安倍 首相 辞任。 内閣支持率急落で囁かれる安倍首相辞任のタイミング 党則第6条で揉める可能性(デイリー新潮)

「官僚の言いなり」な安倍首相を見捨てる、自公実力者たちの実名

安倍 首相 辞任

安倍首相の辞任はいつになる? 安倍首相が辞任するとしたらいつになるのでしょうか。 2020年6月説 まず 2020年6月に辞任するのではないかという噂があるそうです。 緊急事態宣言も5月中で全国で解除になる公算が高く、 新型コロナウイルス対策が落ち着くと考えられるためです。 しかし、東京都の知事選が7月にあることを踏まえると、 6月は東京都都知事選対策で手一杯になってしまい、 総裁選挙がやるタイミングがないのではという見方もあります。 2020年9月説 2020年9月に退陣するのではないかという話もあるそうです。 もともと2020年7,8月に開催予定だった 東京五輪を見事成功させて、 安倍首相は退陣するのではないかと言われていました。 しかし、新型コロナウイルスの影響で東京五輪は1年の延期になえりました。 これにより2020年9月には退陣しないのではないかという見方があります。 一方で、新型コロナウイルス対策で連日批判を浴びていることや 新型コロナウイルス自体も9月には流石に落ち着いていると仮定すると、 やめるタイミングとしては有り得ると思われます。 2021年初頭(東京五輪中止が決まった時) 2021年に予定されている東京五輪が中止となった時、 安倍首相が退任する可能性も十分考えられます。 東京五輪の中止が決まったことによる責任という 名目による辞任です。 しかし、2021年初頭は冬で新型コロナウイルスの 第2波、第3波が懸念されるタイミングです。 新型コロナウイルスの状況次第では続投もあり得ます。 2021年9月総裁の任期切れ 最後は安倍首相が無事総裁の任期を走りきり、 任期満了で 退任する話です。 この場合、東京五輪も無事開催されている可能性もあるため 安倍首相が東京五輪開催時の総理として名を残すことができます。 しかし、任期満了で退任してしまうと 総裁選で石破茂さんが勝ってしまうのではないかという 懸念を抱いているという話もあるようです。 安倍首相の辞任タイミングは様々な要因が重なり、 想像以上に分からなくなっています。 今後の報道に要注目です。 次期首相候補は誰になる? 安倍首相が退任した後、誰が総理大臣になるのでしょうか。 岸田文雄 安倍首相の意中の人物と言われ、次期総理大臣の 大本命と言われる岸田文雄さん。 1993年に衆議院議員に初当選しました。 その後、第一次安倍改造内閣で 内閣府特命担当大臣、 福田内閣で消費者行政推進担当大臣、 第二次安倍内閣で外務大臣や防衛大臣を 歴任しています。 現在は自民党の政務調査会長に就任し、 自民党の党三役の1人として活躍しています。 今回の新型コロナウイルス対策でも、 自民党のまとめ役として奔走しています。 しかしあまり評判はよくないという話もあるそうです。 加藤勝信 加藤勝信厚生労働大臣も次期首相候補として 名前があがっています。 2003年に衆議院議員に初当選しています。 2015年に安倍内閣で内閣府特命担当大臣、 2017年からは厚生労働大臣として活躍されています。 加藤厚生労働大臣は新型コロナウイルス対策で いい面も悪い面もでてきました。 今後の動向が注目です。 西村康稔 西村康稔経済再生担当大臣の名前も上がっているそうです。 西村康稔さんは2003年に衆議院議員に初当選しています。 2017年安倍内閣で内閣官房副長官に就任後、 2019年からは経済再生担当大臣に就任し。 現在は新型コロナ対策担当大臣も兼務しています。 新型コロナウイルス対応でメディア等の露出が上がった方です。 しかし、大臣経験も少なく現在57歳と比較的若いため、 次期首相にはならないのではないかという見方もあるようです。 石破茂 石破茂さんも次期首相候補の本命の1人だそうです。 石破茂さんは1986年衆議院議員に初当選しています。 その後福田内閣で防衛大臣、 麻生内閣では農林水産大臣 2015年の安倍内閣では内閣府特命担当大臣に就任しています。 世論調査でも次の総理として候補者の中では高い支持を 集めているようです。 今後の動向に注目です。 他の候補者は 他の首相候補者には、 河野太郎防衛大臣、菅義偉官房長官、 小泉進次郎環境大臣といった 名前もあがっています。 現時点では頭一つ抜けた 有力な候補者はおらず、 今後の動向には要注目です。 今後の政治のイベントは? 今後の政治イベントには一体何があるのでしょうか。 2020年6月17日で通常国会は会期末を迎えます。 国会会期を伸ばすのかに注目が集まります。 6月18日には 東京都知事選の告示が行われ、 7月5日に投開票が予定されています。 2020年8月24日には、安倍首相の連続在職日数が 佐藤栄作元首相を抜き単独1位になる日です。 その後は9月30日で安倍首相の総裁任期満了まで後1年、 10月21日には衆議院議員の任期満了まで後1年を迎えます。 衆議院議員の解散と選挙が2020年にあるのか注目です。 またアメリカでは大統領選挙も予定されています。 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、 今後もスケジュールが動いていく可能性があります。 最新の情報に気をつけていきましょう。 まとめ 今回は安倍首相辞任はいつになるのか、 次期首相候補などを調べました。 まだまだ情報が少ないため、 いつ安倍首相がやめるのかは分かりません。 しかし、新型コロナウイルス対策や その他不祥事で 安倍首相の支持率は低下しています。 今後の動向には要注目です。

