信長 の 野望 創造。 信長の野望・創造 with パワーアップキット

信長の野望 創造WPKが面白すぎてやめられない

信長 の 野望 創造

信長の野望・創造 戦国立志伝の事前情報をまとめました! おすすめのプレイ大名を紹介する記事を作りました。 創造wpkと創造・戦国立志伝の比較記事を作りました。 なにが面白いのか まずは下の画像を見てみてほしい。 関東民なら気づく人もいると思うけれど、「え?ここ拠点なの?」っていう場所にも城があるのが面白い。 河越や江戸、国府台なんかは比較的知名度がある方だと思うけれど、房総半島の太平洋側にある万喜城なんか知っている人ほとんどいないんじゃないかと思います。 僕は城好きではあるけれど特段詳しいわけではないので、このゲーム上の拠点をみて城あったのかな?とか調べたりと、ゲーム以外にも楽しみが派生しているのでなおのこと面白く感じているのかもしれない。 ちなみに、城は初期にある物以外にも自分で築城することができる。 この画像の中だと、守谷城なんかは築城した城のはず。。 北条と戦うために築いたのだ。 (画像では真田でプレイしている) 内政がいい感じに細かい 内政が細かいのが好きなので、その点も気に入っている。 おそらくだけれど、毛色は違うが箱庭を育てるようなゲームを好きな人は気にいるんじゃないかなと思う。 そういう意味では信長の野望 天下創世もよかったのだけれど。 細かすぎず、でもやっている感が味わえるようなちょうどいいボリュームの内政になっているので気楽に楽しめるところもポイントが高いと思います。 戦争が面倒くさくないのと数が比較的モノを言う 無印と比べるとWPKの戦争はちょっとリアルではなくなってしまったのだけれど、それでも兵力がものを言うと言うのは共通して言えること。 同じコーエーテクモから出ている無双シリーズのように無双ができないのは、リアルでいいですね。 と言っても、戦争ではなく戦闘を直接操作するとかなりプレイヤーに有利になったりするけれど。 僕は基本的には戦闘を直接触らず、戦争(軍のコマを移動させる)だけで操作するようにしている。 細かな魅力はこれらを見てみてほしい どの記事も、良い点悪い点はあるものの総評としてポジティブな感想になっている。 コーエーテクモの戦略シミュレーションはリリースするごとに酷評が増えていくのが通例なのに、結構珍しい。 ずーっと遊んでる 1年半の間、割りと途切れることなくコンスタントに遊んでいると思います。 かなり楽しい。 今日の発見、気づき 信長の野望の最新作、かなり楽しいです。 遅めのレビューというかただの紹介みたいな記事になりましたが良かったら遊んでみてください。 steamからダウンロード購入するのが楽でオススメ。 パッケージほしかったりパソコン以外で購入したい場合はamazonもいいかもしれません。 2015年12月にコーエーテクモの公式サイトで価格改定したらしく、ダウンロード版が半額程度の価格で購入できるようです。 この際にぜひ!詳しくはでご確認ください。

