適応 障害 テスト。 適応障害の理解度チェックテスト

メディカルハート

適応 障害 テスト

適応障害は精神疾患の一種 ICD-10では、適応障害を 「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義しています。 ストレスによって発症 ストレス因は、個人レベルのストレスから災害など地域社会を巻き込むようなレベルまで様々です。 個人レベルのストレスで多いのは、職場の人間関係、仕事量の多さ、責任の重さなどですが、家庭内の不和、育児や教育の悩み、経済的問題などもストレス因になります。 また、結婚、失恋、転校、苛め、受験失敗などもあります。 こうした日常生活の中で発生する変化に適応できずに発症するわけですが、ストレスの受け止め方や耐性は、かなりの個人差があるところから、適応能力の高い人や耐性の強い人からみれば、甘えと映ってくるケースも少なくありません。 適応障害の主な症状 さまざまなストレス因があり、本人の性格も絡むところから、症状も多様ですが、大別すると以下のような症状があらわれます。 ストレス因により、その1ヶ月以内に上記の掲げたような症状が発生し、6カ月以上持続しないのが、適応障害だというわけです。 ただしストレスが慢性的に存在する場合は症状も慢性に経過します。 これはちょっと不思議な診断ですが適応障害の診断は「除外診断」といわれ、うつ病や統合失調症ではないというときに適応障害と診断されるのです。 うつ病にも移行しかねない状態も 適応障害は、ストレス因が除去されればよくなります。 しかし、油断大敵です。 というのも、 適応障害と診断されても、5年後には40%以上の人がうつ病などの診断名に変更されています。 つまり、適応障害は実はうつ病の前段階の可能性もあるわけです。 ですから、うつ病になる前の適応障害の段階で治療に取り組むことが重要になってきます。 適応障害になりやすい性格 適応障害ではなりやすい性格ということがいわれています。 すべてを性格に結び付けることは避けなければなりませんが、どんな性格がなりやすいのでしょうか。 まじめで完璧主義な性格がなりやすい まじめで、完璧主義で、責任感が強いといった何事もしっかりやろうとする意識が強い性格の人は適応障害になりやすいようです。 こういう性格の人は、ストレスを溜め込みやすい傾向が強いからです。 繊細な人だけがなるとは限らない 先に述べたように同じストレスを受けても、適応障害にならない人がいます。 ストレスの受け止め方には個人差があります。 そうすると、 ストレスに弱い、比較的繊細なひとがなりやすいと思われがちですが、むしろこの逆のケースが多々見られます。 むしろ、頑張って、耐えようとする人がなるケースがあるのです。 頑張るということは、ストレスを溜め込むということですから、ストレスが限度を超えると適応障害を発症します。 あとで触れるように、頑張ってもいいが、一方でストレスを発散する方法を身に付けることが重要です。 性格よりも環境 性格は適応障害の要因のひとつですが、あくまで要因の一つにすぎません。 問題はストレス環境です。 性格的にも適応障害になりやすい性格だったが、ストレスの少ない環境にいたためならなかったとか、周りの人の協力でストレス因が除去されたので、適応障害にならずに済んだというケースもあり得ます。 