除 毛 クリーム 肌荒れ。 脱毛による肌荒れの対処・治療法と予防法など全知識

【徹底比較】女性用除毛クリームのおすすめ人気ランキング12選【広範囲もラクラク処理】

除 毛 クリーム 肌荒れ

除毛クリームを使う前に 除毛クリームを使う前に大切なのが、実は下準備!とりあえずザーッと塗ってみた!だけでは、失敗してしまう思わぬ落とし穴をご紹介いたします。 パッチテストを行う はじめて除毛クリームを使う時には、必ずパッチテストを行いましょう。 除毛したい箇所に少しだけ塗る• 説明書通りに使用する• 24時間肌の経過を確認する 除毛クリームは毛を溶かすアルカリ性の成分が入っています。 肌に直接塗るので、肌トラブルを起こす可能性があります。 パッチテストを行わないで全身に使用した場合、かゆみが止まらない!なんてことにもなりかねません。 全身かきむしってしまっては、せっかくの肌がボロボロになってしまいます。 より安全に使用するなら、除毛した直後だけではなく、丸一日は肌の様子を見守りましょう。 入浴後のお肌がベスト! 「清潔な肌に使用してください」とほとんどの除毛クリームの説明書には書かれています。 清潔な肌とは、言い換えるとクリームやオイルなどが何も塗られていないお肌ということです。 除毛クリームの成分がしっかりと毛に作用するように、肌に何もついていないことを再度確認しましょう。 塗ってしまった!という時は、ぬるま湯でしっかりと洗い流してから使用しましょう。 除毛クリームを使うタイミングとして一番良い状態は、入浴後の肌に何もついていない状態です。 入浴後は体の皮膚表面が温まって柔らかくなり、また毛穴も開いた状態なので、ムダ毛がスルッ取れやすくなります。 逆に、除毛クリームを使用した後の入浴は避け、シャワーで流す程度にしておきましょう。 除毛クリームの正しい使い方 1. 乾いた肌に使用する 入浴後のお肌がベストですが、きちんと水気を拭き取って、乾いた肌に使用しましょう。 入浴中にも使えるタイプの除毛クリームを選ぶと良いでしょう。 均等な厚みで塗る 除毛クリームの失敗談でよく耳にするのが、「ムラが残ってしまった」というもの。 全体的にキレイにムダ毛を処理するなら、なるべく厚みが均等になるように、毛が覆われるくらいたっぷりと塗りましょう。 手で塗ってもOKなもの、ヘラを使用するもの、塗り口がスポンジタイプになっているものなど様々なタイプがあるので、除毛したい体の箇所に合わせて一番塗りやすいタイプの除毛クリームを選択するのがオススメです。 説明書に記載された時間おく 除毛クリームはメーカーによって放置時間が異なります。 最短5分でOK! としているものから、15分ほど放置してくださいとしているものまで様々です。 毛を溶かす成分がどの程度配合されているのか、また、肌を保護する美容成分が豊富かどうかは、除毛クリームの種類によって異なります。 説明書に記載された時間以上置けば効果が高まる、と安易に考えるのは危険です。 確かに時間を延ばせば除毛効果は高まるかもしれませんが、その分肌に対する負担も増えるというリスクをはらんでいることを忘れてはいけません。 拭き取る 毛の流れと逆向きにヘラですくい、濡れたティッシュなどで拭き取るのが一般的です。 また、最近ではシャワーで洗い流すだけでOKなタイプもあります。 除毛クリームの種類に合わせて、説明書に記載されているふき取り方で行ってください。 残ったクリームを洗い流す ふき取りタイプの場合は、その後肌に残ったクリームを洗い流しましょう。 この時ボディソープなどは使用せず、ぬるま湯のみで洗い流してください。 除毛後はクールダウンを行う 除毛後は人によって少しピリつきを感じたり、肌がほてるような感覚を覚えることがあります。 除毛後の肌はとても敏感になっているので、まずは冷やしてクールダウンを行います。 この時、アイスノンなどを直接肌にあてるのは刺激が強すぎるので、必ずタオルなどに包んで、優しく冷やしましょう。 保湿をする クールダウンが終わったら、化粧水などで肌を保湿します。 肌表面が落ち着いたとしても、毛穴の中ではまだ除毛クリームの反応が落ち着いていません。 肌が熱を持った状態で放置しておくとどんどん乾燥してしまうので、刺激の少ない化粧水などをつけましょう。 刺激が少ないとは、アルコールが入っていない、アルカリ性の成分を含んでいないもので、弱酸性の肌に優しいものがおすすめです。 除毛クリームと同じメーカーから出ている、抑毛ローションを使うのも良いでしょう。 また、除毛後の肌はとても敏感になっているので、美容液・オイル・クリームなど過度に保湿を行うことは避けたほうが無難です。 普段はなんともなかったとしても、除毛後の肌に使用することで肌トラブルを招く可能性があります。 、本格的なお手入れは、丸一日肌の様子を見てから行いましょう。 除毛クリームの使い方…7つの注意点 除毛クリームを使う時に、失敗しないための注意点をご紹介します。 