万葉集 現代 語 訳。 『万葉集』の秀歌 朗読・現代語訳・解説音声|舒明天皇の歌

万葉集 現代語訳 巻五雑歌802・803 : 讃岐屋一蔵の古典翻訳ブログ

万葉集 現代 語 訳

新元号が「令和」に決まった。 出典は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌三十二首の序文」。 どんな文章なのか。 角川ソフィア文庫のによると、原文はこうだ。 天平二年の正月の十三日に、師老の宅に萃まりて、宴会を申ぶ。 時に、初春の令月にして、気淑く風和ぐ。 梅は鏡前の粉を披く、蘭は珮後の香を薫す。 しかのみにあらず、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾く、夕の岫に霧結び、鳥はうすものに封ぢらえて林に迷ふ。 庭には舞ふ新蝶あり、空には帰る故雁あり。 ここに、天を蓋にし地を坐にし、膝を促け觴を飛ばす。 言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。 淡然自ら放し、快然自ら足る。 もし翰苑にあらずは、何をもちてか情を述べむ。 詩に落梅の篇を紀す、古今それ何ぞ異ならむ。 よろしく園梅を賦して、いささかに短詠を成すべし。 「新版 万葉集 一 現代語訳付き 角川ソフィア文庫 」 天平2年(730年)の正月の13日、歌人で武人の大伴旅人(おおとものたびと)の太宰府にある邸宅で開かれた梅花の宴の様子を綴ったものだ。 「令」と「和」の文字が入った一文は、 「初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる」という意味。 季節が春に向かおうとしているのどかで麗らかな様子が描かれている。 「新明解」(三省堂)で「令」を引くと、「きまり」や「おきて」以外に「よい」という意味がある。 「和」には「おだやか」「のどか」のほかに「調子を合わせる」「日本(式)の」という意味がある。 <現代語訳はこちら> 天平2年の正月の13日、師老(大伴旅人・おおとものたびと)の邸宅(太宰府)に集まって宴会を行った。 折しも、初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる。 梅は佳人の鏡前の白粉のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香にように匂っている。 そればかりか、明け方の山の峰には雲が行き来して、松は雲の薄絹をまとって蓋をさしかけたようであり、夕方の山洞には霧が湧き起こり、鳥は霧の帳に閉じこめられながら林に飛び交っている。 庭には春に生まれた蝶がひらひら舞い、空には秋に来た雁が帰って行く。 そこで一同、天を屋根とし、地を座席とし、膝を近づけて盃をめぐらせる。 一座の者みな恍惚として言を忘れ、雲霞の彼方に向かって、胸襟を開く。 心は淡々としてただ自在、思いは快然としてただ満ち足りている。 ああ文筆によるのでなければ、どうしてこの心を述べ尽くすことができよう。 漢詩にも落梅の作がある。 昔も今も何の違いがあろうぞ。 さあ、この園梅を題として、しばし倭の歌を詠むがよい。 「新版 万葉集 一 現代語訳付き 角川ソフィア文庫 」 安倍晋三首相は、新元号「令和」に込めた意味について「 悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込めた」と語っている。

