電子コミックサイト おすすめ。 月額定額の電子コミック・漫画読み放題サービス主要8サイトまとめ

電子コミックサイト 〜おすすめランキング〜

電子コミックサイト おすすめ

俺に任せろウホ! ここからは俺が長年、多くの電子漫画サイトを使ってきて最高におすすめできるスマホ向け漫画サイトを3つだけ厳選した。 損したくない… 使い勝手の良い漫画サイトがいい… 漫画読むのにストレス感じたくない… そもそも、どの漫画サイトも同じに見えちまう… 安全で安心して使えるサイトがいい… 1つでも心に思っている項目があったなら下の3つの漫画サイトからお気に入りを一つ選べば絶対に損はさせないし、最高の電子漫画ライフがおくれることを約束してやる! スマホ漫画サイト おすすめランキング ここでの俺の評価は5段階だ。 星の数が多いほど評価が高いと思ってくれ。 作品ラインナップのバランス良し• 端末に作品を保存できる• ボーナスポイントも多い• アプリの使い勝手が良し• 東証一部上場企業が運営• サービス退会しても巻購入作品は閲覧可能 俺が一番に推奨したいサービスは「コミなび」だ。 作品数もバランスがよく一般漫画からBL、TLまで何でも揃ってる。 しかもだ、オフライン再生機能がある。 これは専用本棚アプリを端末に入れて、巻購入した漫画をアプリに保存ができる。 保存が終わればネット環境がなくても漫画を読むことができるんだ。 ボーナスポイントも月額300円コースから付与されるし、ボーナスポイントも全体的にみて安定している。 あと、本棚アプリは閲覧ビューアにも対応している。 これが超優秀で使い勝手が最高だ。 漫画を読んでいてストレスをまったく感じない。 マニアックなジャンルの作品が多い• 話購入でも閲覧無期限作品ばかり• 運営はBookLiveなので安心• 購入作品は退会後も閲覧可能 ハンディコミックは一般漫画のラインナップも多いが…BL、TL、大人向け漫画のラインナップが尋常じゃないほど多い。 マニアックなジャンル、漫画を求めているならハンディコミックを推奨したい。 ボーナスポイントも消費税分付きで付与してくれる。 巻売り・話売りにも対応していて使い勝手も申し分ないぞ。 2位に選んだ理由の一つとしてコミなびのように端末に漫画の保存ができない。 作品は常にストリーミング再生となるのでデータ通信量を気にする奴にはネックになるかもしれないと感じたからだ。 無料漫画のラインナップ最強• 専用ビューアアプリが使いやすい• ボーナスポイントも安定して多い• 10年以上の実績で安心して利用できる まんが王国と言えば他社と比較にならないほどの無料漫画のラインナップだ。 とりあえず無料で電子漫画サイトを使い倒してみたいなら、まんが王国が推奨できる。 常時2,000作品以上の無料漫画を取り揃えている。 無料漫画は月額会員になる必要やサービスにログインする必要もなく閲覧することができるぞ。 ただし、全体的な作品数は上2社に比べると少ない。 またハンディコミック同様で端末に作品の保存ができないため、オフラインで漫画を読めない。 暇つぶしに無料で漫画を読みたい…購入する漫画は1巻だけでも読んで絵柄、内容を確認したいといった慎重派の奴にオススメできるサービスだ。

