ヤフー カード。 Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)のメリット・デメリット。PayPayとnanacoで意味の無いカードへ

ヤフーカードの年会費・ポイント還元率、特徴

ヤフー カード

ヤフーカードの特徴と3つメリット ヤフーカードの特徴は、何といっても 「ポイント高還元率」であること。 通常のショッピングでも1%と高還元率ですが、Yahoo! ショッピングやLOHACOをよく利用する方はより効率的にポイントを貯めることができます。 ヤフーカードのメリット1:PayPayへの直接チャージに対応 ヤフーカードは、スマホのQRコード・バーコードで決済をする「PayPay(ペイペイ)」の クレジットチャージに唯一対応しているクレジットカードです。 PayPayはソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が手がけているサービスで、 「PayPay残高」に 直接チャージできるクレジットカードは ヤフーカードのみとなっています。 ショッピングやLOHACOの利用でポイント3倍 ヤフーカードをYahoo! ショッピングおよびLOHACOで利用すると、 100円につき3ポイント(3%)を獲得できます。 これは期間限定のキャンペーンではなく 「毎日ポイント3倍」が適用されるので、これらのサービスをよく利用する方にはかなりおすすめです。 <ヤフーカードを利用した場合のポイント特典> カード会員特典 付与ポイント クレジットポイント (通常ポイント) 100円につき1ポイント Yahoo! ショッピング・LOHACO利用ポイント (期間固定Tポイント) 100円につき1ポイント ストアポイント・LOHACOポイント (通常ポイント) 商品単価100円につき1ポイント 合計 3ポイント ヤフーカードのメリット3:Tポイント提携店舗ではTポイントと合わせてポイントがダブルで貯まる ヤフーカードはクレジットカードだけでなくTカードとしても利用でき、1枚で2役をこなしてくれる優れものです。 そのため、全国のTポイント提携先では 「ヤフーカードを提示」と「ヤフーカードで支払い」の二重でTポイントを貯めることができます。 また、貯まったTポイントは現金や提携先ポイントに交換することができます。 <Tポイントのおもな提携先> nanacoチャージでTポイントが貯まる ヤフーカードは電子マネーnanacoへのチャージができます。 ただし、オートチャージ機能は利用できません。 ヤフーカードと比較されることの多い楽天カードについては、JCB以外のカードではnanacoへのチャージができません。 これまでヤフーカードによるnanacoへのチャージでTポイントが獲得できましたが、 2020年2月1日に当該ポイント付与が廃止される点に注意が必要です。 ヤフーカードのデメリット ヤフーカードのデメリットといえるのは、貯めたポイントに 期限が設けられていたり、利用できる店舗が限られていたりするケースがある点。 この有効期限と利用先が限定されているTポイントを 「期間固定Tポイント」といいます。 Yahoo! ショッピングやLOHACO利用時に貯まる3%のポイントは 「通常ポイント2%+期間固定Tポイント1%」という内訳になっており、必ず期間固定Tポイントが含まれています。 つまり、貯まったポイント全てを自由に利用できるというわけではないのです。 ヤフーカードの種類、国際ブランドの選び方 2020年1月現在、ヤフーカードの種類は1つのみで、VISA・Mastercard・JCBの国際ブランドが選べるだけのシンプルな選択肢となっています。 どの国際ブランドを選ぶか迷っている方は、以下の表を参考に自分に最適なブランドを選択してください。 JAPAN JCBカード」や「Yahoo! JAPANカードSuica」といった種類がありましたが、現在は新規申し込みが終了しており申し込むことはできません。 