アグ アメンティ。 ハリー・ポッターと金銀の少女

アグアメンティ水よの意味は?USJファン映像、謎のプリンス場面&イラスト | ポッターポータル PotterPortal

アグ アメンティ

ウィンガーディアム・レヴィオーサ:Wingardium Leviosa 浮遊の呪文。 賢者の石でロンが発音ができず、ハーマイオニーに教えてもらったこの呪文。 ホグワーツ魔法魔術学校一年生が最初に習う、超基本的な魔法です。 「コレは流石に造語でしょ!?」 と思うことなかれ。 この 【Wingardium Leviosa】 すべてを分解していくと・・・• Wingは英語のウイング=翼• ardiumはラテン語のarduusが元となっていて、意味は高い• Leviosaはlevisはラテン語で軽いの意味 という意味にそれぞれなります。 すべて合わせると、 「翼のように軽く、高く舞い上がる」 となりますね! ここから、 浮遊呪文の意味になっているのです。 英語とラテン語を組み合わせた見事な発想。 魔法が命中した相手は全身が動かせなくなるが、意識は保たれる。 超強力な呪文なのですが、ホグワーツ魔法魔術学校では、まさかの 1年生からコレを習うようです。 ハーマイオニーが賢者の石でこの魔法を使ったときは、 「この子、絶対ハリーより強い」 と思いました(笑) 語源は、石を意味するラテン語のpatraと、全身を示すtotalです。 これらを合わせて、 Petrificus Totalus=全身金縛り呪文、となります。 確かに、賢者の石で倒れたネビルを見る限り、石化したような描写がありましたし、【全身石化】と訳しても通じそうですね。 相手の生命を一瞬で奪い去る、反対呪文が存在しない絶対の呪文。 反対呪文が存在せず、また盾の魔法でも防げない ガード無視の最強呪文です。 映画では、ハリーのエクスペリアームズで防いでいる描写がありましたが、小説版ではそれも不可能。 絶大な魔力がいるとされていますが、 ヴォルデモート卿とその仲間たちはバンバン使ってきます。

