エクバ2 したらば。 エクストリームガンダム type

エクストリームガンダム type

エクバ2 したらば

パンチが当たらないとビームには派生しない。 レバー入れよりも誘導が良く、射撃戦で使う場合にはこちらが優秀。 基礎火力が高く補正率が悪いタイプのダメージ推移で、初段のダウン値も低いためコンボの〆に使っても高めのダメージを与えられる。 05 0. 出し切りでゆるい打ち上げダウン。 誘導は実用レベルではあるがN特格よりも弱く、赤ロック距離に届く前に射程限界に到達する。 ただ追撃が可能なためダメージを伸ばす余地があり、月光蝶も十分当たる。 盾をされてもそのまま3段出し切る。 バルカンから繋げて固め、裏に回ってセルフ盾めくりも十分狙える。 0 1. 45 0. 95 0. 5 縦回転ダウン 格闘 背面メインで追撃。 メインの弾は消費しないが、格CSリロード中は使用不可。 2段格闘としての威力は横格より上で、追撃用途に優れる。 7 1. 7 2. 0 0. 2 0. 2 1. 0 バウンド バーストアタック 月光蝶 月光蝶を展開して前方で突っ込む突進技。 移動距離が短くなっている分硬直時間も短縮されているため、使用時のリスクが少なくなっているのは評価点。 ただ相変わらず発生が遅い上に発動直前に後ろに飛び退くモーションが入るので生当ては非現実的。 コンボの〆に用いるのが基本となるが、確実に入れるなら始動はBD格かレバー入れ特格に限定される。 射CSを溜めていても出せる??? 戦術 言うまでもなく事故。 ガンキャノンのような後衛型かというとそうでもないので後ろからダメージを取る事もそこまで得意ではない。 一応ゲロビなど流せる射撃はあるので立ち回れないわけではなく、後落ちさえできれば押しつけが強いので無視される事は少ない。 ただし、やはり序盤の立ち回りが難しい点、敵の1回目の覚醒がほぼこちらに飛んでくる点を考えると安定感は低い。 覚醒はMかE。 基本的には相手の最初の覚醒を捌きやすいMがよい。 どうしても後落ちが厳しそうなら、開き直ってLで爆弾をチラつかせる選択もあり。 2500• 前格リボーンズみたいにすり抜けあるんじゃね?前格強すぎて - 名無しさん 2019-06-27 20:49:23• 下格から前格で繋げると謎の時間差が発生するんだが、あれはなんだろう・・・ - 名無しさん 2019-06-27 23:10:22• アルケー、アトラスの特格みたいに近距離でも発生が変わらないタイプですかね?見てないのでなんとも言えませんが。 - 名無しさん 2019-06-28 02:11:25• 前格3段目1. 相手の目の前に行っても振らなくてスカる。 - 名無しさん 2019-06-29 22:20:22• N特格タックルじゃなくてアッパー。 レバー特格はGセルフ横格じゃなくてPセルフNN後なんだが。 - 名無しさん 2019-06-28 17:01:49• - 名無しさん 2019-06-28 17:07:03• 前格すり抜けないよ。 普通に射撃で迎撃できる。 - 名無しさん 2019-06-28 19:16:43• 前格はpセルフ前格みたく浮く格闘だよね。 - 名無しさん 2019-06-29 01:52:18• - 名無しさん 2019-06-30 11:05:42• 特射の姫様、Nは射程限界短いしレバー入は発生遅すぎて赤ロじゃないと当たらないから射撃アシなのにある程度前に出て使わなきゃならないあたりやたら前に出たがる姫様再現されてて笑う - 名無しさん 2019-07-01 20:21:01• こいつ前格の判定真横まで出てない?真横から格闘振ってきたやつそのまま轢き殺したんだが - 名無しさん 2019-07-27 06:38:38• 真横はないと思うけど前後にはある。 前に動くから後ろの判定に引っかかったんじゃね? - 名無しさん 2019-08-09 21:42:23• 覚醒技ドラゴンと同じで誘導するタイミング2回あるっぽい? - 名無しさん 2019-11-28 21:30:23 名前:.