ヤフーカードは通常で1%、Yahoo! ショッピング・LOHACOの利用で3%、さらにソフトバンク・ワイモバイルユーザーの場合は最大5%のポイントが貯まります。 国際ブランドは「VISA」「Mastercard」「JCB」の 3種類から選択できます。 基本的な機能はどのブランドも同じで、動産・総合保険、盗難保険を無料で付帯しています。 さらに 月額490円のプラチナ補償を追加すれば、買い物や旅行、インターネット、日常生活におけるトラブルといった 全18種類のシーンにおいて補償を受けることも可能です。 ヤフーカードと似た特徴をもつクレジットカードとの比較 ヤフーカードと同様、ポイント還元率が1%以上と高いのが 「楽天カード」「JCB CARD W」「リクルートカード」の3種類です。 これらのカードはどれも系列サービスを利用することでさらに還元率がアップする仕組みになっており、ヤフーカードとよく似たクレジットカードといえます。 そのため、基本的には「自分がどこのサービスをよく使うのか」が選択の基準となるでしょう。 補償の充実性や付帯している電子マネーなど、それぞれのクレジットカードには細かな部分で違いがあります。 以下の表でご確認ください。 年会費 無料 無料 無料 ポイント還元率 1. 0%~ 1. 2% 1. しかもリクルートカードでは、国内でも国外でも補償が適用に。 こうして見ると、 旅行好きな方にとってはヤフーカードの補償内容だと不安が残るといえそうです。 「 JCB CARD W」は 全体でバランスのいいカードといえるでしょう。 JCB CARD W <申し込み手順>• Yahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)する• 申し込みフォームで国際ブランドやデザインを選び、その他の必要情報を入力する• そのため、主婦(主夫)や学生(大学生など)でも安定した収入があれば申し込みが可能です。 ただし、条件を満たしていても審査によってはカードが発行されない場合もあります。 なお、法人名義もしくは屋号付き銀行口座の登録はできないので覚えておきましょう。 ヤフーカードの基本情報 ここでは、ヤフーカードの基本的な情報について11の視点からわかりやすく解説していきます。 年会費 ヤフーカードの年会費は永年無料となっており、これはどの国際ブランドを選択した場合も同じです。 原則1人につき1枚しか発行することができませんが、家族名義の「家族カード」であればこちらも年会費無料で発行することができます。 ポイント還元率 ヤフーカードのポイント還元率は、通常時で1%(100円につき1ポイント)になります。 その他Yahoo! ショッピングやLOHACOの利用で3%、ファミリーマートでの利用で1. 5%、nanacoへのチャージで0. 5%が還元されます。 利用店舗 ポイント還元率 一般加盟店 国内加盟店 1% 海外加盟店 1% ETCカード 1% ネットショッピング 楽天市場 1% Yahoo! ショッピング 3% Amazon 1% LOHACO 3% コンビニ セブン-イレブン 1% ローソン 1% ファミリーマート 1. 5% 電子マネー nanaco 0. 5% さらに、ソフトバンクおよびワイモバイルユーザーであれば、Yahoo! ショッピングやLOHACOの利用で最大5%のポイントが還元される仕組みになっています。 ソフトバンクやワイモバイルユーザーには断然おトクなクレジットカードといえるでしょう。 国内・海外旅行保険 年会費無料のヤフーカードには、動産・総合保険、盗難保険が無料で付帯されています。 ヤフーカードで購入したものはどこで買ったものでも最大100万円(Yahoo! ショッピングの場合は200万円)まで補償。 さらに、万が一不正利用されてしまった場合は連絡から60日前までさかのぼって損害額をカバーしてくれます。 「これだけではちょっと不安…」という方は、月額490円で「プラチナ補償」を追加することができます。 ヤフーカードに全18種類の補償をつけることが可能なので、検討してみましょう。 補償内容については、以下の表をご覧ください。 <18種類のプラチナ補償> 補償項目 補償内容 買い物関連 修理 保証書あり:修理額の100% 保証書なし:修理額の50% 破損 購入金額の90% 宅配郵送事故 購入金額の90% 盗難 購入金額の60% 返品 購入金額の50% 日常関連 携帯電話水濡れ・全損 実費として支払った金額 交通トラブル 入院1日につき3000円 電子デバイス災害 購入価格または修理費用 車上荒らし 購入価格または修理費用 自転車事故賠償責任 損害状況に応じた補償金 お悔やみ帰省 帰省にかかった交通費 旅行関連 旅行・イベントキャンセル キャンセル料 海外旅行中のけが・病気 治療費 海外旅行持ち物損害 購入金額の50% 海外旅行での思わぬ出費 予定外にかかった費用 インターネット関連 なりすまし賠償責任 損害賠償請求額 ネット売買トラブル 弁護士費用 個人情報漏洩過失責任 損害賠償請求額 支払い方法(一括・分割・ボーナス払い・リボ) ヤフーカードでは、以下の支払い方法が選択可能です。 <支払い方法>• 1回払い• 2回払い• ボーナス払い(夏:6・7・8月27日/冬:12・1月27日)• 分割払い(3~48回)• リボ払い(実質年利18%) 分割払いについては選択する回数によって実質年利が変わってきます。 年利を考慮したうえで支払い回数を決めるようにしましょう。 <分割払いの実質年利(%)> 3回 5回 6回 10回 12回 15回 18回 20回 24回 30回 36回 48回 年利 12. 90 13. 49 13. 85 14. 57 14. 73 14. 87 14. 93 14. 95 14. 95 14. 90 14. 81 14. 60 締め日・引き落とし日 ヤフーカードでは毎月月末締め、翌月27日払いとなっており、27日が土・日・祝日の場合は翌営業日に引き落としされます。 <請求金額の確定から支払いまでの流れ>• 毎月12日:請求金額の仮確定• 毎月20または15日:請求金額の確定• 毎月末日:締め日• 翌月27日:支払い日 キャッシング利用 ヤフーカードにはキャッシング機能がついているため、急にまとまったお金が必要になったときや給料日前で先立つものが足りない場合など、用途に合わせて現金を引き出すことが可能です。 その際は、国内であれば提携先の銀行もしくはコンビニのCD・ATMで、海外であればVISA、Mastercard、JCB、PLUS、CirrusマークのついたATMで利用できます。 ただし、海外でのキャッシングの返済方式はリボ払いのみ。 実質年率は18%とやや高めに設定されているので注意が必要です。 また、返済期間は以下のとおりです。 <キャッシングサービスの回数と返済期間> 回数 返済期間 1回払い 60日以内 リボ払い 原則5年以内、60回以内 限度額 ヤフーカードの限度額は50万~100万円で設定されるのが一般的で、利用者の収入や借り入れの有無、資産状況などによって利用限度額が決められます。 そのため、人によっては100万円以上に設定される場合もあり、審査後でなければ明確な限度額はわかりません。 また、キャッシングサービスに関しては50万円が限度となっています。 いずれも会員専用サイト「Yahoo! カード」の「ご利用可能枠の紹介」にて確認が可能です。 ETCカード利用 ヤフーカードのETCカードは、年会費500円がかかります。 申し込みできるのは本会員のみとなっており、家族カードでは申し込みできません。 また、1枚のヤフーカードにつき5枚まで申し込みできますが、その場合は1枚ごとに年会費がかかるのでご注意ください。 ヤフーカードの申込時、もしくはYahoo! カードの「カード会員サービスメニュー」から申し込みが可能です。 家族カード ヤフーカードの家族カードは年会費無料で発行できます。 なお、対象となるのは、カード会員本人と生計を共にする同居家族(配偶者・親・子ども)で、18歳以上(高校生不可)に限られます。 また、カード会員本人が学生・未成年(配偶者なし)の場合、家族カードは発行できません。 クレジットカード利用で付与されるTポイントは本会員カードに集約されます。 