりとカテゴリー分けをすることできれいに見せることもできるでしょう。 温室は、大きさによって温まり方も違うので、なるべく100均の材料で作りたいなと思う場合は、小さめなすのこなどを使って、自作するのもおすすめです。 パイプ温室の自作DIY こちらの自作温室は、温室用のビニール袋を使った自作温室です。 自作温室なのですが、100均のアイテムで利用できるのはだいたいネジやネジを締めるのに使うの必要な電動ねじ回しなどなら、そろえることができます。 100均でそろえられるこれらの材料のほかに、パイプと温室用ビニールがいりますので、そちらはホームセンターやAmazonなどでそろえてください。 自宅におけるとても小さなタイプのパイプ自作温室なので、女性1人でも簡単に組み立てられるところがとても魅力的です。 小さめなので、玄関に置いても邪魔にならずとても実用的で、これからの季節、母の日などがありますので、お花をたくさんもらったら自作温室に飾るのも良いでしょう。 作り方ですが、まずは、パイプが垂直になるようにしっかりとネジで留めて、フレームを作ります。 そして、そのあと、小さめのパイプでフレームの中に区切りを入れていき、その区切られた部分に、最終的にネットを被せて、3段温室にします。 そして、最後に上からビニールネットを被せれば、ミニ温室の完成です。 小さい温室なので、インテリアが崩れたりもしませんし、ミニ多肉などをたくさん入れても良い温室になります。 100均で購入し、利用できるアイテムがとても少ないのが少し難点ですが、植木鉢などは100均で購入できますので、多肉等を入れる植木などは100均で購入すると良いでしょう。 植木鉢以外にも、すのこを利用すると室内での湿気やカビを防いでくれますので、100均ですのこを購入して、中に付け足すと良いでしょう。 100均で使えるアイテムは、あまりありませんが、だからこそ、工夫のしがいがある自作温室になっています。 爬虫類に適した温室の自作DIY こちらの自作温室は、ウッドシェルフを使ったものになっています。 そのため、ウッドシェルフはホームセンターなどで買うことが必要になりますが、使う ネジや木材などは100均で購入可能なので、ぜひ利用してみてください。 まずは木材で、骨組みを作りますが、このときに、自宅用だということを意識して、わりとコンパクトにまとまるよう、骨組みを作っておきましょう。 骨組みを作り終えたら、次は断熱材を骨組みに上手にはめ込みます。 この動画だと、発泡スチロール型の断熱材を使っていますので、カッターなどを使い上手に木材にはまるよう、カットしていくことが必要です。 そして、自作温室における爬虫類が暮らしやすいように温かな空間を作る働きをする断熱材で囲う工程の終了です。 そのあとは、透明な板を使って爬虫類が中で暮らしている様子がよく見える温室本体を作ります。 爬虫類の温室にはペットヒーターが必要なのでこの工程で床下にペットヒーターを入れることになります。 ペットヒーターを入れた透明な温室を、最初に作った断熱材を入れた温室にはめ込むことで、完成です。 ペットヒーターでしっかりと温まりますが、断熱材が暖かさを温室内に閉じ込めますのでカメレオン等の爬虫類にはとても素晴らしい居心地になります。 ペットショップで購入する温室を使うのも、もちろん間違いではありませんが 自作の場合、大きさを調整できますし、ペットヒーターも自分の好みで選べます。 さらには、費用を浮かせたいと思った場合、100均の材料で代用することにより、とてもたくさんの費用を浮かすこともできるというメリットもあるのです。 自作温室にすると、自分の好きなようにカスタマイズできますし、ほかにもいろいろな部分で細部までこだわることができます。 最近、100均DIYが流行っていますがやはりそのようなメリットがあるからとても流行っているのでしょう。 自分で作った自作温室で爬虫類を飼えば、爬虫類にもより愛着が湧くことでしょう。 蘭などの植物に適した温室の自作DIY こちらは、アクリルでもポリカでもありませんが、よくある温室の一例です。 こちらは全ての材料を100均でそろえることはできませんが、ねじや木材などならば100均で購入が可能です。 材料はパイプにビニール素材、そしてネジや木工ボンドなどで、木材も使用されています。 こちらの動画のクリエイターの話によると、 全ての材料費がなんと3万円で済んだといいいます。 ガラスやポリカを使ったほうが、見栄え的にも良いですし保温性も高くなりますが、お値段が張るというデメリットがあります。 しかし、ビニール素材にすると保温性が劣る一方で、とても安くできますので、耐久性重視や見栄え重視でない限り、コスパが一番良いのがビニールであるといえるでしょう。 コスパ重視だけれど、形はとてもきれいでたくさんの植物を入れることができるので、ディスプレイにはとても向いています。 最近は小さなお家が増えているので、家の裏庭で畑などをする人も多いので、このビニール素材のハウスを少し小さめにしたものを作ってプチトマトなどを栽培するのも良い判断かもしれません。 ビニールハウスは、扱いも楽でポリカやガラスなどと違って、処分するのにも困らないので、コスパや利便性重視の方にも大変おすすめです。 たくさんの作物を育てるのであれば、 大きめのものを利用するのもよし、簡単な家庭菜園であれば、小さなビニールハウスにすることもできます。 これは、いろいろな形に変えやすいビニール素材ハウスならではの利点であるといえるでしょう。 ビニール素材でも、しっかり作れば虫などが付きづらくなりますし、ほかにもいろいろな寒害や病気から植物を守ってくれるます。 アクリル板などは見栄えが良く、強度も強いのが特徴ですがそれが嫌だなと思う人は、このビニール素材の自作温室を検討してみるのも、良いはずです。 アクリル板やポリカよりも安価にできて、そしてアレンジが利くのがこのビニール素材の自作温室のすごさです。

次の