オーバー ゼア air。 当店でも高需要!ダイワ『オーバーゼアー』『オーバーゼアーAIR』

当店でも高需要!ダイワ『オーバーゼアー』『オーバーゼアーAIR』

オーバー ゼア air

近年ソルトルアーゲームの中でも盛り上がり見せる堤防やサーフにおけるオープンウォーターのキャスティングゲーム。 その魅力はなんといっても大海原(オープンウォーター)に向かいルアーをキャストする爽快感や魚の強い引きをダイレクトに味わえること。 そして青物やフラットフィッシュ、根魚、所変われば、マダイやタマン、アメマスなど多くのターゲットを狙うことが出来るのも大きな魅力だ。 しかし、ショアジギングロッドでは重くて1日中の操作すると疲れてしまったり、逆にシーバスロッドではパワーがもの足りない。 そんな両カテゴリーの間を埋める、あらゆるルアーに対応し、遠投性そして軽快性とパワーを兼ね備えたショアマルチキャスティングロッドがDAIWAからリリースされる。 その名も「 OVER THERE(オーバーゼア)」。 オーバーゼアを解説していただくのはこのお方 【Profile】 多賀智史(たが・さとし) グローブライド株式会社ロッド企画担当。 シーバスロッド『モアザン』シリーズをはじめとしたソルトルアーロッドの企画に携わると同時に釣り媒体広報担当。 あらゆるソルトルアーフィッシングに精通しており、ロッド担当ながらもリールやルアーの知識も豊富。 最近では渓流ルアーにも傾倒中。 多賀「コンセプトはサーフや、堤防から水平線に向かって遠投するマルチショアキャスティングロッド。 なのでターゲットとしてはヒラメ、マゴチから、マダイ、LSJ(ライトショアジギング)でのイナダ、ワラサ、サバ、サゴシなど。 モデルによってはシイラやオオニベなどのビッグターゲットも狙え、ショアスローにも対応しています。 かなり幅広いターゲットを狙えるロッドとなっていますね。 性格としては、シーバスロッドだとシャープなキャストフィールを上げるようにブランクをデザインしているため、突然想定外の大物が掛かった際、やりとりもバットパワーもしんどくなってしまう。 オーバーゼアはそれとは違い、1日中竿を振り続けても疲れない、けれども大物が掛かっても安心してやり取りができるという設計になっています」 多賀「分かりやすく言うと、ショアジギロッドだと重くて疲れてしまうところを、シーバスロッドの軽快さを取り入れたおいしいところどりのロッドとなっています。 そして弊社の位置づけとしては、シーバスロッド、オーバーゼア、ショアジギングロッドというシリーズの位置づけになります。 昨今、ショアゲームを1本でなんでも釣るアングラーが増えているので、そのニーズに答えるべく、マルチ化したセッティングでのこの「オーバーゼア」をリリースすることとなりました」 ショアジギロッドとの違いは? 多賀「ショアジギロッドはサゴシ以上、イナダやワラサを基準に狙うロッドになっているので、オーバーゼアはそれよりももっとライトに仕上げています。 あとはラインもショアジギのほうが太く、魚を掛けてから一気に巻いてパワーファイトをします。 オーバーゼアはラインも細めのセッティングで、どちらかといえば飛距離を優先してテクニカルに釣りをするようなセッティングになっています。 一見バットが太くて重めに見える部分もあるのですが、肉が薄いので重量はさほど重くありません」.

