ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー。 ジョゼフ・プラトー

標高1800~3200メートル!昆明・麗江・シャングリラ大周遊!

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー

『古事記』や『日本書紀』といった最古の歴史書から、天皇のルーツをひもときます(写真:うぞいけ/PIXTA) 新天皇陛下が即位され、令和の時代が幕を開けて、あっという間に5カ月が過ぎました。 初代の神武天皇から数えて、第126代天皇となります。 天皇家の始祖は天照大神(アマテラスオオミカミ)とされます。 天皇は神ではありませんが、「神の子孫」という神話を包摂する存在です。 神話を信じるかどうかは信仰の問題ですが、神話のストーリーが天皇家発祥に結び付けられていること自体は事実です。 天皇と日本神話 『古事記』によると、天照大神は数多くの自然神の中での最高神である太陽神です。 天照大神の孫のニニギノミコトは大神に、地上を統治するように命令されて、降り立ちます。 これを「天孫降臨」といいます。 そして、ニニギノミコトの曾孫が神武天皇です。 神武天皇は紀元前660年に即位したとされますが、『古事記』や『日本書紀』を典拠とする、この時代の十数代の初期天皇は、実在が疑われています。 天皇として実在したのは、紀元前97年に即位した第10代崇神天皇から、または、270年に即位した第15代応神天皇から、それよりももっと後の時代とする説があります。 初期天皇の実在・非実在を証明することは困難ですが、先祖が神様であるという文脈を天皇家が背負っていることは事実であり、その文脈(本当かどうかは別として)とともに、血統を守り、126代もの天皇を脈々と受け継いできました。 天皇は人として生まれながら、神に最も近い存在と歴史上、見なされてきました。 天皇は神に国家の繁栄と国民の幸福を祈る最高祭祀者で、神と人間との接点に成りうる存在として信仰され、継承することが最重要課題とされます。 天皇即位後、はじめて行われる新嘗祭(にいなめさい)、継承の儀式が大嘗祭(だいじょうさい)です。 11月14日の夜から明け方に執り行われる予定です。

次の

「OKサイン」海外で絶対に出してはならない理由

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー

ラグビーW杯日本大会は9月20日、1次リーグの日本-ロシア戦(味スタ)で開幕する。 前回大会の15年イングランド大会では1次リーグ3勝1敗としながら、勝ち点差で8チームが出場する決勝トーナメント進出を逃した。 ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(49)は前回果たせなかった8強を目標に設定。 一生に一度の自国開催の舞台で、快挙の夢へ挑む選手たちを連載企画「桜の勇者たち」で紹介する。 第1回は日本が世界に誇る韋駄天(いだてん)、WTB福岡堅樹(26)=パナソニック=の魅力に迫る。 獲物を狙う猫のように、背を丸く収縮させる独特の姿勢。 そこから爆発的な加速力で瞬時にトップギアに入る。 それでいて、刻むステップはしなやか。 屈強なDF陣を鮮やかに突破する韋駄天ウイングが、福岡だ。 「基本的にかけっこは負けなしだった」。 50メートル5秒8。 サッカー元日本代表FW岡野雅行氏と同タイム。 「父と犬の散歩にいって、神社からの下り坂を一緒に駆け下りて勝負していました」。 野犬より速かったという岡野氏同様、犬にまつわる逸話も持っていた。 開業医の祖父、歯科医の父を持ち、福岡高時代に携わった医師の影響もあって、医師を志した。 そんな将来設計にラグビーが入り込む。 高校3年時の花園での勝利によって得た自信で「上を目指したいと思えた」と大学で続けることを決めた。 才能を見いだされて、大学で一区切りの予定も変わった。 13年に日本代表に初招集され「(19年)W杯までラグビーを続ける道を選ぶきっかけになった」。 後押しした祖父の言葉があった。 『才能を持って生まれてきた人間はそれを社会に還元する責任がある』-。 「文武両道でやってきたので、その言葉で両方を目指したいという思いをより強くした」。 全盛期を迎えつつある26歳。 「素晴らしいタイミングでW杯、五輪が日本で開催される。 ゴールが決まっているから、今、頑張れる」。 20年で引退。 その後は医師への道を歩むことを決めている。 W杯前回大会は敗れたスコットランド戦のみの出場。 「何も貢献できなかった」と振り返る。 今大会、1次リーグ最終戦でスコットランドと再戦する。 「4年前と一緒だったらこれまでやってきた意味はない」。 おそらく決勝トーナメントをかけた大一番。 韋駄天が、その先へ導く。

次の

「大一大万大吉」石田三成の家紋の意味や読み方?子孫は続いてる?│れきし上の人物.com

ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー

本日の<グーグルロゴ>は、「フェナキストスコープ」を生み出したこと、また、最小の曲面を求める「プラトーの問題」で知られていますベルギーの物理学者<ジョゼフ・アントワーヌ・フェルディナンド・プラトー>(1801年10月14日~1883年9月15日)の、生誕218周年です。 リエージュ大学へ進学し、物理学を学び、1827年に、ブリュッセルで数学の教師となりました。 1928年、イギリスの医師<ピーター・マーク・ロジェ>さんが提唱した「残像効果」に興味を持ちます。 「残像効果」とは、回転する車輪が 一定の速度で回転していると、止まって見えるという視覚現象です。 1829年、この「残像効果」に関する研究の論文で博士号を取得。 論文は、たった27ページでしたが、その内容は、回転による視覚の歪みなどを数学的な観点から説明したものでした。 この研究を元に、1932年、円板に絵を描き、それを回転させ、スリットから覗き込むことで、絵が動いているように見えるのではないかというパラパラ漫画の円盤版アイデアを思いつきました。 そして、2枚の円盤で構成された装置を生み出します。 1枚は視聴者が見るための窓のあり、もう1枚が連続する絵が描かれていました。 2枚が反対方向に正確な回転数で回転すると、「残像効果」により視聴者には動画が見えるというものでした。 最初の円盤にはダンサーが描かれていました。 この装置は、1933年に「フェナキストスコープ」として紹介されました。 これは、のちに映画の映写機の開発の元になりました。 この功績から、ベルギーの国際映画祭には、彼の名を冠した「ジョゼフ・プラトー賞」が設けられています。 1835年、ゲント大学の物理学の教授となりますが、1843年頃、光の研究で、太陽光を直視したことにより、失明してしまいます。 失明後は、視覚を感覚で印象的に捉えるなどの研究も行いました。 「フェナキストスコープ」以外でも、晩年の1873年にシャボン玉の膜を使い「空間内に与えられた一つの閉曲線で囲まれた曲面のうち最小の曲面を求める」という実績も残しており、これは「プラトーの問題」として、現在も広く数学界、物理界で用いられています。

次の