井口 裕香。 井口裕香とは (イグチユカとは) [単語記事]

井口裕香 (イグチユカ)|チケットぴあ

井口 裕香

5月16日(土)開催予定「む~~~んトークイベント2020春」ですが新型コロナウイルスの感染拡大防止および、お客様・関係者の安全のため延期させていただき、振替開催日については決まり次第お知らせします」とアナウンスしていましたが・・・ 緊急事態宣言が延長され、また、感染の収束が見通せない中、振替開催日を確定することがなかなかできない状況です。 そこで、楽しみにしていただいたリスナーの皆様には大変申し訳ありませんが、「 一旦中止」という判断をさせていただきます。 ただし、あくまで「 一旦中止」なので、感染が収束して開催の見通しが立ったときには、改めて、開催日程を番組でお知らせします。 なお、チケットの払い戻し方法については、「」からご案内させていただきます。 振替公演へのスライドはできませんのでチケットをお持ちの方は必ず払い戻しお願いします。 楽しみにお待ち頂いておりましたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ******************************* 5月16日(土)開催予定で準備してきました「む~~~んトークイベント2020春」ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止、お客様及び関係者の安全のため延期とさせて頂くことにしました。 振替開催日については決まり次第お知らせいたします。 チケットについては、Livepocketの方からご案内させていただきますが、振替ご希望の方には、そのまま振替公演にスライドさせていただき、払い戻し希望の方については、払い戻しさせていただきます。 楽しみにお待ち頂いておりましたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 今回も収録なしのイベント限定企画です。 番組新グッズも先行発売します。 ご了承ください。

