過敏 性 腸 症候群 ツボ。 過敏性腸症候群IBS 下痢を止めるツボ|足ツボ&手のツボ|さわさわワールド

過敏性腸症候群のツボ!便秘と下痢を繰り返すあなたに!

過敏 性 腸 症候群 ツボ

もっと見る 過敏性腸症候群には、症状により、 下痢型、便秘型、交代型、そしてガス型の4つの型があります。 ガス型とはつまり、おならが出やすいことです。 おならは恥ずかしい症状と感じ、なかなか相談できずに一人で抱え込んでしまうケースも少なくありません。 この記事では、過敏性腸症候群の中でもガス型についてご紹介します。 ガス型の過敏性腸症候群について まず、ガス型の過敏性腸症候群の症状や原因について解説します。 1.ガス型って?症状は? お腹が張って苦しい、下痢など 過敏性腸症候群の中でもガス型は、ガスが腸内に溜まり、頻繁にガスが出る、お腹が張って苦しいなどの症状があります。 また、ガスだけでなく下痢の症状もあるため、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。 おならのにおいが強くなる 健康な腸であれば、それほどガスがにおうことはありませんが、過敏性腸症候群の場合、においが強くなる傾向があります。 そのため、ガス型に悩んでいる人の中には、「人前でおならが出てしまったら」という不安から、精神的な負担を抱える人もいます。 2.過敏性腸症候群(ガス型)の原因 ガス型の過敏性腸症候群の原因はいくつか考えられます。 ストレスで腸の動きが弱まる 過敏性腸症候群の原因といわれているストレスが溜まると、副交感神経の働きが弱まり、腸の働きも弱まってしまいます。 そのため、食べたものが腸の中に溜まってしまい、ガスが発生します。 ストレスで腸の動きが活発になる 反対に、ストレスが原因で腸の動きが活発になることもあります。 腸の動きが活発になることで、ガスが発生します。 腸内に悪玉菌がたまる 食べたものが長時間、腸内に溜まっていると、悪玉菌が腐敗させてしまい、それがガスとして腸内に溜まってしまうので、おならの臭いが強くなってしまいます。 呼吸が乱れている 緊張やストレスなどにより呼吸が乱れることで、空気を通常よりも多く吸ってしまっていることも、原因の一つとして考えられます。 ガス型の過敏性腸症候群の治療 ガス型の治療には、運動療法と食事療法の二種類があります。 1.運動療法 運動することで、自律神経に刺激を与えることができます。 ガスの溜まりや便秘の症状の改善が期待できます。 ウォーキングなど軽い運動を毎日続けることが効果的です。 運動時間は長時間ではなく、 15~30分程度で十分です。 2.食事療法 「水溶性食物繊維」をとる 食物繊維には、『水溶性食物繊維』と、『不溶性食物繊維』があります。 野菜はものによって、水溶性や不溶性に分かれます。 きのこや海藻類などの水溶性食物繊維が豊富なものを意識してとるとよいでしょう。 動物性たんぱく質は腸の悪玉菌が増え、ガスのにおいも強くなるため、治療中は控えるようにしましょう。 また、乳製品も動物性たんぱく質であることから、症状を悪化させてしまうので症状がひどく出ている時には控えましょう。 砂糖のとりすぎにも注意! 砂糖の摂りすぎも、腸の悪玉菌を増やし、善玉菌を減らしてしまいます。 嗜好品は症状を悪化させる カフェインやアルコール、たばこなどは刺激物であることから、症状を悪化させてしまいます。 食べ過ぎない 食べ過ぎたり、間食しすぎると、腸の悪玉菌が増え、腸の煽動運動が鈍くなります。 適量を規則正しく食べることで、一時的に胃の中が空になり、腸の煽動運動が起こりやすくなると、便秘の解消にもつながります。 水分はしっかりとる 水分が少ないと、便が固くなり出にくくなります。 便秘が続くとガスも溜まり、においも強くなってしまいます。 ただし、冷たい水は腸を冷やしてしまうので、 常温の水を一日に2リットルを目安に飲むようにしましょう。 3.それでも改善しない場合 運動療法と食事療法で改善しない場合は、薬物療法や漢方などを取り入れている病院もあります。 どんな薬が処方される? 腸の運動を整える薬や、プロバイオティクス(ビフィズス菌や乳酸菌など生体にとって有用な菌の薬)、また水分を吸収し便の水分バランスを調整する薬などが処方されることが多いです。 過敏性腸症候群を予防するために 1. ストレスを上手に解消する 過敏性腸症候群は、ストレスが主な原因といわれています。 そのため、 ストレスを軽減することが最も重要です。 できるだけストレスを感じない環境をととのえ、夜はゆっくりとお風呂につかる時間を作るなど、息抜きの時間を持つように心がけましょう。 規則正しい生活を送る 決まった時間に起き、決まった時間に食事をとることで体のリズムが整い、腸の働きも活発になります。 そうすることで排便のタイミングも整ってきます。 まとめ 過敏性腸症候群の中でも、人に相談しにくいのがガス型です。 しかし、できるだけ早く病院を受診し、適切な治療をすることで改善ができます。 困った時は一人で悩まず、医師に相談してみましょう。

