お宮参り 服装。 お宮参り・初宮参りとは?服装・時期はいつ・やり方・作法の基礎知識 [赤ちゃんの行事・お祝い] All About

お宮参りの夏の服装は?着物を選ぶ人もいる?真夏は避けるのが一般的?

お宮参り 服装

赤ちゃん 両親 父方の祖父母 母方の祖父母 両親の兄弟姉妹 正式なお宮参りに母親がいない理由は? 本来は「母方の両親がお膳立て お金からお召し物まで全て準備する をし、父方の両親が参加するもの」と言うものが本来のお宮参りの参加者です。 地域やお家柄、ご家庭の風習等で違いがあるものなので、いちどお伺いを立てるのも良いでしょう。 正式には母親は参加しないのですが、その理由としては出産後母親は忌中とされており、母親の忌が明けるのは、75日から100日後とされているため、お宮参りのお写真でよく見かける父方の祖母が赤ちゃんを抱いてお写真を撮っているものを見かけると思います。 お宮参りの準備はこれでバッチリ お宮参りの準備の仕方を紹介していきます。 まずはお宮参りの儀式に必要になるもの 赤ちゃんの祝い着、両親の服装、その他あると便利なもの 、日程、どの神社を選べばいいのかなどを決めていきましょう。 お宮参りをする神社の選び方と神社に確認しておきたいこと お宮参りする際の神社の選び方の予約の方法を紹介します。 神社の選び方• 安産祈願等でお世話になった神社• 自宅の近くの神社• 地域のお宮参りで人気の神社 お宮参りの日程を決める際には「戌の日」や「大安」の日など、日取りが良いとされている火が望ましいですが、人気のある神社などでは混雑する場合があるので、神社へお問い合わせする際に聞いてみましょう。 お宮参りで神社に聞いておきたいこと• 予約は必要か• 当日の混雑具合• 駐車場はあるか• 控室はあるか• 授乳室はあるか• その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせ、(父方の祖母が抱っこしますので)赤ちゃんを抱いた状態で、祖母の首の後ろで付けヒモを結びます。 最近ではお宮参りの際に着物準備はせず、ベビードレスなどでお宮参りを済ませる方も増えてきています。 ご家庭で判断をして赤ちゃんの服装は決めてあげて良いかと思います。 赤ちゃんの服装に合わせてご両親の服装も選ばれると良いかと思います。 両親の服装 父親、母親 お宮参りの際の両親の服装の紹介です。 父親は基本的にはスーツでお宮参りをされる方が多いです。 母親も季節や体調等に合わせて着物を着られたり、ワンピース等で訪れることが多いです。 母親の服装に関しては、まだ出産後日にちが経っていないため、お着物の場合、授乳がしにくいお腹を締め付けられると痛い、動きにくいなどといった赤ちゃんにとって必要な服装等が好ましいです。 お宮参りの正装では留袖になりますが、最近では訪問着や色無地 着物 などの略礼装でのお宮参りをされている方も多くいらっしゃいます。 父 母 祖父 祖母 スーツ 着物 ワンピース スーツ 留め袖 着物 訪問着など略礼装 冠婚葬祭着 お宮参りの祖父母の服装 お宮参りの際の祖父母の服装についても、赤ちゃんの両親とお話をして合わせられるのが良いでしょう。 基本的には男性も女性も正装で参加されるのが好ましい。 お宮参りを近所の神社で行う場合 お宮参りでご祈祷などをせずに行う簡易的なお宮参りをされる方も多いです。 ご近所の神社でお宮参りをする際の方法を紹介します。 境内の手洗い場で手を洗う 2. 神前に進む 3. お賽銭を上げ、鈴を鳴らし、2礼する 4. 大きく拍手を2回打ち、1礼 家族で通常のお宮参りをする場合には、近くの神社に参拝をするのも良いかと思います。 お宮参りで有名な神社などでは祝詞 のりと を上げてもらうご祈祷をするお宮参りもあります。 お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を祈り氏神様へご挨拶に伺う行事です。 全国のお宮参りの神社の情報を集めてみました 神社でご祈祷される場合には、神社にいる神職の方によるご祈祷が行われます。 多くの神社に伺ったところ 事前の予約などはあまり必要はなく当日社務所にてご祈祷の受付をされているとところが多いです。 お宮参りをされるご予定の神社に日程や、当日の混雑具合などを伺っておくことも大切です。 また、お宮参りでご祈祷を受ける場合には、初穂料と言われる神社へのお礼を包んだ御祈祷料が必要になります。 各都道府県のお宮参りの神社を特集しています 東北・北海道• 関東地方• 中部地方• 近畿地方• 中国地方• 四国地方• 九州地方• お宮参りの日程の決め方 お宮参りの日程を決める際に人気な日があります。 大安や犬の日と言われる赤ちゃんにとって縁起の良い日には、有名な神社などではとても混雑する場合が多く、まだ生まれて間もない赤ちゃんにとっては長時間の外出は避けたいところなので、事前に混雑の予測を神社に聞いてみましょう。 お宮参りをされるお時間は、10時や11時等のお昼の前の時間はとても多いです。 ご祈祷の時間はどのくらい? 神社によってはご祈祷が開始される時間が30分置きや、所定の時間が決まっていることが多くおおよそ 20分位をめどにご祈祷が行われます。 喜ばれる年祝いの方法知ってますか? 年齢でお祝いを行う風習はいくつかあります。 節句 七五三 年祝い などが一般的なお祝い事です。 昔からの習わしに沿って行われているものです。 雛人形を飾り健やかな成長を祈ります•