次の

G

エクバ2 したらば

スレッド一覧 654個のスレッドがあります• 10:• 11:• 12:• 13:• 14:• 15:• 16:• 17:• 18:• 19:• 20:• 21:• 22:• 23:• 24:• 25:• 26:• 27:• 28:• 29:• 30:• 31:• 32:• 33:• 34:• 35:• 36:• 37:• 38:• 39:• 40:• 41:• 42:• 43:• 44:• 45:• 46:• 47:• 48:• 49:• 50:• 51:• 52:• 53:• 54:• 55:• 56:• 57:• 58:• 59:• 60:• 61:• 62:• 63:• 64:• 65:• 66:• 67:• 68:• 69:• 70:• 71:• 72:• 73:• 74:• 75:• 76:• 77:• 78:• 79:• 80:• 81:• 82:• 83:• 84:• 85:• 86:• 87:• 88:• 89:• 90:• 91:• 92:• 93:• 94:• 95:• 96:• 97:• 98:• 99:• 100:• 101:• 102:• 103:• 104:• 105:• 106:• 107:• 108:• 109:• 110:• 111:• 112:• 113:• 114:• 115:• 116:• 117:• 118:• 119:• 120:• 121:• 122:• 123:• 124:• 125:• 126:• 127:• 128:• 129:• 130:• 131:• 132:• 133:• 134:• 135:• 136:• 137:• 138:• 139:• 140:• 141:• 142:• 143:• 144:• 145:• 146:• 147:• 148:• 149:• 150:• 151:• 152:• 153:• 154:• 155:• 156:• 157:• 158:• 159:• 160:• 161:• 162:• 163:• 164:• 165:• 166:• 167:• 168:• 169:• 170:• 171:• 172:• 173:• 174:• 175:• 176:• 177:• 178:• 179:• 180:• 181:• 182:• 183:• 184:• 185:• 186:• 187:• 188:• 189:• 190:• 191:• 192:• 193:• 194:• 195:• 196:• 197:• 198:• 199:• 200:• 201:• 202:• 203:• 204:• 205:• 206:• 207:• 208:• 209:• 210:• 211:• 212:• 213:• 214:• 215:• 216:• 217:• 218:• 219:• 220:• 221:• 222:• 223:• 224:• 225:• 226:• 227:• 228:• 229:• 230:• 231:• 232:• 233:• 234:• 235:• 236:• 237:• 238:• 239:• 240:• 241:• 242:• 243:• 244:• 245:• 246:• 247:• 248:• 249:• 250:• 251:• 252:• 253:• 254:• 255:• 256:• 257:• 258:• 259:• 260:• 261:• 262:• 263:• 264:• 265:• 266:• 267:• 268:• 269:• 270:• 271:• 272:• 273:• 274:• 275:• 276:• 277:• 278:• 279:• 280:• 281:• 282:• 283:• 284:• 285:• 286:• 287:• 288:• 289:• 290:• 291:• 292:• 293:• 294:• 295:• 296:• 297:• 298:• 299:• 300:• 301:• 302:• 303:• 304:• 305:• 306:• 307:• 308:• 309:• 310:• 311:• 312:• 313:• 314:• 315:• 316:• 317:• 318:• 319:• 320:• 321:• 322:• 323:• 324:• 325:• 326:• 327:• 328:• 329:• 330:• 331:• 332:• 333:• 334:• 335:• 