エスコバル 映画。 コロンビアで「パブロ・エスコバル」はNGワード、マジで嫌がられます

エスコバル 楽園の掟 : 作品情報

エスコバル 映画

スポンサーリンク 20世紀の世界では、大きな世界大戦を含めた多くの戦争が起こり、そこではなどの人道に対する犯罪も頻繁に起こりました。 その違法ビジネスの中でも代表的なものと言えば「麻薬の密売」でしょう。 そして、20世紀後半にコカインを大量にアメリカへ密輸し続けたことで、巨額の富と大きな権力を手に入れた男性がいます。 それが、パブロ・エスコバルと呼ばれるコロンビアの麻薬王。 この記事では、そのパブロ・エスコバルについて、彼の生涯から知っておきたい4つの話までを紹介していきたいと思います。 コロンビアさらに世界の歴史の中で、これまで組織された 麻薬密売組織としては最も影響力のあった「 メデジン・カルテル」を創設し、そのリーダーを務め、麻薬に関しては世界一のマーケットを誇ったアメリカを筆頭に、世界中でコカインを密売して大富豪にまで上りつめました。 その権力が絶頂期を迎えていた1980年代、パブロ・エスコバルは世界中の殺人や薬物の広大な 帝国をコントロールし、何十億ドルもの大金を稼いで大豪邸をいつくも所有し、広大な敷地の中にはプライベートな動物園さえもあったほどです。 さらに、パブロ・エスコバルが築いた「帝国」は、兵士と犯罪者で構成された軍隊を所有し、コロンビアを混乱の渦に巻き込んだのです。 ちなみに、パブロ・エスコバルを題材にしたドラマ「 ナルコス(Narcos)」が、2015年8月からNetflixで放送された結果、世界中が再びこの人物に対して注目を寄せ、彼が犯した凶悪犯罪の数々を多くの人が知ることになりました。 パブロ・エスコバルの生涯 青年時代と権力を手にするまで 少年時代に犯罪に手を染めて成人になるとコカインの密売を始める 1949年12月1日、パブロ・エスコバルはコロンビアの下〜中流家庭に生まれ、コロンビアで首都ボゴタに続く第二の都市「 メデジン」で育ちました。 パブロ少年は元々頭がよく優しい少年であった一方、 衝動的かつ野心的で、友達や家族にいつかコロンビア大統領になると話していたと言われます。 そして、高校生だった頃、 墓石を盗んで磨き、名前を取り除いてからパナマ人に転売したことで犯罪ビジネスに目覚めると共に高校を中退。 その後は、車の盗難や強盗などを繰り返し、そして1970年代、ついにパブロは富と権力を得る方法を見つけます。 それが、 ボリビアとペルーでコカの葉ペーストを購入し、精製してからアメリカに輸送して売却する「 コカインの密売」だったのです。 権力の空白を埋めるように台頭していったパブロエスコバル 1975年、当時地元の麻薬王だった ファビオ・オチョア・レストレポが殺害されるという事件が発生。 これは、パブロ・エスコバルによる指示だったと言われますが、とにかくこの事件によって生じた 権力の空白を埋めるようにパブロ・エスコバルが現れ、レストレポの組織を乗っ取り、自身の活動を拡大していきました。 パブロは メデジンのほぼ全ての犯罪、そしてアメリカに輸送されるコカインの80%をコントロールするようになったのです。 そして1982年、彼はコロンビア国会議員に選ばれ、経済的・犯罪的・政治的権力を手にすることに成功。 パブロ・エスコバルは大きな権力を手に入れたのです。 権力の絶頂期を迎えたパブロ・エスコバル 1980年代半ば、パブロ・エスコバルは世界で最も権力のある、そして影響力のある人物の一人であったと言えるでしょう。 また、彼の「帝国」には、• 兵士と犯罪者による軍隊• プライベートな動物園• コロンビア中のマンションやアパート• 麻薬輸送のためのプライベート滑走路や飛行機 などが含まれ、さらに240億ドルの個人資産を抱えていました。 そのため、パブロ・エスコバルは、必要であれば(必要でなくても)、指示一つで「いつでもどこでも誰でも」殺すことが出来た一方で、頭脳明晰な彼は、 何百万ドルもの大金を費やし、公園や学校、スタジアム、教会に加え、メデジンで貧困にあえぐ住民のための住居も提供。 