アドレノクロム レディーガガ。 アメリカで地下に監禁されていた35000人の子供が救出

レディガガってイルミナティの支配下ですか?

アドレノクロム レディーガガ

アドレノクロムについて質問します。 最近アドレノクロムについて、ネットで知りました。 やりすぎ都市伝説のようなものか?と思いましたが、信じられないような写真も有ります。 痩せたセ リーヌ・ディオンの写真は、拒食症では?と思い、ホルマリン漬けの胎児のようなものが入っている瓶を手にしているレオナルド・ディカプリオの写真は、映画の一シーンかも?と考えました。 レディ・ガガの前にある、血の水槽に横たわる人間の胴体なんかはハリウッドのSFXで作った「作品」かも知れないとか、頭の中で冷静になろうとしたのですが、何とも後味が悪く、とても気になります。 王族や聖職者、セレブやハリウッド・スター達等は、本当にあのようなアドレノクロムを使っているのか…? 日本で報道されないし、真実はどこにあると思いますか? 追伸…レディ・ガガの写真は、アート・パフォーマンス?が行われている所の写真のようです。 少しホッとしました。 ガセなのか、どこまで真実なのか、知りたい気がします。 でも、ネットでそのうち有耶無耶になってしまいそう。 補足「闇の政府カバールの崩壊」全10話~などから、アドレノクロムなどの情報を得たのですが、大量逮捕とかガセなのかどうかよく分かりません。 生け贄を捧げる悪魔崇拝の影には、レプティリアンの存在がある等々、あちこちの情報があるようですが、そんな事をオカルトマニア以外の人に話しても笑われるでしょうしね。 真実はどこにあるのでしょうか?.

次の

【速報】マドンナ、陽性

アドレノクロム レディーガガ

会社の若者が、マスクしてて外回り先で倒れました。 コロナの罪はどーでも良いから、マスコミはマスク不要を毎日流せ〜!!• ヤツらが私たちに望んでいる事、新型コロナウイルス編。 ヤツらは自分たちがしない事をいつも我々に押し付ける。 ふーん、最近感染者数が「東京だけ」異常に多かったのは、だったんですね・・。 小池さん「 感染者数は 60人台に乗せると聞いています」 えーっと、、どういうこと??? たしかに「乗せると聞いています」って言ってるよなぁ…何のために乗せる?• 新宿区がPCR検査件数を増やす(クラスター作り)為に、陽性者に現金10万支給! 金がない若者がPCR検査を受けるように行政が誘導 PCRと行政が夜の街にクラスターを作り、夜の街を破壊• PCR検査は精度6割程度なのになぁ・・・・知らないのか・・知ってるはずだよ・・• クリーンなイメージの職業を信じきる暢気なこれまでの社会ではなく、今は医者ですらも要注意! どの病院から何人コロナが出たかなど詳しく知りたいところですね? 1人につき凄い金額が出るそうなので。 小児科医、ウィルス研究者が、 「」 最新ツイッター情報• 文春が日本を救う、すごい捜査能力を つけてきました! ヤル気の無い検察は 文春に仕切ってもらえば? その方が国民は納得する!! 米通信当局、中国を発表。 米国、中国のファーウェイとZTEを国家安全保障上の脅威と宣言 FCCのアジット・パイ委員長は、両社が中国共産党や中国軍部と関係があり、中国の法律で自国の諜報機関との協力が義務付けられていると指摘している。 結局日本全国津々浦々、地下施設地下道が張り巡らされていて、ただいま東京横浜と地方討伐中・・東京都管轄の小さい島も虱潰しか・・すごいな作戦名「富士フィルム」 6月29日の時点でもいまだにレッドアラート。 米軍では、赤いところが、off limits=立ち入り禁止地区。 都心と横浜。 レディー・ガガ、ついに自身がレプティリアンだと公言! 「シェイプシフトが好き…」司会者も戦慄の告白! — TOCANA 横めぐみ田さんって拉致されたんじゃ無くて、お嫁に行かされただけなんだろうね・・• 中国が貯蔵していた83トンもの金塊が、実は金メッキを施された銅だった! 今後の通貨革命にどんな影響を与えるのか?• イタリア警察、IS製造の覚せい剤14トン押収 世界最多規模(AFP=時事) 利権・人身関係• 入ってる!?• トルコのアドレナクロムに関する放送内容は、大体こんな感じなのかと・・・• 世界的に有名人達が若さを保つために、子供の血から生産された『アドレナクロム』という化学物質を使用している事が示唆されています。 「恐怖によって子どもの血液に発生する、人間の内分泌です。 言い換えれば、それは体内で作られた薬物の一種です」• 農家さんは反対の方もおられます。 JAの圧力がかかっているようです。 JAの指示に従わない農家さんは 「村八分」状態だと聞きましたよ。 ラウンドアップは危険。 むしが死ぬ。 ミミズが死ぬ、鳥が近寄らない。 そして、体内のDNAが「破壊される」ため、時間が経過すると「癌に移行」• あれだけたくさんの が出てて、たくさんの を起こされてるのに狂ってる。 これでは を販売し易くなり、被害が増える一方です。 『米地裁、加州に除草剤ラウンドアップへの警告文表示を禁止:時事ドットコム』• ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤、「エージェントオレンジ」の主成分、2,4-Dが除草剤として日本で売られています。 2,4-Dはラウンドアップ以上に危険とされております。 退任・破産・ロンメル• メキシコ航空大手アエロメヒコが破産法申請• 昨日成立したが出ました。 日本のメディアでは30人以上と報道していますが、YouTubeライブ配信で見ている限り、デモ隊だけでなく、通行人までドンドン逮捕されています。 とても30人どころではない感じです。 で逮捕された場合、最高「終身刑」• 今年に入って、特に春頃から、有名な芸能人の事務所退所報道が多いですね。 Twitterを見るのが楽しみという変な趣味になっています(私)。 この記事があなたのなにか氣づき・未来への希望につながれば嬉しいです。

