ホンダ エヌ ボックス カスタム 中古 車。 N-BOX+カスタム(ホンダ)のカタログ・グレード

ホンダ NBOXは【CVT故障】に注意!?

ホンダ エヌ ボックス カスタム 中古 車

N BOX+(エヌボックス プラス)」は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第2弾。 カスタムモデルの「N BOX+カスタム」も用意。 「N BOX+カスタム」のラインアップは、ベーシックな「G」、「G・Lパッケージ」、ターボを装着させた「G・ターボLパッケージ」、また「N BOX+」にのみ選択可能であった2トーンカラースタイルを「G・Lパッケージ」、「G・ターボLパッケージ」に設定。 全車に、「S07A」型エンジン直列3気筒DOHCにCVTを設定し、アイドリングストップ機構を搭載。 駆動方式は、それぞれFF(2WD)と4WDとする。 今回、「G」、「G・Lパッケージ」、「G・ターボLパッケージ」のボディカラーの変更を行った。 N BOX+(エヌボックス プラス)」は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第2弾。 カスタムモデルの「N BOX+カスタム」も用意。 「N BOX+カスタム」のラインアップは、ベーシックな「G」、「G・Lパッケージ」、ターボを装着させた「G・ターボLパッケージ」、また「N BOX+」にのみ選択可能であった2トーンカラースタイルを「G・Lパッケージ」、「G・ターボLパッケージ」に設定。 全車に、「S07A」型エンジン直列3気筒DOHCにCVTを設定し、アイドリングストップ機構を搭載。 駆動方式は、それぞれFF(2WD)と4WDとする。 また、「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)」を標準装備。 ボディカラーは、新色「ブリティッシュグリーン・パール」を含む全7色を用意し、2トーンカラーは、新色「ブリティッシュグリーン・パール&シルバー」を含む全5色用意。 N BOX+(エヌボックス プラス)」は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第2弾。 カスタムモデルの「N BOX+カスタム」も用意。 「N BOX+カスタム」のラインアップは、ベーシックな「G」、「G・Lパッケージ」、ターボを装着させた「G・ターボLパッケージ」、また「N BOX+」にのみ選択可能であった2トーンカラースタイルを「G・Lパッケージ」、「G・ターボLパッケージ」に設定。 全車に、「S07A」型エンジン直列3気筒DOHCにCVTを設定し、アイドリングストップ機構を搭載。 駆動方式は、それぞれFF(2WD)と4WDとする。 今回、マイナーチェンジを行った。 エクステリアデザインを変更するとともに、リアシートのスライド機能を新たに設定するなど使い勝手を向上させた。 エクステリアは、重厚感のある外観にデザインを変更し、ターボ車にLEDポジションランプとLEDフォグライトを標準設定。 インテリアは、ターボ車のインテリアに合皮コンビシートを採用し、さらに質感を向上。 快適装備は、ドアロックに連動してドアミラーを自動で格納する「オートリトラミラー」を装備。 ボディカラーは、新色「プレミアムベルベットパープル・パール」を含む全7色を用意し、2トーンカラーは新たに「シルバールーフ」を追加し、全4色を用意。 N BOX+(エヌボックス プラス)」は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第2弾。 カスタムモデルの「N BOX+カスタム」も用意。 「N BOX+カスタム」のラインアップは、ベーシックな「G」、「G・Aパッケージ」、ターボを装着させた「G・ターボAパッケージ」また、「N BOX+」にのみ選択可能であった2トーンカラースタイルを「G・Aパッケージ」、「G・ターボAパッケージ」に設定。 全車に、「S07A」型エンジン直列3気筒DOHCにCVTを設定し、アイドリングストップ機構を搭載。 駆動方式は、それぞれFF(2WD)と4WDとする。 ホンダ独創のパッケージングテクノロジーである「センタータンクレイアウト」と、パワープラントの組み合わせにより実現した広い荷室空間に加え、斜めの床とアルミスロープの採用により荷物や道具の積み降ろしを容易にする「ユニバーサルブリッジ」と、大きさの異なる3つのボードにより多彩な空間アレンジを実現した「マルチスペースシステム」という2つの独創的なアイデアをプラスした。 今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。 N BOX+(エヌボックス プラス)」は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第2弾。 カスタムモデルの「N BOX+カスタム」も用意。 「N BOX+カスタム」のラインアップは、ベーシックな「G」を設定。 