「 メデジンの庶民に愛されれば自らの身の安全が保たれる」ということを知っていたのです。 この戦略は功を奏し、パブロ・エスコバルは、大成功して自らのコミュニティに恩返ししている 地元出身のヒーローとして、メデジン庶民に愛されることとなります。 伝説的な非情さでも知られるようになる 地元民には愛された反面、他のコロンビア人達の間でパブロ・エスコバルは、その非情さで有名になっていきました。 そして、政治家、裁判官、警察が、パブロに対して公に反対するような態度を示し始めます。 しかし、パブロ・エスコバルは敵に対する対処法を知っていました。 それは通常、政治家や裁判官、警察官が自分の邪魔をしようとした場合、• まず贈賄を試みる• 賄賂が上手くいかない時には、本人と必要ならその家族の殺害を指示する といった方法で対処することでした。 パブロ・エスコバルに反対して殺されたこれらの人々の数は不明ですが、 何百人または何千人にもの人が殺害されたと推定されています。 このように、 パブロ・エスコバルにとって敵が持つ社会的地位は意味を持たなかったのです。 もし誰かが邪魔であれば、やり方はどうであれ排除してしまうだけでした。 1989年11月27日、メデジン・カルテルは、その3人が搭乗したとされるアヴィアンカ203機に爆弾を仕掛けて爆破。 目的であった3人の大統領候補者達は乗っていなかったものの、110人の乗客が死亡したのです。 「エスコバルの引渡しとアメリカ国内での裁判」取引 ちなみに、パブロ・エスコバルとメデジン・カルテルの賄賂工作や殺人行為が激化した裏には、1980年代後半に取り交わされた アメリカ政府とコロンビア政府の協定があります。 これは、 大量のコカインが国内へ流入してくることに困っていたアメリカ政府が、「 エスコバルの引渡しとアメリカ国内での裁判」をコロンビア政府に迫ったものでした。 この協定が結ばれた結果、パブロ・エスコバルは激怒し、「 銀か鉛か (お金か銃弾か)」という言葉を残し、敵へ積極的に賄賂を渡し、賄賂を見せても態度を崩さない人間には銃弾を与えて命を奪っていったのです。 そして、パブロ・エスコバルはその刑務所を改築し、ジャクジーやあらゆるお酒が揃っているバー、そしてサッカー場を備え付け、この刑務所は「 ラ・カテドラル(教会)」や「 オテル・エウコバル(ホテル・エスコバル)」と称されるようになります。 さらにパブロ・エスコバルは、自身の「監視役」を選ぶ権利についても交渉し、 「刑務所」の中にいながらも電話を通じて、外側の「メデジン・カルテル」を動かし続けたのです。 パブロ・エスコバルの逃亡そして最期 一般の刑務所への移送計画 パブロ・エスコバルがラ・カテドラルの中から未だに外へ向けた活動を続けていることは、誰もが知っていましたが、及び腰だったコロンビア政府は何もしていませんでした。 しかし1992年7月、 パブロ・エスコバルが自らの部下を「刑務所」に呼び、拷問して殺害したことが世の中に知れ渡ります。 すると、世論が沸騰。 その圧力に押される形で、コロンビア政府はとうとう、パブロ・エスコバルを一般の刑務所に移送する計画を打ち立てます。 そして移管当日の7月22日、パブロ・エスコバルは刑務所を出ると、そのままメデジン市内へ逃げて姿を隠してしまったのです。 本気になったアメリカ政府&地元警察とパブロ・エスコバルの最期 なんとかしてコカインの大量流入を止めたいアメリカは、隠れ身となったエスコバルをあぶり出すために、地元警察と強力して大規模な捜索を開始。 1992年の末には、エスコバルを探す以下二つのチーム(または組織)が、偶然にも存在していました。 サーチ・ブロック• アメリカによる特殊訓練を受けたコロンビアの特別部隊• ロス・ペペス• パブロ・エスコバルの商売敵であるカリ・カルテルにより支援され、彼の犠牲者の家族によって構成された裏組織 このような状況の下、パブロ・エスコバルは潜伏先を転々としながらも追い込まれていき、1993年12月3日、ついに、コロンビアの治安部隊がパブロ・エスコバルの潜伏先を特定。 サーチ・ブロックが潜入し、エスコバルの身柄を確保しようとしましたが、それに対してエスコバルは反撃して銃撃戦となります。 