次の

コミックサイトの比較とランキングならお任せ!漫画の比較屋

電子コミックサイト おすすめ

ebookjapanの特徴• 漫画の取り扱い作品数は世界最大級の50万冊以上!• 取り扱い数が多いだけありアダルト含めジャンルが豊富!• 無料で読めるマンガが9000作品!• セット割引や割引セールが超お得!• オフラインでも読める専用アプリが使いやすい! PayPay払い対応で還元率アップ! Yahoo! JAPANの子会社である、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営している電子コミックサイトです。 規模がかなり大きく、マンガの数は世界最大級となっていてなんと50万冊以上のラインナップ! 無料で読めるマンガの数が圧倒的に多く、なおかつオフライン対応の専用アプリがかなり使いやすいので、電子コミックを読むのに最高の環境が揃っています。 会員登録は無料ですが、しなくても ブラウザ上であれば無料マンガを読むことが可能です! ポイントアップや割引キャンペーンを頻繁におこなっているので、それを狙って買うとお得。 PayPay払いに対応したので、さらにポイント還元率が上がったのも嬉しいポイントです。 FODプレミアムの特徴• 月額959円 税込 で毎月最大700ptもらえるので価格もお得!• 5000作品のドラマや映画が見放題! 100誌以上の雑誌が無料で読める!• 月替わりで無料で読める作品が用意されている!• 無料で読める漫画の巻数が多い! 多くのサイトでは1-2巻程• 2週間無料で試せる! FOD フジテレビオンデマンド はフジテレビの運営する動画配信サイトです。 フジテレビ系のドラマや映画などを配信しており、動画サイトとして有名ですがじつはマンガも取り扱っています。 その数は15万冊以上。 と、聞いてもピンとこないですよね。 笑 booklive! の特徴• 日本最大級の電子書籍サービス!• 無料で読める本が約最大7000冊!• Tポイントが貯まる!• クーポンガチャやセールなどのキャンペーンがお得!• 会員登録をすれば1冊50%オフになるクーポンがもらえる! booklive!を運営する株式会社BookLiveは、大手印刷会社である凸版印刷のグループ会社です。 作品数は60万点以上 一般書籍含む 、無料で読める作品数は約最大7000冊と国内トップクラスの取り扱い数。 さらに毎日更新されている 激安での販売コーナーもあります。 それでも電子化の流れは止めるのは難しそうだけどね。 いずれは全て電子に移るんじゃないかな アプリ系のコミックサイトは使わない理由 マンガアプリで有名なところだと、マンガワンやマンガBANG! しょうか。 管理人はマンガアプリは使いません。 なぜなら、 余計な課金をしてしまうから。 無料だといいますが、 実際は1日に読める上限が決まっているスタミナ制です。 その日に続きを読むためには、課金が必要です。 まだ発売されていないならまだしも、マンガの続きを我慢するなんてことができますか? 否!絶対にできません!! 結局がまんできずに無用な課金をするのが分かりきっているので、マンガアプリ系は使わないです。 結果的に電子サイトコミックで買った方がお得になるので。 オススメ電子コミックサイト• コミックを集めるなら「 」• マンガ週刊誌を買うなら「 」• 完結まで読み放題なら「 」 マンガを紙から電子に切り替えたら幸せになれた せっかくなので、なんでマンガを電子コミックにかえたのかをお話しします。 あれは数年前のことでした。 ・ ・ ・ ・ ずっとマンガを読んでいられる生活ができたら・・・ といっても、ふだんは会社に行ったりと、家でゆっくりマンガを読める時間は限られます。 通勤時や空いた時間で読めれば良いのですが、大量のマンガなんて持ち歩けないし、ほんの10分や20分くらい時間が空いてもマンガ喫茶なんて入れないし・・・ そこで管理人が考えた方法は、 マンガを電子化することでした。 持っているマンガを全て電子コミックに切り替えることさえできれば、.