待ち時間を守る 先ほどの使い方の時にもご説明しましたが、説明書に記載されている待ち時間は必ず守りましょう。 記載されている待ち時間でうまく除毛されなかったからといって、安易に時間を延ばしてはいけません。 肌トラブルの原因となります。 時間を延ばしたり、同日の連続使用は避け、日を改めてから再チャレンジしてみましょう。 また、待ち時間を守ったのにうまく除毛が出来なかった時は、本当に正しい使い方が出来ているのか?待ち時間以外の作業手順をもう一度振り返ってみましょう。 除毛前後3日は海やプール、外での運動は控える 明日は海!なんて時は前日に除毛クリームでの処理をしたいと考えると思いますが、これは危険です。 除毛後の肌は敏感になっているので、強い紫外線を浴びることによって、肌トラブルを引き起こす可能性があります。 また、海水の塩分やプールの強い塩素が肌に刺激になることも考えられます。 大切なイベントの時に肌荒れを起こしてしまっては本末転倒。 直前すぎる処理は控えましょう。 ごしごしこすらない これは特にふき取り時の注意点になります。 なかなか毛がスルッと取れないからといって、肌が赤くなるほどごしごしこすってはいけません。 アルカリのダメージを受けた肌へさらに摩擦刺激を与えることで、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。 生理中・妊娠中の使用は避ける 生理前になると肌荒れしてしまうという女性が多くいますが、これは、ホルモンバランスの変化が原因です。 これと同様に、妊娠中の女性はホルモンバランスが通常とは大きく異なります。 普段はなんともなかったことが、急にダメになってしまったりするものです。 このように、肌自体が敏感に傾いている時に除毛クリームを使うことも肌トラブルを起こす原因のひとつになるので避けましょう。 ムダ毛のタイプに合わせた除毛クリームを使う 効果を出したい!つるっとした肌に憧れる!と思うのであれば、自分のムダ毛のタイプに合わせた除毛クリームを使用しましょう。 なかなか効果が感じられる除毛クリームに出会えない・・という方は、男性並みの剛毛でも除毛できるようなタイプを選びましょう。 石鹸やボディーソープなどアルカリ性のものは使用しない 除毛クリームの使用前後は、石鹸などを使用するのは避けましょう。 肌に成分が残っている状態で除毛クリームを使用すると、化学反応を起こして肌トラブルを起こす可能性があります。 また、アフターケアに使用する化粧品に関しても、アルカリ性のものを使用しないようにしましょう。 赤みが出たらすぐに使用を中止する 放置時間の最中でも過度にピリつきを感じたり、肌に赤みが出たらすぐに使用を中止し、しっかりと洗い流してください。 自己判断で市販の軟膏などを塗るよりも、なるべく早めに専門医に相談をしましょう。 背中に塗る時のコツは? A. 背中に塗るのって専用のヘラでも限界があるし、自分の手で塗るのも難しいですよね。 そんな時におすすめしたいのが、ケーキ用のパレットナイフ。 長さがあるので、とっても塗りやすいんです。 セルフでなんとか頑張りたい!という人は、ぜひ100均などで手に入れてみてください。 拭き取らずに流しても良いの? A. これは除毛クリームの種類によります。 大概の除毛クリームはヘラでとったり、スポンジで絡め取った後に拭き取るよう書かれています。 しかし最近では、そのまま洗い流すだけでOKのものも出ているので、めんどくさがり屋な方は、洗い流しもOKなタイプの除毛クリームを選ぶと良いでしょう。 除毛クリームを塗った後にカミソリで剃ってもいいの? A. これは肌トラブルを招くのでやめましょう。 また、除毛クリームの二度塗りもカミソリ同様NGです。 肌が敏感になっている状態でさらに肌を傷めつけるようなことは基本NGです。 でも、どうしてもチクチクが気になる!という場合は、1日〜3日ほど置いて、肌が落ち着いた後で処理をしましょう。 除毛クリームと抑毛ローションは併用していいの? A. 同じメーカーから出ているものなどは、一緒に使用することによっての相乗効果が得られることがあります。 併用したい場合は、同じメーカーから出ているものであれば問題ないでしょう。 他メーカーのものを使用する際は、サポートセンターなどに一度確認をとることをおすすめします。 何日間くらい効果が続くの? A. こちらも除毛クリームによって変わりますが、およそ3日〜1週間ぐらい効果が続くのが一般的です。 また、部位によって毛の成長スピードが異なるので、ウデ・あしに比べると、ワキが一番早く毛が生えてくるので、効果が薄いように感じることがあります。 なるべく処理期間を少なくしたい場合は、使うごとに抑毛効果が出てくるような除毛クリームを選びましょう。 さいごに いかがでしたか?意外と知らない注意点があったのではないでしょうか。

