大仏こばち。 大仏こばちとは (オサラギコバチとは) [単語記事]

大仏こばち(おさらぎこばち)の声優の顔は?かぐや様以外のアニメ出演作まとめ

大仏こばち

出典 : Amazon. jp 石上の恋、そして今後の『かぐや様』の鍵を握ると思われる注目キャラ、 大仏こばちについてまとめました! 目的がいまいち読めないその行動や発言から、彼女が果たして石上の敵になるのか、それとも味方なのかを徹底検証します! 大仏こばち(おさらぎ こばち)キャラクター概要 『かぐや様は告らせたい』に登場するキャラクターで、秀知院学園に通う高等部1年生の女子生徒。 レンズの厚いメガネと額を広く見せた髪型が特徴的。 読者的にはかなり地味な容姿です。 生徒会長に立候補した 伊井野ミコ(いいの みこ)と同じ 風紀委員かつ 小等部時代からの親友として登場。 選挙当日には応援演説を行うなどミコのために奮闘するも、選挙は現会長の白銀御行(しろがね みゆき)の勝利に終わり、その白銀からミコと共に生徒会入りを打診されるも固辞しました。 ミコが生徒会入りして以降も、彼女の良き友人として見守り続けています。 前述の通り一見すると かなり地味な外見ですが、実は 校内屈指の美女であることがのちに判明。 異性関係にも積極的で、体育祭の赤組応援団団長を務め周囲からも評価の高い風野と付き合うも、ノリが合わない、筋トレ姿がむさ苦しいなどの理由ですぐに別れています。 一方でかなりのオタクでもあり、自分の手に書いた「人」という時に即座に愛着が生まれ名前を付けてしまうなど、奇妙な一面も持っています。 モチーフは『竹取物語』の5つの難題の1つ 「仏の御石の鉢」。 担当声優は 日高里菜(ひだか りな)さん。 大仏はミコの「石上化」を恐れている? 初登場からしばらくはずっと脇役ポジションだった大仏ですけど、 5つの難題がモチーフになっている時点で最初から キーキャラの1人だったのは間違いありません。 そしてそのモチーフの通り、大仏は 石上の今後に深く関わってくるキャラになりそうです。 石上は中等部時代 「クラスメイトの女子にストーカー行為を行いその恋人を殴った」という濡れ衣によって、ほとんどの同級生から忌み嫌われています。 大仏は その話を懐疑的に見ていた数少ない女子の1人。 ミコの背中に貼られた悪口を書いた紙を石上が密かに剥がしている場面を目撃するなど、彼の人となりについても知っており、少なくとも石上に対する印象は決して悪くはないはずです。 しかしそんな彼女ですが、ミコが石上を異性として意識しつつあるのを察し 「これは悪手だ よくない」とマイナスに捉えています。 そしてその後、石上が自身の想い人であるつばめ先輩をデートに誘った際には微笑み、更には石上のストーカー行為等の噂がデマだという証拠を記した生徒会の調査ファイルを無断借用し、つばめ先輩に渡すことが示唆されました。 ストレートに捉えれば、 石上とミコが付き合わないように仕向けていると解釈するしかないでしょう。 これらの大仏の言動に関しては、幾つかの仮説が成り立ちます。 例えば 「ミコが石上とくっつくとミコまで周囲から孤立してしまう」という不安、或いは 「ミコの性格上、石上とくっつくとミコにとって大きなマイナスになる」という懸念によるものかもしれません。 大仏の心情を描いた数少ないエピソードである9巻収録 「大仏こばちは取り締まりたい」で、彼女は 石上が嫌われるに至ったプロセスを的確に分析しています。 また、 「石上とミコは似ている」という認識を持っていることも示しています。 ミコの性格を知り尽くしている大仏なら、間違いはないでしょう。 つまり、 石上に起こったことがミコにいつ起こってもおかしくないと、大仏は思ってるかもしれないのです。 石上がつばめ先輩に好意を寄せている状態で、もしミコが本気で石上を好きになってしまうと、ミコの性格上、石上だけでなくつばめ先輩にまで辛く当たってしまうかもしれません。 そしてそれが公になれば、周囲は校内で人気の高いつばめ先輩の味方になり、ミコが攻撃される。 石上と似た性格のミコは言い訳をせず、全て自分で背負い込んでしまい、 孤立してしまう……と、そこまで懸念しているのではないかと推察できるのです。 一応、大穴として 「ミコを取られたくない」という 百合的思考の可能性もゼロではないですが、限りなく低いでしょう。