具体的な個別事例でいえば、暴力をふるう恋人から離れるために、ほかの人に助けを求めて、適応障害の一歩手前で立ち直ったというケースもあります。 いずれにしても、ストレス因が解消されると症状はなくなります。 そうして、このけろりとした治り方が、「仮病だったのではないか」という誤解を生む要因にもなっています。 適応障害を予防するためには 適応障害にならないための対策は、なによりもストレス環境から離れることです。 ストレス因の除去 ストレス因の除去とは、環境調整することです。 職場の人間関係がストレス因となっているようなケースでは、上司に相談し配置転換をしてもらう、というのも環境調整です。 とはいえ、環境調整は思うようにいかない場合が少なくありません。 しかし、適応障害が慢性化してうつ病を誘発することなどを考えると、例えば職場を変えるというという選択も考えるべきでしょう。 考え方を変える 適応障害になった人たちのストレスの受け止め方をみていくと、物事の受け止め方にある種のパターンがあることが浮かび上がってきます。 考え方の歪み、柔軟性の欠如、ネガティブな思考法などがこれにあたります。 このパターンに対してアプローチしていくのが 認知行動療法と呼ばれるカウンセリング方法です。 これは精神科の治療の柱のひとつで、ネガティブになりがちなものの見方や考え方を修正していきます。 この認知行動療法の原則を日常生活にも応用し、物事をポジティブに捉えるように心がけると、ストレスも衰えて行くはずです。 ストレス発散をする たまったストレスを発散するというのも予防につながります。 ストレス発散の手法は、人それぞれでしょう。 旅に出て気分をリフレッシュするのもいいし、カラオケでシャウトして鬱憤を発散するのもいいし、一人でゆったりと音楽を聞いて疲れを癒すのもいいです。 軽い運動で汗を流すのもお勧めです。 運動をすると、ネガティブな気分が発散されます。 大切なことは、自分にあった発散の方法を持つことです。 生活習慣を整える ストレスを抱え込んでいると、落ち込むばかりではなく、気分がささくれだち、やけ気味になり、なにかと億劫になり、気が付くと生活が乱れてしまっています。 そのことで、ストレスが鬱積し、適応障害を発症するという悪循環におちいります。 規則正しい生活習慣を取り戻すように心がけましょう。 たとえば、起床時間と就寝の時間を決める、休日には30分の散歩を義務付けるといった小さな決意を実行してみることをお勧めします。 早めの治療で、「大事」を予防する 適応障害というのは、精神疾患のおこぼれのような病気です。 先にふれたように、診断が除外診断であるということがそのことを物語っています。 しかし、このおこぼれがほっておくと本格的なうつ病を誘発するリスクを内包していることは、既に述べてきた通りです。 この大事を予防する意味でも、症状が自力改善では手に余るということになったら、医療機関にかかって治療に取り組むことをお勧めします。 なにしろ、ストレスによる病は、早い者勝ち、ですから。 なお、ストレスに伴う様々な症状を治療する医療機関としては、精神科、心療内科、メンタルクリニックなどになります。