次の

除毛クリームで肌荒れしてしまったときの対処を教えて!薬はあるの?

除 毛 クリーム 肌荒れ

この記事の目次• 除毛クリームのメリットって?除毛クリームの特徴と効果 除毛クリームの存在は知っているものの、「どんな仕組みでムダ毛を処理することができるの?」「他のムダ毛処理に比べてメリットはあるの?」と、除毛クリームについて漠然と不思議なイメージを持っていませんか? 除毛クリームは、使用法を守れば肌に優しく、怪我のリスクもなく、なめらかな肌に仕上げてくれる「魅力いっぱいのムダ毛処理方法」です! まずは、除毛クリームの特徴や効果について詳しく見ていきましょう。 除毛クリームの仕組みやメリットを知れば、きっと今すぐ除毛クリームを使いたくなってしまいますよ。 除毛クリームの仕組みと特徴 除毛クリームによる脱毛とは、 除毛クリームに含まれる有効成分が体毛を溶かすことでムダ毛を処理する方法です。 除毛クリームの有効成分である、アルカリ性の「チオグリコール酸カルシウム」が体毛を作っているケラチンタンパク質を分解し、結果として体毛を溶かす働きがあります。 肌表面のムダ毛だけに効果を発揮するため、日数が経てばまた毛が生えてくるため定期的な除毛クリームによる脱毛が必要ですが、 1週間に1度のペースの除毛で十分と言われています。 では、 カミソリや毛抜きによる脱毛と除毛クリームとの違いにはどのような特徴があるでしょう。 肌状態 肌触り リスク 除毛クリーム 毛根は残るものの目立たない なめらかさが持続 パッチテストを行えばリスクは少ない カミソリ 毛根が残りポツポツが目立つことも 生えてくるとジョリジョリ カミソリ刃による怪我やダメージ 毛抜き 毛根も抜かれてすっきり 毛穴が赤くなり少し盛り上がる 埋没毛や炎症 比較した表から分かる通り、 除毛クリームは他の処理方法に比べて処理後の肌状態が良いのが最大の特徴と言えます。 除毛クリームのメリット 除毛クリームのメリットには、• 再び生えてきた毛がチクチクしない• 怪我のリスクがない• デリケートゾーンやカーブの多い膝や脇が処理しやすい• どんな毛質でも使える• 保湿成分によりなめらかな美肌が目指せる などが挙げられます。 除毛クリームを使用する場合は、必ずデリケートゾーン(ビキニライン)用のものを選びましょう。 また、デリケートゾーンに限ったことではありませんがパッチテストも忘れずに行ってください。 自分に合った除毛クリームの選び方と正しい使い方を知ろう 除毛クリームの魅力を知ると、いますぐにでも除毛クリームを薬局や通販で探してしまいたくなりますが、少し待ってください! 除毛クリームは、• 自分に合ったものを選ぶ• 正しい使い方を守る ことで効果を十分に発揮してくれます。 除毛クリームを購入する前に、除毛クリームの賢い選び方と正しい使用方法をしっかりとチェックしておきましょう。 除毛クリームの選び方 除毛クリームを選ぶ際は、• 除毛したい部分• 使用場所 によって選びましょう。 除毛したい部分で選ぶ 腕や脚のムダ毛は 一般的な除毛クリームが適していますが、デリケートゾーンなどの敏感な肌には デリケートゾーン専用の除毛クリームがあるので、使いたい部位によって選びましょう。 室内で使用する場合は、家具や壁、床にクリームがつかないように注意する必要があります。 浴室で使用可能な除毛クリームは水でも流れにくく、クリームを塗った部分に直接水をかけなければ、シャワーを浴びても大丈夫なものがあります。 バスタイム用の除毛クリームを選べば時間を有効活用することができますね。 使用前に必ずパッチテスト 初めて除毛クリームを使用する場合は、 必ずパッチテストを行いましょう。 人気の商品で多くの人が使っているからといって、自分にも合うとは限りません。 万が一のために、事前にパッチテストをするのが基本中の基本です。 パッチテストの方法• クリームを少量出す(10円玉大ほど)• 脱毛したい部分にクリームをつける• その商品の塗布時間に従って洗い流す• 24時間以内に肌に異常が出ないか観察する 肌に合っていない場合、• かゆみ• 腫れ・かぶれ• ヒリヒリとした刺激 などの症状が出ます。 