次の

安倍首相の辞任はいつ?次期首相は誰?今後のスケジュールは?

安倍 首相 辞任

自民党が衆議院で圧倒的多数を占めている今、自民党総裁選挙は、そのまま首相指名選挙になります。 自民党総裁選挙で「安倍晋三 vs 石破茂」の構図が決定した中で、「安倍晋三首相逮捕」の可能性が取り沙汰されています。 元衆議院議員の平野貞夫氏が、安倍晋三首相の行動が「内乱罪」に当たるとして、刑事告発の準備を進めているのです。 大島議長と縁が深かった私は, 第2次安倍政権以後の 安倍首相による「憲法運用等」の言動を検証。 数々の憲法原理の破壊言動を確認。 刑法には「憲法の定める統治の基本秩序を壊乱すること」 を準備した者を罰する規定(77・78条)がある。 安倍首相を告発する決意を表明した。 いつ告訴するの? 誰かから賄賂をもらったとか明らかな罪状があれば、「逮捕」は現実性が高いと感じるでしょう。 でも、今回の告発については明確な罪状が見えにくいので、もひとつ実現可能性に首をかしげざるをえません。 この点について、平野元衆議院議員は以下のようにコメントしています。 安倍政権は国権の最高機関である国会を軽視して独裁的な運営を行っているばかりでなく、モリカケ問題で明らかになった通り、権力を私物化。 日本の民主政治を「破壊」してきた。 これは刑法77条(内乱罪)で規定する〈国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をした者〉に該当する可能性がある 出典: 読んでいると筋は通っているように聞こえますが、モリカケ問題が玉虫色の決着で終わっている今、「モリカケ問題=内乱罪」という論法には論理の飛躍感が感じられます。 にわかに信じがたいですが、以下のように論法も周到に準備されていて、あながちありえない話ではないのではとも思えてきます。 内乱罪の成立には組織的な集団による「暴動」が欠かせないが、総理・総裁を頂点とする「政権与党」という巨大組織が官僚人事に関与し、「公文書改ざん、隠蔽」などの不正行為を行わせたのではないかという行為は「脅迫」に近い圧力であり、これを「ソフトな暴動」と捉えれば違法性は明らかだ 出典: ただ、平野氏としても、告発したけど門前払いされたのでは、赤っ恥ですし、告発にあたっては弁護士などの法律専門家にしっかり相談しているでしょう。 つまり、「実現可能性あり」と判断したから、前へ進めるわけですし、自分の公式Twitterでツイートまでしているのです。 あとは、検察がどう判断するかでしょうが、そのあたりは机の下での動きなので、結論は見えません。 首相在位9年が彼にとっての悲願ですし、総裁選の事前予想が圧勝ムードの今、あらぬ小火は消しておきたいという思いが強いでしょう。 ただ、興味深い話ではあるので、動向を見守りたいと思います。 安倍首相逮捕・辞任の可能性は?.

次の

内閣支持率急落で囁かれる安倍首相辞任のタイミング 党則第6条で揉める可能性(デイリー新潮)