次の

お宮参りの服装完全ガイド | 赤ちゃん・両親・祖父母の衣装選びのポイント 【お宮参り編】

お宮参り 服装

お宮参りの祖父母の服装のポイント 1.お祝いにふさわしい服装で お宮参りは赤ちゃんの成長を祝う大切な儀式のひとつです。 普段着でのお祝いよりも、できればワンランク上の服装でお参りしましょう。 服装を整えるとお祝いにふさわしい厳粛な気持ちとなります。 2.赤ちゃんやママに服装の格を合わせる(全員が準礼装、全員が略礼装、全員が普段着など) 片方の祖父母だけが正装であったり、おばあちゃんがママよりも目立ってしまったり、逆にパパだけが普段着だったりしないようにします。 3.誰がお宮参りに同行するのかを事前に確認します。 両家の祖父母が参列する場合には、双方のバランスを考えることや、父方の祖母よりも母方の祖母の服装が格上になったり目立つことが無いようにします。 4.赤ちゃんの服装も、ママや祖母の服装も、最近は洋服、和服にこだわらなくなっています。 祖父の服装(洋装・洋服の場合) [ドレスコード]略礼服 服装の例 ダークスーツ(スーツの色はブラック、濃いグレー、濃紺など)。 ワイシャツは白、ネクタイはストライプやドット(水玉)柄などのシンプルなネクタイ。 黒い靴下。 黒の革靴。 現代では、祖父が着物・和服でお宮参りをすることはほとんどありません。 上着(ジャケット)については、着用が基本です。 真夏の暑い時期のお宮参りは(赤ちゃんの体調に配慮して避けるケースがほとんどですが)、祖父が同行する場合、パパがジャケットを着るなら祖父もジャケット着用で参列します。 上着を持参し、祝詞をあげてもらうときに着用する、というご家族もいらっしゃいます。 実家が遠方の場合 みんなはどうしてる? 1)赤ちゃん優先 ・生後一ヶ月頃の赤ちゃんは、長距離での異動はなるべく避けるようにしたいもの。 駅や空港では人混みにさらされるなどして感染症のリスクがあったり、環境の変化で体調をくずすこともあります。 2)ママの体調優先 ・ママの体調を優先してお宮参りの場所を決めます。 体調が思わしくないときの長距離の異動はママにとってストレスになる可能性があります。 実家が遠方の場合には、上記をふまえて下記のようにするご家族がいらっしゃいます。 両家の祖父母と赤ちゃんの両親とで良く話し合って決めましょう。 そのあと(生後数ヶ月経って)実家に帰省したタイミングで、実家の近くの神社に祖父母とともにお宮参りを行う。 実家の祖父母または、両家の祖父母のうち都合のつく人が同行する。 この場合、父方、母方いずれの実家の近くの神社にお参りするかについては地方によって異なります。 現代では父方、母方、いずれの場合もあります。 両家で相談して決めます。 お宮参りのお金 祖父母はいくら出す? (1)初穂料…神社に支払う謝礼(御初穂料、御礼、御玉串料、御神饌料など) 初穂料は両親または祖父母のうち誰が出払うのかに決まりはありません。 両親と赤ちゃんだけのお参りのときには両親が出すほか、祖父母が同行する場合には父方・母方のいずれかの祖父が初穂料を出すこともあります。 例えば祝い着を母方の実家で用意した場合に、神社への初穂料やお祝いの食事会の費用を父方の実家で持つなど両家で話し合って決めます。 金額の相場・めやす 初穂料の金額はお宮参りの予約の際に神社に確認します。 金額の相場は地方によっても異なりますがだいたい5,000円程度。 神社によってはお守りや縁起物などをお下がりとして下さる場合もあり、そうした場合は10,000円〜となります。 