少しでも異常が出た場合はその除毛クリームの使用はやめてください。 また、炎症などの程度が重かったり、炎症がすぐに治まらない場合は、すぐに病院で専門家に診てもらいましょう。 除毛前の肌を準備しておく まず、除毛クリームを取り出す前に、 脱毛したい部分をきれいに洗い、お湯でしっかり石けんを流しておきます。 製品によっては付属のスポンジやヘラを使うものと、手で直接塗ることができるもの、またチューブ状になっていて直接肌にクリームを出すものなどがあります。 基本的な除毛クリームの使い方は以下の通りです。 ムダ毛が隠れるくらいしっかりクリームをまんべんなく塗ります。 (スポンジやヘラが付いている場合は、スポンジなどを使ってムダ毛処理したい場所に塗ります。 製品の 使用方法に記載されている時間待ちます。 時間が経ったら付属のスポンジやヘラでクリームを一部分だけ取り除き、 除毛が十分にできているかチェックします。 しっかり除毛効果が見られたら残りの クリームも取り除きましょう。 水かぬるま湯で クリームをきれいに洗い流します。 具体的にどのような注意点、禁止事項があるのか知っておくだけで、肌荒れなどの肌トラブルを避け、除毛クリームの効果を最大限に実感することができますよ。 ムダ毛のない美肌のために、最後まで気を抜かず注意点をチェックしていきましょう! 除毛クリームを使うための注意点 除毛クリームを使う際に気をつけるのは、• 記載された使用方法の厳守• 除毛クリームの扱い方• 除毛クリームの塗り方• 除毛クリームの洗い流し方 の4点です。 使用方法 正しい使用方法、特に使用時間と使用頻度に注意しましょう。 各メーカーの検査の結果、安全に使用できるルールが詰まっています。 厳守することで、重大な肌トラブルを防ぐことができます。 除毛クリームの扱い方 クリームが髪や爪につかないように十分注意しましょう。 もし、髪や爪に除毛クリームがついたら速やかに流水で洗い流します。 室内で行う場合は、床にクリームが落ちないようにビニールシートを敷くなど工夫しておくといいです。 アクセサリーや服などにつくと変色してしまうことがあるので、十分に注意してください。 除毛クリームの塗り方 除毛クリームを肌にすり込む必要はありません。 そっと除毛クリームを肌に乗せるように塗るだけにしましょう。 肌表面の毛に効果があるので、毛穴まで浸透させようとしないでください。 毛穴への負担が大きくなってしまいます。 除毛クリームの洗い流し方 付属のスポンジやヘラを使って 肌をごしごし擦るのはNGです。 また、除毛後にボディタオルを使って肌を摩擦するのもやめてください。 除毛後は、優しく肌の水分をタオルで拭くだけにとどめましょう。 除毛後直後と24時間以内のNG行為 どんな方法であれ脱毛は肌に負担をかける行為。 除毛クリームを使用した場合も同様です。 肌に少なからずストレスを与えることになります。 そのため、 除毛クリームでの脱毛直後は、石けんで肌を洗ったり、タオルで擦るのは厳禁です。 また、体調不良時にも除毛クリームの使用は厳禁です。 体調不良は自分で気が付いていないこともあります。 ストレスが溜まっていないか• 寝不足ではないか• 食事はしっかり摂っているか をチェックして自己管理をきちんと行いましょう。 体調によっては、パッチテストで異常がなくても使用中・後に異常が出る場合もあります。 肌だけでなく目の異物感など、肌以外にも異常が出ることも。 肌や目への異常が出た場合は、使用中の場合はすぐに洗い流し、すぐに病院へ行きましょう。 除毛クリームを正しく使って、安全になめらかな美肌を目指そう ご紹介してきた除毛クリームの効果と正しい使い方を通して、除毛クリームの魅力を十分にお伝えすることができたでしょうか。 除毛クリームは、• カミソリを使えない敏感肌さんにも使用できる• 気になるデリケートゾーンにも使用できる などメリットがあり、家でできる優秀なムダ毛処理アイテム。