次の

CiNii 図書

万葉集 現代 語 訳

「万葉集」というのは、古代の和歌を集めた歌集の名前です。 昔は詩というものが、長歌や短歌のことだったので、歌集というのは詩集と同じです。 万葉集には4500の歌 「万葉集」は全部で20巻あり、全部で約4500首の歌が収められています。 各歌は、相聞(読み:そうもん 恋愛の歌)、雑歌、挽歌というカテゴリー別になっており、さらに、その中に章題がついて和歌が並んでいます。 「梅花の歌」の正式な章題 「梅花の歌」の正式な章題は 「太宰氏大伴卿の宅にして宴する梅花の歌三十二首」というものです。 その後に「故郷を思ふ歌二首」が続き、「後に梅花の歌に追和する四首」が続きます。 「梅花の歌」はそのようにして並んでいる、万葉集の第五巻の章の一部分に当たります。 「梅花の歌」序文とは 「梅花の歌」には、そのようにして三十二首の歌が掲載されているわけですが、短歌が出てくる前に、歌ではない文章がついています。 それが「序文」です。 万葉集での「梅花の歌」の構成 つまり梅花の歌の構成を再度示すと、下のような順番で並んでいます。 「大伴旅人(おおとものたびと)が、31人のお客を招いて、庭に咲く梅を読み比べるという歌宴を催しました」という意味の文章で序文が始まっています。 そして、その酒宴が、「梅花の宴」というものです。 「そこで詠まれた歌が、主人の私の歌を含めて三十二首あり、それらがこの歌です」というのが、この序文の意味ですが、「今から歌を詠もう」というように実況風に、また出席者への呼びかけとして記されています。 梅花の宴のはいつどこで? 時は天平2年 西暦で730年春、場所は九州の太宰府の公邸ということも記されています。 招かれたのは、九州一円の役人や医師、陰陽師といった人たちでした。 それでは、実際の序文を見てみましょう。 古い言葉や漢字は難しいので、最初わかりやすく現代の漢字に置き換えて記します。 梅花の歌三十二首の序文 原文 それでは、「令和」の元となる言葉を含む。 梅花の歌序文を見てみましょう。 梅花の歌三十二首 序を并(あわ)せたり 天平二年正月十三日に、帥老(そちろう)の宅(いえ)に集まり、宴会をのぶ。 初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわ)らぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)に披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香に薫る。 しかのみにあらず、曙の嶺に雲移りて、松は羅を掛けて盖(きぬがさ)を傾け、夕べの岫(くき)に霧を結び、、鳥は穀(こめのきぬ)の封(と)ざされて林に迷う。 庭には新蝶舞い、空に故雁帰る。 ここにおいて、天を蓋(きぬがさ)にし地を坐(しきい)にして、膝を近づけ盃を飛ばす。 言(こと)を一室の内に忘れ、衿(ころものくび)をを煙霞の外に開く。 淡然として自らほしいままにし、快然として自ら足る。 もし翰苑(かんえん)にあらざれば、何をもってか心を述べん。 詩に落梅の篇を記す。 古今とそれ何ぞ異ならん。 よろしく園梅を賦して、いささかに短詠を成すべし。 「梅花の歌」序文原文の現代語訳 (序文の原文の現代語訳) 天平2年正月13日、帥老の宅に集まって、宴会を開く。 あたかも、 初春の良き月、気はうららかにして風は穏やかだ。 梅は鏡台の前のおしろいのような色に花開き、蘭は腰につける匂い袋のように香っている。 そればかりではない、夜明けの峰には雲が動き、松は雲の薄絹をかけたように傘を傾ける。 また、夕の山洞には霧が立ち込め、鳥はその霧のとばりに封じ込められたように、林の中に迷い遊ぶ。 庭には生まれたばかりの蝶が舞い、空には去年の雁が北へ帰ってゆく。 さてそこで、 天空を屋根にし大地を敷物としてくつろぎ、膝を寄せ合っては、酒杯を飛ばすごとくに応酬する。 一堂に会しては言葉も忘れ、外の大気に向かっては心をくつろがせる。 さっぱりとして各自気楽に振る舞い、愉快になって満ち足りた思いでいる。 文筆によらないでは、どうしてこの心の中を述べ尽くすことができようか。 漢詩に落梅の詩編が見られるが、古(いにしえ)も今もどんな違いがあろう。 ここに庭の梅を題として、短き歌を試みようではないか。 この原文はどのように記されているのかというと、万葉仮名という、漢字によるひらがなのようなもので記されているのです。 というのは、その頃は、ひらがなというものが、まだなかったのです。 なので、この頃は一つ一つのひらがなに漢字を当て字のように使うことで文章を読んでいたのです。 参考までに、その原文がどんなものかも下にあげます。 梅花の歌序文の万葉仮名原文 「梅花の歌」序文部分の、万葉仮名の原文は下の通りです。 梅花謌卅二首并序 標訓 梅花の歌三十二首、并序 天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。 于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。 加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。 庭舞新蝶、空歸故鴈。 於是盖天坐地、促膝飛觴。 忘言一室之裏、開衿煙霞之外。 淡然自放、快然自足。 若非翰苑、何以濾情。 詩紀落梅之篇。 古今夫何異矣。 宜賦園梅聊成短詠。 この「萃于帥老之宅、申宴會也」の部分は、例えば、「帥老(そちろう)の宅(いえ)に集まり、宴会をのぶ」というように、この字面で詠んでいた、それが当時の万葉集の表記だったのですね。 令和の原文部分、「初春の良き月、気はうららかにして風は穏やかだ」のところは、万葉集での実際は、下のように記されていたのです。

次の

CiNii 図書

万葉集 現代 語 訳

〈す〉尊敬。 福井・石川・富山・新潟の四県にあたる。 ある限り。 ぎっしり。 支配する。 〈います〉尊敬の補助動詞。 〈帯ぶ〉身につける。 〈せ〉尊敬。 〈る〉存続。 連体形。 〈がね〉願望。 都を離れた遠い地方の その名も高い越の国には 国じゅう隈なく山はあるけど 川はたくさん流れているけど 神さまとして治めておられる 新川郡 にいかわこおり のその立山に 降った雪が夏じゅう残って 帯のように裾 すそ を流れる 片貝川の清らかな瀬に 朝夕ごとに立つ霧みたいに 思いが消えることはない 毎年欠かさず通い続けて 遠目にだけでもふり仰ぎ見て 万代先の語り草に まだ見ていない人に告げよう 噂や名前だけでも聞いて うらやましがってくれるよう.

次の