また、両家の祖父母、両親、赤ちゃんのフルメーンバーで祝詞をあげて頂く場合には、10,000円〜。 (2)お祝い…祖父母から孫へなど お宮参りのお祝い金、ご祝儀 お祝い、ご祝儀は渡すかどうかに決まりはありません。 お宮参りのお祝いとして「御祝」の表書きのご祝儀を渡すことがあります。 ちょうど時期的に出産祝いをしてから間もないため、仮にお祝いをあげる場合には、ほとんど両家の祖父母など身内だけからとなります。 また、祝い着や会食代、初穂料、写真の撮影代などを両家で分担する形をとることで、別途ご祝儀は包まないことも多いようです。 金額の相場・めやす お祝いについては、もし祝い着や会食代、初穂料、写真撮影やアルバム代などを祖父母が出す場合には改めて別に御祝としてお金を用意しないことが多いようです。 あえて上記とは別に「御祝」を包む場合には、5,000円〜10,000円程度(〜多くとも5万円くらいまで)。 出産祝いのすぐ後であり、多くを包む必要はありません。 また、赤ちゃんやお母さんの体調に配慮してお参りだけで済ませることもあります。 お参りだけで済ませる場合にはお祝い金の金額も少額で構いません。 お宮参りのお金 祖父母はいくら出す?(つづき) (3)祝い着 祝い着はもとは母方の実家が用意するのが慣例(しきたり)でした。 もし母方の実家・祖父母が祝い着を用意した場合は父方の実家で会食の費用(食事代)などを持ち両家でバランスを取ります。 近年ではどちらが出すという風習はうすれ、両家で話し合って折半するケースもあるほか、レンタルのものを利用したり、ベビードレスとケープの洋式衣装でお参りするなど、季節や赤ちゃんの体調に合わせて自由になってきています。 帽子やスタイ、フードなどのセットは数千円、ベビードレス風のものは小物まで入れて2万円〜10万円程度。 着物の場合には、一式で2万円〜20万円くらいまで。 あらかじめ七五三を念頭において数年後にも使いまわしができるようなものを用意することもあります。 デパートや専門店と、ネットショップでは価格が異なることも多いようです。 また写真スタジオなどでは撮影時の衣装代は無料というお店もあります。 (4)食事…会食、お祝い膳 お宮参りのあと、会食をする場合の費用は誰が出すかの決まりはありません。 お宮参りのあと、両家の祖父母と赤ちゃんの両親とで赤ちゃんとともにお祝いの膳を囲む会食をすることがあります。 もし祝い着を母方の祖父母が用意した場合は、食事会代を父方で持つこともあります。 両家で話し合ってバランスを取ります。 生後一ヶ月の頃は赤ちゃんが小さいため外食しづらい時期です。 外食にこだわらず、仕出しを利用したり、お祝いを頂いたお礼として赤ちゃんの親が負担したり等、自由になってきています。 金額の相場・めやす 一人あたり@1,000〜10,000円程度。 昼食か夕食か、あるいはお店のランクや、個室貸し切りか否かによっても異なります。 もしお宮参りのあと会食の席を設けるならできるだけ予約をしましょう。 離婚していたとしても孫のお祝いだから祖父母の双方に声をかける、というご家族もおられますし、逆に、離婚後は親交がないので声をかけない、というご家族もおられます。 離婚した父方の祖母に同行をしてほしくないという場合は、母方の祖母に同行してもらったり、赤ちゃんと両親だけでお宮参りしたり等、どんな形でも良いのです。 赤ちゃんの幸せや健康を祈る気持ちと、パパママの気持ちを優先して、誰に同行してもらうのかを話し合って決めれば良いでしょう。

