雲の階段 キャスト。 「雲の階段」のドラマ見放題動画(1話~10話<最終回>)配信サイト一覧

雲の階段 あらすじ 結末

雲の階段 キャスト

<huluで視聴できるドラマ「雲の階段」の見放題動画>• 第1話の動画「無資格医背徳のメスを愛し抜く2人の女」• 第2話の動画「看護師VS令嬢! 無資格医が陥る禁断の三角関係」• 第3話の動画「本物の医者登場で無資格医最大の危機!! 第4話の動画「無資格医大病院へ! 裏切りと野望のキス」• 第5話の動画「偽りの結婚式…母の涙に決死の心肺蘇生」• 第6話の動画「棄てた女が復讐!? 正体バラす謎の怪文書」• 第7話の動画「最後は医者らしく…無謀なオペで大失態」• 第8話の動画「俺に島の恩師の命を救う資格があるか!? 第9話の動画「妻と胎児を救え!! 逮捕直前のラストオペ」• 第10話(最終回)の動画「衝撃の結末!! 無資格医の僕が帰る場所」 huluならドラマ「雲の階段」の動画(1話~10話<最終回>)以外に約40,000本の見放題動画が同時に楽しめる huluを利用するには、 月額933円の利用料金がかかります。 しかし、huluを利用すれば、ドラマ「雲の階段」の動画以外に、日本テレビで放送された他のドラマ動画を見放題動画として楽しむことができます。 その他、映画、海外ドラマ、日本テレビで放送されたアニメ、バラエティー番組の動画なども見放題動画として同時に楽しむことができます。 huluで配信されている見放題動画を確認したい方は、下記の記事をご覧ください。 ドラマ「雲の階段」の作品概要 過疎の離島で医師不足に悩む診療所に務める事務員・相川三郎。 「アッペ 虫垂炎 をやってみるかい? 島の人々も彼を「若先生」と呼び始める。 「島から出なければいい」、「これは、人助けだ」戸惑いながらも自分に言い聞かせ、医師免許もないまま、所長の弟子となり、医師の仕事をこなしていく三郎。 診療所の准看護師・鈴木明子は、無資格医にもかかわらず医療に従事する三郎を愛し、支え抜く決意をした。 そんなある日、大病院の令嬢・田坂亜希子との出逢いが三郎と明子の運命を変える。 医療現場の最前線を舞台に、無資格医の青年・三郎と、彼を骨の髄まで愛し抜く二人の女性が辿る運命の変遷とは!? 平均視聴率 9. ドラマ「雲の階段」の原作小説.