しかし最終的には、 屋上に逃げようとしたところをパブロ・エスコバルは 射殺されたのです。 この銃撃戦の中でエスコバルは、胴体や脚にも銃弾を受けていましたが、致命傷となったのは耳を突き抜けた銃弾だと言われます。 そして、パブロ・エスコバルの死亡を境に、メデジン・カルテルはライバルである「 カリ・カルテル」に対して急激に力を失い、コロンビア政府により1990年台半ばに活動停止とされるまで、 麻薬ビジネスはカリ・カルテルによって支配されていくことになったのです。 一方で、パブロ・エスコバルは多くの愛人を抱えていたことでも知られ、特に未成年の女性を好む傾向があったと言われます。 その中には、バージニア・バジェホという名前の、コロンビアで有名なテレビタレントになった女性も含まれています。 しかし、こうした愛人関係にもかかわらず、 パブロ・エスコバルは妻であるマリア・ビクトリアを愛し続け、また、マリア・ビクトリアもパブロ・エスコバルを愛し続けました。 パブロエスコバルの家族は地獄を生きた 夫が犯した様々な悪事によって、パブロ・エスコバルの死後でさえも、彼の妻と子供は身を隠して生活しなければならず、アルゼンチンに亡命。 さらに、パブロ・エスコバルの妻マリア・ビクトリアは、マリア・サントス・カバレロと改名し、子供も改名しています。 親子は2000年にマネーロンダリングの疑いで逮捕され、懲役15年の刑に服しましたが、後に証拠不十分で釈放されました。 このことについてエスコバルの妻は、 アルゼンチンでは私は囚人です。 アルゼンチン政府は麻薬の密売と闘っていることを証明したいがため、パブロ・エスコバルの亡霊に挑みたがっているのです。 と、エスコバル亡き後の生活の苦悩を語っています。 殺し屋のネットワークを操ったことが成功の鍵 パブロ・エスコバルは、「 自身のゲームでトップに立つには、仲間とライバルの両方に恐怖を煽る必要がある」と理解していました。 そこで、恐怖支配を確実なものするために、 殺し屋のネットワークに目をつけて操ったのです。 この殺し屋ネットワークの中でも、エスコバルに絶大な信頼を置かれ、エスコバルの代わりに多くの殺人を犯したエスコバル第一の殺し屋「 ジョン・ハイロ・ベラスケス・バスケス」、通称「 ポパイ」は、 およそ300人を直接殺し、他の3000件の殺人を指示したと後に自白しています。 このように、自らの手を血に染めることはほとんどなく、代わりにいつでも自由な時に動いてくれる殺し屋の強力なバックアップがあったからこそ、パブロ・エスコバルは圧倒的な権力を手にすることが出来たのです。 ちなみに、1992年、ポパイは懲役52年の実刑判決を受けましたが、2014年には釈放され、現在は犯罪組織の全要解明へ向けて警察に協力したり、また、パブロ・エスコバルの足跡を辿るツアーなどを開催しています。 パブロエスコバルはメデジンをコロンビアの殺人の「首都」に変えた 1989年、 人口200万人のメデジン1都市で2600人を超える人が惨殺され、 メデジンの殺人率はコロンビア国内で最高だったと言われます。 実際、1985年から1988年までコロンビアに駐在したアメリカ合衆国の大使は、 コロンビアでは殺し屋の階級が発展した。 彼らはの多くは、ギャングから人を殺す方法を教わりながら育ったストリートチルドレンだった者が多い。 ギャングから人殺しの方法を学ぶ中で子供達は、銃を与えられ、バイクに乗って出かけ、誰かの後ろから後頭部や車の後部窓にできるだけ近づき、銃を発射する。 あるいは車が信号で止まった時に発射する。 人殺しのテストが課されたのだ。 と語っており、 メデジンでは麻薬組織の支配下で日常の殺人は制御不可能。 このことはまた、メデジンがコロンビアにおける「 殺人の首都」となってしまったことを表しています。 合わせて読みたい世界雑学記事• パブロエスコバル|Netflixで話題になったコロンビアの麻薬王のまとめ 20世紀後半にアメリカへ向けたコカインの密売ビジネスに手を染め、コロンビアを混乱の渦に巻き込んだパブロ・エスコバルについて見てきました。 さらに詳しく知りたい人は、Netflixの「ナルコス」を鑑賞してみましょう。