次の

下痢と吐き気で食欲がない|吐き気、IBS(過敏性腸症候群)のツボ|ツボネット 鍼灸の症例が検索できるツボ辞典

過敏 性 腸 症候群 ツボ

自律神経失調症からきていると思います。 でも自律神経失調症に効くツボがあるなら、自分でお灸をしたりしたいと思います。 ツボ探検隊の松岡です。 早速ですが、ご質問に関して メールにて拝見した限り貴女の症状は自律神経失調症というよりも「心身症」ですが、必ず治りますよ。 正確には自律神経失調症のツボというものは有りませんが、自律神経失調症に至った原因を治すツボはあります。 と言いますのも自律神経とは身体の内臓機能の様に循環、消化、呼吸、代謝など自分の意志と関係なく生命活動に必要な働きを調節している神経ですから、いわば何処が悪くてもどんな病気でも自律神経は失調しているはずなのですが、その原因が例えば胃が悪いとか心臓が悪いとか具体的に自律神経のバランスを崩した原因がはっきりしない、おそらく「精神的なもの」が原因の場合は、そのまま原因不明のまま結果だけを名付けて「自律神経失調症」として事実上は放置しているのです。 つまり臓器や組織に原因となる不具合が発見できないにも関わらず自律神経がバランスを崩す(=失調)のはそのほとんどは「精神的なもの」が引き金と成っていると考えられるのです。 何故ならば私の治療院にも実に多くの「自律神経失調症」との病名を頂いている患者さんが過去も現在も通ってきておられますが、いわゆる「精神神経疾患」のツボ治療で皆さんが治ってることからもその事は言えると思います。 この病気は繊細でデリケートな心の持ち主が罹りやすく、いわゆる「風の音にぞ驚かれぬる」(古今集)感じの鋭敏な神経の女性に多いのです。 その傷付きやすいナイーブな心で自らの自律神経バランスまでも傷つけてしまうのでしょうか。 と言うことで臓器などに具体的な問題がある訳ではないので簡単にこのツボだけを刺激すればどんな自律神経失調症も治るってツボはありませんが、逆にウオーキングなど軽い運動、ヨガ、太極拳、エアロビクス等々全身をバランス良く動かす運動や性格に合った趣味の時間を持つ心豊かな生活などどの様なアプローチからも改善効果が望めるとも言えるのです。 取り敢えずツボ探検隊サイトでは以下のツボを使ったご自分で出来る方法をご紹介しますが、至急に治したい場合は心身症の治療を得意とする鍼灸師に診て貰って下さい。 (もっとも日本ではこんな鍼灸師は滅多にいないのですが・・。 日本では中国のように鍼灸医が診療科目別に営業していませんので、中国の様な鍼灸精神科医が居ないのです。 もちろんあちらこちらの精神科医に掛かっても治らずに藁(わら)をもすがる思いで私どもの治療院に見えたのです。 この方の場合は私どもへの鍼治療通院は週一、二回程で後はご自分で行う指先のツボ刺激で治られました。 高麗式手指のツボ刺激は素人の方が行っても非常に高い効果が望める唯一のツボ療法でしょう。 本場の韓国では医師が見放した自分自身の肺ガンを手指のツボ療法で治した医療に素人の男性も居ると聞きました。 高麗手指鍼療法はこの様に素人さんが大病を治した事例に事欠かない治療法です。 その事により最近では当サイトでもツボを取ることが難しい中国式よりもこの手のツボ療法を皆さんにお勧めしています。 ご自分で出来る神経性腹痛のツボは中指の尖端と手のひら中心部に有ります。 添付する画像をよく見て下さい。 爪楊枝の尖っていない丸い片方でツボ付近を擦りながら痛むポイントをじっくり探します。 涙が出るほど痛む点が見つかるとマジックで小さく印を付けます。 必ず悲鳴を上げるほど痛む点を見付けて下さい。 見つかるとじっくり爪楊枝で痛みに泣きながら約1分押します。 その後に妙に心が落ち着いているのを感じるはずです。 それにプラスお腹の中心である手のひらの真ん中を刺激します。 利き腕でない方の手のひらの凹み中心には「せんねん灸」の様な間接的なお灸をするのも効果的です。 この療法の難点は必ず「悲鳴を上げるほど痛む点」を見付けて刺激しないと効果が無いところです。 症状がはっきり有る場合は必ずこの様な点は存在するのですが素人の方には見付けるのが難しいようです。 緊張で息を詰めたり、ドキドキハラハラと気を使う繊細な神経は心臓に多大なプレッシャーを掛けるのです。 実は自律神経失調症のスタートはこの様な日々の些細な気持ちの揺らぎからなのです。 以下のアドレスで詳細をご覧下さい。 9・11、テロによって破壊されたニューヨーク貿易センタービル内で当時働いていた日本人女性がその日以来ショックから引きこもり状態と成られたそうですが、ツボ探検隊のページをご覧になり、ご紹介しているTFTにより回復され再びお勤めに出られたそうです。 丁重なお礼のメールを頂きまして返ってこちらの方が驚いてしまったものでした。 TFT療法は心を揺るがす原因がはっきりしていると効果も著しい様です。 これも手持ちぶさたな時などに試されると良いでしょう。 過敏性腸症候群の手のツボ 先ずは該当部分の圧痛点を探します。