安倍 首相 辞任

安倍首相の辞任はいつになる? 安倍首相が辞任するとしたらいつになるのでしょうか。 2020年6月説 まず 2020年6月に辞任するのではないかという噂があるそうです。 緊急事態宣言も5月中で全国で解除になる公算が高く、 新型コロナウイルス対策が落ち着くと考えられるためです。 しかし、東京都の知事選が7月にあることを踏まえると、 6月は東京都都知事選対策で手一杯になってしまい、 総裁選挙がやるタイミングがないのではという見方もあります。 2020年9月説 2020年9月に退陣するのではないかという話もあるそうです。 もともと2020年7,8月に開催予定だった 東京五輪を見事成功させて、 安倍首相は退陣するのではないかと言われていました。 しかし、新型コロナウイルスの影響で東京五輪は1年の延期になえりました。 これにより2020年9月には退陣しないのではないかという見方があります。 一方で、新型コロナウイルス対策で連日批判を浴びていることや 新型コロナウイルス自体も9月には流石に落ち着いていると仮定すると、 やめるタイミングとしては有り得ると思われます。 2021年初頭(東京五輪中止が決まった時) 2021年に予定されている東京五輪が中止となった時、 安倍首相が退任する可能性も十分考えられます。 東京五輪の中止が決まったことによる責任という 名目による辞任です。 しかし、2021年初頭は冬で新型コロナウイルスの 第2波、第3波が懸念されるタイミングです。 新型コロナウイルスの状況次第では続投もあり得ます。 2021年9月総裁の任期切れ 最後は安倍首相が無事総裁の任期を走りきり、 任期満了で 退任する話です。 この場合、東京五輪も無事開催されている可能性もあるため 安倍首相が東京五輪開催時の総理として名を残すことができます。 しかし、任期満了で退任してしまうと 総裁選で石破茂さんが勝ってしまうのではないかという 懸念を抱いているという話もあるようです。 安倍首相の辞任タイミングは様々な要因が重なり、 想像以上に分からなくなっています。 今後の報道に要注目です。 次期首相候補は誰になる? 安倍首相が退任した後、誰が総理大臣になるのでしょうか。 岸田文雄 安倍首相の意中の人物と言われ、次期総理大臣の 大本命と言われる岸田文雄さん。 1993年に衆議院議員に初当選しました。 その後、第一次安倍改造内閣で 内閣府特命担当大臣、 福田内閣で消費者行政推進担当大臣、 第二次安倍内閣で外務大臣や防衛大臣を 歴任しています。 現在は自民党の政務調査会長に就任し、 自民党の党三役の1人として活躍しています。 今回の新型コロナウイルス対策でも、 自民党のまとめ役として奔走しています。 しかしあまり評判はよくないという話もあるそうです。 加藤勝信 加藤勝信厚生労働大臣も次期首相候補として 名前があがっています。 2003年に衆議院議員に初当選しています。 2015年に安倍内閣で内閣府特命担当大臣、 2017年からは厚生労働大臣として活躍されています。 加藤厚生労働大臣は新型コロナウイルス対策で いい面も悪い面もでてきました。 今後の動向が注目です。 西村康稔 西村康稔経済再生担当大臣の名前も上がっているそうです。 西村康稔さんは2003年に衆議院議員に初当選しています。 2017年安倍内閣で内閣官房副長官に就任後、 2019年からは経済再生担当大臣に就任し。 現在は新型コロナ対策担当大臣も兼務しています。 新型コロナウイルス対応でメディア等の露出が上がった方です。 しかし、大臣経験も少なく現在57歳と比較的若いため、 次期首相にはならないのではないかという見方もあるようです。 石破茂 石破茂さんも次期首相候補の本命の1人だそうです。 石破茂さんは1986年衆議院議員に初当選しています。 その後福田内閣で防衛大臣、 麻生内閣では農林水産大臣 2015年の安倍内閣では内閣府特命担当大臣に就任しています。 世論調査でも次の総理として候補者の中では高い支持を 集めているようです。 今後の動向に注目です。 他の候補者は 他の首相候補者には、 河野太郎防衛大臣、菅義偉官房長官、 小泉進次郎環境大臣といった 名前もあがっています。 現時点では頭一つ抜けた 有力な候補者はおらず、 今後の動向には要注目です。 今後の政治のイベントは? 今後の政治イベントには一体何があるのでしょうか。 2020年6月17日で通常国会は会期末を迎えます。 国会会期を伸ばすのかに注目が集まります。 6月18日には 東京都知事選の告示が行われ、 7月5日に投開票が予定されています。 2020年8月24日には、安倍首相の連続在職日数が 佐藤栄作元首相を抜き単独1位になる日です。 その後は9月30日で安倍首相の総裁任期満了まで後1年、 10月21日には衆議院議員の任期満了まで後1年を迎えます。 衆議院議員の解散と選挙が2020年にあるのか注目です。 またアメリカでは大統領選挙も予定されています。 今年は新型コロナウイルスの影響もあり、 今後もスケジュールが動いていく可能性があります。 最新の情報に気をつけていきましょう。 まとめ 今回は安倍首相辞任はいつになるのか、 次期首相候補などを調べました。 まだまだ情報が少ないため、 いつ安倍首相がやめるのかは分かりません。 しかし、新型コロナウイルス対策や その他不祥事で 安倍首相の支持率は低下しています。 今後の動向には要注目です。

次の