一方で、Tカードとして利用した場合、獲得したTポイントは家族カードに付与されるため、家族でもTポイントを貯めることが可能です。 Apple Pay対応有無 ヤフーカードはApple Payに対応しています。 QUICPayが使えるお店であれば、Apple Pay経由でヤフーカードによる決済を行うことができ、Tポイントを貯めることができます。 デザイン ヤフーカードでは、黒と赤の2色のデザインが用意されています。 また、本会員カードだけでなく、家族カードでも色を選択できます。 ヤフーカードの利用方法 ここまでヤフーカードの詳細についてご紹介してきましたが、ここからは実際の使い方やトラブルにあった際の対処方法などについて見ていきましょう。 会員専用サイトとログイン方法 ヤフーカードの会員専用サイトは「Yahoo! カード」です。 クレジットカードが手元に届いたら、まず初回登録とTポイントの利用手続き、さらに引き落とし口座の登録を行いましょう。 <初回登録の流れ>• Yahoo! カードにログインする• カード会員サービスメニューの「会員の方はこちら」をクリックする• 初回登録画面が表示されるので、ヤフーカードに記載されている「クレジットカード番号下4ケタ」「有効期限」を入力する• 「登録して次へ」をクリックし、続けてTポイントの利用手続きを行う ここまでの登録が完了すると、Yahoo! ウォレットの支払い方法にヤフーカードが自動的に登録され、Yahoo! ショッピングやヤフオク! はもちろん、Yahoo! ウォレット対応サービスにおいて手軽に支払いができるようになります。 問い合わせ方法 ヤフーカードの問い合わせは、電話による音声ガイダンスでの対応が基本です。 しかし、会員サイトから申し込み・変更できないサービスや、公式サイトや音声ガイダンスでは解決できなかったことは、直接オペレーターに問い合わせすることも可能です。 問い合わせの際はヤフーカードの番号および暗証番号が必要になります。 手元にヤフーカードを用意しておくとスムーズです。 口座変更 ヤフーカードの支払口座を変更したい場合は、カード会員サービスメニューの「お支払口座の照会・変更」という項目から手続きが可能です。 その場合、支払い月の10日の21:29までに手続きが完了すれば当月から、10日の21:30以降に手続きが完了すれば翌月から変更後の口座より引き落としが開始されます。 また、金融機関によってはWebでの登録・変更に対応していないところもありますので、その場合は預金口座振替依頼書(郵送)での手続きが必要です。 利用明細の確認方法 ヤフーカードの利用明細は、カード会員サービスメニューから確認することが可能です。 トップページにある「明細を確認する」をクリックすると、当月確定分または翌月以降の未確定分明細が表示され、利用金額はもちろん、利用日や利用店名、商品名などをチェックできます。 Web上では直近15ヶ月分の利用明細を確認できます。 それ以上長く保存したい場合は、利用明細を印刷して手元で保管するようにしましょう。 紛失・盗難・不正利用時の対応 万が一ヤフーカードを紛失したり、盗難にあったりしたら、まず「カードを利用できない状態」にしなければなりません。 すぐに以下の専用窓口へ連絡するようにしましょう。 身に覚えのないカード請求があった場合は以下について利用明細を確認し、それでも心当たりがない場合は「ワイジェイカード コンタクトセンター」へ問い合わせましょう。 ヤフーカードには盗難保険が無料で付帯されています。 万が一不正利用が確実になったとしても、連絡日から60日前までさかのぼって損害額が補償してもらえるので安心です。 解約方法 ヤフーカードを解約する際は、電話での手続きが必要になります。 なお、カードを解約するとETCカードや家族カードも同時に利用できなくなるので、差し支えないことを確認したうえで解約するようにしましょう。 また、ヤフーカードに記載されているTカード番号に貯められたTポイントもそのままにするとすべて失効してしまいます。 解約前に「Tカードポイント移動手続き」を忘れずに行ってください。 まとめ.