次の

エスコバル 楽園の掟/映画 あらすじ・レビュー

エスコバル 映画

概要 [ ] エスコバルはコロンビア最大の麻薬密売組織「」を創設し、「 麻薬王」として世界中に悪名を轟かせた。 世界最大の麻薬消費国であるをはじめ世界中でを密売し世界有数のの一人に上りつめた。 エスコバルの命令によって3000人 以上の人間が殺されたと言われている。 それを表す言葉が「Sometimes I am God, if I say a man dies, he dies that same day. 」(私は時々神になる。 私が死を命じた者は、その日に死ぬ)である。 そのためコロンビアやアメリカでは「史上最も凶悪非情な野心に満ちた麻薬王の一人」として知られている。 大富豪であったエスコバルは自宅に、、まで所有していた。 が乗ったとされる車やも所有していた。 自身はコカインはいっさい嗜まずを愛用したと伝えられる。 生涯 [ ] メデジン・カルテル [ ] パブロ・エスコバルの邸宅のエントランス・ゲート。 セスナ機は麻薬取引に使われたとみられる の中流家庭に育った少年エスコバルは、兄のロベルトによると、頭が良く成績は学校で一番だったという。 父は畜産業、母は教師であったが、10代で墓石を盗んで墓碑名を消して転売したのを皮切りに高校を中退、犯罪に目覚め自動車盗、、、に手を染め始めた。 その後、コカイン取引が金になることを知って、までにを築きあげた。 カルテルの拡大 [ ] 、メデジン・カルテルは販売ルートを拡大して、とから持ち込んだ良質のコカインを、、に売り込んだ。 その後も販売ルートを拡大して、南北や一部とも取引するようになりコロンビア政府やアメリカ政府と激しく対立するようになる。 最盛期のメデジン・カルテルは、世界のコカイン市場の8割を支配し年間最大250億ドルの収入を得ていたと見積もられ、エスコバル自身も誌で世界で7番目の大富豪としてに取り上げられた。 エスコバルはコロンビア政府やアメリカ政府の敵であったが、貧困層の住宅建設、スタジアム建設などの慈善事業に熱心で、無知で無学な貧困層を中心とした一部のメデジン市民の支持を得て彼らの英雄となった。 だが彼の目的は、自分を頼らせることで住民から情報を得て、安全を確保することだった。 また複合施設アシェンダ・ナポレスを建設し、恐竜の模型やカバなどの野生動物を入れた巨大な敷地を公開した。 援助を受けたメデジン市民の中には、自ら警護役や見張役をかって出てエスコバルの身を官憲から守る者もいた。 1982年には与党・ ()に所属する上院議員となったが、翌1983年にはカルテルとの関係が露見し職を追われた。 テロ [ ] 1980年代後半、コカイン流入に頭を痛めたアメリカ政府は、「エスコバルの引渡しとアメリカ国内での裁判」を条件にコロンビア政府と協定を結んだ。 これに激しく反発したエスコバルは「plata o plomo (直訳すると「かか」、意訳すれば「かか」)と称し、政治家・役人・裁判官への工作を活発化させる一方、敵対者への・を敢行した。 に発生した左派ゲリラによるはエスコバルの関与が噂された。 さらに、メデジン・カルテルは、ら大統領候補者3人の暗殺、機、の治安ビルの爆破などの行為を実行している。 そしてライバル組織であるとの抗争も激化し、メデジン周辺はに陥った。 「刑務所」への収監 [ ] 1990年、が大統領に就任。 彼は大統領候補時代に暗殺されかけた事から、エスコバルを恐れ、そして屈服してしまった。 アメリカへの引き渡し制度を廃止し、有罪を1つ認めれば、他のすべての犯罪は不問にするとした。 この前代未聞の判断にアメリカ大使館、国務省、大統領は激怒した。 、エスコバルは5年の服役とアメリカへの引渡忌避を条件にコロンビア政府と合意すると、「ラ・カテドラル(La Catedral、や の意)」または「オテル(ホテル)・エスコバル」と称されるエスコバル個人用の豪華な設備を備えた刑務所(この施設自体がエスコバルによって建設されたものだった)に収監された。 エスコバルの部屋はベッドやソファ、ウォークインクローゼットまで備わるで 、他にも、場や、執務室さえ完備していた。 や他のさえもエスコバルによって選ばれており 、危険などはまったくなかった。 警察は周囲3キロ以内へ立ち入る事さえ禁止されていた。 「ラ・カテドラル」での生活は快適で、エスコバルは今までどおりここから組織に指示を出し続け、豪勢なパーティーを開いては、美女を呼んで乱交をした。 メデジン市内にも自由に外出し、買い物やサッカー見物を楽しんだ。 しかしにエスコバルが刑務所内で2件の殺人事件を起こし(殺された2人の内、1人はエスコバルの幼馴染だった。 幼馴染の友人は、囚人の前で幼馴染であるエスコバルに気安い態度を取り、それに激昂したエスコバルが男性を射殺した)、事件が表面化すると、さすがに世論も沸騰、及び腰だった政府も動き、別の刑務所への移管が計画された。 