次の

株式会社アグティ|自由と責任の共生するクリーニング会社

アグ アメンティ

パーティーからの帰宅後。 暖炉から現れたシエルを心配そうな面持ちのフェッタが出迎えた。 「シエル様!何か変わったことは御座いませんか? お怪我は? 体調は? 」 「ふふ…そんなに心配せずとも私は大丈夫ですよ」 苦笑しながらそう告げると、フェッタは「よかった…」と言って安堵のため息をついた。 「ただ…」 『キミ、死にたいのかい? 』 彼の言葉が私の恐怖を掻き立てる。 ぶんぶんと頭を振った。 きっと、ただの勘違いだ。 「……シエル様…? 」 意識を戻すと、フェッタがまた心配そうな顔で私を覗いていた。 二度も心配させるなんて。 私はすぐに笑顔を取り繕うと、なんでもないと言った。 フェッタは一瞬、怪しんだような仕草を見せたが、深入りはしなかった。 妙な空気が流れたため、彼女にお茶を淹れるように頼む。 ソファーに腰掛け、少し待つと、彼女がカップを持って現れた。 「ありがとう、フェッタ。 …そういえば、明日、ドラコが此方に来ることになりました」 「ドラコ様から許嫁のお話についてお聞きになられたのですね? 」 ニヤリというのが相応しい顔でフェッタがそう言う。 ……え、知ってたの? なのに、教えてくれなかったの? というかなんて顔してんの? UZAIYO? そう思いながらも、なるべく冷静に答える。 「ええ。 ドラコから聞きました。 フェッタが知っていたとは思いませんでしたが…」 「申し訳ございません。 ロキス様が口止めされていたのですよ。 『その話をするのはドラコの口からでないと許さん!それができないやつに娘はやらん!』といった具合に」 なにその、お前に娘はやらん!的な感じのやつ。 私の父親ってそんな感じの人だったの? 「は、はぁ…」 取り敢えず、生返事を返しておいた。 「…ともかく、明日は宜しくお願いしますね」 「かしこまりました」 冷めかけた紅茶のカップを一口飲み、一息つく。 ふと、カレンダーが目に入った。 「そう言えば、私が此処に来てからもう2ヶ月ですか…」 転生してからももう3ヶ月前。 いや、まだ、といった方が正確かな。 転生して、ダンブルドアやセブルスに出会って、スタージェント家の当主になって、ドラコや他の原作キャラにもたくさん出会って……それなのにまだ、3ヶ月前しか経っていない。 ホグワーツに入学するまでもあと3年あるし、それまでに私は……私は? 魔法を練習して強くなって。 本を読んで知識を増やして。 原作キャラと今のうちに仲良くなって。 ホグワーツの制服を身に纏った私がホグワーツ城の中を楽しそうに歩く姿が頭に浮かび上がってきた。 大丈夫。 チートも使い放題!ハリーと仲良くなりたいな。 寮はやっぱりグリフィンドール? 賢者の石を護って、ジニーを救って、ピーターを捕まえて、それから……。 その日の夜、うきうきした気分のまま、シエルは眠った。 一番最初に、暖炉から炎と共に吐き出されたのは、ソードだった。 「おはよう、シエル。 昨日のパーティーはどうだった? 」 「おはようございます、ソード。 問題は起こりませんでしたよ」 「そう。 それは、よかったわ。 フェッタもおはよう」 「おはようございます、ソード様」 キッチンから顔を出すと、すぐに引っ込んでしまうフェッタ。 それを見て、ソードは何かあったのかと、シエルに聞いた。 「フェッタ、忙しそうね。 今日も何かあるの? 」 「ドラコ……えっと…マルフォイ家の息子の事なのだけれど…彼が遊びに来るのですよ」 「あら、デート? だったら私は邪魔したらいけないわね」 「もう、あなたまで私をいじるんですか? 今朝、散々髪型についてフェッタにいじられたのに…」 「確かに、今日はアクセサリーを着けてるわね。 似合ってるわよ。 ドラコ君もびっくりなんじゃないかしら? 」 「うう…」 そんなことを言い合っているうちに、暖炉がエメラルドに光った。 私は即座に身なりを整え、ソファーに座り直す。 その様子にソードがクスリと笑ったが見なかった事にしておいた。 現れたのはドラコとルシウスだった。 来客を気配で感じ取ったか、同時にフェッタも現れる。 