次の

ヤフーカードのメリット・デメリット・評判・口コミ【Yahoo! JAPANカード】

ヤフー カード

サービスを利用する人が得するカードと思われがちですが、 実際のところ、楽天カードほどは得しません。 ショッピング、LOHACOでの 3倍特典のみ。 わざわざヤフーカードを利用する理由も無くなってしまったんだよね。 高還元となるのも既にPayPay決済が前提であり、 ヤフーショッピングから「PayPayモール」へ。 ヤフオクから「PayPayフリマ」へ。 ヤフーカードの売りとして「Tポイント」が有りましたが、 現状、Tポイントの利便性も失われつつあるわけで。 キャンペーンで貯まるポイントも期間固定Tポイントから「PayPayボーナスライト」となっています。 プレミアム会員が圧倒的に優遇されており、 Yahoo! 「」でも「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」が無料、 「Enjoyパック」にも加入で、更にポイント 10倍(+9%)。 等のポイントサイトも併用すれば、更に高還元率も可能だからね。 高還元率を狙うなら、通信契約も避けられないんだけども、 ソフトバンクよりも、ワイモバイルの方が断然安いわけで、 倍付けするために回線契約するのも本末転倒。 回線スペックだけなら、ホント「」で十分なのよ。 0%で年会費が無料 ヤフーカードは 年会費が永年無料で、 どこで使っても 還元率も1. 0%のクレジットカード。 楽天カード同様に、固定費リスクが無いです。 家族カードも無料で発行できますが、 ヤフーカードの年会費は無料なんで、 発行できるなら別途発行した方が、請求も分けられて良いかと。 家族カードだと請求が一緒になっちゃうからね。 審査が最速2分で終了、簡単に発行できるカード 無料カードなので審査難易度は低いし、ヤフーカードは審査も凄い早い。 審査が最短2分で終了って事で、気軽に申込みしましたが・・・ 本当に2分で審査通りました。 「ヤフーカード申し込み受け付け完了のお知らせ」が16時10分 「ヤフーカード審査完了のお知らせ」が16時12分・・・激速です。 私の周りの自営業者にも勧めてますが、割と審査は緩い模様。 ただ、その分ステータス性は皆無だし、初期限度額も低い。 他社で使いまくってる私でも、最初は30万となってましたので。 決済ブランドが選べる ヤフーカードは、VISA、Master、JCBと国際ブランドが選べます。 国際的にはVISAがシェアがNo. 1だけど・・・私ならマスターカードです。 海外決済での為替レートが良い。 加盟店が多い。 基本VISAが使えれば使える。 au WALLETチャージでもポイントが貯まる。 コストコでは、MasterCardのみ使える。 Apple Payでの制限が無い。 海外利用ならMasterブランドが間違いない。 為替レートも違います。 JCBブランドは海外に限らず、日本でも使えない店舗が多いのですが、 日本人が行くメジャーな観光地では、JCBサポートが充実しています。 例えばハワイでは、JCB PLAZA Loungeが利用できるようになるし。 券面ブラックとの相性も良い。 見た目はブラックカード。 ヤフーカードの場合、JCBロゴがシルバー• 海外でのサポートが充実• 加盟店が少ない。 日本でもJCBが使えない店舗有り。 一方、VISAカードは、提携店舗数が世界一とのことですが・・・ VISAが使えるならMasterCardも使えるってのが、ほとんど。 2020年2月、ヤフーカードが改悪となりました。 今後は、nanacoチャージ、PayPayチャージでポイント付与されず。 ポイントの2重取りが不可能になったわけです。 ポイント3倍のカラクリ• のサービスでも、TポイントからPayPayへの移行中。 ヤフーカードは、Yahoo! ショッピングでポイント3倍といっても、 その内訳は Tポイント2%、 PayPayボーナスライト1%となっています。 まぁ、PayPayは、QRコード決済の中でも大きなシェアを占めるので、 キャッシュレス化の中で、使うのも避けられないとは思いますけど。 PayPayボーナスライトは有効期限が60日間 Yahoo! のキャンペーンで貯まるポイントは、Tポイントでは無く、 「PayPayボーナスライト」となりました。 2019年9月に 期間固定Tポイント付与も終了となったわけです。 ヤフーカードの倍付け特典や、Yahoo! のキャンペーンで大量に付与されるPayPay残高は、 PayPayボーナスではなく、 PayPayボーナスライト。 