次の

除毛剤による肌荒れ対策方法【近頃の男子の肌荒れ最多部位は?】

除 毛 クリーム 肌荒れ

除毛クリームの放置時間と拭き取り方 除毛クリームの除毛効果を十分に発揮させるためには、除毛クリームを放置する時間を毛に合わせて調節することも重要です。 置く時間が短すぎると除毛できませんが、長すぎると肌に負担がかかってしまいます。 除毛クリームを置く時間は商品によって異なりますが、細い毛は溶けやすいので肌に不必要な刺激を与えすぎないように5分程度、太い毛は溶けにくいので除毛効果がしっかり現れるように10分程度放置すると、肌へのダメージをできるだけ抑えつつキレイに除毛できます。 放置が終わったら、ティッシュやスパチュラ へら を使って毛の流れに逆らうように毛を取り除いていきます。 肌を撫でる要領でクリームと一緒に毛を取り除きますが、このとき肌を強くこすらないようにしてください。 正しい使い方ができていれば力を入れなくても毛が取り除けるので、優しく拭き取るようにしましょう。 毛を取り除き終わったら、残った除毛クリームを水かぬるま湯でをよく洗い流します。 除毛成分で毛を溶かす除毛クリームは全身どこにでも使えるわけではありません。 特に体の中でも敏感な顔・VIOへの使用が公式で推奨されている除毛クリームはほぼないです。 しかしVラインであれば、使用が推奨されている除毛クリームはいくつかあります。 もしVラインも除毛したいと考えている方は、公式でVラインへの使用が推奨されている除毛クリームを選びましょう。 除毛クリームを使っている方の中には、公式で推奨されていないにも関わらず自己責任でVIOに使用している人もいます。 おすすめはしませんが、もし自己責任でVIOの除毛を行うなら、刺激が強く出やすい粘膜部分には除毛クリームが付着しないように注意してください。 テープや濡らしたコットンなどで粘膜部分を隠してしまうと塗りやすいでしょう。 当然ですが、除毛クリームは髪の毛も溶かしてしまいます。 そのため背中やうなじの毛に除毛クリームを使うときは、ヘアゴムなどを上手く使って除毛クリームが髪の毛に触れないように注意してください。 背中やうなじに除毛クリームを塗る時、家族や恋人に手伝ってもらえない場合は、合わせ鏡などを利用して自分で塗る必要があります。 一人で背中にクリームを塗るためのグッズも販売されているので、自分一人で背中に除毛クリームを塗りたい方は試してみるといいでしょう。 また、背中の除毛にはスプレータイプの除毛剤もおすすめです。 うなじにスプレータイプの除毛剤を噴射するのは髪の毛に触れるリスクが高いためおすすめできませんが、背中の除毛をする時は除毛クリームよりも塗りやすいはずです。 おすすめの除毛クリームを3つ紹介! ほとんどの除毛クリームの除毛効果は「チオグリコール酸カルシウム」という成分によるものですが、除毛クリームは商品によって肌を守るために配合している成分が違ったり、公式で推奨されている使用可能部位が違ったりします。 また水に強い除毛クリームや付属品がついてくる除毛クリームもあります。 おすすめの除毛クリームを3つ紹介するので、それぞれの特徴を比べて自分に合いそうなものを選んでみてください。

次の