次の

ダイワ 2020年新製品 オーバーゼア インプレ│おたまの釣り日誌

オーバー ゼア air

オーバーゼア ダイワのプラグでオーバーゼアというのは有ったと思いますが、ロッドに関しては新シリーズです。 水平線へ向かってキャスト!サーフ&堤防のマルチルアーロッドシリーズ。 果てしなく広がる大海原、途切れることなく打ち寄せる波。 それに逆らうようにルアーを投げる。 はるか沖へ、彼方へ、その下に潜むのは青物か、フラットフィッシュか、海アメか、それとも未知なるターゲットか。 ジグやプラグ、ショアラバと、あらゆるルアーへの対応力と、頼もしい遠投性で OVER THERE が広大な海の可能性探索をサポートする。 ダイワHPより引用 (外部リンク) とにかく、オーバーゼアのウリは遠投性能のようです。 実際に触ってみたところ・・・かなりバット部分が太いという印象を受けました。 この辺は投げ竿に近い飛ばすための竿?という印象です。 しかし、ティップ部分は食い込み抜群じゃないの?という、言い方が難しいのですが。。。 良い感じの柔らかさです。 笑 遠投重視のユーザーには待っていた方はいるはずです。 じゃぁ、買うならAIR? 買うならAIR? グリップデザインもオーバーゼアAIRとオーバーゼアでは若干違います。 やはり高級感もあるのはAIRです。 右側2本がノーマル、左側がAIRです。 まず、AIRに比べてノーマルのオーバーゼアは太く感じ、実際にスペック表で見てもAIRは細く作られていました。 ただ、単純に自重だけで見れば2gの差です。 だったら、どっちでも良いんじゃない?と思われるかもしれません。 しかし・・・細い分、竿の振りぬけは絶対にAIRのほうが速そうです。 つまり、どれぐらいの差かと言えば本当に数パーセントかもしれませんが飛距離の差は生まれると思っています。 カーボン自体もAIRのほうが含有率は高いですし、AIRはHVFを採用している分、見た目もそうですが・・やっぱり物は良さそうです。 そんなことは・・フィッシングショーで触らなければ安い方のオーバーゼアで良いかな・・。 なんて思っていましたが、断然買うならAIRと思った理由でした。 オーバーゼアの活躍するシチュエーション これは絶対サーフです。 その他に堤防なども有力です。 しかし・・テトラ帯などでは10ftを超えるロングレングスは振りにくく、投げる場所も選ばないといけなく、取り回しの意味でも難しいかもしれません。 案外良いです。 笑 竿が長い分、いつもの釣り座よりもひとつ上の場所から投げて、足元まで引いてきやすいです。 やり取りも長い分良いんじゃないでしょうか。 ただ、竿が長い分の取り回しのしにくさは有ると思います。 今までは、シーバスモデルのロングロッド、ショアジギングのライトクラスを使っていた方でもロングレングスのオーバーゼアは魅力的です。 投げるシチュエーションを考えると・・・オオニベは、ぼくの住んでいる地域では無縁なのですが・・・・。 使われているリールに関しては・・・持っているので・・・・・・。 オーバーゼアAIRとセルテートのコンビでサーフから青物を狙ったり・・・・。 とか考えると・・・無性に欲しくてたまらなくなっています。 爆 さいごに 毎年毎年、気になるアイテムが出ますが・・・。 オーバーゼアも、かなり気になります。 爆 もっと、気になるのが・・サーフでそんなに釣りをしないので・・・これを機会にサーフに目覚めたらどうしようかとも。 何よりもオオニベ26.4kgを釣ったのと同じ竿!というのが夢とロマンがあって良いです。

次の

オーバーゼアは2020年注目の新作ロッド!ショアジギ入門にも最適!

オーバー ゼア air

28 2 168 180 7~45 7~50 8~16 0. 8~2. 30 2 169 200 10~60 10~65 8~20 0. 8~2. 0 24,000 103MH 3. 12 2 160 190 15~60 12~65 10~20 1. 0~2. 5 24,000 109MH 3. 28 2 168 206 15~60 12~65 10~20 1. 0~2. 今回はオーバーゼアについてまとめました。 価格抑えめで人気のあるショアジギング、サーフゲームを対象としたロッドが出てくれるのは非常に良いですね。 ステップアップの一本や最初の一本にオススメしたいです。

次の