「いらっしゃいませ、マルフォイ様、ドラコ様」 「おはようございます、ルシウス、ドラコ」 「久し振りね、スリザリンの 王子様 プリンス 」 フェッタ、シエル、ソードの順で、挨拶をする。 「お邪魔させてもらうよ、シエル嬢。 それと…グリフィンドールの 王 プリ …いや、 じゃじゃ馬娘 プリンセス 」 二人は知り合いらしかった。 「そう言えばまだアズカバンに行かなくても大丈夫なの、 厨二病 プリンス? 」 それも、かなりの。 「わざわざ、来てくれたのですね、ルシウス」 話を変えるようにして、私は声を掛けた。 二人とも、まだ何か言いたそうな顔をしていたが、大人しく話題を変えてくれた。 「いえいえ、当たり前のことですよ。 今日はドラコを宜しくお願いします」 「こちらこそです」 一礼し合うと、ルシウスは仕事があると言って去っていった。 フェッタも途中だった昼食の準備をするため席を外す。 ソードはニヤつきながら図書室に本を読みに行った。 「…」 「…」 いや、気まずっ。 しかし、黙っている訳にもいかないので、他愛もない話を振ってみる。 「…ドラコは、何か好きなことはありますか? 」 「僕は…そうだな…クィディッチが好きだ。 家でもよく箒に乗っているよ。 …シエルは何が好きなんだ? 」 「私は読書ですね。 他にも魔法の鍛練をすることも好きです」 「どんな魔法を使えるのかい? 」 「そうですね…見た方が早いと思います」 そう言って私は右手を甲が下になるように前に出した。 頭でよくイメージをしながら、魔力を右手に集める。 ふわりと風が吹いたかと思うと、シエルの掌には一輪の花が置かれていた。 「こんな感じで…「今の、どうやったんだ? !」…え? 」 いつの間にか、立ち上がったドラコが瞳をキラキラと輝かせて、私を見ていた。 「だから、今の魔法のことだよ。 本で読んだんだけど、無言呪文に杖なし呪文は大人でも難しいんだ」 今更ながら、杖を使えば良かったと後悔した。 なんて、説明しようか…。 感覚でやってるから、どうやってるのか自分でも分かんないんだよね…。 「えっと……こう、まずは右手を出して…魔力を集めて…」 それから昼食の時間まで練習をしたが、ドラコは諦めたようだった。 ごめんね、ドラコ。 午後は庭で、杖を使って、簡単な呪文を唱えあったりして遊ぶことにした。 「まずは僕から。 アグアメンティ 水よ 」 ドラコの杖先から、少量の水が飛び出した。 「では、私も。 アグアメンティ 水よ 」 ザバーと言う音とともに何処からともなく大量の、言うなれば、滝のような水が現れた。 そして……。 「ゲホゲホ…シエル、何をしたらあんな水が出るんだい!? 」 「コホコホ…解せませんね…」 びちょぬれになった私たちは ヴェンタス 風よ を唱え、乾燥させた。 もっとも、私が吹き飛ばされそうになったのは言うまでもないが。 日が暮れると、ルシウスが迎えに来た。 「今日はありがとうございました。 ご迷惑をお掛けしていませんか? 」 「いえいえ、楽しませて頂きました。 また、来週にでも、遊びに来てくださいね」 「では、私たちはこれで…」 ルシウスが先に暖炉の中に消えていった。 ドラコは暖炉に入る直前で足を止める。 「どうかしましたか、ドラコ? 」 私がそう聞くと、ドラコは振り返った。 「いい忘れてたけど。 その髪飾り、シエルらしいと思うぞ…じゃあな」 私はしてやられたと思った。 「ありがとう…また」 ドラコが去ると、何かが私の脇腹辺りをツンツンとした。 顔を上げると、ソードがいる。 「にんまり」 「わざわざ、声に出さなくても分かりますよっ!」 ソードのニヤけ顔を目に入れないようにしながら、部屋に戻った。 ボソッと青春とか言わないでよね。 ソードとの鍛練によって、魔法の制御は日に日に上達していった。 ドラコとは週に一度、どちらかの家で遊ぶようになり、時々ソードに先生をしてもらって勉強もした。 ダンブルドアについては、セブルスがたまに来て、フェッタに何かを話して帰っていくくらいで、本人が来ると言うことは一度もなかった。 他の家との交流も絶やさず行っている。 パーティーにはなるべく参加したし、数名とは文通もしている。 特筆することのない、淡々とした日々が流れていく。 