次の

井口裕香 stand still 歌詞

井口 裕香

まずはこちらのキャラクターから! 『ゴブリンスレイヤー』牛飼娘 ・ゴブスレさんとの夫婦のような関係が好きです(20代・男性) 『弱酸性ミリオンアーサー』エル ・井口さんの良さが最大限に発揮されているので。 (30代・男性) 『オトッペ』ウィンディ ・NHKで毎日放送してるオトッペのマスコットキャラ。 小憎らしくて可愛い。 (30代・女性) 『ふらいんぐうぃっち』椎名杏子 ・落ち着きがありつつ、それでいてパッションな面もある中学生魔女を見事に演じているから。 (40代・男性) 『Re:ゼロから始める異世界生活』クルシュ・カルステン ・メインのキャラクターではないのに視聴者を惹きつける圧倒的な存在感と、一つひとつの動きのかっこよさがとても上手に表現されていたから。 (10代・女性) 『桜Trick』園田優 ・女性同士の恋愛をいやらしくなく、かつ、思春期のドキドキ感をだす演技が素敵でした。 シンプルにキャラの可愛さも引き立てる声でもあり、とてもよかったです。 (30代・男性) 『幸腹グラフィティ』内木ユキ ・当時は深夜アニメを観始めた頃で、井口さんの事を知るきっかけになったのもこの作品でした。 料理を美味しそうに食べる内木さんのまったりとした、ほのぼのとした声に魅了されました。 (30代・男性) 『終わりのセラフ』三宮三葉 ・ツンとデレの演技がとても凄かった。 バトルシーンとのギャップが見ていてとても引き込まれた。 初めて井口裕香さんという声優を知るきっかけにもなったので、終わりのセラフの三宮三葉に票を入れました。 (10代・女性) 『僕は友達が少ない』高山マリア ・マリアの無邪気さ、底抜けの元気さを、井口さんのかわいらしくも心の通った声質、高い演技力が見事に表現していて、一瞬でマリアというキャラクター、そして井口裕香さんという声優さんが大好きになりました!(30代・男性) 『ノーゲーム・ノーライフ』クラミー・ツェル ・クラミーはただの人間の女の子ですが特殊な能力をもつ異種族たちに引けを取らない強気な一面があります。 それでいて実は無理をしているため泣きじゃくる場面もありまさに井口裕香さんのキャラらしさが出ています(20代・男性) 『魔弾の王と戦姫』リムアリーシャ ・凜々しいけど乙女チックな一面も持つ キャラクターです。 私的にはゆかちというとテンションの高低を問わず 少女役というイメージが強いと思うのですが、 こういったお姉様タイプのキャラクターというのも 魅力的だと思います。 (30代・男性) 『true tears』安藤愛子 ・どうしても乃絵と比呂美のヒロインレースに目がいきがちですが、眞一郎や三代吉との関係性とか、ドラマが面白いのは愛ちゃん関連のところで、普段は活発な女の子なのに時折見せる乙女な部分がめっちゃ可愛い。 のりえのキャラクターと井口さん本人のキャラクターがとてもマッチしていて、今でも好きです。 (40代・男性) ・たまゆらと言う穏やかな世界観の中でムードメーカー的な立場ですが、元気なだけでなく友達思いで真面目な姿が素敵です! たまゆら卒業写真では、まさにゆかちを映したキャラクターです!(40代・男性) ・ご自身の代名詞である『ウザかわいい』を地でいってるキャラだと思います。 明るく元気だけど、周りを気遣い目標に向かってひたむきな姿には、共感と共に憧れをすら感じさせてくれるキャラクターでした!(40代・男性) 『ヤマノススメ』雪村あおい ・内気なあおいちゃんがひなたたちと共に登山をしながら成長していく姿が尊い。 (20代・男性) ・あおいが物語を通して成長していくのが印象的で、とても好きなキャラクターだから。 (20代・男性) ・何だかんだ親友を大切にしていて、何か出来るかをずっと考えて失敗してしまうのが可愛い。 負けん気が良い。 (20代・男性) ・業界でも有名な仲良しである阿澄佳奈さんと共演した作品、作中でのお芝居の掛け合いでもその良さが出ていたと思います。 (30代・男性) ・主人公だから。 阿澄佳奈さんや日笠陽子さん、儀武ゆう子さんなど、井口さんと仲のよい方々がキャスト陣となっている(10代・男性) ・ほんわかした作品の雰囲気にピッタリの声と親友役のひなたの声を当てているのが現実でも親友の阿澄佳奈さんなところですね(30代・男性) ・登山をテーマに扱った作品だが、その中で友情の素晴らしさをとても感じた。 主人公の幼馴染のひなたとの絡みも、井口さんと阿澄さんの仲良しコンビだからこそ出た味なのかも。 (20代・男性) ・ヤマノススメの主人公。 人見知りで高所恐怖症なあおいが、挫折したり、勇気を出したりしながら、友達を作ったり登山をして感動したり、まだ成長過程で未熟な高校生の繊細な心情をとても良く表現されていました。 (30代・男性) 『化物語(シリーズ)』阿良々木月火 ・井口裕香さんの色んな表現のある声が聞けるところ。 怒ってるとか喜んでるとか(20代・女性) ・会話劇で、色々な表情を見せるキャラクターが魅力的。 キャラソンの「白金ディスコ」は名曲!(30代・男性) ・偽物語のop『白金ディスコ』は最高 そして可愛さとピーキーさの両方を兼ね備えれるのはすごい(20代・女性) ・見た目の愛らしさもそうですが、キャラの2面性に井口さんの芝居が相まってより魅力的な存在になっている点。 (30代・男性) ・なかなかぶっ飛んでる妹だけど、願かけで髪を伸ばしてる理由を知った時に泣けたので。 めっちゃ、ええ子やん!ゆかちーのキャラにも合ってると思ったので、(20代・男性) ・ピーキーと称されることも多々あるキャラですが、周りの言動に惑わされず自分の道を突き進んでいく部分は彼女の魅力の一つだと思います! 少々、難がありそうですが…友達になったら楽しそうなキャラクターですね。 (10代・女性) ・自分が井口裕香さんを知るきっかけになった作品。 可愛らしいキャラクターですがはっきりした性格で、憎めない部分があるところ。 井口裕香さん、ご本人もおっしゃっていましたがお互いに近い部分もある。 文句無しでイチオシのキャラクターです。 (40代・男性) ・ヤマノススメの「あおい」と迷いましたが、代表作となるとやはり月火ちゃんかなと。 こういうのを書くのが苦手なので、個人的に月火ちゃんの好きな所を書きたいと思います。 (30代・男性) ・実は繊細で、辛い過去を背負っていながらも、周囲の人への気遣いが出来る素敵な女性だなと思います。 (40代・男性) ・まるでキャラクター本人になったかのような、ストーリーにぐっと引き込まれる素晴らしい演技だったので(30代・男性) ・個人的にめちゃくちゃ好きなアニメです。 4人の友情がすっごく伝わってきて、見てていいなーと思います!(10代・女性) ・青春と南極という繋がりにくそうなテーマだと思っていましたが、一話一話ストーリーがあり、友情、親子愛など考えさせられるアニメだったから。 (10代・男性) ・元同級生にガチギレするシーンでは鳥肌が立ちました。 いつも笑顔が絶えない裕香さんからあんなお芝居が出てくるなんてビックリですし、やはり長くご活躍されているのは伊達じゃ無いと思いました。 (20代・男性) ・ゆかちを知ったきっかけとなったのと、このアニメでアニメに対する価値観やらが大きく変わったし、何より三宅日向ちゃんが健気で可愛い! 元気な感じもゆかちの声とも合っててやっぱり代表作だと思います! (10代・男性) ・明るく人当たりのよいキャラクターが、本当は繊細な内面を隠している……ともすれば嘘くさくなりがちな繊細な役柄を、自然な演技で魅力的に表現されていました。 演技として一皮向けた感のある、近年の代表作だと思います!(40代・男性) ・脚本、演出、作画、音楽、キャスト、全てが完璧。 この作品から受けた感銘は、どれほど言葉を重ねても語り尽くせません。 日向の複雑な心境が、井口さんの台詞によって、より鮮明に、より深く胸に沁みました。 素晴らしい演技、ありがとうございました。 (50代・男性) ・数々の井口さんのキャラクターを観てきましたが、最も井口さんらしさが出たのが三宅日向だと思います。 いつも明るく元気だけど、ちょっと闇を抱えた女の子というのが、等身大の女子高生を描いているようでした。 また、人間関係の難しさ、失って初めてその大切さに気づくことが痛いほどよく伝わってくる作品です。 語り継がれるべき作品だと思います。 (20代・男性).

