デュアプレ デッキ コード。 【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】

デュアプレ デッキ コード

デッキの概要 赤と青の速攻デッキ 赤青速攻は火と水を採用した攻撃的なデッキです。 火文明の特徴である速攻と水文明のドローでリソースを切らさずに攻め続けます。 クリスタル・パラディンのフィニッシュ力 弱点であるブロッカーへの対応力を水文明が補ってくれます。 やで効率よくフィニッシュを狙いましょう。 デッキレシピ マナカーブ カード レア マナ 枚数 C 2 4 R 2 4 SR 2 4 B 2 4 UC 2 4 R 2 2 B 2 4 B 3 4 VR 3 4 SR 4 2 VR 6 4 キーカード解説 襲撃者エグゼドライブ このデッキのエースクリーチャーです。 ターン終了時手札に戻るので反撃を貰うことが無く、繰り返し召喚することで毎ターンシールドを割ることができます。 6マナで2枚プレイしたいパターンがあるので、マナを増やす余裕がある場合6マナまでは伸ばす価値があります。 クリスタル・パラディン 詰め切れなかった場合のフィニッシュ手段です。 ブロッカーを展開されていても全てバウンスするので、詰め要因として最適です。 入れ替え候補 候補 理由 コントロールデッキに対して強く出ることができるようになる。 の登場によって条件を満たしやすくなった。 1ターン目から動くことで速攻要素を強くすることができる。 リキッド・ピープルからの進化先。 テンポ良く進化できると強力で、ブロッカーの多い光文明相手に有効。 S・トリガーから形勢逆転し、最後の詰めを行うことができるようになる。 立ち回り解説 序盤 赤による速攻 、等の対処されにくいクリーチャーで序盤から攻めていきます。 2ターン目確実に赤クリーチャーを召喚できるように、赤色を多めに採用しています。 青によるリソース 、は召喚時にドロー効果が付いているので損失無くクリーチャーを場に増やせます。 進化クリーチャーであるは、進化元が必要ですが3枚ドローしながら召喚酔いなく攻撃することができます。 中盤 エグゼドライブでシールドを削る は毎ターン3マナ払うことで攻めに使えるので、S・トリガーで対処されなければ何度も使い回すことができます。 最初はクリーチャーを並べていきたいですが、並べられるクリーチャーが手札に無い場合はで攻めていきましょう。 対面によってカードを温存 相手のマナ、見えたカードを確認して、が必要になるかチェックします。 相手がボルコンのようなデッキの場合どこかで必ず必要となるので、できる限り手札に持っておきましょう。 のようなカードが見えた場合はブロッカーメタはマナに送ってしまいましょう。 終盤 クリスタル・パラディンでとどめを 詰め切れなかった分をで詰めます。 リキッド・ピープルを大切にしておきましょう。 ブロッカーへの対処 が引けずにブロッカーで詰め切れなくなってしまった場合は、その他の各種バウンス、を待ちましょう。 待っている間にクリーチャーを並べ、ブロッカーをバウンスしてから一気に攻め込んで詰めきります。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の

【デュエマプレイス】デッキコードの発行方法と注意点【デュエプレ】

デュアプレ デッキ コード

【シータミッドレンジ 】とは 【シータミッドレンジ】とは、 火、水、自然文明のシータカラーで構成されたミッドレンジ(中速)デッキです。 それぞれの文明の「スピードアタッカー」・「ドロー」・「マナブースト」のいいところを活かして戦います。 【赤青ヴァルボーグ】等の速攻デッキ、【ボルメテウスコントロール】等のコントロールデッキの両方と戦うことができ、注目が集まっています。 デッキの細部を調整すれば、どちらのデッキに対しても強く出ることができます。 生成レートが高い分使用者はあまり多くはありませんが、非常に強力なデッキです。 序盤にマナを伸ばすことで、後半の選択肢が広がります。 逆にマナブーストができないと後半プレイしたいカードがプレイできないこともあるので、意識的にこれらのカードを使用しましょう。 【クリーチャー】 【種族】サイバーロード 【文明】水 【コスト】2 【パワー】1000 一見何も効果のないカードですが、種族が重要です。 このカードは「サイバーロード」なので、 《ミラージュ・マーメイド》の効果発動条件を満たすことができます。 《アルオム》は2コストであるため7マナ時に 《ミラージュ・マーメイド》とセットで使うことができます。 また予め召喚しておけば、 《ミラージュ・マーメイド》を警戒した相手に貴重な除去札を使用させることができる可能性もあります。 見かけによらず、心理的に揺さぶりをかけることができるクリーチャーです。 その後、自分のマナゾーンからクリーチャーを探索し、2枚を手札に戻す。 対コントロールには 《二角の超人》を増やすのも有効です。 このカードはパワー7000、Wブレイカーの決して無視することのできないクリーチャーをバトルゾーンに送り込みつつ、後続を確保することのできる優秀なクリーチャーです。 除去とハンデスを同時に行うことは相手にとってもなかなか厳しいので、逆に相手のリソース切れを起こさせることも出来ます。 シンプルなカードですが、【シータミッドレンジ】に対してはいやらしいカードです。 パワーラインが最大8000の【シータミッドレンジ】では 《ナチュラル・トラップ》等の確定除去を使用しない限りこのカードを突破できません。 このカードの対処に手をこまねいている間にバトルゾーンを固めてしまいましょう。 まとめ デッキとしての戦略基盤が強く、速攻デッキにもコントロールデッキに対しても強く出れる【シータミッドレンジ】。 生成レートはお高めですが、環境の変化に合わせて改良しつつ使用できる柔軟性の高いデッキです。 デュエプレの環境を【シータミッドレンジ】と共に駆け抜けてみるのはいかがでしょうか? 画像出典:.