次の

信長の野望・創造 with パワーアップキット

信長 の 野望 創造

信長の野望 創造攻略サイト 批評 レビュー 信長の野望創造と信長の野望創造戦国立志伝の攻略サイト。 具体的な攻略方法や裏技、詳細データなど。 批評 レビュー はじめに この批評 レビュー は、まだ創造をプレーしたことがない方のために、ゲームの概要と個人的な批評を紹介したものです。 パワーアップキットについては、「」をご覧ください。 購入の参考になさる方は、人によって違った楽しみ方、違った評価があることを理解した上で、お読みください。 批評 レビュー 信長の野望創造は、1枚の全国マップ上をリアルタイムで戦います。 この点は革新や天道と同じなのですが、創造は過去2作と驚くほど印象が異なります。 革新や天道は、城と城を結ぶ街道はほぼ1本で、道幅も狭い所が多かったため、軍事施設で守り、戦法で敵を倒す、という戦い方がセオリーでした。 創造は、圧倒的な威力の戦法も軍事施設もないため、人で守り人で攻めるしかありません。 しかも、街道が網の目のように張り巡らされているため、いかに多数の部隊を動かし、いかに敵の背後を衝くか、という戦い方になります。 創造のもう1つの特徴が人口です。 合戦は、武将や采配よりも兵の多さが第一です。 より多くの兵を動員するためには、城の人口を増やす必要があります。 城の人口を効率的に増やすためには、内政や街道の整備が必要です。 内政や街道の整備は、人口が多いほど命令回数が増えます。 これほど人口を重視した歴史シミュレーションが過去にあったでしょうか。 人口の不足を補う方法が外交です。 お金と時間さえかければ、他国に援軍を要請できます。 同盟を結んでいなくても援軍を要請できるため、どこを味方につけて、どこと戦うか、という大局的な戦略が極めて重要になります。 単純ながらもバランスの良いこの外交システムは、関が原の戦いを髣髴させるものがあります。 外交の使用回数は、過去の信長の野望シリーズと比較しても、かなり多いです。 大局的な戦いの創造。 局地戦の連続の革新と天道。 人口や外交などで現実的な戦いを強いられる創造。 戦法や軍事施設で派手に削りあう革新や天道。 似ているようで、実は全くゲーム性が異なります。 個人的に最も気に入っているのが、今作で導入されたクエスト方式のイベントです。 創造では、イベントが発生すると条件が提示され、その条件を達成することでイベントが進行します。 イベントが発生したと同時に結果まで出た過去の信長の野望とは大きな違いです。 しかも、イベントの数がかなり多いため、イベントの条件を順番にクリアしていくと、史実を追うようにゲームが展開していきます。 歴史の再現という点では、太閤立志伝5に近いものがあります。 太閤立志伝の新作が発売されない不満もあってか、歴史を追う展開がことのほか楽しいです。 歴史好きの方なら、私と同様に創造を楽しめると思います。 ただ、やりようによっては数倍の兵力差も覆せた革新や天道の方が、ストラテジーゲームとして優れていたのではと感じています。