336:• 337:• 338:• 339:• 340:• 341:• 342:• 343:• 344:• 345:• 346:• 347:• 348:• 349:• 350:• 351:• 352:• 353:• 354:• 355:• 356:• 357:• 358:• 359:• 360:• 361:• 362:• 363:• 364:• 365:• 366:• 367:• 368:• 369:• 370:• 371:• 372:• 373:• 374:• 375:• 376:• 377:• 378:• 379:• 380:• 381:• 382:• 383:• 384:• 385:• 386:• 387:• 388:• 389:• 390:• 391:• 392:• 393:• 394:• 395:• 396:• 397:• 398:• 399:• 400:• 401:• 402:• 403:• 404:• 405:• 406:• 407:• 408:• 409:• 410:• 411:• 412:• 413:• 414:• 415:• 416:• 417:• 418:• 419:• 420:• 421:• 422:• 423:• 424:• 425:• 426:• 427:• 428:• 429:• 430:• 431:• 432:• 433:• 434:• 435:• 436:• 437:• 438:• 439:• 440:• 441:• 442:• 443:• 444:• 445:• 446:• 447:• 448:• 449:• 450:• 451:• 452:• 453:• 454:• 455:• 456:• 457:• 458:• 459:• 460:• 461:• 462:• 463:• 464:• 465:• 466:• 467:• 468:• 469:• 470:• 471:• 472:• 473:• 474:• 475:• 476:• 477:• 478:• 479:• 480:• 481:• 482:• 483:• 484:• 485:• 486:• 487:• 488:• 489:• 490:• 491:• 492:• 493:• 494:• 495:• 496:• 497:• 498:• 499:• 500:• 501:• 502:• 503:• 504:• 505:• 506:• 507:• 508:• 509:• 510:• 511:• 512:• 513:• 514:• 515:• 516:• 517:• 518:• 519:• 520:• 521:• 522:• 523:• 524:• 525:• 526:• 527:• 528:• 529:• 530:• 531:• 532:• 533:• 534:• 535:• 536:• 537:• 538:• 539:• 540:• 541:• 542:• 543:• 544:• 545:• 546:• 547:• 548:• 549:• 550:• 551:• 552:• 553:• 554:• 555:• 556:• 557:• 558:• 559:• 560:• 561:• 562:• 563:• 564:• 565:• 566:• 567:• 568:• 569:• 570:• 571:• 572:• 573:• 574:• 575:• 576:• 577:• 578:• 579:• 580:• 581:• 582:• 583:• 584:• 585:• 586:• 587:• 588:• 589:• 590:• 591:• 592:• 593:• 594:• 595:• 596:• 597:• 598:• 599:• 600:• 601:• 602:• 603:• 604:• 605:• 606:• 607:• 608:• 609:• 610:• 611:• 612:• 613:• 614:• 615:• 616:• 617:• 618:• 619:• 620:• 621:• 622:• 623:• 624:• 625:• 626:• 627:• 628:• 629:• 630:• 631:• 632:• 633:• 634:• 635:• 636:• 637:• 638:• 639:• 640:• 641:• 642:• 643:• 644:• 645:• 646:• 647:• 648:• 649:• 650:• 651:• 652:• 653:•

