ギガノーカウント使用。 ソフトバンク利用者は必見!メリハリプランで料金とデータ使用量を大幅に節約

ウルトラギガモンスター+(2018年9月6日~2019年9月12日)

ギガノーカウント使用

スマホのギガ数って平均何GB? こんにちは、さとやんです。 スマホの新規契約やキャリア変更で料金プランを決める際、 ギガ数を何GBにすれば良いかって結構迷いますよね。 数年前までは一律7GBまででしたが、最近は細かく分けられており、 20GB30GBなんて大容量も選択することができます。 ほとんどの人は普段自分が月に何GB使っているかなんて気にしていないでしょうから、 どれぐらいが最適なギガ数なのか分からないんですね。 大抵はキャリアショップの店員さんの「これぐらいあった方が良いですよ」などと 言われるがままに2GBや5GBとギガ数を決めているのではないかと思います。 自分は平均的な使い方をしている思っている人がほとんどでしょうから、 全国のスマホユーザーは平均で月何GB使っているのかを見てみましょう。 MM総研の2015年の調査によると、 スマホユーザーの月間通信量の平均は3. 53GBなんだそうです。 5GB以下という人が全体の約8割に達しており、 中でも2GB以下という人の割合が多く全体の約半数となっています。 私の周りでも月末になると通信制限に掛かったということをよく耳にするので、 平均で3GBちょっと、2GB以下の人が半数も居るというのは意外でした。 そうすると、月間2GBで充分足りるのに店員さんの言われるがまま 5GBプランを使っているなんて人も案外多いじゃないでしょうか。 過去数か月の明細を見直してみたら、 「1つ下のプランでもいけんじゃん」てなるかもしれませんよ。 1GBでできること スマホの平均的な月間通信量が約3. 5GBということですが、 具体的に何をすればどのぐらいのギガ数が使われるのかを見ておきましょう。 知らない人も居るかもしれませんが、 大手キャリアの公式サイトには用途ごとの使用ギガ数の目安が掲載されています。 それを参考に見てみると、 ・メール送受信(1通)・・・500KB ・サイト閲覧(1ページ)・・・300KB ・動画視聴(標準画質、1分)・・・4MB などとなっています。 (1000KB=1MB、1000MB=1GBとする) メールやサイトの閲覧は、文字数や画像の有り無しで変わるものの、 やはりテキスト中心ということで思ったよりもギガ数を使わないんですね。 メールなら約2000通、サイト閲覧なら約3500ページで1GBになります。 SNSの使用も同じぐらいで数百KB程度でしょうから、 1日に何十回と投稿しないかぎりはそんなに気にするほどのギガ数にはなりません。 問題は動画で、標準画質ですら1分見ると4MBですから、 高画質動画だと1分で10MB20MBも消費してしまうんですね。 標準画質なら1GBで約4. 5時間見られますが、 画質を上げると40~1時間ぐらいで1GBに達します。 SNSで動画が貼り付けられていることがありますが、 それを再生することでやはりこれぐらいのギガ数を使うことになります。 自動再生されるようになっていると見たくもない動画でギガ数を使うことになるので、 SNSの自動再生はオフにしておいた方が良いですね。 動画やゲームを思う存分楽しむなら何GB必要? 少し前まではスマホで動画を見るとなると、 YouTubeかニコニコ動画ぐらいしか選択肢がありませんでした。 