次の

適応障害とはどんな病気か症状チェックしよう!治る期間や薬についても解説。

適応 障害 テスト

適応障害(Adjustment Disorders)は、ある環境に適応できないストレスによって様々な症状が生じてしまう疾患です。 この疾患は疾患の概念が分かりにくいため、自分で「自分は適応障害かもしれない」と気付くのが難しいところがあります。 職場の環境に適応できずに苦しい思いをしていたとしても、「『そんなのただの甘えだ』と言われてしまうのではないか」と受診をためらっている方は多くいらっしゃいます。 「適応できない事によって生じる疾患がある」という事を知らない方もまだまだ多いのでしょう。 「落ち込む日が続いている」という症状があれば「うつ病かもしれない」と気付きます。 しかし適応障害はこのように症状から診断される疾患ではないため、一般の方にとっては判断が難しいのです。 環境が変われば誰だって多少のストレスは受けるものですから、環境変化によって心身に不調をきたしたら全てが適応障害だというわけではありません。 しかしその不調が正常範囲内の生理反応なのか、それとも適応障害に至るレベルなのかが分かる指標は必要です。 この記事では「自分はもしかしたら適応障害かもしれない」「自分のような状態で精神科を受診してもいいのだろうか」と悩んでいる方に向けて、適応障害の可能性があるのか・精神科を受診すべきなのかを簡便にセルフチェック出来る方法を紹介したいと思います。 なお病気の診断は医師しか行えませんので、セルフチェックはあくまでも「適応障害の可能性が高い」かどうかを推測するものに過ぎない事はご了承の上でお読み下さい。 セルフチェックによって適応障害の可能性が高いと判断された場合は、早めに精神科・心療内科を受診するようにしましょう。 1.適応障害をセルフチェックする意義 ある環境に適応すべく努力をしたにも関わらず、なかなかその環境に適応できない。 そしてそのために毎日がとてもつらい。 このような状況は、誰にとっても他人事ではないでしょう。 転校や引っ越し、就職、転勤、結婚、出産など、大きな環境変化は誰でも経験する事ですし、環境変化によってこのような状況に陥る可能性は誰にでもあります。 しかしこのような環境変化で苦痛を感じていても、「自分は適応障害ではないか」と疑いすぐに精神科に相談できる人というのは多くはありません。 「この程度の事で病院など受診するのは大袈裟ではないか」 「みんな耐えているのだから自分も我慢しないと」 このように考えてしまう方は結構多いのです。 もちろん症状があったらすぐに精神科に駆け込まないといけない、という事ではありません。 しかし適応障害レベルの症状が続いているのに、いつまでも治療をせずただ我慢し続けているのは良い方法とは言えません。 「環境に適応できずにつらい。 でもこれは病院を受診するほどなのだろうか」 このように悩んでいる方が、今の自分は受診すべきなのかを簡便に判断できるものがあれば、多くの方を適応障害の苦しみから救う事が出来るはずです。 この記事では、このような悩みを持っている方に、「これを満たすようであれば精神科・心療内科を受診すべき」と指標となるチェック項目を紹介させていただきます。 適応障害に限らずどんな疾患でも同じですが、病気をいたずらに放置してしまうと、どんどんと悪化し、治りにくくなってしまいます。 疾患の可能性があるのであれば、早めに適切な科を受診し、必要な治療を受ける事はとても大切な事なのです。 2.適応障害を疑った時にチェックすべき3つの項目 「自分は適応障害なのではないか」「自分みたいな状態で精神科を受診してもいいものだろうか」と悩んでいる方は、まずは今の自分が次の3つの項目を満たしているかをチェックしてみてください。 ある環境での価値観や常識が、自分のそれと全く合わず、今後も合わせていくことが難しそうだ• ある環境によるストレスで、自分にとって「つらい」と感じる症状が出ている• ある環境によるストレスで、生活に何らかの支障が生じている この3つをすべて満たす場合、適応障害である可能性があります。 それぞれの項目についてより詳しく説明していきます。 誰でも自分の中での価値観や常識を持っています。 人それぞれで価値観・常識は異なるため、どういった価値観が正しいのか間違っているのかは適応障害のチェックでは問題とはなりません。 問題は、自分の持っている常識・価値観と現在置かれている環境のそれとに大きなズレがあるかどうかです。 そしてそのズレが自分の努力だけではなかなか埋められないものなのかどうかです。 「新しく入った職場の価値観に合わせられない」 「引っ越し先での慣習・価値観がどうしても合わない」 「嫁いだ家庭の価値観・常識が実家のそれとあまりにかけ離れていて、なかなか合わせる事ができない」 このような価値観・常識のズレによって大きな苦痛を生じている場合、適応障害の可能性が高くなります。 