Tポイントとも違い、 有効期限も60日間と短いです。 まぁ、これは楽天カードや楽天市場も同じ仕組みだけどね。 楽天では期間限定ポイントという名称です。 Tカード加盟店で、ヤフーカード提示する必要もなく、 PayPayアプリで完結できてしまうわけです。 PayPayアプリ• Tカード目的なら、別に持つ必要もないかなと。 ETCカードの年会費が500円 ヤフーカードの 年会費は無料だけど、 ETCカードを発行する場合は年会費500円となります。 これは楽天カードと一緒。 ETCカードが欲しいなら、別のクレカで作るのも手かと。 ETCカードの年会費も無料ってカードは有るので・・・ 例えば、オリコの高還元率カードOrico Card THE POINTなら ETCカードも無料です。 まぁ、私もトラブルで電話したところ、スンゲー待たされた挙げ句。 その対応は、あんまり気分の良いものでは有りませんでした。 あと、定期契約の支払いにも注意した方が良いです。 私の妻が、mineoの支払いカードとして、ヤフーカードで申し込んだところ、 審査落ちしてしまいました。 【重要】mineoサービスお申し込み審査結果のお知らせ このたびはmineoサービスをお申し込みいただき、誠にありがとうございます。 弊社審査基準に基づいて検討した結果、今回は残念ながらお申し込みをお断りさせていただきますので、何とぞご了承願います。 調べてみたら、ヤフーカードが怪しいということで、 楽天カードで申し込みしなおしたら、スグに審査通過しました。 クレジットカードで審査落ちるなんてことが有るのね。 審査が簡単な分、信用といったところで微妙っぽい ステータスとか、そういうカードでも無い。 ヒストリーを積むなら、有料カードを使った方が良い。 海外旅行保険が付帯しない 他社クレジットカードで、海外旅行傷害保険が一般的なのに対し、 ヤフーカードでは、海外旅行傷害保険が付帯していません。 クレジットカードの海外旅行保険って結構使えるんですけどね。 その代わり、ヤフーカードには、ショッピング保険が付帯しており、 ヤフーカードで購入した商品が90日間補償されます。 ショッピングガード保険 詳細(動産総合保険) ヤフーカード会員がヤフーカードを利用して、保険期間中に購入した商品が購入日(配送等による場合には商品の到着日)より90日以内に、破損、盗難、火災などの偶然の事故により損害を被った場合に、所定の金額を補償します。 ヤフーカードまとめ ヤフーカードは、 通常還元率1%と高いですが、 楽天カードと似たような特典なら、楽天で良いかなって。 審査難易度が低いという点では、ヤフーカードの方が優しいのでは? その代わり限度額は上がりづらく、ステータス性も無いのだけども。 ヤフーカードのデメリット• 倍付け特典は有効期限が短い PayPayボーナスライト• ETCカードが 有料• 海外旅行保険が付帯していない• ステータス性が皆無• 限度額が低め 現在は、PayPay決済のが得する事が多いわけで、 ほぼ使う機会・・・無くなりました。 2020年4月には、PayPay自体の還元率も1. 私は、ソフトバンクユーザーでも無いですからね。 やっぱり、楽天カードで倍付けされる楽天市場を使いがち。 ヤフーは、倍付けルールがコロコロ変わるのも、ちょっと理解に苦しむ。 ヤフーカードのスペック、PayPay還元率の継続性を見ても・・・ 今後は、ちょっと使う気になれないかなと。 ソフトバンクユーザーでも無いし、 楽天モバイルのRakuten UN-LIMITもスゲーし。 同じく無料のリクルートカードとも比較されがちですが、 リクルートカードは、通常還元率が高いカードであり、 リクルートのサービスでは、ポイント倍付されないカード。 還元率1. 2%だけど、 ポンパレモールで使ってもポイント倍付されませんし、 リクルートカードは、 ポンタのポイントカードとしても使えません。 最近は、楽天のが安いって事も多く、 Amazonレビューもステマだらけ、全く参考になりませんからね。 Amazonで使うなら、Amazon Mastercardゴールド。 Amazonは、プライム会員も欠かせないサービスですからね。 sen いつも拝見し勉強させていただいております。 PayPayでYJカードの価値が上がったのは同感で、ずいぶん使わせてもらってます。 ただ、Tポイントはイマイチとの評価でしたが、以前はわたしもそう思い、あおりでYJカードもほぼ使っていませんでした。 