うなふじ コロナ。 【公式】鰻う おか冨士

行列できる名古屋「うな富士」、跡継ぎは外食グループ:朝日新聞デジタル

うなふじ コロナ

名古屋市昭和区のウナギ専門店「炭焼 うな富士」を経営してきた水野尚樹さん(73)が4月、後進に道を譲った。 行列の絶えない人気店。 「ウナギに愛情を注げる人にしか店を渡さない」。 職人気質の創業者は、4年かけて後継ぎを決めた。 腹開きにしたウナギを700~800度の炭火で焼くこと20分。 水分がほどよく飛んで表面がパリッとしたら、たれにくぐらせて……。 脂ののった肉厚の5切れを敷き詰めた「上うなぎ丼」(税込み4320円)で知られる。 JRと市営地下鉄の鶴舞駅から徒歩10分ほど。 ピーク時には3時間待つこともある。 名古屋生まれの水野さんは学校卒業後、製粉会社で働いた。 養殖用ウナギ、ハマチの飼料を研究し、開発するのが主な仕事だった。 その合間に養鰻(ようまん)場に足を運び、休日はウナギを食べ歩いた。 店で分けてもらったたれの糖度と塩分濃度を調べ、名古屋で好まれるたれを30歳代で開発。 地元の集まりがあると、ウナギをさばいて串に刺し、かば焼きにして振る舞った。 腕に自信がついて脱サラし、店を開いたのは1995年、50歳の時だった。 夫婦で店を切り盛りしてきたが、妻の春江さん(69)が5年ほど前にひざを痛め、引退を考えた。 3人の子どもは独立しており、「後継候補」にならなかった。 その頃、名古屋市の外食産業「かぶらやグループ」の岡田憲征社長(53)から「ウナギを教えてほしい」と申し入れがあった。 飲食店を幅広く展開する岡田さんは長年、「ウナギも手がけたい」と考えていた。 だが、水野さんは「ずぶの素人を育てるつもりはない」と一蹴した。 ウナギの命を頂いて成り立つ仕事。 お客様に出すまでの全工程を知らなければ、おいしく焼き上げることはできないという信念があった。 諦めきれない岡田さん。 4年前から順次、養鰻業の現場に社員を送り込んだ。 水野さんも「熱意が伝わった」として養殖を学んだ社員を店で教えることにした。 「弟子」は計7人で、今はそのうち2人が修業している。 「うな富士の看板を未来永劫(….

次の

うなふじツーリング3/25

うなふじ コロナ

4円(1錠) 「アビガン」は、抗インフルエンザウイルス薬。 富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルム富山化学が開発し、2014年に製造・販売の承認を得た。 ただし、国が新型インフルエンザの流行に備えて備蓄する特殊な治療薬で、一般に流通はしていない。 国は現時点で200万人分の備蓄を持ち、「タミフル」など既存のインフルエンザ治療薬が効かないような新型インフルエンザウイルスが流行した時に、初めて国がアビガンの投与開始を検討する。 流通していないため、薬価も設定されていない。 なぜ、このインフルエンザ治療薬が、新型コロナウイルスに対して有効だと考えられているのか。 インフルエンザウイルスは、(1)人の粘膜に吸着して細胞内に侵入し、自身の膜を破って細胞中にウイルスの設計図であるRNA(リボ核酸)を放出する。 これを「脱殻」という。 (2)放出されたRNAが、細胞内でさらにウイルスを生む。 これを「複製」という。 (3)そのウイルスが酵素の力を借りて細胞の外に出る。 これを「遊離」という。 これらのどの段階を阻止するかで、薬の種類が異なる。 このうちアビガンは、「複製」を助ける「ポリメラーゼ」と呼ばれる酵素の力を阻害する「RNAポリメラーゼ阻害薬」。 新型コロナウイルスもRNAの複製によって増殖するため、同様の阻害効果が期待されているわけだ。 厚労省によれば、2つの医療機関で投与の具体的な準備に入り、うち1つの機関で22日から投与を開始した。 アビガンのメリットは、条件付きではあるが国の承認が既に得られている点だ。 効果が確認され、新型コロナウイルスに対する承認が得られれば、すぐにでも投与が可能になる。 富士フイルムホールディングスは「アビガンの増産に関する検討要請が政府から来ているのは事実。 現在、検討中だ」としている。 ただし、アビガンは胎児に副作用があるため、妊婦には使用できない。

次の

うなぎ蒲焼きの通販専門店

うなふじ コロナ

4円(1錠) 「アビガン」は、抗インフルエンザウイルス薬。 富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルム富山化学が開発し、2014年に製造・販売の承認を得た。 ただし、国が新型インフルエンザの流行に備えて備蓄する特殊な治療薬で、一般に流通はしていない。 国は現時点で200万人分の備蓄を持ち、「タミフル」など既存のインフルエンザ治療薬が効かないような新型インフルエンザウイルスが流行した時に、初めて国がアビガンの投与開始を検討する。 流通していないため、薬価も設定されていない。 なぜ、このインフルエンザ治療薬が、新型コロナウイルスに対して有効だと考えられているのか。 インフルエンザウイルスは、(1)人の粘膜に吸着して細胞内に侵入し、自身の膜を破って細胞中にウイルスの設計図であるRNA(リボ核酸)を放出する。 これを「脱殻」という。 (2)放出されたRNAが、細胞内でさらにウイルスを生む。 これを「複製」という。 (3)そのウイルスが酵素の力を借りて細胞の外に出る。 これを「遊離」という。 これらのどの段階を阻止するかで、薬の種類が異なる。 このうちアビガンは、「複製」を助ける「ポリメラーゼ」と呼ばれる酵素の力を阻害する「RNAポリメラーゼ阻害薬」。 新型コロナウイルスもRNAの複製によって増殖するため、同様の阻害効果が期待されているわけだ。 厚労省によれば、2つの医療機関で投与の具体的な準備に入り、うち1つの機関で22日から投与を開始した。 アビガンのメリットは、条件付きではあるが国の承認が既に得られている点だ。 効果が確認され、新型コロナウイルスに対する承認が得られれば、すぐにでも投与が可能になる。 富士フイルムホールディングスは「アビガンの増産に関する検討要請が政府から来ているのは事実。 現在、検討中だ」としている。 ただし、アビガンは胎児に副作用があるため、妊婦には使用できない。

次の