特別仕様車では、「G特別仕様車 SSパッケージ」と、「G特別仕様車 ターボSSパッケージ」を用意。 全車に、「S07A」型エンジン直列3気筒DOHCにCVTを設定し、アイドリングストップ機構を搭載。 駆動方式は、それぞれFF(2WD)と4WDとする。 ホンダ独創のパッケージングテクノロジーである「センタータンクレイアウト」と、パワープラントの組み合わせにより実現した広い荷室空間に加え、斜めの床とアルミスロープの採用により荷物や道具の積み降ろしを容易にする「ユニバーサルブリッジ」と、大きさの異なる3つのボードにより多彩な空間アレンジを実現した「マルチスペースシステム」という2つの独創的なアイデアをプラスした。 今回、装備を厳選した「G・Lパッケージ」、ターボを装着させた「G・ターボパッケージ」の名称を、それぞれ「G・Aパッケージ」および「G・ターボAパッケージ」に変更。 また、「N BOX+」にのみ選択可能であった2トーンカラースタイルを「G・Aパッケージ」、「G・ターボAパッケージ」に設定。 さらに、安全運転をサポートするシティブレーキアクティブシステム、サイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)をセットにした「あんしんパッケージ」を標準装備(「G」はメーカーオプション)。 ボディカラーには、新色の「プレミアムフレイムオレンジ・メタリック」を追加。 「N BOX+(エヌボックス プラス)」は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第2弾。 カスタムモデルの「N BOX+カスタム」も用意。 ホンダ独創のパッケージングテクノロジーである「センタータンクレイアウト」と、パワープラントの組み合わせにより実現した広い荷室空間に加え、斜めの床とアルミスロープの採用により荷物や道具の積み降ろしを容易にする「ユニバーサルブリッジ」と、大きさの異なる3つのボードにより多彩な空間アレンジを実現した「マルチスペースシステム」という2つの独創的なアイデアをプラスした。 全車に、「S07A」型エンジン直列3気筒DOHCにCVTを設定。 自然吸気エンジンは最高出力43kW(58馬力)/7300rpm、最大トルク65Nm(6. 6kgm)/3500rpm(ターボ搭載車は、最高出力47kW(64馬力)/6000rpm、最大トルク104Nm(10. 6kgm)/2600rpm)。 「N BOX+カスタム」のラインアップは、ベーシックな「G」と、装備を厳選した「G・Lパッケージ」、ターボを装着させた「G・ターボパッケージ」を用意。 駆動方式は、それぞれFF(2WD)と4WDとする。 今回、燃費を向上させるとともに、快適性能や使い勝手をさらに向上。 また、走行中、急ブレーキと判断した場合に、ハザードランプが自動で高速点滅し、後続車に注意を促す機能「エマージェンシーストップシグナル」を全グレードに標準装備。 ボディカラーは、「アラバスターシルバー・メタリック」を含む全7色を用意。 「N BOX+(エヌボックス プラス)」は、ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第2弾。 カスタムモデルの「N BOX+カスタム」も用意。 ホンダ独創のパッケージングテクノロジーである「センタータンクレイアウト」と、新設計のパワープラントの組み合わせにより実現した広い荷室空間に加え、斜めの床とアルミスロープの採用により荷物や道具の積み降ろしを容易にする「ユニバーサルブリッジ」と、大きさの異なる3つのボードにより多彩な空間アレンジを実現した「マルチスペースシステム」という2つの独創的なアイデアをプラスした。 全車に、「S07A」型エンジン直列3気筒DOHCにCVTを設定。 自然吸気エンジンは最高出力43kW(58馬力)/7300rpm、最大トルク65Nm(6. 6kgm)/3500rpm(ターボ搭載車は、最高出力47kW(64馬力)/6000rpm、最大トルク104Nm(10. 6kgm)/2600rpm)。 「N BOX+カスタム」のラインアップは、ベーシックな「G」と、装備を厳選した「G・Lパッケージ」、ターボを装着させた「G・ターボパッケージ」を用意。 駆動方式は、それぞれFF(2WD)と4WDとする。 この斜めの床を持つラゲッジルームに、マルチボード小、マルチボード大、エンドボードの3枚のボードを組み合わせ、「上・下段モード」や「フラットモード」などさまざまな使い方が可能となる。 また、後席を前方にたたむことで、斜めの床を持つ広いラゲッジルームとなり、自転車などを容易に積載できるほか、アルミ製のスロープをオプションで用意する。 身長190cmの人が2人横になれることができるほか、ラゲッジルーム下段には荷物が入るスペースが確保されている。 この大開口テールゲートを実現するため、N BOXに比べリアの板厚をアップし、リアのクロスメンバーを追加したほか、各部の形状を最適化。 また、重量物が積載されることを前提にフロントサスペンションや、リアサスペンション、ステアリングまわりの専用セッティングなども行われた。