しかし最近は、映画やドラマの最新作が見られる有料の動画配信サービスも 増えていますし、民放TV局が見直し配信サービスを行っていたりします。 選択肢が増えたことで、 スマホで存分に動画を楽しみたいという人も多くなっていると思います。 では動画視聴をメインとする場合には、 月にどのぐらいのギガ数が必要なのでしょうか? 標準画質動画であれば5GBで約22時間見られますから、 週末ごとに映画を1~2本見るぐらいなら余裕です。 しかし折角有料の動画配信サービスで映画を見るなら、 標準画質ではなくより高画質で見たいですよね。 高画質動画になると大体40分~1時間ちょっとで1GBに達しますから、 5GBだと5時間足らずしか見られません。 これだと映画を2本も見れば終わりですから、やはり動画を存分に楽しむためには 20GB30GBぐらいは必要になるのではないでしょうか。 ゲームはプレイするだけならほとんどギガ数は消費せず、 頻繁に通信を行う「ポケモンGO」でも1時間で10MBぐらいとなっています。 なので、1日中ゲームをするならともかく、1日2~3時間程度なら月間数百MBで 収まるのでゲーム以外の使い方次第では1GBや2GBでも十分だと思います。 ただダウンロードやアップデートには注意が必要で、 RPG系のゲームだとダウンロードするだけで数GB必要なんてこともあります。 動画やLINEが使い放題の格安SIM 大手携帯キャリアの回線が格安で使えるということで、 ここのところ利用者数を伸ばしているのが格安SIMサービスです。 実はこの格安SIMでは独自のサービスを行っているところも多く、 中には動画見放題、LINE使い放題の格安SIMがあるんです。 インターネットプロバイダの老舗でもあるBiglobeが提供する格安SIMである Biglobeモバイルには「エンタメフリー・オプション」というものがあります。 このオプションを付けると、通話SIMは月額480円、データ専用SIMは月額980円で、 特定の動画や音楽の配信サービスはいくら利用してもギガ数を消費しなくなります。 対象のサービスは ・YouTube ・AbemaTV ・Google Play Music ・Apple Music ・Spotify ・AWA ・radiko. jp ・Amazon Music ・U-NEXT ・YouTube Kids となっています。 さすがに有料の動画配信サービスは含まれていませんが、 それでもYouTubeをいくら見てもギガ数に響かないというのは大きいですよね。 音楽好きにとっても、現状サービスは限られますが、 何曲聴いてもギガ数を消費しないというのは嬉しいのではないでしょうか。 それからLINEが提供しているLINEモバイルでは、 LINEを含む主要なSNSが通信量ゼロで利用できます。 「コミュニケーションフリープラン」に加入すれば、若干料金は高くなりますが、 ・LINE ・Twitter ・Facebook ・Instagram がギガ数消費ゼロで使えちゃいます。 動画はあまり見ないけど、とにかくSNSは手放せないという人にとっては 非常に便利なサービスですよね。 格安SIM市場が拡大するこれからは、自分の利用目的に合ったサービスを 見つけるということも重要になるのかもしれませんね。 格安SIMには落とし穴も 格安SIMは大手携帯キャリアの回線が安く使えるサービスであり、 通信品質は大手携帯キャリアと変わらないと言われることがあります。 