次の

雲の階段 キャスト

雲の階段 キャスト

雲の階段で萩原聖人さんが演じているのが、 稲森いずみさん演じる鈴木明子の幼馴染の高岡洋平です。 薬剤師なんですね。 昨日の放送では、木村文乃さん演じるご令嬢、田坂亜希子の 再縫合の闇手術のお手伝いをしたという人物です。 稲森いずみさんと幼馴染ということで、 稲森いずみさん演じる鈴木明子に好意を寄せているようですが、 長谷川博己さん演じる三郎と明子が交際しているということを 感づいてしまったようです。 多分、確証はなかったと思いますが、三郎さんに聞いちゃったんですね。 そうしたら、正直者の三郎さんはびっくりしちゃってバレてしまったという。 萩原聖人さんも確証がないんだったら、 まだ確証がないから。 といって、秘密にしておけばいいのに。 どこかで見たようなシーンですが。 この2人の交際を知って身を引く萩原聖人さんだと思ったんですが、 なんと来週は、三郎さんが東京へ行って田坂総合病院の医師に なっちゃうじゃありませんか。 さて、どう出る?!萩原聖人! 木村文乃さんが木村文乃パパにお願いした2つめのお願い(条件)というのは、 三郎さんを医師として雇うということだけではなくて、 三郎さんと結婚させてくれという事だったんでしょうかね。 来週からは第2章が始まるということで東京編なんでしょう。 島の稲森いずみさんの登場シーンが減っちゃうんでしょうか。 だとしたら寂しいですな。 田坂亜希子を演じるのは木村文乃さん。 木村文乃さんはCMなどでよく見かけますね。 魔法瓶のCMとか、携帯電話のCMで見かけた記憶があります。 桑田佳祐さんと共演していたような。 最近のテレビ番組出演といえばアナザースカイでトルコに行ってましたかね。 ドラマで木村文乃さんを見かけた記憶はないんですが、 黒の女教師、浪花少年探偵団、ATARU、悪女達のメス。 などに出演されているようです。 Wiki情報です。 黒の女教師は榮倉奈々さんのドラマですよね。 このドラマ自体は知っていたんですが、木村文乃さんが出ているとは 気が付きませんでした。 その他にも色々出演しているようですが、 見ていないドラマが多いようです。 ATARUは見ていましたが、こちらも気が付きませんでした。 そんな木村文乃さんですが、雲の階段では東京の大病院の院長のご令嬢。 という役を演じられています。 いいですね。 ご令嬢。 いい響きです。 名前は亜希子。 漢字は違いますが、稲森いずみさん演じる鈴木明子と おなじ「あきこ」。 そんなお嬢様の命を助けたのが三郎さんですが、 それが縁で、亜希子さんは三郎さんに首ったけになってしまいます。 手術の再縫合も自分の病院でやればいいものを、 わざわざ三郎さんのいる島にまで来て再縫合してくれといってくるという 一途というかアグレッシブというか。 そこら辺はお嬢様ですね。 そんな感じだから、稲森いずみさん演じる鈴木明子は気が気でないでしょうね。 私の三郎さんが取られる! って感じで不安になっちゃうというお話になるんでしょうね。 なにせ、相手は若くて、キレイで、お金持ちで、大病院の院長のご令嬢ときた。 島のいち看護婦では勝ち目がないというのはわかってるわけですよ。 対する、お嬢様は稲森いずみさんの演じる鈴木明子が三郎さんに 惹かれているというのには気がついているんでしょうか。 今後、この2人のバトルが繰り広げられるわけですね。 無邪気でアグレッシブなお嬢様が勝つのか、 オトナの落ち着きと色気で小娘をいなすのか。 次回も楽しみです。 でも、視聴率が低いというのが気に入りませんけど。 あんなに面白いのになぜ視聴率が低いんでしょうか? 鈴木明子を演じるのは稲森いずみさん。 最近のドラマでは医龍とかに出ていたと記憶しています。 最近のドラマに出演する稲森いずみさんは非常に落ち着いた 歳相応の役を演じられていますが、かつてというか、 ドラマデビューしたての稲森いずみさんを知っている人からすると、 かなり変わったなぁという印象を持つのではないでしょうか。 喋り方もキャピキャピで何ちゅう喋り方をするんだこの子は。 と思ったもんです。 学生みたいな印象を受けました。 まぁ当時は年齢も年齢ですから、 そういう役で求められたんでしょうけど。 今の方が落ち着いて良いです。 さて、そんな鈴木明子さん。 スケーターではなくて看護師です。 今の時点で長谷川博己さん演じる三郎は東京に言っているわけですが(2話) 戻ってくると、新しいお医者さんが来るという事になるわけです。 まぁ、第3話の予告でやってました。 やってくるのは田中哲司さん。 なのねぇ〜という口癖が印象的な鑑識であり、 予知能力を持つ冷泉だったりするわけですが。 本当の医者が島にやってきたわけで、三郎の居場所がなくなるんじゃないかと。 稲森いずみさん演じる明子は思っちゃうわけですね。 そりゃ不安になりますよ。 でもって、東京から大病院の院長のご令嬢がやってくるわけでしょ? 心穏やかじゃないですよね。 ちなみに大病院の院長のご令嬢は木村文乃さんですが、役名は 田坂亜希子というようで、こちらも「あきこ」なんですね。 明子VS亜希子の対決ということで、どうなるんでしょうかね。 そういえば、2話で島の秘密の場所を知らないかと聞かれて、 稲森いずみさん演じる明子は、そんなところなんて無い。 と答えます。 その後、長谷川博己さん演じる三郎と、島の秘密の場所に行くわけですが。 ここからも、既に対決が始まっているわけですね。 さぁ、明子対亜希子はどちらが勝つのか? 個人的には稲森いずみさんに勝って欲しいところですけども。 原作ではどうなっているんでしょうか? 稲森いずみさんて、1972年生まれなんですね。 若いですな。