次の

発表!過敏性腸症候群に効果のあるツボ┃おかだ鍼灸院

過敏 性 腸 症候群 ツボ

今回は過敏性腸症候群のツボを狙い打ち!? の鍼灸治療などについて書いてみようと思います。 私は過敏性腸症候群と診断されてから、 数年たった後から現在まで、 月2回程、鍼灸治療院へ通院しています。 過敏性腸症候群の私にはどうやら ツボを刺激する鍼灸治療があっていた様なのです。 ツボを鍼やお灸で刺激する鍼灸治療には、 それまでまったく縁はありませんでした。 ツボという言葉すら、 ほとんど聞いたことがない様な状況でした。 そんな私ですが、過敏性腸症候群ガス型の 鍼灸治療を通じて、 鍼灸治療やツボというものに興味を持ち始め、 今では、自分でツボを探し当てて、 自宅でお灸を据えることもあります。 過敏性腸症候群のツボはどこ?? 具体的には鍼灸院の先生に 過敏性腸症候群のツボを 聞いてしまうのがよいかと思います。 鍼灸院の先生は過敏性腸症候群の ツボというよりは患者さんの体全体を診て 適切なツボ(この場合はお灸を据えるツボ)を 教えてくれます。 以下には、一般的に過敏性腸症候群に 効果を発揮するとされるツボについて記載します。 一般的に過敏性腸症候群に効果を発揮するとされる ツボとは大腸区というツボのことです。 大腸区とはどこか?? 大腸区は、手のひらと親指の間にあるツボです。 親指の付け根にあるもこっとした部分です。 このツボを手で、刺激すると大腸を始めとした、 内臓の動きがよくなると言われています。 ツボの刺激で、すぐに過敏性腸症候群の症状が 緩和されていくのかというと、 そんなことはないとは思います。 ただ、私の場合、こういった、 過敏性腸症候群に関する知識の一つ一つが、 過敏性腸症候群という症状に対して、 私を前向きな気持ちにさせてくれるものであったので ここに記載させていただきました。 スポンサーリンク•

次の