次の

ホンダ NBOXは【CVT故障】に注意!?

ホンダ エヌ ボックス カスタム 中古 車

基本スペック 全長 全幅 全高 JC08モード燃費 3395mm 1475mm 1780mm 18. 2~25. 5m 新車価格帯 中古車価格帯 127~185. 9万円 室内を広くして快適にくつろげる空間を確保 『前席も後席も、乗る人すべてがくつろげるゆとりの空間。 』という通り、軽自動車で最大級の室内空間があります。 エンジンをコンパクトにすることで室内を長くし、30L以上もある燃料タンクを前席の下に配置することで使える空間を拡大しました。 軽自動車ながら後席でも大人が足を伸ばしてリラックスできます。 室内高が140cmあるため、小学校3年生くらいまでのお子さんなら立ったまま着替えられます。 紫外線をカットして暑さをやわらげる単板窓ガラス 紫外線約99%と赤外線をしっかりカットし、暑さをやわらげる単板窓ガラスを採用しました。 オプションのプライバシーガラスは、チャイルドシートに座るお子さんを守るための高い効果があります。 【初代N-BOX(エヌボックス)の燃費】• 通常モデルの2WDが25. 通常モデルの4WDが23. ターボモデルの2WDで23. ターボモデルの4WDで21. 万一の衝突時でもチャイルドシートの前方移動を抑制するための固定金具(アンカレッジ)を標準装備しています。 カスタムモデルの「N-BOXカスタム」 ライバル車のがタントカスタムを設定したように、N-BOXもN-BOXカスタムを設定しています。 基本スペックは同じですが、フロントマスク、ホイール、リアバンパーなど外観を中心に大きくカスタムされています。