次の

韓国ドラマ【雲の階段】の相関図とキャスト情報

雲の階段 キャスト

2017. , , ,• 幼い頃から孤児院で育ったジョンス シン・ドンウク は優秀な成績だったにもかかわらず、大学進学をあきらめ、離島で診療所の手伝いをしながら生活していた。 ある日、大病院の院長の娘ジョンウォン ハン・ジヘ が島を訪れる。 父の経営する病院で広報を担当している彼女は、エリート外科医のドホン キム・ジョンヒョン との仲も順調で、何不自由ない生活を送っていたが、お金持ちしか治療しない病院の方針に疑問を覚え、庶民に根付いた医療を行っている離島を訪れたのだ。 しかし、その日たまたま診療所の所長が留守にしており、島民の手当てをしているジョンスを医者と勘違いしてしまう。 そして、台風のために孤島となってしまった状況で、ジョンウォンは急性虫垂炎で倒れ、生死の境をさ迷うことに。 無免許ながらジョンウォンの手術を決意をするジョンス。 一方、本島ではジョンスの行方不明だった父親が、ジョンウォンの父の病院に運ばれていた。 手術の成功でジョンスを信頼し始めたジョンウォンと、無免許医であることを言い出せなくなってしまったジョンスは、お互い意識しながらも、取り返しのつかない運命の波にのまれていく! キャスト シン・ドンウク チェ・ジョンス ニセ医者。 情に厚く、熱血漢で義理堅い。 頭脳が優秀 ハン・ジヘ ユン・ジョンウォン 病院長の一人娘、病院広報室チーム長。 自由奔放、華麗、クール キム・ジョンヒョン キム・ドホン 外科医、製薬会社御曹司。 このドラマを見て、この役者を知りました。 秘密を抱えて、静かに哀しそうにはにかむように微笑む表情がすてきです。 恋人役を演じる病院長のひとり娘役、ハン・ジヘはいつも仕事もでき、心優しい、でも、自分のいうことはしっかり主張できるといった優等生の役が似合っていると思います。 実際、今回も適役ですが、「憎くても可愛くても」「夏の香り」でもそのような役。 ただ、今回は愛情もかなり深い役のような気がします。 しっとり女性らしい感じも出ていました。 ニセ医者であることがいつばれてしまうのか、ばれてしまったらどうなってしまうのか。 毎回、次の展開を楽しみに見ていました。 ちょうど良い回数だったと思います。 韓国ドラマは人間関係が複雑なことが多いのですが、このドラマはわかりやすい人間関係でしたので、理解しやすく、ドラマの展開だけに集中できたのでうれしかったです。 ときどき、ケガや手術シーンなどもありますが、グロテスクなシーンはほとんどないので安心して見ることができます。 愛情がテーマではあるけれど、「嫉妬」もこのドラマのポイントにあると思いました。 地位や愛などの「嫉妬」。 人の嫉妬によって、知らぬ間に、自分の人生は変えられてしまうことがあるというのを感じました。 ロケ地の島の自然で病院は最先端で近代的、この対比も楽しめました。 自然と最先端の場所、どちらに身をおくのか、身をおくべき人間なのか、生まれた環境、育ってきた環境などにより家族や人はいろいろなことを言うけれど、「雲の階段」という人生の階段をのぼりながら、自分の道を決めて行くというドラマなのか思いました。

次の