1992年移管の日、エスコバルは刑務官の前を堂々と歩いて刑務所を出ると、移管先の刑務所に向かわず、そのままメデジン市中に姿を隠した。 殺害 [ ] パブロ・エスコバルの死体と警察特殊部隊 潜伏したエスコバルは、コロンビア政府、アメリカの諜報部隊・情報支援隊(当時のコードネーム central spike)、カリ・カルテルに追われる身となったが、独裁的なエスコバルの追い落としを目的とする「Los Pepes(パブロ・エスコバルに虐待された人々)」と称する闇のグループからもつけ狙われた。 「Los Pepes」は、エスコバルの家族や手下300人以上を殺害してメデジン・カルテルに大打撃を与えた。 犯行現場には必ず「Los Pepes」の署名を残したという。 エスコバルは味方には多くの恩恵を与えたが、敵対者を殺害する前に指を切り落とすなどの残虐行為を犯したため、多くの人々の恨みもかっていた。 その後、「Los Pepes」は、敵対するカリ・カルテルが組織したグループだと判明し、市民は愕然としたという。 しかしながら「Los Pepes」の身元に関しては明確な証拠がなく、カリ・カルテル出自のものであるという確認もなく、軍と警察を支援していたの関与も取りざたされているが真偽の程は明らかではない。 確かなのは、争いが激しさを増す状況でエスコバルに身近な人々の殺害を積み重ねて行くだけの組織的な実行力を備えていたということである。 これらに関してはで放映された Situation Critical シリーズの「Hunting Pablo Escobar」でも触れられており、デルタフォースの関与を危惧したアメリカ政府による懸念も伝えられている。 その後政府はエスコバルの一部の家族の身柄を確保し、さらに1993年12月2日、コロンビア国家警察直下のコロンビア治安部隊の電波調査斑が、メデジンの中産階級住宅街の隠れ家から息子とで通話するエスコバルの居場所を突き止め、治安部隊の特捜チームが突入して屋根の上に逃れたエスコバルに一斉射撃を加えて殺害した。 44歳没。 エスコバルの脚と背中、さらに耳の後ろに致命傷の銃弾痕が残っていたという。 なお、「密かに出動していたデルタフォースのがエスコバルを仕留めた」と信じる者や、「自殺した」と信じる者、さらには、「射殺されたのは別人でエスコバルは逃走して優雅な生活を続けている」と信じる者がいる。 エスコバルは死によって伝説化され、今でもメデジンの英雄として信望する者が多い。 エスコバルの妻子は敵対者の報復を恐れて各地を転々としたが、現在、名前を変えてに住んでいるという。 遺体の確認 [ ] 発掘に反対していた母の死後2日経った2006年10月28日、エスコバルの遺体が甥のの要請で掘り出され、の採取・鑑定の結果、遺体が実際にエスコバルのものであったことが確められた。 紙の報道によれば、エスコバルの先妻は、ビデオカメラで発掘を記録していた。 家族の何人かは、エスコバルが自殺したと信じていた。 死後 [ ] エスコバルの死後、メデジン・カルテルは分断され、そのリーダー達も半ばまでに殺害または逮捕され、現在、コカイン市場はカリ・カルテルの支配下に移っている。 エスコバル亡き現在、コカインの単価は低下し取引量は増加の一途をたどっている。 アシェンダ・ナポレスはコロンビア麻薬取締局によって差し押さえられたがその後放置され、後にとして再開発された。 パブロ・エスコバルを扱った作品 [ ] 映画 [ ]• (、アメリカ。 ドラッグ・ディーラーのが関わった主要人物として登場している)• わが父の大罪 〜麻薬王パブロ・エスコバル〜 (、コロンビア=アルゼンチン。 監督:ニコラス・エンテル。 ドキュメンタリー作品)• 監督:。 の回顧録『 The Infiltrator』が原作。 (、アメリカ。 監督:ダグ・リーマン、主演:トム・クルーズ) テレビドラマ [ ]• (、原作・制作:、)• (8月28日 - 、脚本・製作総指揮:) ドキュメンタリー [ ]• (、監督:)• ライバルが暴く 真実と秘密「パブロ・エスコバル」() 伝記 [ ]• Killing Pablo(著:Mark Bowden、、Penguin Books、paperback)• パブロを殺せ(訳:、4月、)• Mi hermano Pablo My Brother Pablo (著:Roberto Escobar Gaviria、、Quintero Editores) 当書を原作とした映画『Escobar』が、の監督で2008年に制作される予定だったが、中止となった。 エスコバル狩り(原題:、2001年、著:) 当書を原作とした同名映画の公開が2009年に予定されていたが、プロデューサーがに破産申請したために制作中止となった。 音楽 [ ]• のがパブロ・エスコバルを敬愛し、自らの別名として「ナズ・エスコバル」を名乗っている。 El Pablo(ヒップホップアーティストのSnootie Wildによる楽曲。 2016年) 脚註 [ ].