次の

お宮参りの服装》赤ちゃん・ママ・パパ・祖母・兄弟・衣装・最近のお宮参りは?

お宮参り 服装

女の子用お宮参りの着物 赤ちゃんの服装では、正式なものだと白羽二重になっている着物の上に、紋付の祝い着をかけます。 祝い着は男の子の場合「熨斗目模様」、女の子は「友禅模様」です。 男の子なら、鷹や兜・武者などの柄が多く、黒色や紺色・灰色・白色になります。 女の子は蝶や手毬・花の柄で、赤色や桃色が多いです。 祝い着の下に着るものは、着物でなくても構いません。 ベビードレスや産着など赤ちゃんが快適なものを着てから、祝い着をかけるのが一般的になっています。 ベビードレスの上にケープをかけるケースも多いです。 ベビードレスなど洋装の場合は、白い帽子と靴下も用意します。 赤ちゃんの服装を選ぶ際には、まだ体温調節がしっかりできないことを考慮した方がいいでしょう。 夏であれば、祝い着の下には薄手のベビードレスや産着だけにします。 厚手の服で体温調節ができないと、体の熱がこもってしまい熱中症になることもあるので、注意が必要です。 冬の場合は、ベビードレスと祝い着以外にもおくるみやアフガンを用意し、体を温められるようにしておきます。 さらに、赤ちゃんは授乳後の吐き戻しなどで服を汚すこともあるので、下着や替えの服も持参していると安心です。 母親の服装は? ~お宮参りの服装の選び方~ お宮参りで母親が着る服装は「訪問着」「色無地の着物」「ワンピース」「スーツ」などになります。 昔は、赤ちゃんの母親と父方祖母は「黒留袖」が主流でした。 しかし、黒色ではなく赤色や桃色などの着物・訪問着などが多くなっています。 また、母親の服装は、ワンピースやスーツなどの洋装にしても構いません。 黒色や紺色・ベージュなどの色で、無地のワンピースやスーツが適しています。 夏は涼しくなるようにワンピースがいいでしょう。 授乳口が付いているものだと、授乳もしやすくなります。 スーツの場合は、ブラウスとスカートだけでも構いませんが、ジャケットも持参することが望ましいです。 冬の場合はコートを羽織るなどして、体が冷えないようにしましょう。 お宮参りは神社で行うものなので、露出の多い服装は避けます。 スーツやワンピースの時は、丈は膝よりも下にするのが望ましいです。 ノースリーブなどの肩が見える服装も避けます。 アクセサリーや靴に関しては、特に決まりはありません。 しかし、赤ちゃんを抱っこするので、ネックレスなどのアクセサリーは付けないことが多いです。 付ける時は、パールのネックレスやイヤリングなど、フォーマル用にするといいでしょう。 靴は、基本的には黒色や紺色などの落ち着いた色です。 赤ちゃんを抱っこするので、安定感のある靴にしましょう。 父親の服装は? ~お宮参りの服装の選び方~ 父親の服装は、一般的には「スーツ」です。 赤ちゃんや母親などが和装であっても、父親はスーツで構いません。 なるべく礼服を意識し、白色のワイシャツとネクタイを着用するようにしましょう。 スーツ自体の色は、黒色や紺色・チャコールグレーなどのダークスーツにします。 無地のものが好ましいですが、薄いストライプの柄などが入っていても構いません。 靴下は黒色や白色を選び、黒色や茶色のフォーマル靴を履くといいでしょう。 夏も冬もスーツになりますが、スーツの厚みやコートの着用で温度調節をすることになります。 祖父母の服装とは? 祖父母の場合は、赤ちゃんの両親に合わせた服装にするのが望ましいです。 祖母は「色留袖」「訪問着」「スーツ」「ワンピース」などになります。 赤ちゃんの両親が洋装の時は、祖父母も洋装にするのがいいでしょう。 一般的には、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこして、お参りをする風習があります。 赤ちゃんが和装の時は、祖母も和装で揃えると見た目のバランスはよくなります。 