次の

「トリップ」っていったい何ですか? : したらばヘルプ

エクバ2 したらば

極限進化状態 ブーストモード はへ。 他の攻撃と相殺しても消えず、ゲロビであっても中を突き進んで飛んでいく。 横の誘導はかなり強いが縦の誘導が抑えめで相手の上下移動に弱い。 発生は並、BRよりは横に判定が広い。 射程限界があり、赤ロックより少し長い程度。 虹ステが踏めるため、BRからの立ち回りも強化され、直前の慣性を引き継ぐのでかなり使いやすくなった。 ビームのみを弾くバリア武装も多く登場してきているので、利用価値も上がっている。 【特殊格闘】爆熱機構"ゼノン" 「俺でも、この程度なら!」 ビームサーベルによる連続攻撃。 3段目から視点変更あり。 3段目で敵を打ち上げ、最終段は半回転ダウンで真上に打ち上げつつ自身は大きく前に動く。 動作は少し遅めだがダメージ効率が良く、3段目まででも万能機としては充分な威力。 壁際だと時々4段目を空振りするため注意。 7 1. 0 0. 4 0. 4 1. 元々発生は比較的良好であったが、発生強化を受けたため迎撃寄りの格闘としてより信頼がおける性能になった。 初段にメインキャンセルも追加され命中時のリターンも増加。 7 1. 0 0. 8 0. 回り込みを活かした自衛用に。 初段はほんのり硬直が長い回転よろけ。 やはり出し切りまで少し長く、4段目以外はほとんど動かない。 カテゴリー的に見ても格闘の伸びがかなり悪く、同コスト帯の横格が強化されていく中ではかなり振りにくいものなので早めのキャンセルが求められる。 7 1. 0 0. 4 0. 4 1. 」 連結したブレイドビットを振り回しての連続斬りから2連斬り抜けを繰り出す4段格闘。 2段目から視点変更あり。 出し切ると生当てでも強制ダウン。 レオスIIの格闘の中では伸びと判定、発生が優秀な方でBRからの追撃などに役に立つ。 回転斬り部分の押し込み速度が非常に遅い上に長く、3段目まで行かないとカット耐性は悪い部類なので注意。 7 1. 3 0. 8 0. 振り向きメインからで落下も可。 かなり近距離でないと入らない。 セカイン必須。 CSが溜まってなければこちら。 半覚醒抜けでさらに生存能力を高める事が出来る。 今作ではマッチ画面中に覚醒を選び直せるため、コスト事故になった際に安心して後衛が出来るこちらも候補には上がる。 しかしこの機体は平時だと強引に押し付ける力が他と比べてやや劣るため、攻撃補正のないEバーストは放置気味になると腐りやすい。 また、今作移行時にE覚醒の性能が見直され、攻め側に転じられる機会もなかなか作りづらくなった。 さらに、極限時に覚抜けをすると強化形態の回転率も悪化し、覚醒中の強化時にも頼りたい本機にとっては覚醒時間が短くなるE覚は逆転力が大幅に下がってしまうため、本当に一時凌ぎにしかならない。 全機体に言えるが、本機もこの覚醒との相性は良く、強制換装・火力補正・高機動・赤ロック微延長と嬉しい強化が多くこちらも候補にあがる。 覚醒中は極限特格も使えるので、初段として信頼できる格闘があるのは心強い。 元の威力に加えて、火力補正も乗るのでフルコンボを叩き込んだ時の決定打はなかなかのもの。 メインの他にNサブも移動撃ちできるので高速移動しながら射撃を押し付けることも出来る。 しかし、Nサブが他機体が持ってるものと比較すると銃口補正が頼りないので過信は禁物。 青ステも踏めるようになるので攻撃しながら間合いを離すといった芸当も可能。 E覚の性能が見直されたこともあり、コスト事故が起こった際にM覚で退路を確保するのもありか。 僚機考察 時限強化かつ射撃寄りの武装構成上、3000でありながら前衛が不得手というのがこの機体のジレンマ。 よって生時の前線形成力の低さを補う自衛力のある機体か、高い援護能力を活かせる格闘機と組むと仕事をしやすい。 相方と相談してどちらが先落ちするかどうか決めよう。 3000 2500 2000 1500 外部リンク• コメント欄• 悲惨悲惨言ってる格闘性能だけど自分的にはそこまで悲惨じゃないと思います -- 名無しさん 2019-12-02 16:39:20• N格、前格に前派生があるのを確認しました。 -- 名無しさん 2020-03-29 20:41:52• 途中で切っちゃいました…。 派生はN前とNN前、前前と前N前で、派生部分は回転斬りだけです。 威力は180〜210辺りで、出し切り強制ダウンでした。 -- 名無しさん 2020-03-29 21:13:24• 余りの辛さで幻覚が見えたんでしょうね -- 名無しさん 2020-04-05 14:29:14• ごめん気のせいかもしれんけど換装中特格のフィンガーの記述なくね?勘違いだったらすまん -- 名無しさん 2020-07-02 14:45:30• 換装中フィンガーは換装中しか使えないから換装後の武装ページに -- 名無しさん 2020-07-02 16:01:08.

次の