次の

麻薬王の姪に恋したサーファー描く映画『エスコバル/楽園の掟』

エスコバル 映画

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年10月) この名前は、に従っています。 (父方の)は エスコバル、(母方の)は サルダリアガです。 国内リーグ戦に限る。 ポジションは。 のキャプテンを務めた。 経歴 [ ] コロンビア代表のセンターバックとして数々の国際大会に出場。 には麻薬王がオーナーであるの一員として優勝に貢献し、でとも対戦したことがある。 代表では主将も任されるなど、南米屈指のディフェンダーとして知られた。 に出場し堅実な守備で同国初のグループリーグ突破に貢献したが、決勝トーナメント1回戦でに1-2で敗れベスト16に終わった。 にて、コパアメリカで連覇を成し遂げたアルゼンチン代表を5-0で破るなどして首位で本大会に進出。 本大会に臨む代表メンバーにも名を連ね、攻撃陣には、、、イバン・バレンシアーノ、、レオネル・アルバレス、ルイス・カルロス・ペレア、らを擁したコロンビアは同大会の優勝候補の一角と目されていた。 しかし初戦の1次ラウンド第1試合・戦を1-3で落とし、第2試合の開催国戦は、決勝トーナメント進出のためには負けられない状況となった。 コロンビアの守備の要として先発出場したエスコバルだったが、前半35分に痛恨のをアメリカに献上してしまった。 その後、追加点を許したコロンビアは、終了間際に1点を返すも届かず1-2で敗戦。 この時点でコロンビアの1次ラウンド敗退が決定した。 射殺事件 [ ] 1次ラウンド終了後、代表チームはアメリカで解散となり、選手の多くは国民の非難や報復などの後難を恐れて帰国を拒否してアメリカに留まった。 そんな中でエスコバルだけは「自分はあのオウンゴールについてファンやマスコミに説明する義務がある」と帰国を決意。 仲間たちの制止に耳を貸さず、唯一人母国コロンビアへ帰国する。 1994年7月2日の深夜3時半頃、エスコバルは母国コロンビアの郊外のバーで友人と歓談した後、店から出たところを銃撃され死亡した。 まだ27歳という若さであった。 エスコバルと一緒にいた友人によると、犯人のウンベルト・ムニョス・カストロは銃撃の際に「Gracias por el auto gol(オウンゴールをありがとう)」という言葉を口にしながら、12発もの銃弾をエスコバルに向かって撃ち込んだ。 まだ大会の期間中に起こったこの衝撃的なニュースは世界中に報道され、直後に行われた決勝トーナメント1回戦のドイツ-ベルギー戦とスペイン-スイス戦では彼の死を悼みキックオフ前に黙祷が捧げられた。 なお、エスコバルは射殺されなければへ移籍する予定だった。 この一連の事件は後に「エスコバルの悲劇」と呼ばれ、今もなお語られている。 この事件はコロンビア代表がまさかの1次リーグで敗退したことへの報復行為であったと広く信じられているが、果たしてこの犯人が単独で及んだ犯行だったのか、またワールドカップを賭けの対象としていた不法賭博シンジケートが関与していたかどうかについては未だ明らかにされていない。 の用心棒だった犯人カストロは1995年6月にエスコバル殺害の罪で逮捕され、懲役43年の判決を受け服役したが、模範囚であるとして刑を短縮され11年後に出所した。 備考 [ ]• コロンビア代表チームでは背番号2をつけていた。 彼の死後4年間、コロンビア代表は2番を欠番にしていた。 2006年、初の公認となるストリートサッカー大会「street football world festival 2006」が、エスコバルのである7月2日を開幕日としてで開催された。 日本では従来、オウンゴールのことを「自殺点」と呼んでいたが、エスコバルが殺害された前述の事件をきっかけに縁起の悪い「自殺点」の呼び方を廃止し、「オウンゴール」に改めることになった。 脚注 [ ] [].

次の