次の

井口裕香とは (イグチユカとは) [単語記事]

井口 裕香

まずはこちらのキャラクターから! 『ゴブリンスレイヤー』牛飼娘 ・ゴブスレさんとの夫婦のような関係が好きです(20代・男性) 『弱酸性ミリオンアーサー』エル ・井口さんの良さが最大限に発揮されているので。 (30代・男性) 『オトッペ』ウィンディ ・NHKで毎日放送してるオトッペのマスコットキャラ。 小憎らしくて可愛い。 (30代・女性) 『ふらいんぐうぃっち』椎名杏子 ・落ち着きがありつつ、それでいてパッションな面もある中学生魔女を見事に演じているから。 (40代・男性) 『Re:ゼロから始める異世界生活』クルシュ・カルステン ・メインのキャラクターではないのに視聴者を惹きつける圧倒的な存在感と、一つひとつの動きのかっこよさがとても上手に表現されていたから。 (10代・女性) 『桜Trick』園田優 ・女性同士の恋愛をいやらしくなく、かつ、思春期のドキドキ感をだす演技が素敵でした。 シンプルにキャラの可愛さも引き立てる声でもあり、とてもよかったです。 (30代・男性) 『幸腹グラフィティ』内木ユキ ・当時は深夜アニメを観始めた頃で、井口さんの事を知るきっかけになったのもこの作品でした。 料理を美味しそうに食べる内木さんのまったりとした、ほのぼのとした声に魅了されました。 (30代・男性) 『終わりのセラフ』三宮三葉 ・ツンとデレの演技がとても凄かった。 バトルシーンとのギャップが見ていてとても引き込まれた。 初めて井口裕香さんという声優を知るきっかけにもなったので、終わりのセラフの三宮三葉に票を入れました。 (10代・女性) 『僕は友達が少ない』高山マリア ・マリアの無邪気さ、底抜けの元気さを、井口さんのかわいらしくも心の通った声質、高い演技力が見事に表現していて、一瞬でマリアというキャラクター、そして井口裕香さんという声優さんが大好きになりました!(30代・男性) 『ノーゲーム・ノーライフ』クラミー・ツェル ・クラミーはただの人間の女の子ですが特殊な能力をもつ異種族たちに引けを取らない強気な一面があります。 それでいて実は無理をしているため泣きじゃくる場面もありまさに井口裕香さんのキャラらしさが出ています(20代・男性) 『魔弾の王と戦姫』リムアリーシャ ・凜々しいけど乙女チックな一面も持つ キャラクターです。 私的にはゆかちというとテンションの高低を問わず 少女役というイメージが強いと思うのですが、 こういったお姉様タイプのキャラクターというのも 魅力的だと思います。 (30代・男性) 『true tears』安藤愛子 ・どうしても乃絵と比呂美のヒロインレースに目がいきがちですが、眞一郎や三代吉との関係性とか、ドラマが面白いのは愛ちゃん関連のところで、普段は活発な女の子なのに時折見せる乙女な部分がめっちゃ可愛い。 のりえのキャラクターと井口さん本人のキャラクターがとてもマッチしていて、今でも好きです。 (40代・男性) ・たまゆらと言う穏やかな世界観の中でムードメーカー的な立場ですが、元気なだけでなく友達思いで真面目な姿が素敵です! たまゆら卒業写真では、まさにゆかちを映したキャラクターです!(40代・男性) ・ご自身の代名詞である『ウザかわいい』を地でいってるキャラだと思います。 明るく元気だけど、周りを気遣い目標に向かってひたむきな姿には、共感と共に憧れをすら感じさせてくれるキャラクターでした!(40代・男性) 『ヤマノススメ』雪村あおい ・内気なあおいちゃんがひなたたちと共に登山をしながら成長していく姿が尊い。 (20代・男性) ・あおいが物語を通して成長していくのが印象的で、とても好きなキャラクターだから。 (20代・男性) ・何だかんだ親友を大切にしていて、何か出来るかをずっと考えて失敗してしまうのが可愛い。 負けん気が良い。 (20代・男性) ・業界でも有名な仲良しである阿澄佳奈さんと共演した作品、作中でのお芝居の掛け合いでもその良さが出ていたと思います。 (30代・男性) ・主人公だから。 