次の

forums.alienisolation.com: 信長の野望・創造 with パワーアップキット

信長 の 野望 創造

2013年12月に新発売された、コーエーの「信長の野望、創造」。 プレステ3版などは発売後の日曜日には売れ切れ続出の人気ぶりですが、その「創造」の初心者向け攻略法を記載しておきます。 すなわち、発生した「戦国伝」を優先して進めていくようにプレイすると良いです。 戦国伝をクリアすると、武将特性が追加されて、その後、有利に展開することが可能になったり、登録武将のコーナーに新規武将が追加される事があります。 その為、評定での内政 拠点の開発 は、最初の頃は「商業」に投資して行くと良いかと存じます。 金銭が不足する場合には「取引」にて兵糧を売却してでも投資したいですが、戦闘の際に兵糧不足となると兵士が飢え死にするので、過度に兵糧売却しないよう注意しましょう。 また「政策」を実施する場合には、支出が増えるので、金銭収入の乏しい最初の頃には政策を実施しなくて良いのではと存じます。 家臣の忠誠は様々な要因で上下することになりましたが、今のところ、これまでように忠誠に気配りする必要が無くなったように感じています。 忠誠を強制的に上げる方法は「家宝」を渡す事、城主に「任命」すること、「婚姻」関係にすることくらいに押さえられましたが「創造」では、そんなに気を付けなくても家臣が離反したり、引き抜かれたりする事は無いようです。 小生はまだ1回も家臣が離れて行ったことが無い 人材不足では勢力拡大できませんが、逆に言うと敵武将の引き抜きができないので、近隣諸国の大名家を占領して捕えて、家臣化して行く事で家臣を増やしていくのが、天下統一への道でもあると言えます。 現代のアメリカ・ロシアなどの世界戦略でも同じですが、戦略で一番重要なのは、敵から攻撃を受けない事です。 「創造」でも周りの勢力と友好関係にあれば攻撃を受けず、成長戦略を進めやすくなりますので、序盤はとにかく金銭収入が少ないので、費用がバカになりませんが、積極的に「外交」での「工作」を進めていくしか無いようです。 ゲーム上では同盟した相手が裏切る事はほとんどなく、一方的に同盟破棄して来ることもほとんど無いようなので、本当に信頼できる同盟関係となります。 ただし、同盟していないと、例え信用度が高くても、相手が攻める場所が無い場合、攻撃を受ける場合があるので、戦いたくない相手とは積極的に早めに「同盟」を結んだ方が得策なようです。 一方的に破棄しても家臣の忠誠が下がるような事は無い?ようなので、自分の都合にて同盟を破棄する事を行いやすくなった感じが致しますが、1度戦闘を起こすと、その「工作」は断絶されてしまうので要注意でです。 しかし、断絶となっても数か月間、穏便に過ごすと「工作」が再開できるように緩和されます。 すなわち、兵士は各城に滞在していて、他の城に輸送することはできません。 武将は移動させることができるので、各城に武将を配置することできますが、兵士の移動はあまくでも「出陣」のみとなり、すなわち軍を出す場合には、各城から個別に出陣させて、戦闘終了後は元の城に兵士が戻るのです。 よって、敵城を攻撃する際には、最初は遠方にある自軍の城から兵を出し、徐々に中距離の城から、短距離の城からと兵を出して、なるべくほぼ時を同じくして敵城に到達するよう工夫すると、一挙に兵力を集中できます。 方法は、軍議画面の「出陣」を使用するのではなく、軍議画面で各城をクリックして、采配マーク 軍配マーク をクリックし、各個別に出陣させて、出陣先を指定する方法が最適で、私はこの方法でしか出陣させません。 パソコン版のみかも? 部隊を動かす時に Shift キー を押しながら中継点 要所 をクリックすると、そこを経由して進軍してくれます。 中継点は複数の設定もできるので、お試し下さい。 城攻めでは強攻もできますが、基本的には敵城を囲んで籠城戦で打ち勝つ方法が主流となります。 よって、最低でも4部隊・合計3000名以上になるようにしたいところです。 3000より少ないと不完全包囲で膠着することがあります。 理由としては、敵城を包囲するには敵城の耐久数字以上の兵力が必要となる為です。 城を囲む兵士数が多いほど、早く陥落できたり、途中で降参する事もあるので、8000以上などできる限り多くの兵士数を派遣すると良いかと存じます。 このように戦闘では大部隊であるほど、有利に戦えますので、そのうち人口が増えて10000名以上など大兵力の派遣ができるようになる「本城」の開発は、怠らないように注意致しましょう。 戦の場合には、自分の兵力を惜しみなく、できる限りの多くの兵力を注ぐことが勝利への道であることは間違いないようです。 戦力が乏しい場合などには、多用したいところですね。 まぁ、この辺りはお好みでどうぞ。 と言うのは、支城を築城すると、防御戦略だけでなく、数年後には2000~3000の軍勢に成長するだけでなく、その支城の内政からも収入が増えてくれます。 ただし、山間部などは成長しない支城となってしまう事もありますので、できる限り大きな街道が交差している地点に支城を作りましょう。 戦の方針に関しても一応は、軍団に対して「攻略」より、「不許可」として戦う事を禁止する指示を出せるのですが、私だけですかね? 勝手に攻め込んだりする武将がいるので、大変困ってしまいます・・。 「工作」にて信用度を高めていた大名にも、勝手に攻めたりすることがあり、考えていた戦略が崩れてしまう事があるのです。 軍団の勝手な戦闘行動を抑えるためには、今のところ直轄地にするしかないよう?なので、前線の城を統括できるように「本拠」を移すしかなさそうなのですが、良い方法をご存知の方は是非教えて頂けますと幸いです。 私は逆にシュミレーションの方が好みなのですが、買ってみたもの、苦手だな?と感じる方も多いかと存じます。 人口と商業・石高が重要となった今作では、収入の良い大勢力と、収入の少ない弱小勢力との格差が大きいように感じます。 とにかく弱小大名は、すぐに大きな勢力に潰されてしまうのです。 よって、何度プレイしても、なかなか思うように勢力拡大できない場合には「登録武将」を使用して、家臣に有能な武将を何名か追加して、最初からプレイすると良いのではと存じます。 初心者向けの難易度が低いお勧め大名は下記の通りです。 一番簡単にプレイできるのは下記の大名となりますので、念のため記載しておきます。 疲れを出さないように、休憩も取りながら、信長の野望「創造」をお互いに楽しで参りましょう。 もし、よろしければ、コメントなども頂けますと嬉しく存じます。 信長の野望「創造」の著作権は Copyright c コーエーテクモゲームズ All Rights Reserved. また、記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 最新作「信長の野望・大志」2017年11月新発売 カテゴリー• 126• 762• 111• 108• 128• 115• 113• 208• 162• 156 いつもご高覧賜りまして、深く御礼申し上げます。 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。 残念ながら当方の承諾を得ていない、記事の流用や成りすましサイト・動画などが見受けられ弁護士と対処を検討中です。 他サイトご利用の際にはご留意願います。

次の