ルマ かい りき ベア。 かいりきベア

かいりきベア

ルマ かい りき ベア

かいりきベアとは、以下の名称をす。 「」に登場する。 上位種には「 かいりきベア・」も存在。 で活動をしている。 曲のも手掛けている。 本稿ではこちらについて記述。 概要 、『』で。 切ないのを明るい調の旋で描いて好評を得た。 その後も、を落とした悲哀をにした『』など、高い技術を駆使したな曲を世に問うている。 、初めてを起用した『』で大。 から4日後の同13日午後、同氏初のを果たした。 による『』においては全曲の&タを手掛けている。 関連動画 最新作・公開マイリスト VOCALOIDオリジナル曲 太字はあり。

次の

かいりきベアとは (カイリキベアとは) [単語記事]

ルマ かい りき ベア

かいりきベアとは、以下の名称をす。 「」に登場する。 上位種には「 かいりきベア・」も存在。 で活動をしている。 曲のも手掛けている。 本稿ではこちらについて記述。 概要 、『』で。 切ないのを明るい調の旋で描いて好評を得た。 その後も、を落とした悲哀をにした『』など、高い技術を駆使したな曲を世に問うている。 、初めてを起用した『』で大。 から4日後の同13日午後、同氏初のを果たした。 による『』においては全曲の&タを手掛けている。 関連動画 最新作・公開マイリスト VOCALOIDオリジナル曲 太字はあり。