阿澄佳奈さんや日笠陽子さん、儀武ゆう子さんなど、井口さんと仲のよい方々がキャスト陣となっている(10代・男性) ・ほんわかした作品の雰囲気にピッタリの声と親友役のひなたの声を当てているのが現実でも親友の阿澄佳奈さんなところですね(30代・男性) ・登山をテーマに扱った作品だが、その中で友情の素晴らしさをとても感じた。 主人公の幼馴染のひなたとの絡みも、井口さんと阿澄さんの仲良しコンビだからこそ出た味なのかも。 (20代・男性) ・ヤマノススメの主人公。 人見知りで高所恐怖症なあおいが、挫折したり、勇気を出したりしながら、友達を作ったり登山をして感動したり、まだ成長過程で未熟な高校生の繊細な心情をとても良く表現されていました。 (30代・男性) 『化物語(シリーズ)』阿良々木月火 ・井口裕香さんの色んな表現のある声が聞けるところ。 怒ってるとか喜んでるとか(20代・女性) ・会話劇で、色々な表情を見せるキャラクターが魅力的。 キャラソンの「白金ディスコ」は名曲!(30代・男性) ・偽物語のop『白金ディスコ』は最高 そして可愛さとピーキーさの両方を兼ね備えれるのはすごい(20代・女性) ・見た目の愛らしさもそうですが、キャラの2面性に井口さんの芝居が相まってより魅力的な存在になっている点。 (30代・男性) ・なかなかぶっ飛んでる妹だけど、願かけで髪を伸ばしてる理由を知った時に泣けたので。 めっちゃ、ええ子やん!ゆかちーのキャラにも合ってると思ったので、(20代・男性) ・ピーキーと称されることも多々あるキャラですが、周りの言動に惑わされず自分の道を突き進んでいく部分は彼女の魅力の一つだと思います! 少々、難がありそうですが…友達になったら楽しそうなキャラクターですね。 (10代・女性) ・自分が井口裕香さんを知るきっかけになった作品。 可愛らしいキャラクターですがはっきりした性格で、憎めない部分があるところ。 井口裕香さん、ご本人もおっしゃっていましたがお互いに近い部分もある。 文句無しでイチオシのキャラクターです。 (40代・男性) ・ヤマノススメの「あおい」と迷いましたが、代表作となるとやはり月火ちゃんかなと。 こういうのを書くのが苦手なので、個人的に月火ちゃんの好きな所を書きたいと思います。 (30代・男性) ・実は繊細で、辛い過去を背負っていながらも、周囲の人への気遣いが出来る素敵な女性だなと思います。 (40代・男性) ・まるでキャラクター本人になったかのような、ストーリーにぐっと引き込まれる素晴らしい演技だったので(30代・男性) ・個人的にめちゃくちゃ好きなアニメです。 4人の友情がすっごく伝わってきて、見てていいなーと思います!(10代・女性) ・青春と南極という繋がりにくそうなテーマだと思っていましたが、一話一話ストーリーがあり、友情、親子愛など考えさせられるアニメだったから。 (10代・男性) ・元同級生にガチギレするシーンでは鳥肌が立ちました。 いつも笑顔が絶えない裕香さんからあんなお芝居が出てくるなんてビックリですし、やはり長くご活躍されているのは伊達じゃ無いと思いました。 (20代・男性) ・ゆかちを知ったきっかけとなったのと、このアニメでアニメに対する価値観やらが大きく変わったし、何より三宅日向ちゃんが健気で可愛い! 元気な感じもゆかちの声とも合っててやっぱり代表作だと思います! (10代・男性) ・明るく人当たりのよいキャラクターが、本当は繊細な内面を隠している……ともすれば嘘くさくなりがちな繊細な役柄を、自然な演技で魅力的に表現されていました。 演技として一皮向けた感のある、近年の代表作だと思います!(40代・男性) ・脚本、演出、作画、音楽、キャスト、全てが完璧。 この作品から受けた感銘は、どれほど言葉を重ねても語り尽くせません。 日向の複雑な心境が、井口さんの台詞によって、より鮮明に、より深く胸に沁みました。 素晴らしい演技、ありがとうございました。 (50代・男性) ・数々の井口さんのキャラクターを観てきましたが、最も井口さんらしさが出たのが三宅日向だと思います。 いつも明るく元気だけど、ちょっと闇を抱えた女の子というのが、等身大の女子高生を描いているようでした。 また、人間関係の難しさ、失って初めてその大切さに気づくことが痛いほどよく伝わってくる作品です。 語り継がれるべき作品だと思います。 (20代・男性).

次の