毛布 春。 春亞紡,牛津布,滌棉,床墊布,床單布,各種磨毛布,特寬磨毛布,各種被套,各種滌塔夫

あなたにぴったりの毛布はどれ?オススメ毛布の選び方

毛布 春

耐久性が高く長持ち• 自宅で洗って、すぐに乾く• 吸湿性がない• 静電気でパチパチする• とにかく安い 毎日、使うものなので、洗いやすいものを選ぶといいでしょう。 そう考えると、化繊のブランケットであれば、安いので何枚でも購入できますし、洗ってもすぐに乾くため、使いまわししやすい素材と言えます。 2.季節ごとに必要な枚数と種類 夏 夏は汗を良く吸いよってくれる綿毛布が最適です。 ただ、綿毛布と言っても厚みがあると暑いため、薄手のものを選びましょう。 夏場は、干せばすぐに乾くので、2枚あれば十分です。 ただし、綿毛布は洗うと毛羽立って、肌触りが悪くなるため、頻繁に洗っていると1~2年で交換する必要がでてきます。 春・秋 すこし肌寒いこの季節は、どの素材のブランケットでも構いません。 温かさについては、織り方によって異なるので一概に言えませんが、ポリエステルのブランケットが軽くて暖かいと言えます。 洗濯した時にすぐに乾かない時期でもあるため3枚程度持っていると安心です。 冬 冬だと、どんな素材であっても、1枚だけでは寒いです。 服を厚着にして調整するという方法もありますが、毛布で体温調整をするのであれば、吸湿性のよい綿毛布の上にポリエステルの毛布をかけると快適に過ごせます。 2枚重ねて使うのであれば、基本的に綿毛布だけを洗えばいいため、綿毛布とポリエステルが2枚ずつあるとよいでしょう。 3.ギフトに選ぶなら? ギフトとしてブランケットを探しているのであれば、「安い!」イメージがある化繊ではなく羊毛や綿をおすすめします。 なかでも、原材料の栽培方法から製造に至るまで国際基準も満たしているエコウールやオーガニックコットンの商品であれば、ママからとても喜ばれるでしょう。 出産は出費がかさみますから、プレゼントされないとなかなかママ自身で高価なブランケットを買うこともすくないでしょう。 ベビー用綿毛布 1.【エイデンアンドアネイ】モスリンコットン ブランケット.

次の

あなたにぴったりの毛布はどれ?オススメ毛布の選び方

毛布 春

天然繊維である綿を使用した毛布は、アレルギーの方や化学繊維などを使用できない方、小さなお子さまでも安心して使える、とても人気の高いアイテム。 春や秋などの肌寒い時期にぴったりです。 また寒い冬には、暖かい空気を逃がさないようにするために羽毛布団の上にかけて使用することもできます。 年間を通じて便利なアイテムなので、昭和西川でも自社ブランド「イヤシヤ」などで多くの綿毛布をご用意しています。 太めの繊維がかさ高を出すので、生地の間に暖かい空気が入り込みやすく、空気層ができるため保温力に優れています。 繊維が細く強度が高いため、縮みにくい特徴があります。 軽くて使い勝手が良い毛布です。 それぞれの動物によって毛の形や性質に特徴があり、触り心地や温かさなども異なります。 なかでも、アンデス山脈の乾燥地帯に生息する「ビキューナ」の柔毛は、抜群の肌触りや吸湿性などを備えた高級な毛布となっています。 選び方ポイント2 軽さ 寒いからといって布団をかけすぎると、布団の重さで体が圧迫されて、逆に体温が冷えてしまいます。 そこで注目したいのが毛布の軽さ。 軽い毛布を使うことで、体を圧迫することなく朝までぐっすりと眠れます。 綿毛布 シール織り毛布:1,000~1,300グラム その他の織毛布:800~1,000グラム アクリル毛布 1,000~1,500グラム ポリエステル毛布(ニューマイヤー毛布) 700~1,500グラム ウール毛布 800~1,500グラム カシミヤ 700~1,300グラム 2枚合わせ毛布(ポリエステル) 1,800~2,400グラム 2枚合わせ毛布(アクリル) 2,500~3,000グラム 選び方ポイント3 肌触り 肌に直接触れることの多い毛布だからこそ、肌触りはとても重要なポイントです。 毛玉になりにくく、毛も抜けにくいので、ホコリが出にくくなっています。 特徴は、軽くて取り扱いが楽なこと。 現在の主流の毛布です。 ポイントは、素材と軽さと肌触り!お気に入りの毛布で快適な睡眠を 毛布の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか? お気に入りの毛布が1枚あるだけで、布団に入った瞬間の暖かさや心地良さがぐっと上がります。 昭和西川でもたくさんの毛布をご用意していますので、是非、あなたにぴったりの毛布を見つけてください。

次の

【楽天市場】ブランケット フリンジ 大判 北欧 ベッドカバー おしゃれ 毛布 春 インテリア 大きい ひざ掛け かわいい マルチカバー ソファーカバー かけるだけ ポンポン タオルケット ベビー フリークロス fab23【P】やわらかい ピンク グレー:REWARD(リワード)

毛布 春

天然繊維である綿を使用した毛布は、アレルギーの方や化学繊維などを使用できない方、小さなお子さまでも安心して使える、とても人気の高いアイテム。 春や秋などの肌寒い時期にぴったりです。 また寒い冬には、暖かい空気を逃がさないようにするために羽毛布団の上にかけて使用することもできます。 年間を通じて便利なアイテムなので、昭和西川でも自社ブランド「イヤシヤ」などで多くの綿毛布をご用意しています。 太めの繊維がかさ高を出すので、生地の間に暖かい空気が入り込みやすく、空気層ができるため保温力に優れています。 繊維が細く強度が高いため、縮みにくい特徴があります。 軽くて使い勝手が良い毛布です。 それぞれの動物によって毛の形や性質に特徴があり、触り心地や温かさなども異なります。 なかでも、アンデス山脈の乾燥地帯に生息する「ビキューナ」の柔毛は、抜群の肌触りや吸湿性などを備えた高級な毛布となっています。 選び方ポイント2 軽さ 寒いからといって布団をかけすぎると、布団の重さで体が圧迫されて、逆に体温が冷えてしまいます。 そこで注目したいのが毛布の軽さ。 軽い毛布を使うことで、体を圧迫することなく朝までぐっすりと眠れます。 綿毛布 シール織り毛布:1,000~1,300グラム その他の織毛布:800~1,000グラム アクリル毛布 1,000~1,500グラム ポリエステル毛布(ニューマイヤー毛布) 700~1,500グラム ウール毛布 800~1,500グラム カシミヤ 700~1,300グラム 2枚合わせ毛布(ポリエステル) 1,800~2,400グラム 2枚合わせ毛布(アクリル) 2,500~3,000グラム 選び方ポイント3 肌触り 肌に直接触れることの多い毛布だからこそ、肌触りはとても重要なポイントです。 毛玉になりにくく、毛も抜けにくいので、ホコリが出にくくなっています。 特徴は、軽くて取り扱いが楽なこと。 現在の主流の毛布です。 ポイントは、素材と軽さと肌触り!お気に入りの毛布で快適な睡眠を 毛布の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか? お気に入りの毛布が1枚あるだけで、布団に入った瞬間の暖かさや心地良さがぐっと上がります。 昭和西川でもたくさんの毛布をご用意していますので、是非、あなたにぴったりの毛布を見つけてください。

次の