夏が終わり、秋も過ぎ、ゆっくりと落ちていた葉も、今はすっかり落ちきっててしまっていた。 ふぅーと息を吐くと視界が白くなる。 窓を開けてみると、外は一面、雪景色だった。 「もう冬ですか…」 「本当に早いものだな…」 隣にいるのは他でもないドラコだ。 この半年でまた背が伸びた気がする。 といっても、まだ8歳なので、それほど背の差はないのだが。 「そういえば、シエル。 父上からこれを預かってきた」 内ポケットから彼が取り出したのは、一通の手紙だった。 ありがとう、と言いながら受け取ると、早速開いてみる。 『マルフォイ家のクリスマスパーティーにご招待致します』 「クリスマスパーティー…」 「毎年、僕の家では大きなパーティーを行うんだ。 ぜひ、来てくれ。 母上も会うのを楽しみにしていたよ」 「本当ですか?では、綺麗なドレスを着て行かなくては行けませんね」 「ドレスがなくても、綺麗だと思うが?」 「そう言う貴方こそ整った顔立ちですけれど? 」 半年もあれば、褒める方も褒められる方も、慣れたものだ。 「ほら、そこの二人、休憩はそこまでにして、そろそろ再開するわよー」 ソードの声が聞こえると私たちはその場を後にした。 数日後。 休日なのでソードはおらず、暖炉で温まりながら読書をしていた。 と、ふいに、視界にエメラルド色の光が入る。 顔を上げてそちらを見ると、セブルスが立っていた。 「いらっしゃいませ、スネイプ様」 「こんにちは、セブルス」 挨拶をすると、いつも通りフェッタの方へ…かと思えば、私の方を向いていた。 「セブルス、何か……? 」 ぼうっと暖炉の炎が大きくなった。 現れた人物に私は少し驚く。 「しばらくじゃったのう、シエルよ」 ダンブルドアは微笑みながらそう言った。 「お久しぶりです、ダンブルドアさま」 互いに挨拶を交わすと二人をソファーに薦めつつ、私も座った。 「セブルスから色々聞いておるよ。 魔法も上達したようじゃのう」 「ええ、今はある程度の魔法であれば、使えるようになりました」 そうかそうかと言って、ダンブルドアはフェッタの淹れた紅茶を啜る。 それに習って私もカップに口をつけた。 しばらくそうしていると、口を開いたのはダンブルドアだった。 「…何故わしが此処に来たのか、と思っているじゃろう……実はのう、ちいと問題が起きたのじゃ」 「問題、ですか…」 嫌な予感がした。 彼がわざわざ出向かなければならない程の問題。 それは一体…。 ぼうっと、また暖炉の炎が大きくなった。 「急に呼び出して一体……って、校長? 一体何が…」 「仕事中にすまんのう、ソード。 取り敢えず、座って話をしようではないか」 「いえ、大丈夫ですよ……それで何があったんですか? 」 ソードが聞くと、ダンブルドアはもう一度紅茶を飲んだ。 と、今度は横に座っていたセブルスが話し始めた。 「ノット家に動きがあったようだ。 ルシウスにも確認を入れたが間違いない。 彼らはシエルの正体を見抜いている…」 静かに告げられた真実に私は驚きを隠せなかった。 「何時、ばれてしまったのですか? 心当たりが全くありません…」 「それは、残念ながら、分からない。 しかし、一つだけ言えることがある。 彼らが動くのはクリスマスパーティーの日だ」 「疑う訳では御座いませんが…それは、確実な情報でしょうか? 」 恐る恐るといった感じで、フェッタがそう聞いた。 セブルスは頷く。 「ただ、彼らも馬鹿ではない。 吾輩達の動きがあれば、日程くらいいくらでも変えるだろう」 「では、ばれないように、私達も動かなくてはいけませんね……具体的には? 」 「ある程度の事は決めておるよ。 しかし、決めるのはお主らじゃ」 シエルの問いに答えたのは、ダンブルドアだった。 彼の瞳が私を真っ直ぐに見つめてくる。 「いいでしょう。 計画を話してください」 「計画は? 」 「予定通り、クリスマスパーティーの日に行う」 「人数は集まった? 」 「ああ、ポリジュース薬の準備も万端だ」 「やっと、この日が来るんだな」 「そうだ、これでもう、忌々しい奴らは居なくなる」 「父さん、ミスるなよ? 」 「当たり前だ。 この日のために半年も費やして来たのだからな」 闇の中で彼らは嗤った。