適応障害は「適応できない事」が重要であるため、「それによってどのような症状が出ているか」は診断にあたっては重要ではありません。 実際、適応障害では様々な症状が認められますが、適応障害に特徴的な症状というものはありません。 抑うつ気分、無気力、集中力低下、不安などの精神症状• 暴力、衝動行為(自傷や過量服薬、喧嘩など)やアルコール乱用などの行動の障害• 動悸や頭痛、発汗などの身体症状 など、あらゆる症状が生じる可能性があります。 また適応障害は、その環境に適応できないストレスが原因ですので、その環境から離れると比較的速やかに症状が改善するという点も適応障害を疑うチェックポイントになります。 適応できない環境の中にいる時には強い症状が出ますが、そこから離れるとウソのように症状が良くなる、というのは適応障害に特徴的な所見です。 正常内の生理反応だと考えてよいでしょう。 適応障害では、環境に適応できない事で 本人がつらいと感じている事が重要になります。 一般的に想定される程度よりも強い症状が出てしまい、つらい思いをしているのであれば適応障害の可能性があります。 なお、「どのくらいつらいと適応障害になるのか」という質問を頂く事がありますが、そもそも「つらい」という気持ちは数値化できるものではありません。 どのくらいつらいと適応障害レベルなのか、というのはつらさを数値化できない以上、明確に定めることはできません。 そのため、つらさの程度というのは適応障害を診断する上ではあまり意味がありません。 客観的にどのくらいという事はなく、自分自身が「つらい」「このままの状況だと耐えられない」と感じる程度であれば、それは基準を満たすと考えてよいでしょう。 合わせて重要な項目が、「 生活に支障が生じている事」です。 例えば、適応できない苦しみによって• 仕事の集中力が落ちてミスが多くなっている• イライラが増えて友人に当たってしまい、友人関係に亀裂が入ってしまった• 今まで楽しめていた趣味が楽しめなくなっている• 食欲が落ちて、体力が明らかに落ちている このような状態は生活に支障をきたしていると考える事ができます。 また、より直接的な生活への支障として、• 職場に行けなくなってしまった• 必要な外出が出来なくなってしまった なども該当します。 適応できない事によって生活への支障が生じている場合、適応障害の可能性は極めて高くなります。 3.適応障害のチェック項目を満たしてしまったら 適応障害を自分でチェックするために有効な3つのチェックポイントを紹介しました。 復習すると、• ある環境での価値観や常識が、自分のそれと全く合わず、今後も合わせていくことが難しそうだ• ある環境によるストレスで、自分にとって「つらい」と感じる症状が出ている• ある環境によるストレスで、生活に何らかの支障が生じている この3つをすべて満たしている場合、適応障害である可能性は高くなります。 ではこの3つを満たしてしまった場合は、どうすればいいでしょうか。 ただチェックして終わってしまっては何の意味もありません。 適応障害の可能性が高いと判断された時に早急に取るべき対処法について紹介します。 病気である以上、病気を治す専門家である医師に相談して適切な治療を受けなくてはいけません。 こころの病気の専門家は精神科医ですので、なるべく早く精神科医に相談しましょう。 もし適応障害であった場合、いたずらに放置してしまうと病気はどんどん悪化してしまいます。 悪化すれば自分自身もよりつらい思いをする事になりますし、治るのが遅くなってしまえば社会的にも大きな損害となります。 一番良いのは直接近くの精神科に連絡し、診察の予約を取る事です。 精神科医に適切な評価・診断をしてもらう事によって、必要な対処・治療を受ける事ができます。 適応障害の専門は精神科になりますが、なかなか精神科を受診できないという事であれば、まずはかかりつけの内科医などに相談しても良いでしょう。 必要があれば近くの精神科に紹介してくれるはずです。 また事情があってすぐに病院を受診できないような場合は、職場の産業医に面談してもらいましょう。 近年ではメンタルヘルスに精通している産業医も多くなってきましたので適応障害の可能性があれば適切な対処法を指導してくれるでしょう。 必要に応じて職場の環境調整をしてくれたり、精神科への紹介もしてくれます。 様々な方法がありますが、どんな方法であっても精神科医の診察を受ける事が大切です。 ちなみに適応障害である方のほとんどが初診時に「この程度で精神科を受診していいのだろうか」と恐る恐る受診されますが、そのような心配は全く必要ありません。 適応障害は、こころの症状ではなく「適応できない事」が主であるため、患者さん自身も「これは病気ではなく甘えなのではないか」と考えてしまう傾向があります。 しかし適応障害は世界的に使われている診断基準でも、こころの病気の1つと定められています。 こころの症状は目には見えないため分かりにくいのですが、本人が「つらい」と感じているのであれば、それは何とかして改善させる必要があります。 