基本的に大手携帯キャリアと同じを利用するわけですから、 格安SIMだと対応エリアが狭いなんてことは確かにありません。 ただ通信速度については、 同じ回線でも大手携帯キャリアより格安SIMの方が遅くなる傾向にあります。 使っているスマホのスペックにも依りますが、大手携帯キャリアのスマホであれば 夜間など混雑する時間帯でも実測で数十Mbps程度の通信速度が出ます。 ところが格安SIMだと、 混雑する時間帯では1Mbps以下にまで落ちてしまうこともあるんだとか。 1Mbps以下では、SNSは少し表示されるのが遅くなるぐらいで済みますが、 動画は読み込みに時間が掛かるので快適に見ることはできなくなります。 これは利用者が増えて回線がひっ迫するためで、解消するには借りる回線数を 増やしたり基地局を増強したりと設備投資が必要になります。 そうすると料金を上げざるを得ず、現状では多少通信速度が遅くなっても 低料金を保っているというところなんだと思われます。 もちろん全ての格安SIMサービスが遅いわけではありません。 ただ格安SIMユーザーが増えていることを考えると、 今後は「格安SIM=安いけど遅い」というのが常識になってしまうかもしれません。 ギガ数を追加購入するだけで充分? 毎月のようにスマホのギガ数を使い切ってしまい、 月末はいつも超低速通信で乗り切っているという人も居るかと思います。 月半ばで使い切ってしまうような場合は、使えるギガ数の多いプランに変えるか、 大容量が使える格安SIMに乗り換えるなどした方が料金的にもお得です。 ところがもうちょっとだけギガ数があれば制限に掛からず1か月乗り切れるという 場合は、プランを変えるなどするよりギガ数を追加購入する方がお得だったりします。 例えばドコモの場合、2GBでは足りないからと5GBにするとデータ定額料金が 3,500円から5,000円と1,500円高くなります。 ところが1GB追加なら1,000円上がるだけなので、 5GBに変えるよりも500円安くて済むんです。 あとちょっとで制限に掛からず乗り切れるというぐらいの使い方なら、 1,500円で3GB増やすより1,000円で1GB増やした方が料金的にはお得なんですね。 毎月制限に掛かってしまうからと言って闇雲にプラン変更するのではなく、 あとどれぐらいギガ数があれば乗り切れるのかを把握し、 追加購入かプラン変更どちらがお得かを見極めることも大切ですよ。 私は20ギガを月額2000円台で使えるWIFIがあるなんで知りませんでした。 (34歳 会社員) 格安SIMは所詮安かろう悪かろうですよ。 昼休みや夜間が遅いのは当たり前。 はっきりいって本当に使い物になりません。 家もスマホもソフトバンク回線のモバイルルーターで快適ですよ。 ソフトバンク回線といってもソフトバンク本体のモバイルルーターはおすすめできません。 本家本元はコストがかさばって安くできないからです。 その点、ソフトバンクの代理店は強気です。 ソフトバンクから報酬をたっぷり貰えるのでギリギリのやすさで戦えるわけです。 ネクストモバイルもその一つ。 このモバイルルーター以上のコスパと速度(夜間でも普通に20Mbps以上)を持つWIFIはないでしょう。 WIMAXで電波がはいらない、とか消耗する前に 一刻もはやくネクストモバイルにすべきです。 快適なネット生活でイライラすることもなくなりました。