次の

sm31460808

アグ アメンティ

令和2年5月25日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *4月 1,686円 令和2年5月25日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *3月 2,315円 令和2年3月26日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *2月 2,070円 令和2年3月2日 私たちは京田辺市にある認可外保育施設、「なないろの木 こどもえん」さんの園舎改修工事を応援します。 令和2年2月27日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *1月 2,371円 令和2年2月7日 障がい者雇用に関わる「みんなのMeeting」に、はあとウォームカンパニー認定企業として、弊社 代表取締役齊藤徹が参加いたしました。 令和2年2月3日 障がいのある方が、技能労働者として社会に参加する自信と誇りをもつことができるように職業能力を高めていただくとともに、多くの府民や社会が障がい者の技能の理解と認識を高め雇用促進と職業の安定を図るための、第17回アビリンピック京都大会に協賛し応援しています。 令和2年1月28日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *12月 1,592円 令和元年12月17日 「働きたくなる地域企業のつくりかた」第7回ランチタイム座談会において、弊社代表取締役・齊藤徹が話題提供者として参加します。 京都市では,市民,企業,NPO,大学などの多種多様な組織や個人が,京都で社会的課題の解決に挑戦し,過度の効率性や競争原理とは異なる価値観を広める取組を推進しています。 令和元年11月6日 台風19号により被災された福島県郡山市に被災地支援活動を行われた京都府災害ボランティアセンターのボランティアの皆様に食料品の提供をさせていただきました。 ボランティアの皆様ありがとうございました。 感謝申し上げます。 令和元年10月30日 平素はご愛顧いただき誠にありがとうございます。 2019年11月1日より、見守り付き洗濯代行サービスの価格を改定させていただくこととなりました。 これからも企業努力を行いながら安心安全なサービスをお届けいたします。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 令和元年10月18日 令和元年台風19号によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。 また、被害を受けられた皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。 早期の復旧と皆さまに一日も早い平穏な日々が訪れますことをお祈り申し上げます。 平成31年9月26日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *8月 1,922円 令和元年9月19日 令和元年台風15号により被害を受けられた皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。 いまだ停電、断水が続く地域もございますが、早期の復旧とともに、皆さまに一日も早い平穏な日々が訪れますことをお祈り申し上げます。 また、被災地におきまして復旧活動に尽力されておられる皆さまに敬意を表するとともに、 皆さまの安全を心よりお祈り申し上げます。 令和元年9月3日 障がい者雇用優良事業所として全国表彰していただきました。 これからも障がい者雇用の促進と安定に取組んで参ります。 令和元年9月3日 第17回アビリンピック京都大会の開催が決定しました。 令和2年2月1日土曜日に開催されます。 株式会社アグティはを応援いたします。 令和元年9月2日 令和元年8月九州北部豪雨に伴う大雨被害により被災された方々に衷心よりお見舞いを申し上げます。 早期の復旧とともに、皆さまに一日も早く平穏な日々が訪れますことをお祈り申し上げます。 平成31年7月25日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *6月 2,205円 平成31年5月30日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *4月 1,527円 平成31年4月 障がい者雇用を積極的に推進しているとして、京都府より に 認証していただきました。 (更新) 平成31年4月 地域で障がい者雇用、訓練の普及活動に積極的に取り組んでいるとして、 に 認定していただきました。 私たちはこれからも高齢者や障がいをお持ちの方々に就業機会の創出と職場への定着に取組んで参ります。 平成31年2月21日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *1月 1,689円 平成31年1月30日 火災発生に関するお詫びとお知らせ 2019年1月25日(金) 午後9時30分ごろ、弊社久御山の工場にて火災が発生いたしました。 近隣の皆様及びお客様、取引先の皆様をはじめ関係各位におかれましては、多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。 火災につきましては、一部機械からの出火が原因と判明しております。 綜合警備保障アルソック様の早期発見と初期消火、及び消防署による迅速な消火活動により大事には至りませんでした。 人的被害はなく、当該工場内の乾燥機一台の損傷を確認いたしております。 当該乾燥機以外は火災の影響は受けておらず、1月26日(土)より通常生産を行っております。 弊社におきましては、今回の事態を厳粛に受け止め、より一層の安全管理と再発防止に努めてまいります。 このたびはこのような事態が発生しましたこと、重ねてお詫び申し上げます 平成31年1月23日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *12月 1,980円 平成31年1月7日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *11月 1,723円 平成30年11月26日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *10月 1,434円 平成30年10月24日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *9月 1,290円 平成30年9月26日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *8月 2,992円 平成30年9月10日 北海道胆振東部地震により被害にあわれた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。 