次の

TVニュース(表話)ではわからない世界情勢の裏話がよーく理解できる動画10本がありましたのでシェアです!状況把握でとても参考になりました! | 地球人類の光と闇

アドレノクロム レディーガガ

今、世界では何が起きているのか? 未知の感染症か、原油戦争か、たしかにそれらも重要な問題でもある。 しかし、今世界ではハリウッドをはじめ大富豪やエリートたちの一斉逮捕が行われようとしている。 エリートたちの大量逮捕とアドレノクロムの関係 事の発端は、アメリカの金融界の富豪でも有名なジェフリー・エプスタインの逮捕から始まった。 エプスタインは、性的人身売買や児童買春などの罪で告発され収容されていた独房で首つり自殺で亡くなった。 この独房での首つりは不可解な点が多く首の骨も折れていたりと自殺とは断定することが難しいにもかかわらず自殺として発表されている。 公開された遺体の耳や鼻が別人だったといった噂や実はいきているなどといった陰謀論などがひろまっているが、 この事件を発端にさらに衝撃な事実が次々と出てきたのだ。 エプスタインが所有していた島があり通称、乱交島や小児性愛島と呼ばれている、 この島から子供と思われる大量の骨が確認されている。 さらにこの島へは専用のプライベートジェット 通称、ロリータエクスプレス が年間400時間以上も飛行していた記録があり、 その搭乗記録の名簿からはFacebook創設者マークザッカーバーグやオバマ前大統領、レディーガガ、ヒラリークリントン、ビルゲイツ、 さらにはイギリス王室の名前までも並んでおり世界の中心ともいわれるエリートたちの名簿が確認されておりこの飛行記録は米政府が押収しているという情報がある。 このエプスタイン島では子供を奴隷にしてレイプや拷問をし最後には殺すという残虐なことが実際に行われていた、 子供の血液からつくられるアドレノクロム 子供の血液が原料になるアドレノクロムの抽出方法は、目に針を突き刺し生きたまま脳の中心部にある松果体 しょうかたい から直接血液を採る、 その際、恐怖や拷問によって痛みを与えるほどアドレナリンが分泌されそのアドレナリンが多いほど純度が高くなる、 つまり子供が苦しむほど純度の高いアドレノクロムが製造されるということでもある、 信じがたいことだがこれが実際に現代で行われておりそのためにアメリカで毎年80万人の子供が行方不明になっている。 日本でも1万人以上の子供が毎年いなくなっておりその事実について大きく報道はされない。 それだけの多くの子供がいなくなっていることが何よりの裏づけではないだろうか。 古代から生贄や人間を食べるなどといった話があるが、これは作り話ではなく実際に今でも行われている、 脳の中心部にある松果体 しょうかたい は第三の目とも言われており、 ここが大きと霊的な能力が備わると言われておりオーラが見えたり未来が見えるとも言われている。 ある研究では、松果体は肉体と精神を繋ぐ場所で魂の在りかではないかと言われていますが現代科学ではまだ解明されてはいませんが、 古代文明やマヤなどの歴史をさかのぼってもこの松果体は別名サードアイやプロビデンスの目、 ホルスの目、第三の目、と言われるほど重要な部分であり生命が出すエネルギーの源と言われている場所でもある、 その松果体を直接食べたり、そこからの分泌物を飲むと未知なるパワーがみなぎるともいわれている。 このエプスタイン島では子供を生贄にし食べていたと言われている。 アドレノクロムは100グラム2000万円という市場価値がありセレブのスーパードラッグとして利用されていると言われている。 この島で実際に子供が生贄にされていたとすれば高級な飲みものが飲み放題のパーティーとして悪魔の儀式が行われていたのかも知れない。

次の