次の

ギガノーカウント使用量って!?ソフトバンクのウルトラギガモンスター+に変更!│イーブロ

ギガノーカウント使用

サービス• 機種 この順番でみていきます。 ソフトバンクとワイモバイルの料金比較 ソフトバンクとワイモバイルの料金比較をすると、ワイモバイルの方が安いです。 それには理由があってソフトバンクは50GBまで使えて、ワイモバイルは14GBまで使えます。 なので、ギガをたくさん使う人はワイモバイルは安いけどギガが足りない…なんてこともありえます。 どれくらい料金が違うのか簡単にまとめていきます。 ソフトバンクとワイモバイルを 切り分けるポイントはギガをどれくらい使うかです。 、 ソフトバンクの料金 基本料金 980円 メリハリプラン 50GB 6,500円 合計 7,480円 7,480円がソフトバンクの基本料金です。 ここにプラスでいろんな要素が入ります。 機種代金• オプション• 割り引き 3GBまでの人だとかなり安く使えるのがわかりますね。 機種代金も少し古めの機種なので値段も安いです。 4,000円以下で使えることも珍しくありません。 ソフトバンクとワイモバイルのの料金比較のまとめ ソフトバンクはギガをたくさん使う人向けで料金が高くなります。 およそ7,000円〜10,000円となります。 高い人は15,000円以上の人もいますね。 ワイモバイルはギガを使わない人向けで、安く使えます。 4,000円以下で使える人が多いです。 料金が安いからワイモバイルに行こう!よりもどれくらいギガを使うかで切り分けて行きましょう。 ギガが足りなくなって買い足したら元も子もないですから。 ソフトバンクとワイモバイルのサービス比較 ソフトバンクとワイモバイルのサービスは実はあんまり大差がありません。 通話プランとオプションが少しだけ違います。 ソフトバンクは5分かけ放題か、かけ放題。 ワイモバイルは10分かけ放題か、かけ放題。 他にもワイモバイルはテザリングが無料だったり、キャリアメールが使えたり格安スマホとは思えないサービス。 簡単にそれぞれのサービスをまとめます。 ソフトバンクのサービス ソフトバンクだけのサービスはこんな感じ。 メリハリプラン Twitter・Youtube・LINEなど大手SNSや動画サービスが使い放題 アメリカ放題 アメリカでも日本料金で使える ヤフーショッピング優待 ポイントが10倍 PayPay優待 ソフトバンクユーザー向けに特典が出ることが多い 2年契約なし いつ解約しても解約料金なし 大手SNSやYoutubeが何時間でも使い放題なのは嬉しいですね。 僕もこのプランなんですが、非常に助かってます。 この画像のギガノーカウント使用量というところが使い放題の部分ですね。 60GBぐらい使ってます。 ソフトバンクの特徴としてここが一番押しですね。 お 子さんにどれだけYoutubeを見せても使い放題なので安心です。 ワイモバイルのサービス 格安スマホなのでソフトバンクのように使い放題はありません。 ただ、ソフトバンクより優秀な点もあります。 ワイモバイルのサービス特徴やメリット・デメリットについてはこちらでまとめてます。 ソフトバンクとワイモバイルの機種比較 ソフトバンクとワイモバイルが取り扱う機種には大きな差があります。 それはスマホの世代・スペックです。 ソフトバンクは最新機種• ワイモバイルは少し古め 料金の話の時にも出てきましたが、取り扱うスマホがまるっきり違います。 簡単にまとめていきます。 ソフトバンクの機種 ソフトバンクが取り扱う機種は最新機種が多いです。 iPhoneで例えるとわかりやすいでしょうか。 最新のiPhone発表されました!• 大手キャリアでも発売!• 定価で販売です! こんな流れなので、最新機種が取り扱われていて値段が高いとなります。 他のメーカーも最新機種が取り扱われます。 ただ、値段を抑えた廉価モデルもあるので全部の機種が高いわけではありません。 ワイモバイルの機種 ワイモバイルは基本的に型落ちモデルです。 これもiPhoneで例えるとこんな感じ。 (2020年5月現在)• ソフトバンクはiPhone11• ワイモバイルはiPhone7 iPhone7、8、X、XS、11と世代が変わっていくので約4世代分の遅れがあります。 最近のアプリは最新のiOSを要求する場合も少なくありません。 どうしても使いたいアプリがあっても、それが古い機種だと使えない場合もあるので注意が必要です。 最新機種を格安で使う裏ワザ 最新機種を使ってワイモバイルの格安料金で使う方法もあります。 それは最新機種をSIMロック解除して使うこと。 SIMロック解除についてはこちらからどうぞ。 簡単にいうと最新機種をどこの格安スマホでも使えるようにすることです。 SIMロック解除すると格安で使えるので最新機種を格安で使う人はぜひやってください。 今はワイモバイルを契約する場合オンラインショップだと手数料無料になるのでチャンスです。 \さらにPayPayが6,000円分もらえるキャンペーンも!/.

次の

ソフトバンクが新料金「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」を3月12日に開始 メリハリプランは容量次第で“1500円引き”