次の

ルマ

ルマ かい りき ベア

カテゴリ• あぁ ほら また間違えた これで何度? 何回目? ねえ ほら 塞いでたって ぽっかり浮き出る傷跡 あぁ ほら また誤魔化した 見て見ぬ振り お上手ね もう ほら 何言われたって 誰もわたしを望まない むき出して痛い痛い 強がって 痛い痛い 息詰まって痛い痛いんだよ わたしって失敗作だってさ って いらない子なんだって… 何やったって 頑張ったって ダメらしいや 愛 愛 愛されたくて 偽って もっともっと笑顔で いればいいかな… あぁ ほら また擦りむいた これで何度? 何回目? ねえ ほら 隠してたって じわり浮き出るトラウマ あぁ ほら また飲み込んだ 澄まし顔が お上手ね もう ほら 何言われたって 嘲られ 痣だらけ 閉塞感にユラユラ 劣等感にクラクラ 息詰まってカラカラなの わたしって失敗作だって なって いらない子なんだって… 何やったって 頑張ったって 無駄みたいだ 生まれてきた意味が欲しくて もっともっと自然に 笑えばいいかな… 神様 もしも生まれ変わることが出来たら 愛される子になれますように 泣き止んだ鼓動を子守歌に きっときっと明日は 笑えるよね 間違いだらけに オヤスミナサイ 目次• はじめに 『失敗作少女』とは2015年8月8日にネット上で公開された楽曲です。 同年3月4日にシングルリリースされています。 このたび2019年8月9日、MARETUさんによってアレンジが加えられ新たな MVが公開されました。 動画再生回数は公開から2週間経過した現在で90万を超えています。 4年振りのアレンジ公開に対してのファンや視聴者のリアクションの大きさに 筆者も驚いています。 4,000近いコメント数も今作に対する思い入れを強力に示すものとなりました。 さて『失敗作少女』についてですが登場する主人公の少女は、ボカロPかいりき ベアさんご本人の原案である小説マネマネサイコトロピックに登場する失敗作少 女エリスです。 エリスは非常に魅力的な外見と性格の持ち主です。 しかしある分野に関しては危険で猟奇的な面を持ち合わせています。 本考察ではやんわりと小説の内容に触れることがあります。 物語の結末や重要な点を記載することはありませんのでご了承ください。 MVの曲調について少し触れてみたいと思います。 ファミコンに多用されている3和音がアレンジャーのMARETUさんらしい 構成になっていたと思います。 イントロから懐かしくも不思議な音づかいが病みつきになってしまいました。 前作から存在する雨のSEは今作でも使用され過去作品の面影が残っています。 MVのエリスにハサミを持たせたことは、彼女の持つ危険な一面を表現してい るのだと筆者は考えました。 エリスはある人物に異常なまでの関心があり、その対象者に近づこうとしたり 関係を持とうとする人物に危害を加えます。 ですから関係を断つという点でハサミが採用されたのだと解釈しました。 それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていくことにしましょう。 タイトル『失敗作少女』とは エリスのプロフィールだけを見るととても失敗作とは言えません。 美少女でモテるという説明書きがあり何不自由ない生活を送っているように 思えます。 しかし彼女は小説の主人公であるマヤにしか興味を持っていません。 このマヤに興味を持ち親友となったことがきっかけで、彼女は多くの失敗を 重ねていくことになります。 大切なものを自分だけのものにする「独占欲」が彼女を次第に良くない方向へ と誘っていきます。 普通の生活をしていれば彼女は「成功」していたと言えるかもしれません。 しかし他者から見ても自分自身から見ても、幸福ではないという判定になった 時点で自分は「失敗作」なのだとエリス自身が判断したのでしょう。 タイトルはそんなもの悲しい彼女の結論を表現しているのだと思います。 『失敗作少女』歌詞の意味 私が望まないor私を望まない あぁ ほら また間違えた これで何度? 何回目? ねえ ほら 塞いでたって ぽっかり浮き出る傷跡 あぁ ほら また誤魔化した 見て見ぬ振り お上手ね もう ほら 何言われたって 誰もわたしを望まない むき出して痛い痛い 強がって 痛い痛い 息詰まって痛い痛いんだよ 少女エリスは学園に通う人気ある女学生でした。 他者から見て彼女の人生は成功しているように見え 誰もが羨むものをたくさん持っていました。 美貌、人気、明るい性格などが彼女を輝かせていました。 しかし彼女は次第に「間違い」を繰り返すようになります。 主人公マヤと出会い彼女に興味を持ち始めます。 マヤは自分にとって友達、そして親友になっていきました。 親友や彼氏などエリスは望んではいませんでした。 それでもマヤだけは素直に受け入れられたのです。 とても嬉しい感情が自分の全身に広がっていくのをエリスは 感じたことでしょう。 しかし同時に良くない感情、そう黒いドロドロとしたような 感情もエリスを取り巻いていったのです。 「マヤを失いたくない」「ずっと自分の側に置いておきたい」 こうした感情は「独占欲」へと姿を変えていきました。 歌詞にある「間違えた」とは幅広い意味があるのだと思います。 小さなもので言えば「自分の強すぎる気持ちや思い」をマヤに ぶつけてしまうということです。 そして大きな間違いとはマヤと関係を持とうとする、あるいは マヤが関心を寄せた人へ危害を加えるという間違いです。 そうしたやりとりの中でマヤからあるいは他者から自分は必要 とされていないと自覚させられる出来事が生じていきます。 エリスはこれまで感じたことのない孤独を感じていきます。 以前は自分が他者との関係や興味を持つことを望まないように していたのです。 しかし今では興味を持って欲しい相手から望まれていないよう に感じているのです。 自分が選ばれない辛さを痛感し自尊心すら溶け始めています。 生まれて初めて経験する慣れない感情に戸惑い彼女は次第に崩壊 していきます。 辛くないと強がれば心が痛み、我慢をやめれば強烈なひとりよが りの独占欲がむき出しになり、息がつまりそうになるのです。 失敗作のレッテルを張る わたしって失敗作だってさ って いらない子なんだって… 何やったって 頑張ったって ダメらしいや 愛 愛 愛されたくて 偽って もっともっと笑顔で いればいいかな… エリスは自分がどうしても仲良くしたい、もっと正直に 言えば自分のものにしたいマヤを獲得できずに苛立ちます。 マヤは優しい子なのでエリスに直接「いらない」という酷い 台詞を吐き捨てたりはしません。 しかし自分を一番に思ってくれないマヤを見てエリスがそう 思ってしまうのです。 他者もエリスに関心があるのですが彼女が必要としないので いくらか気持ちの上で混同している部分があるようです。 「自分らしく」がわからなくなった彼女はマヤに好かれるた めに「偽りの自分」を演じるのがいいのか、あるいは笑顔を もっと見せれば良いのかと思案するようになります。 けれども明確な答えは見いだせていません。 彼女は自分に関して「失敗作」のレッテルを張り蹲ります。 朝の来ないオヤスミナサイ 神様 もしも生まれ変わることが出来たら 愛される子になれますように 泣き止んだ鼓動を子守歌に きっときっと明日は 笑えるよね 間違いだらけに オヤスミナサイ ここでは「生まれ変わる」また「泣き止んだ鼓動」 というフレーズが出てきます。 小説から切り離して歌詞だけで考えるとエリスは 死を検討しています。 彼女は間違えることも間違えるたびに動揺する心 臓の鼓動にも飽き飽きさせられたようです。 ですから自らの命を終わらせることで間違いを犯 さないようにしました。 そしてそっと彼女は目を閉じて一言口にします。 「オヤスミナサイ」 彼女が朝を迎えることは二度とありませんでした。。 まとめ いかがだったでしょうか。 最後の部分は小説関係なしに歌詞だけで読み取った部分です。 物語の核心に触れる部分や結末は小説から確認してくださいね。 皆さんはエリスを失敗作少女だと思いますか。 筆者は「失敗作」だとは思いません、思えませんでした。 特に少女の年齢で若いですから失敗は誰でもします。 そして大人になっても、いえ幾つになっても人は失敗していき ます。 ですからすべての人は「改善」、モデルチェンジが必要なのだ と今作から学びました。 エリスの場合、友達付き合いに関して改善が必要でしたね。 独占するのではなく、皆と共有する心の広さがあればと思いま す。 またマヤの前に立ちはだかったり他者と張り合うのではなく、 応援したり支えたりできたら良かったと個人的に思いました。 それでも自分の一番にしたいくらい思われるのは嬉しいこと ですし方向性が変われば良い感情になるのだと信じています。 かいりきベアさんそしてアレンジャーのMARETUさん、素敵 な作品を有難うございました。 お二人の今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思 います。

次の