しかしこの春からTポイントがJRキューポ に等価交換可能になり、俄然、YJカードを使うようになりました。 JRキューポ は最終的にはANAマイルに交換できますから、陸マイラーたちは相当Tポイントに注目しているのではないでしょうか。 わたしはマイラーではありませんが、JQエポスゴールドをメインにしており、ためたキューポから有利なポイントに交換して使っているので、Tポイントの使い道が増えて助かりました。 余波でオリコポイントもTポイント経由でキューポにできるようになりましたね。 それでもTポイント加盟のショップが少なくなっているのは事実なので、なかなか大変だとは思いますが、今回の英断が起死回生の策として生きるよう頑張ってほしいなと思いました。 突然長コメント失礼しました。

次の

ヤフーカードのメリット・デメリット・評判・口コミ【Yahoo! JAPANカード】

ヤフー カード

JAPANカード はTポイントを貯めている人なら登録必須のクレジットカードですね。 年会費や入会金も無料で入れます。 ヤフーカードを使えば、Tポイントが沢山貯まりますよ。 ETC利用には向かないかもしれませんが、とてもお得なクレカになりますのでこれから詳しく解説していきたいと思います。 発行手数料・入会金・年会費無料• 入会でTポイントがもらえる• ・ の利用でTポイントが合計3倍• nanacoへのチャージでもポイントが貯まる(還元率0. ヤフーカードで購入した商品は90日間保証あり• ヤフーカードはETCカードは有料(年会費が年税込み540円)• 海外旅行保険はない• ウェル活したい人は絶対に Yahoo! と の買い物だけですが 還元率3%となります。 ポイントの還元率が3%というカードはなかなかないので、 や をよく利用する方には必須のカードでですね。 ヤフーカードはnanacoへのチャージでもポイントが貯まる(還元率0. JAPANカード はnanacoへのチャージでもポイントが貯まります。 nanacoへのチャージでもらえるポイントは200円につき1ポイントと ポイント還元率は0. しかしnanacoへのチャージでポイントがもらえる無料のカードは少ないので、電子マネーへのチャージでポイントがもらえるヤフーカードは貴重なカードだと思いますよ。 ヤフーカードの評判・口コミ 「固定資産税や自動車税」などの税金の支払いもセブンイレブンのnanacoを使用し、クレジットカードでチャージすることで、クレジットのポイントが貯まります。 ポイントがつくカードはリクルートカードとヤフーカードがオススメ。 — しまねこ cojp ヤフーカードとTポイント、パねえ。 我が家はほとんど自腹でガソリン入れなくなったからスターレックスカードやめてヤフーカードに切り替えた。 でも期間限定Tポイント付くからずっとヤフーショッピングしなければならないスパイラルに入ったのかw — かみごー 🇸🇱コンサドーレ🇸🇱ZRX kamigo24 普通にヤフーカード は良いと思うよ。 Yahoo! JAPANカード を使うとTポイントがいっぱい貯まるようです。 ソフトバンクの携帯を持っている人にもお得が多いようです。 Yahoo! JAPANカード は、Tポイント貯めている人や、したい人にはおすすめのカードですね。 ヤフーカードのメリット・デメリット・評判・口コミ【Yahoo! JAPANカード】のまとめ Yahoo! JAPANカード は、ヤフーショッピングやロハコをよく使う人にとっては必須のクレジットカードですね。 通常の買い物でも ポイント還元率1%ですし、ヤフーカードで や で買い物するだけで ポイント還元率3%になります。 ポイントの還元率が3%のところなんて、なかなかないのですごく得ですよ〜!! また、ウェルシアで毎月20日にTポイントで支払うと33%オフで購入できるウェル活でお得にお買い物したい人には必需品のカードです。 ウェル活はTポイントで支払った分しか割引されませんので、Tポイントを沢山貯めておかないとあまり割り引いてもらえないですからね〜。 ヤフーカードはnanacoへのチャージでもポイントがもらえるので、nanacoをよく使う人はぜひ持っておきたいカードですね! ヤフーカードを作るのなら というポイントサイトからの登録がおすすめです。 ヤフーカードを作るだけで、4,000円分のポイントがもらえます。 ヤフーカードがポイントサイトで出てくることは珍しいのでこの機会に作っておいた方がいいですよ!.

次の