ギガノーカウント使用

ソフトバンクから2020年3月12日より、新しい料金プランとして「メリハリプラン」が提供開始されました。 メリハリプランは、 月間50GB分のデータ量が利用できる上に、対象の動画とSNSはギガノーカウント(データ量を消費しない)という 特徴があります。 そして、いよいよ3月27日、2機種の5G対応スマートフォンとともに、ソフトバンクの5Gサービスが開始されます。 その 5Gの対応主要プランとしても、メリハリプランは選ばれています。 本記事では、メリハリプランの詳細について確認します。 関連記事:「」 目次• メリハリプランの概要 ソフトバンクの「 メリハリプラン」は、2020年3月12日に提供開始された料金プランです。 メリハリプランのサービス内容は、毎月50GBまで利用できるデータ容量に加えて、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「動画SNS放題」の対象サービスが利用でき、各種割引により最安3,480円~利用できる仕組みです。 ちなみに、50GBを超過した場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化されますが、追加データを購入することで速度制限されずに高速通信を利用することが出来ます。 メリハリプランではこれに加えて 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下の場合、自動的に1,500円割引となり、最安1,980円~利用できるという点が新たに追加されています。 ただ、月間2GB以下のデータ利用量だと自動的に1,500円割引になるという点は魅力的ではあるものの、 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下のみ対象という点は要注意です。 例えば、動画SNS放題の対象サービス以外のデータ利用を1GB程度で収めたとしても、動画SNS放題で5GB程度利用してしまうと、データ量カウントは合計6GBとなり、この場合は2GB以下の1,500円割引の対象にはならず、割引されません。 どうにか2GB以下の割引を受けたいと意識してしまうと窮屈な印象をうけますが、そう考えるよりも動画SNS放題のメリットを思いっきり生かして利用する方が良いでしょう。 メリハリプランの料金 ここからは、メリハリプランの具体的な料金について確認します。 この2つを組み合わせた総称が「 メリハリプラン(計7,480円)」です。 メリハリプラン(計7,480円)をベースとして、 動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下であれば1,500円割引されます。 ここまでは、ユーザーの契約状況に関係なく、メリハリプランを契約する全ユーザー共通です。 さらに、ここから契約状況に応じて 3種類の割引が適用されます。 新規契約または機種変更を条件として毎月1,000円を最大半年間割引する「 半年おトク割」• ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約することで毎月1,000円割引する「 おうち割 光セット」• これらを合計して、メリハリプランで動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下かつ各種割引を全適用した場合に最安1,980円~利用でき、2GBを超過した場合は最安3,480円~利用できる仕組みです。 メリハリプランで使い放題対象になる動画・SNSサービスについて メリハリプランは、毎月のデータ量を50GBまで高速通信で利用できることに加えて、 対象の動画・SNSサービスであればギガノーカウント、つまり「使い放題」となります。 メリハリプランにおけるギガノーカウント(データ量を消費しない)対象サービスは、 YouTube、Amazon Prime Video、AbemaTV、TVer、GYAO! 、kurashiru、Hulu、スタディサプリ、スタディサプリ English、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの全14サービスです。 ウルトラギガモンスター+と全く同じですね。 上記14サービスは現時点のものですが、今後も使い放題対象サービスが順次追加・変更される予定です。 動画SNS対象サービスでも使い放題対象外に注意! メリハリプランは対象の動画やSNSが使い放題となるのがメリットではあるものの、 動画SNS放題対象サービスであるにも関わらず「動画SNS放題」の対象外、つまりギガ消費されるケースがある点には注意しておきましょう。 使い放題の対象サービスにおいてデータ量カウント(ギガ消費)されるケースは以下の通りです。 一般的な利用であれば、ほぼギガノーカウントで利用できそうです。 しかしながら、 YouTubeのライブ配信投稿や、LINEの音声通話/ビデオ通話が対象外通信になるのは非常に注意が必要です。 また、 Wi-Fiとモバイルデータ通信(4G・3G)の同時接続及び接続切り替えが発生した場合もデータ量がカウントされます。 例えば、街中を歩きながらYouTubeを見ていたら、知らぬ間にフリーWi-Fiに接続されてしまったらデータ量カウント対象となってしまいます。 移動しながらギガノーカウントの対象サービスを利用する時は、Wi-Fiの設定をオフにしたまま利用しておくと良いでしょう。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 メリハリプランは、2年契約なし!解約金なし! ソフトバンクでは、2019年9月13日以降に提供開始している料金プランを2年契約なし、解約金なしの料金体系で提供しています。 ソフトバンクの「メリハリプラン」もこれと同じく、 2年契約の縛りや解約時の負担金も発生しません。 