次の

N-BOXカスタム(ホンダ)の中古車

ホンダ エヌ ボックス カスタム 中古 車

デザイン・質感・使い勝手。 全方位において 新次元の完成度を誇る 大人気の軽自動車・・・! ホンダ NBOX!! しかし、あなたがJF1・JF2の ホンダ NBOXを中古で狙っているなら 注意したいポイントがあります。 それは、無段変速機である CVTが壊れてしまう不具合! ホンダエヌボックスの 注意したいCVT故障の原因とは 油圧制御プログラムの不良! CVTの油圧を制御するデータが 不適切なことが関係して、 CVT内部の部品に 高い負荷がかかることがあり、 その結果として内部部品である シャフトが折れてしまう 危険性があることから リコールがアナウンスされた 経緯があるホンダエヌボックス! このCVTのリコール、 H23年12月~25年4月 の期間に生産されたNBOXの 約30万5000台が該当し、 リコール改善処置として ・油圧制御プログラムを 対策データにアップデート ・場合によってはCVTを 新品に交換! といった大がかりな 作業まで改善処置として とられているケースがあります! ホンダ NBOX 中古の注意点 ・N BOX ・N BOX カスタム ・N BOX + ・N BOX +カスタム これら各モデルのNボックスの 30万台以上にアナウンスされた CVT故障・不具合のリコール。 人気車種ゆえに膨大な対象台数に なっているのでお目当てのNBOXが リコール処置を受けていない 可能性もゼロではありません! そのためあなたが中古で ホンダ NBOXのを買うなら CVTのリコール改善処置を 受けた車両かしっかりチェック! 買った後にCVTが故障して 万一自費で修理をせざるを得なく なってしまったら 30万円は下らない高額な 修理代が降りかかりますので。 どうぞご注意くださいませ! N-BOXの中古をお得に買うには? 値引きの期待ができない ホンダNボックスの中古車、 アルミやローダウンなどで カスタム・ドレスアップされた車両 低走行の車両はビックリするほどの ハイプライスになっていることも! そんな状況の中、 気になるエヌボックスの 中古車を購入する際に値引き以上に 総額を大きく低減させる効果的な方法 があります^^ その方法とは・・・ いま乗っているクルマを高く下取らせること! いま乗っているクルマは 大きな資産であり高く買い取って もらえれば値引き以上のインパクト! 購入総額を大きく低減することが 可能になります。 愛車の下取り価格をアップ させることができれば ローンを組む上でも月々の出費を抑え 余分な金利分を減少させたりと いろいろと助かっちゃいますよね^^ ただし、 販売店と下取り交渉をする前に 注意する点が1点あります。 それは・・・ 自分のクルマの価値を知るということ。 あなたは自分のクルマが いくらの価値があると思いますか? 「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」 そんなふうに思っていて 自分のクルマの価値を知らないで 販売店に下取り額UPの交渉をしたら 大きな損をする可能性があります。 あなたが20万円くらいと 思ってた自分のクルマを 「25万円の下取り査定しますよ!」 なんていわれたら OKしちゃいますよね!? でも本当のあなたのクルマの価値が 60万円だったとしたら・・・?! 35万円も損することに なってしまいます!! この「自分のクルマの価値を知る」 ということはとても大切なことなので 覚えておくといいと思います^^ どうすればクルマの価値がわかるの? 中古車屋さんやクルマ買取店などを まわって1軒・1軒と見積をだして もらうのは現実的でありませんね! そこでおススメなのは、 インターネットの無料一括査定。 実際自分もクルマをインターネットで 一括査定をしたことがあるんですが、 けっこう衝撃的でした・・・ ホンダのアコードユーロRを 10年近く乗って9万kmオーバー。 30万ぐらいになればいいかな~ なんて思っていたんです。 一括査定を申し込んだら各社から ポツポツとメールが帰ってきて A社・・・55万円 (おっ?!) B社・・・70万円 (ええっ!?) C社・・・50万~80万円(ホ~!) D社・・・100万円!(いいの?!) いやぁ~、自分では30万円と 思っていた車がこんな価値があるとは ・・・と、 買取相場と自分の感覚の開きに 正直驚いたのを覚えています。 この無料一括査定サービスは、 たった1分~2分程度の入力で あなたの愛車の価値がわかるので お目当てのホンダNBOXの中古を よりおトクに購入するために 無料一括査定で愛車の買い取り相場を 知っておいて損はないでしょう。 たった1分の入力で10万円トクするか、 それとも50万円もトクをするか。 はたまた自分の思い込みのせいで 後になってから悔しい思いをするのか。

次の