次の

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエマプレイス】

デュアプレ デッキ コード

現環境でおすすめのデッキ 赤単ヴァルボーグ ヴァルボーグを中心とした火文明単色のカードデッキです。 火文明にはスピードアタッカーが多いため、速攻を仕掛けることができます。 盤面を取られてしまってもそこまで痛手にはならないため、どんどんシールドを破壊していきましょう。 速攻というデッキの性質上、試合数を多く稼ぐことができるので、ランクマッチのポイント稼ぎにもおすすめです。 【主な構築カード】• ヴァルボーグ• 火炎流星弾• 小さな勇者ゲット• 喧嘩屋タイラー• 不死身男爵ボーグ• クック・ポロン• ボルカニック・アロー• 解体屋ピーカプ• 襲撃者エグゼドライブ• 凶戦士ブレイズ・クロー 水単クリスタルランサー リキッドピープルを多く採用し、フィニッシャーのクリスタルランサーで押し切るデッキです。 水単色ということでドローソースも豊富なので、手札切れが起こりづらいのも強みの一つです。 また、相手が速攻系のデッキでも採用したブロッカーで凌ぐことができるため、対応力も高めです。 序盤はドローで手札を増やしつつシールドを攻撃していき、ブロック不可のクリスタルランサーでフィニッシュを狙っていきましょう。 【主な構築カード】• アクア・ガード• アクア・ビークル• スパイラル・スライダー• アングラー・クラスター• アクア・ハルカス• エナジー・ライト• 一角魚• ストリーミング・ビジョン• アクア・サーファー• クリスタル・ランサー ボルメテウスコントロール ボルメテウスホワイトドラゴンを採用して相手のリソースを減らし、除去カードを活用して相手の動きをコントロールするデッキです。 序盤は除去に徹して立ち回るため、速攻系のデッキには勝ちづらいので注意しましょう。 【主な構築カード】• ボルメテウスホワイトドラゴン• エナジー・ライト• ファントム・バイツ• アクア・サーファー• デーモン・ハンド 除去コントロール カードを除去できる呪文カードを多く採用してカードを減らしつつ、相手の動きをコントロールするデッキです。 デッキの要となるエグゾリウスは除去だけでなくWブレイカーの効果でアタッカーとしても活躍できます。 シールド破壊時に相手の手札を増やすことになるので、相手のリソースを削るカードも入れておくとより効果的です。 【主な構築カード】• 鎮圧の使徒サリエス• ゴースト・タッチ• エナジー・ライト• 幻竜砲• 光臨の精霊ピカリエ• 汽車男• デス・スモーク• 灼熱波• アクア・サーファー• デーモン・ハンド• 勇神兵エグゾリウス 混色ビートダウン 混色ビートダウンは自然のブースト、水のドロー、火のスピードアタッカーなど、各文明の利点を最大限生かすデッキです。 序盤にマナや手札を増やして終盤にスピードアタッカーで攻める立ち回りが強力です。 ふたつ牙がデッキの要となっており、スピードアタッカーと共に倒し切りましょう。 また、二角の超人を採用することでクリーチャーを回収でき、戦力ダウンを防ぐことができます。 【主な構成カード】• 炎のたてがみ• フェアリー・ライフ• アクア・ハルカス• エナジー・ライト• 襲撃者エグゼドライブ• 青銅の鎧• 灼熱波• アクア・サーファー• 大勇者「ふたつ牙」• ナチュラル・トラップ• ツインキャノン・ワイバーン•

次の