早期の復旧とともに、皆さまに一日も早く平穏な日々が訪れますことをお祈り申し上げます。 平成30年9月6日 台風21号により被害にあわれた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。 早期の復旧とともに、皆さまに一日も早く平穏な日々が訪れますことをお祈り申し上げます。 平成30年8月1日 寄附金付き自動販売機 寄附金実績 *6月 2,957円 *7月 2,443円 平成30年6月 自動販売機の売上の一部をに寄附をさせていただきます。 平成30年7月9日 西日本豪雨災害により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 平成30年6月29日 大阪北部を中心とした地震により被災された地域の復旧活動に使用していただく災害支援用タオルを高槻市、茨木市、吹田市の各社会福祉協議会様へ提供いたしました。 被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 平成30年6月22日 大阪府北部を中心に発生した地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。 また、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 平成29年11月17日 乳幼児を抱えるママたちの為のが開催されました。 私たちは防災ママカフェの活動に協賛させていただきました。 平成29年10月20日 京都市沓掛・境谷地域包括支援センター様主催の「洛西地域インフォーマルサービスのつどい」にブース出展いたしました。 ご来場ありがとうございました。 平成29年9月25日 宮津市社会福祉協議会様より、災害支援用タオル提供のを頂きました。 平成29年9月21日 宮津市災害ボランティアセンター様に、台風18号の集中豪雨により被災された住宅の復旧活動に使用していただく災害支援用タオルを提供いたしました。 被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 平成29年8月30日 九州北部の豪雨災害により被災された方々への支援のため、義援金2万4千862円を京都新聞社会福祉事業団にお届けいたしました。 義援金は日本赤十字社を通じて被災地に届けられます。 平成29年8月14日 秋田県横手市社会福祉協議会 佐々木義広会長様より支援品に対するを頂きました。 平成29年7月26日 秋田県横手市災害ボランティアセンター様へ災害支援用のタオルを提供しました。 平成29年7月24日 秋田県大雨災害により被害にあわれた皆様へ 秋田県大雨災害により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 平成29年7月10日 九州北部豪雨災害により被害にあわれた皆様へ 九州北部豪雨災害により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 平成28年10月17日 鳥取中部地震により被災された皆様へ 鳥取中部地震に被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。 平成28年9月5日 台風に伴う豪雨により被災された皆様へ 台風9号・10号・11号に伴う豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 所沢市、久慈市の災害ボランティアセンター様に清掃用のタオルを提供させて頂きました。 平成28年5月17日 「第21回ふれあい福祉まつり」にブース出展しました 社会福祉法人久御山町社会福祉協議会主催によるふれあい福祉まつりにブース出展しました。 見守り付き洗濯サービス・宅配布団クリーニングの案内と子供たちに輪投げや射的を体験して頂きました。 平成28年4月22日 平成28年熊本地震の被災地域に対し復興支援活動を決定 京都新聞社会福祉事業団、京都中小企業家同友会を通じて義援金を拠出します。 現地でボランティアの皆さまが活動する際に使用するタオルを提供します。 平成28年4月22日 熊本地震災害ボランティア活動サポート募金開始 京都府災害ボランティアセンターでは、 を開始します。 平成28年4月19日 平成28年熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、一刻も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。 平成28年3月11日 きょうとNPOセンターさんが運営する宇治市内の小・中学校生の保護者の皆様に対して緊急連絡用のに協賛しています。 地域の子供たちの安全・安心を願っているこの取組みを応援します。 平成27年9月15日 台風18号にともなう東日本豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 平成27年3月29日 京都西北ロータリークラブ主催 「障害者と企業のかけはし2015」にブース出展しました。 平成26年12月5日 の協力団体に登録しております。 平成26年8月30日 このたびの広島市において発生した豪雨土砂災害に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 平成26年8月30日 平成26年8月豪雨災害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 平成26年8月8日 久御山町出前講座のAEDを用いた救急救命講習を受講しました。 平成26年6月25日 京都府教育委員会教育長様より支援学校実習生の就業体験活動受入れの感謝状をいただきました。 平成26年4月1日 と災害時における応援協力の協定を締結しました。 平成26年2月22日 京都新聞社会福祉事業団が主催するシンポジウムが開催され「共に働く仲間へ~企業と福祉の共同事業」と題して齊藤代表取締役が講演しました。 平成26年2月1日 障がいのある人の雇用を応援するイベント「ワークフェアin乙訓」にブース出展しました。

次の