次の

tana'net

電子コミックサイト おすすめ

電子コミックのサービスの選び方3つ 電子コミックが読めるサービスは、ネット上に数え切れないほどあるため、「どのサービスにしたらいいのかわからない」と迷ってしまう人もいるでしょう。 そこで、まずは電子コミックサービスを選ぶときの3つポイントをお教えしましょう。 電子コミックのサービスの選び方• 買い切りか、読み放題かも選択肢の一つですし、無料なものや安いものは、それ相応のサービスしかないことがほとんどです。 また、スマホで読むか、専用端末で読むのかによっても選択肢が変わってきます。 専用端末が用意されているかも重要な要素で、スマホは読みづらい傾向があります。 また、SIMでは読めないものもあります。 合法的なサービスであれば、サイトのどこかに「会社概要」という項目があるはずです。 逆に会社概要がないようなサービスは、漫画を違法にアップロードしている違法サイトの可能性が高いです。 2018年に、漫画を違法にアップロードしていた「漫画村」などの違法サイトが問題になりました。 違法サイトを利用していると、漫画家や出版社にお金が入らないため、漫画業界が疲弊してしまい面白い漫画が読めなくなってしまいます。 そのため、電子コミックを読むときは、サイトに会社概要がないようなサービスは、利用しないようにしましょう。 「え?無料で電子コミックが読めるの?」と、思っている方もいるかもしれません。 サービスと漫画にもよりますが、電子コミックは、無料で読める場合があります。 しかし、無料で読めるのは、「1巻だけ」「無名の漫画だけ」ということが多いので、『ONE PIECE』や『北斗の拳』などの有名な漫画を全巻読みたい場合は、有料のサービスを利用する必要があります。 単発購入と読み放題の違い• 単発購入:漫画を1巻ずつ単発で購入• 読み放題:特定の漫画が読み放題になる それぞれの特徴は、以下の通りです。 単発購入 読み放題 読める漫画 購入した漫画 読み放題の対象漫画 漫画の選びやすさ 自分で選べる サービスの運営側次第 費用 1冊ごとにかかる 一定料金 1冊あたりのコスト 高い 安い 料理にたとえると単発購入は、好きな料理を選べるけど費用が高い「単品注文方式」。 読み放題は、運営側が指定した料理しか選べないけど、費用は安い「バイキング方式」といった感じです。 知っておきたい!電子コミックのメリット・デメリット おすすめの電子コミックのサービスを紹介する前に、電子コミックのメリットとデメリットについてお伝えします。 電子コミックのメリット 電子コミックのメリットは、以下の通りです。 電子コミックのメリット• また、印刷代や輸送費もかからないため、紙の本よりも費用が安いです。 また、電子コミックはスマホなら片手で読めるため、ベッドで横になりながらや食事をしながらでもマンガを読めます。 さらに電子コミックは、紙の本とは違って月日が経っても劣化しないというメリットもあります。 電子コミックのデメリット しかし電子コミックには、以下のデメリットがあります。 電子コミックのデメリット• また、友達に貸すこともできません。 電子コミックのメリットとデメリットを、よく知った上で利用したいものですね。 【読み放題版】電子コミックオススメサービス6つ お待たせしました。 いよいよ電子コミックの、おすすめサービスを6つを紹介します。 私は今までに、20社近くの電子コミック読み放題サービスを使ってきましたが、以下の5つはその中から厳選したサービスです。 【読み放題版】電子コミックオススメサービス6つ• 中には有名な漫画も無料で読めますよ。 単発購入はできませんが、月額500円で3万冊以上の漫画が読み放題。 さらに、『るるぶ』など350誌以上の雑誌が読み放題です。 ブック放題の詳細はこちら。 1万冊の漫画が読み放題になります。 先ほど紹介した、ブック放題の廉価版です。 Yahoo!プレミアム会員の人は、追加料金なしで利用できるので、試してみてください。 以前は、「BookPlace for U-NEXT」というサービス名でしたが、今はU-NEXTに統合されました。 U-NEXTの月額料金は1,990円と高いですが、毎月1,200円分のポイントがもらえるため、実質的な料金は720円です。 もらったポイントで、最新の電子コミックを買ったり、映画やアニメなどの動画作品を購入したりできます。 単発購入と読み放題の両方に対応しているため、読み放題にある漫画を楽しんだ後、読みたい漫画は単発で購入するということが可能です。 ブックパスはauのサービスですが、auユーザー以外の人もIDを作れば、利用できます。 また漫画だけでなく、雑誌や一般書籍も読み放題の対象になっているので、電子コミック以外の電子書籍が読みたい人にもおすすめです。 【単発購入版】電子コミックオススメサービス3つ 「読み放題じゃなくて、好きな漫画だけピンポイントで読みたい」という方には、電子コミックを単発で購入できる、以下のサービスがおすすめです。 電子コミックを単発で購入する際に気をつけたいのは、「運営会社が潰れるリスクの少ないサービスを選ぶこと」です。 電子コミックの運営元が潰れてしまうと、購入した電子コミックを読むソフトのアップデートが止まってしまう恐れがあるからです。 それを踏まえた上で、私がおすすめするのは以下の3サービスです。 【単発購入版】電子コミックオススメサービス3つ• com 誰もが知っている大手企業ですね。 基本的にどの企業で購入をしても、漫画の内容は変わりません。 普段あなたが使っているサイトを選んで利用すれば、決済がしやすいと思います。 Amazon kindleは、電子書籍リーダーの端末名としても使われているのでややこしいですね。 人気の漫画であれば、電子コミック化されている漫画のほとんどを取り揃えています。 楽天koboという電子書籍リーダーもありますが、この電子書籍リーダーを持っていなくても読書は可能です。 comでも、電子コミックを販売しています。 他社よりも、無料で読める電子コミックが多いイメージです。 まとめ:まずは無料で試してみよう この記事では、さまざまな電子コミックのサービスを紹介してきましたが、中には「結局、どのサービスが一番いいのかわからない」という方もいると思います。 記事の中でもお伝えした通り、どのサービスにも無料のお試し期間があるため、 一度登録して試してみるのがおすすめです。 無料のお試し期間中に解約すれば、 料金は一切かかりません。 アパレルショップで服が自分に合うか試着するように、電子コミックサービスが自分に合うかどうかを一度試してみると、本当に自分に合ったサービスを選ぶことができますよ。 漫画は、このストレス社会において知識や娯楽を提供してくれます。 毎日楽しく生活したい人は、ぜひ電子コミックを利用してみてください。

次の