もし、現在2年契約や解約金ありの料金プランを契約中のユーザーは、メリハリプランへ変更して2年契約と解約金がないプランへ切り替える、という選択肢もありだと思います。 ただし、現在「 月月割」を適用中のユーザーは少し注意が必要です。 旧2年契約プランから2年契約の概念がないメリハリプランへ変更した場合、「月月割」が終了してしまうため、かえって割高になる可能性があります。 現在、月月割が適用中の場合は、料金総額やサービスの内容を確認しながらメリットを感じればメリハリプランへ、そうでなければ現状維持という選択が良いでしょう。 メリハリプランへ変更したらいつから適用されるのか? ソフトバンクで新規契約(MNP乗り換え含む)をした場合、選択したメリハリプランは利用開始当日から適用され、最初の利用料もそのプランで日割り請求されます。 一方、すでにソフトバンクで他のプランを利用中の方が、新しくメリハリプランへ変更する場合、 毎月の請求締め日によってメリハリプランの適用日が異なります。 請求締め日ごとの適用日は以下の通りです。 請求締め日 プラン変更申し込み日 変更後プラン適用日 毎月10日 当月11日 ~ 翌月10日の間 翌月11日から開始 毎月20日 当月21日 ~ 翌月20日の間 翌月21日から開始 毎月末日 当月1日 ~ 当月末日の間 翌月1日から開始 基本的にはプラン変更手続きを行なった翌 請求月の開始日0時 からの適用ですが、 請求締め日の21時頃以降にwebなどで申し込んだ場合は、翌々 請求月からの適用となる場合があるので要注意です。 プラン変更時は、My SoftBank 画面に表示される適用開始日を必ず確認しましょう。 メリハリプランの通信速度制限について ソフトバンクは、メリハリプラン利用時における通信速度制限について以下の通りに定めています。 一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、通信速度を制限することがあります。 一般的な使い方であれば、大きく制限されることは少ないでしょうが、普段からスマホで動画やゲームなどをよく利用するユーザーは、速度制限がかかってしまう可能性はゼロではないかもしれません。 メリハリプランでテザリング利用してもギガノーカウントなのか? テザリングとは、スマートフォンやタブレット(親機)にパソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)を接続することで、ソフトバンクの通信サービスエリア内であればLAN回線がない外出先でも、それらの外部機器でインターネットを利用できる仕組みのことです。 メリハリプランの、 動画SNS放題のギガノーカウント対象のコンテンツについて、 テザリングを利用してパソコンやタブレットで利用した場合にも対象になるのかが気になる方もいらっしゃると思います。 その答えとしては、 全く問題なく対象になります。 つまり、 メリハリプランを契約したスマホから テザリング接続でパソコンやタブレットを繋ぎ、対象の動画やSNSを長時間視聴しても、データ容量にはカウントされませんので安心です。 ただし、メリハリプランでテザリングを利用する為には月額500円の「 テザリングオプション」へ加入する必要があります。 メリハリプランのメリットとデメリット ここからは、メリハリプランのメリット、デメリットについて考えてみます。 メリット デメリット• 毎月50GBたっぷり使える• 対象の動画とSNSが使い放題なのは嬉しい• 動画SNS使い放題対象サービスを含めて月間2GB以下でおさまると1,500円割引される• 動画SNS対象サービスを含めた月間データ量2GB以下の割引はハードルが高い• 通話オプションの割高感• 対して、メリハリプランのメリットは、毎月50GBたっぷり使えること、動画SNS使い放題対象サービスはギガノーカウント(データ量消費しない)となること、対象サービスを含めた月間データ量が2GB以下だと1,500円割引されることが挙げられます。 メリットやデメリットに関しては、実際に利用するユーザーの契約状況や環境によって印象が異なるため、良し悪しを簡単に判断することは出来ません。 公式: メリハリプランとソフトバンク光をセット契約してオトクに使いたい ここまで確認した通り、メリハリプランは 使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えると1,500円割引されます。 そもそも、メリハリプランは対象サービス使い放題に加えて50GBも使えるプランですから、対象データ量が2GB以下でおさまるというケースは珍しいかもしれません。 とは言え、利用状況によっては一時的にデータ量を使わない月があり、2GB以下でおさまるという場合もあるかもしれません。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すというイメージです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わずソフトバンク光を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、メリハリプラン契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 メリハリプラン契約者はソフトバンク光でWi-Fi環境を整えることで、おうち割 光セットで毎月1,000円割引が確実に適用され、なおかつ使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えた場合は1,500円割引され、1回線あたり合計2,500円割引される可能性が広がります。 特に現在、他社インターネットを利用中の方・またはインターネットを利用していない方は、ソフトバンク光へ乗り換えてメリハリプランとセットで契約し、オトクにネット使い放題の環境を整えましょう。

次の