ご自身がつらいと感じているのであれば、いたずらに我慢し続けるのではなく、精神科を受診して下さい。 しかし即日すぐに受診できない場合もあります。 そのような場合は、自分でできるストレス対処法を行ってこれ以上適応障害を悪化させないようにしましょう。 ストレス対処法といっても、高度な技術や知識を要するものをする必要はありません。 高度なストレス対処法は自己流でやってしまうとかえってストレスとなる事があり、精神科を受診するまでは避けた方が無難です。 そのため、簡便に行えるストレス対処法を中心に行っていくのが良いでしょう。 実は日常生活でもちょっとした工夫でストレス解消というのはできるものです。 つらい毎日が続くと日常生活がおろそかになり、それによってストレスが更に高まるという悪循環が生じがちです。 このような時こそ、日常生活を大切にしていきましょう。 日常生活のちょっとした工夫で行えるストレス対処法をいくつか紹介します。 まずは「 規則正しい生活」が挙げられます。 実は生活の不規則さはそれだけでストレスになります。 みなさんも経験がありませんか? 睡眠不足だといつもよりイライラしたり不安になりやすくなります。 食事量が少なかったり食事バランスが悪いとイライラしたりめまいなどの自律神経症状も出やすくなります。 3食規則正しく食べて、夜はしっかり眠る。 このような当たり前の規則正しい生活は、ストレスをため込まないために非常に大切な事なのです。 ストレスが溜っている時ほど、つい生活が不規則になりがちですが、ストレスを更にためないために規則正しい生活は死守するようにしてください。 また「 嗜好品を遠ざける事」も意識して下さい。 嗜好品とはタバコやお酒などの事で、依存性のある物質の摂取はとりわけ気を付ける必要があります。 「タバコを吸うと落ち着くからやめない方がいい」という意見もあるかとは思いますが、ストレスが高まっている時というのは自己コントロール能力が失われがちです。 このような時は、嗜好品を乱用するリスクが高くなります。 乱用すればその物質を摂取している間だけは気持ちは落ち着きますが、その物質を手放せなくなったり、なくなると途端に不安定になったりしてしまいます。 「 適度な運動」もストレス解消には有効です。 身体を動かさずに一日部屋に閉じこもっていると精神的には不安定になります。 適度に身体を動かした方が気持ちも前向きになります。 激しい運動をする必要はありませんが、軽く汗をかく程度の散歩やジョギングなどは気持ちが乗らなくても定期的に取り入れた方が良いでしょう。 また「 副交感神経を活性化させる活動」も定期的に取り入れるようにしましょう。 副交感神経はリラックス状態を作る神経です。 副交感神経が活性化すると心身がリラックスするため、ストレスも溜まりにくくなります。 副交感神経を活性化させる活動には、• ぬるめのお風呂にゆっくりと入る• 静かな音楽や自然の音(川のせせらぎ音など)を聞く• ゆったりと楽しめる映画やテレビ番組を見る• 深呼吸をする などがあります。 日常でこのような時間を定期的に取り入れる事も有用でしょう。 最後に「 グチを吐き出す」という方法も非常に有用な方法になります。 ストレスはため込むと自分のこころを傷つけていきます。 これを防ぐためにはため込まず、定期的に吐き出すことです。 何かいやな事があった時、それを誰かに話したらそれだけで気持ちがすっきりしたという経験はないでしょうか。 自分の気持ちを誰かに聞いてもらうという事は、それだけでストレス解消になるのです。 ぜひ取り入れてみてください。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の

適応障害とは─原因の多くはストレス

適応 障害 テスト

感情の幅が乏しい。 例えば、他人が話をしているのを見ると、自分の噂をしていると思う。 例えば、会話内容が乏しい、細部にこだわりすぎる、抽象的、紋切り型など。 例えば、よそよそしくてほほえんだりすることがない。 うなずくなどの表情や身振りがめったにない。 それも、ほとんど妄想に近い恐怖であることが多い。 例えば、感傷的に泣いてみせたり、ささいなことに大げさに喜んでみせる。 例えば、自分は才能にあふれているから、どんな成功も思いのままだし、素晴らしい相手と素晴らしい恋愛ができるなどと思い込んでいる。 自分には特別に有利なはからいがあって当然だと思い込んでいる。 つまり、他人の感情や欲求が理解できず、認めようともしない。 または、他人が自分に嫉妬していると思い込んでいる。 例えば、自分の利益や快楽のために嘘をつく、偽名を使う、人をだますといったことを繰り返す。 例えば、一つの仕事を続けられない、借金を返さないといったことを繰り返す。 例えば、人を傷つけたりいじめたり、人のものを盗んだりしても、反省することなく、正当化する。 将来の破局に備えてお金は貯めておくものと思っている。 前のページに戻る.

次の