黒色や紺色・灰色などの落ち着いた色の服装にし、アクセサリーはパールのものです。 祖父の場合は、「スーツ」になります。 カジュアルなものよりは、冠婚葬祭で身に付けるスーツが良いでしょう。 男の子におすすめのお宮参り着物5選 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 兜・松・宝尽くしが描かれた深緑地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 男の子らしく勇ましい兜とお祝いにピッタリのおめでたい吉祥柄が描かれた男の子用の祝い着です。 存在感ある紗綾型の地紋と、立派な兜柄が大胆で存在感ある印象を与える逸品。 鷹・松・宝船が描かれた黒の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 海原を行く宝船と、大きく羽を広げた鷹が印象的な、黒色の地色にぼかしが入った着物。 袖や背中にはグレーのぼかしが施されており、黒地でも重くなりすぎない印象に仕上がっています。 鷹・松・鼓が描かれた紫地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは紫の地色と着物全面に広がる鷹や鼓、熨斗目柄が印象的な着物です。 黒や緑とはひと味違った味わい深い紫の地色と、淡く柔らかなぼかしのグラデーションが上品さを演出しています。 兜・小槌・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地ベースの生地に、桶絞りや金彩刺繍が施された高級感溢れる着物です。 勇ましい兜をメインに、小槌や鹿の子模様などが配され、色味も華やかな装いです。 鷹・宝尽くし・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは前述の着物の柄違いバージョンです。 華やかさと基本デザインは一緒なので、双子の男の子に柄違いで揃えるのも可愛いです! 女の子におすすめのお宮参り着物5選 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 桜・雲枠・霞が描かれた赤地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 金彩八重桜や吉祥文様が入った雲枠、霞が彩りを添える女の子らしいデザインの着物です。 散りばめられた四季折々の花や随所に施された金彩加工が華やかさもプラスしています。 鼓・毬・牡丹・桜・菊が描かれた紫地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 鮮やかな紫色が目を引く大人っぽい雰囲気をまとった着物。 赤やピンクなどの可愛らしいデザインの着物が苦手な方におすすめの配色です。 花車・鞠・桜・紅葉が描かれたピンク地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 ピンクなどの明るい色を基調とした華やかな着物です。 花車に鼓や鞠、桜や紅葉など四季折々のモチーフが着物全面に配された女の子らしい一着です。 梅が描かれた白地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 ひときわ目を引く白の地色が新鮮な印象を与えてくれる着物。 紅白の大柄な梅と、金彩が豪華に彩る一着です。 鼓・鈴・菊・藤・牡丹が描かれた黄色グラデーションの着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 黄色からピンク、赤へと移り変わるグラデーションが美しい着物です。 友禅のような繊細なタッチと美しい色合いが魅力的な産着です。

次の