次の

『かぐや様は告らせたい』第182話 大仏こばちは見つめてる 感想 : 君の努力はいつか報われる

大仏こばち

伊井野ミコの相棒の メガネ少女やっと氏名が判明しました。 大仏こばち! 今週はそんな大仏が、体育祭で 石上優が果たしてどうなるのか期待と不安を存分に煽ってくれました。 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい75話 「大仏こばちは取り締まりたい」 大仏は「 おさらぎ」と読むそうで、ちゃんとおさらぎで大仏と変換できました。 知らなかったなあー。 でも「おさらぎ」と覚えられる自信がなくてなんか結局「 だいぶつ」としか覚えられなさそうな予感。 大仏で小鉢っていうのはちょっとかわいい名前です。 しかし彼女は メガネを外した素顔はまだ見せてくれませんでした。 素顔はずっと出ないパターンかなあー。 大仏は伊井野とコンビで 風紀委員の校内見回りを実施して、校内のいつもの面子と風紀取り締まり対決を繰り広げます。 しかし伊井野はあまりに不器用で(大仏からはザコと言われる始末)、全然取り締まれません。 早坂には煙に巻かれてしまいます。 そして私がちょっと期待してた伊井野と 柏木渚との初対決が実現しました! 柏木に言いように手玉に取られて、この漫画の流儀っぽく言えば、「 本日の勝敗、伊井野の惨敗」です。 柏木は自分が有利なときだけはかなり強キャラになるなあー。 伊井野は早坂にも柏木にもテーブルゲーム部の 藤原にも勝てませんが、唯一楽勝で勝てるのが石上です。 というか石上はやっぱりわざと伊井野に構ってもらおうとしてるんでしょうか? それどころか わざと取り締まられてあげて伊井野を勝たせてあげてるようにすら見えます。 その様子を見ていた 一年女子モブは石上をかなり嫌っているようで、ここで大仏の視点から中学の石上がどうたったのかが語られます。 石上の過去が明かされるのは初めてでしたっけ? 何やら ものすっごく訳アリな感じで、石上は あえて汚名を被って不登校も転校もせず孤独に戦ってもがいているかのような感じです。 石上自身もその心の内を同じクラスの応援団女子 小野寺に少しだけ話しています。 小野寺も石上を嫌悪している派なのでしょうが、何かを思ったりするでしょうか? 大仏は「石上は悪い奴ではない」と感じ取っているようですが、彼女は基本的にいつも 傍観者で、伊井野が校内で嘲笑の的になっていたときすらも 何もできずにいた子です。 しかし今回は、自ら 応援団団長と 副団長に声をかけて石上をフォローしてあげようと少しだけ行動することができました。 ただ…このシーンめちゃくちゃ不安です。 大仏「石上は遊び半分で応援団入った訳じゃ無いと思うので…その…」 団長「言われなくても見てりゃ分かるって」 副団長「大丈夫上手くやるから任せておいて!」 大仏は「石上を助けて」という意志をしっかり言葉で伝えられてないし、副団長は 何を上手くやるのか言ってません。 超不安! やっぱり応援団 ウェイ軍団は石上をいじめて恥をかかせて 血祭りにあげようとしているのでは?という以前からの疑念が晴れません。 団長と副団長が 顔無しモブキャラデザというのも怖いし。 これは逆に言えば 顔がある小野寺は何か重要な役どころがあるのかと期待できるところでもありますが。 校内の嫌われ者だった伊井野は石上たちのおかげで救われましたが、今度は「石上にとって忘れられない体育祭」で彼は生徒たちから傷つけられ、そして伊井野たちに救われるのでしょうか? この予想は私の考えすぎの勘違いでむしろ外れて欲しい…。 そして次回はようやく 体育祭開催です。 何が起きるのか固唾を飲んで見守るのみ。 大仏は見事に体育祭への不安と期待をお膳立てしてくれました。 あ、そういえば今週は かぐやも 白銀も全く出番無しでした。

次の

【かぐや様は告らせたい】ミコの親友といえば大仏こばち!実はモテモテの美女!?メガネに隠された素顔とは?

大仏こばち

CV: 概要 大仏(おさらぎ)こばちとは、の登場人物。 秀知院学園の風紀委員であり、伊井野ミコの幼馴染にして親友。 伊井野ミコの事は「ミコちゃん」と呼び、伊井野からは「こばちゃん」と呼ばれている。 人物 普段は大きな丸メガネをかけておでこを出して、長い髪を軽くまとめたおさげ髪をしている。 の幼馴染として何くれとなく彼女を助けており、伊井野の最大の理解者。 伊井野は何かあるとすぐに彼女に相談する為、伊井野の勘違いを聞いて驚愕するツッコミ役でもある。 伊井野が敵視しているについては、陰湿ないじめに似たいじり方をされていた伊井野を陰ながら助けていたことを知っており、彼の事も人間として好意を持っている。 その為、高等部一年の間で流れている石上のストーカー疑惑については懐疑的であり、伊井野の様な責任感からではなく、純粋な好意で石上のフォローに回ることもある。 異性としてもやや意識しているそぶりがあるが、その一方でカップリングとしては「石つば」派であり、石上とをくっつけるために裏で様々な策を弄しており、石上と伊井野がくっつきそうになると、すぐさま策を打って二人がくっつかないように行動している。 伊井野と同じくオタク趣味の人間でもあり、作中では「 大仏さんレベルの美人がオタクって意外」と言われている。 上記の科白にもある通り、普段の恰好はいわば変装のようなもので、作中で直接描写されたことはないが眼鏡の下の姿は相当な美少女。 描写されていないだけで学校の外には他校の男子生徒が彼女への出待ちの行列を作っているほど。 その美人ぶりは、「今更母親に返すわけにもいかないし」と言っても、嫌味には聞こえないほど。 素顔で美人であるからか男女交際の経験は結構あり、「女同士で文化祭を回るなんてダサい」という理由で女子人気の高い三年の風野先輩と付き合う等、結構肉食系な所がある。 過去 両親ともに芸能人であり、本人も幼少期は人気として活躍していた。 しかし親の不倫スキャンダルや、周囲の嫉妬ややっかみが負担となり、次第に自らの容姿を疎むようになる。 眼鏡におさげという地味な装いも、本人なりの自衛の手段と考えられる。 周囲から孤立していた時期、子安つばめに出会い助けられたことで、こうしたコンプレックスにもそれなりに折り合いをつけられるようになった様子。 こうした経緯もあって、現在はつばめと石上の交際を応援する立場へと回っている。 秀知院学園難題女子 秀知院学園の中でも生徒会のメンバーに並ぶほどの美少女たちであり、同時にそれぞれ様々な問題が絡んでおり、告白する事にも相当な勇気がいる美少女たちの事。 大仏以外では以下の三人がいる。 三年: 二年: 一年:不知火ころも 関連タグ 関連記事 親記事.

次の