大坂なおみ 動画。 大坂なおみ 心遣いのインタビュー動画の内容が泣ける......

大坂なおみ、サル画像ツイートを弁明 「これ以上の誤解を見たことはない」: J

大坂なおみ 動画

「分かってる日本人もいます」「これからも応援してます」 事の発端となったのは、大坂選手が2020年6月23日に投稿したあるツイート。 その中で大坂選手はカメラから視線を逸らしている2枚の猿の画像を投稿したが、コメントはなにもつづられていなかった。 大坂選手はアメリカの黒人男性暴行死事件による人種差別抗議デモに関連し、ツイッターを通じたびたび自身の考えを表明していたことから、このツイートが一部ネット上で、問題を見て見ぬふりをする日本人を揶揄したものではないかと問題視されていた。 しかし、実はこの猿の画像、海外のネット上で流行しているmeme(ミーム)のひとつ。 memeはネットを通じて広まっていくユーモラスな画像ネタのことで、今回大坂選手が投稿した猿の画像も人種問題に関係なく、アメリカなどで画像を使った大喜利の材料のように使われていた。 指摘を受け、大坂選手は同日深夜に再びツイッターを更新し、この画像について英語で、 「Tweeted this in reference to the covid cases but Japanese twitter thinks I was calling them yellow monkeys. 」(訳:新型コロナウイルスのケースに関連してツイートしたけど、日本のツイッターは私がそれらをイエローモンキーと呼んだと思ったみたい) と言及。 広まったこの認識について、 「I've never seen more misunderstanding in my life. 」(訳:私の人生でこれ以上の誤解を見たことはありません) ときっぱり否定した。 大坂選手のこの投稿に、ツイッターユーザーからは日本語で、 「応援している日本人もいます。 分かってる日本人もいます」 「勘違いしてました。 これからも応援してます」 という声が集まっていた。

次の

日清「大坂なおみ動画」炎上→削除問題の本質

大坂なおみ 動画

6—2、6—4のストレート勝ちで3年連続の3回戦進出を決めた。 1回戦はブズコバ(チェコ)をストレートで破り、史上9人目の連覇へ幸先のいいスタートを切った大坂。 この日も第1セット第2ゲームでいきなりブレーク。 直後の第3ゲームでブレークバックされたが、第5、第7ゲームで立て続けにブレークを奪って6—2で第1セットを先取した。 第2セットは第3ゲームで先にブレークを許したが、第4セットでブレークバック。 第5ゲームでまたしてもブレークされたが、第8ゲームで再びブレークバック。 第10ゲームでブレークを奪い、ストレート勝ちを決めた。 第2セットでは、ラケットを地面に叩きつけ蹴り飛ばすなどイライラする姿を見せた大坂だが「勝てたことが一番良かった。 (前回女王として臨む大会で)他の選手がもっと私に勝ちたいと思い始めている。 それをいい挑戦と受け止めている」とコメント。 大坂は過去4大大会に15回出場しており、3回戦は4勝8敗で最低勝率。 ネットの反応 大坂なおみ ラケット投げたり蹴ったり… なんか不愉快 — 7a31h0 7a31h0 なおみちゃん、命と同じくらい大切なラケットに八つ当たりしてはダメだよ。 いらいらしない。 ガマン、ガマン。 ミスに苛立ちラケットを投げたり蹴ったりする選手はさっさと消えてほしいなぁと思います。 どんな職業でも道具を大事にしない人は好かんです。 — 山元賢明 yamagen1967TWG どんだけ自分のプレーに不満があっても ラケットを蹴るのはさすがにどうだろう。 滝行でもしたら? — MaA太郎 37564PK 大坂なおみって不調になるとラケット叩きつけたり蹴飛ばしたり、見てて不快。 数万円するラケット壊しちゃうわけだからさ。 卓球の伊藤美誠とかも「優勝以外は負け」って何様なのって思う。 五体満足でスポーツ出来てるありがたさを知った方が良い。 いちいち不機嫌になるスポーツ選手がイヤ。 — misa okubo misasakk CM中になにがあった? 大坂なおみキレてラケット投げて蹴りいれるって🎾だから嫌いなんだよ — 或るともこの場合 gCTPQzcRfO2R631 大坂なおみ選手っていっつもイライラしてるな。 これはアスリートとして応援しづらい。 — 🗻7🗻 digitalian1127 大坂なおみの試合見てたけど、相手の緩急やテクニックで翻弄されて、イライラしてた感じ。 ラケット投げる蹴るは良くないけれども、同じプレイヤーとして気持ちは分かる。 フラストレーションはかなり溜まるスポーツなので、我慢の戦いを強いられることが多い。 勿論それを含めて、成長して欲しいかな。 しかし、きょうも苛立ち。 ラケットを叩きつけ蹴る場面も。 こういうメンタルの弱さが気に入らないし、これが勝負で命取りにもなる。 只今、3回戦の対戦相手を決める試合が進行中。 場合によっては、相手が曲者になって大坂3回戦で敗退…なんてことも。 — あっきぃ。

次の

大坂なおみ、サル画像ツイートを弁明 「これ以上の誤解を見たことはない」: J

大坂なおみ 動画

「分かってる日本人もいます」「これからも応援してます」 事の発端となったのは、大坂選手が2020年6月23日に投稿したあるツイート。 その中で大坂選手はカメラから視線を逸らしている2枚の猿の画像を投稿したが、コメントはなにもつづられていなかった。 大坂選手はアメリカの黒人男性暴行死事件による人種差別抗議デモに関連し、ツイッターを通じたびたび自身の考えを表明していたことから、このツイートが一部ネット上で、問題を見て見ぬふりをする日本人を揶揄したものではないかと問題視されていた。 しかし、実はこの猿の画像、海外のネット上で流行しているmeme(ミーム)のひとつ。 memeはネットを通じて広まっていくユーモラスな画像ネタのことで、今回大坂選手が投稿した猿の画像も人種問題に関係なく、アメリカなどで画像を使った大喜利の材料のように使われていた。 指摘を受け、大坂選手は同日深夜に再びツイッターを更新し、この画像について英語で、 「Tweeted this in reference to the covid cases but Japanese twitter thinks I was calling them yellow monkeys. 」(訳:新型コロナウイルスのケースに関連してツイートしたけど、日本のツイッターは私がそれらをイエローモンキーと呼んだと思ったみたい) と言及。 広まったこの認識について、 「I've never seen more misunderstanding in my life. 」(訳:私の人生でこれ以上の誤解を見たことはありません) ときっぱり否定した。 大坂選手のこの投稿に、ツイッターユーザーからは日本語で、 「応援している日本人もいます。 分かってる日本人もいます」 「勘違いしてました。 これからも応援してます」 という声が集まっていた。

次の