ぬき す と 広告 消し方 iphone。 BB2Cの広告の消し方!!

iPhoneで広告をブロックして消す方法まとめ!広告ブロックアプリやブラウザ設定で広告を非表示にしよう

ぬき す と 広告 消し方 iphone

Safariに表示される広告をブロックしてくれる無料アプリで、日本向けに開発されている点で他よりも精度が高いです。 広告以外にもソーシャルボタンなどの不要なコンテンツを消すことで、通信量の削減やサイトの表示速度が速くなるなどのメリットがあります。 iPhoneで広告ブロックアプリを設定する方法 上記のような広告ブロックアプリをインストールした後、iPhone側の設定でアプリの許可をしなくてはいけません。 最後に許可したいアプリを選択すれば設定は完了です。 iPhoneの設定で広告をオフにする方法 アプリなどを入れなくても、 iPhoneの設定を変更することで一部の広告を非表示にすることも可能です。 JavaScriptをオフにして広告を非表示にする サイトをスクロールしても自動でついてくる 追従型広告など、JavaScriptを使用した広告であればiPhoneの設定で「 JavaScriptをオフ」にすれば広告を消すことができます。 iPhoneの設定アプリから「 Safari」をタップし、「 詳細」を選択します。 そこに表示されている「 JavaScript」をオフにすれば設定は完了です。 ただしJavaScriptは広告以外にもサイトに使われることがあるので、この機能をオフにすることで表示されないサイトもあるのでご注意ください。 ポップアップ広告をブロックする設定 画面いっぱいに広告が表示される ポップアップ広告なんかは、消すのも面倒でうざったいと感じている方も多いはず。 このポップアップ広告についてもiPhoneの設定で非表示にすることができるので、詳しい設定の手順を解説していきましょう。 まずiPhoneの設定アプリから「 Safari」を選択し、「 ポップアップブロック」をオンにすれば完了です。 iPhoneで広告を必要なときだけブロックする方法 上記の方法以外にも、広告を非表示にしたいサイトだけ広告をブロックする方法もあります。 iPhoneのSafariを開きURL部分の左上をタップすると、リーディングモードといって 広告や装飾など余計な部分を非表示にした状態に変更することができます。 このサイトは広告が多くて邪魔だなというときは、是非このリーディングモードを活用してみてください。 iPhoneでYouTubeの広告をブロックする方法 iPhoneでYoutubeを観ている方は公式のアプリを使っているかもですが、 iPhoneでYoutubeの広告をブロックしたい場合は、広告ブロックアプリを入れた状態でWEB版のYoutubeから視聴する方法がおすすめです。 広告ブロックアプリは先ほど紹介した「AdFilter」であれば、Youtubeの広告にも対応しているので非表示にすることが可能です。

次の

【iPhoneアプリの広告の消し方】実はデメリットも大きいって知ってる?

ぬき す と 広告 消し方 iphone

に加え、共感性絶望の傾向がある私。 などの無駄にエロくてグロい広告や、子供が虐待される描写がリアルで吐き気がする広告にずっと悩まされてきました。 っていうことをにも書いたところ、たくさんの人が広告を消す方法を教えてくださったので実践してみました。 まだたまに表示されるので叩き状態で消しまくってますが、表示される頻度は劇的に減ったので効果ありそう!ということで、どなたかのお役に立つかもしれないのでやったことを記しておきます。 まず私の環境をおさらいしておきます。 ブラウザは主にを使用• 嫌な広告が表示されているのはのアプリ内ブラウザ やったことは次の3つです。 iOS9の追跡型広告を制限する機能をONに• ブラウザのクッキーをリセット• 広告が表示された時に「不適切な広告」として報告 やり方を順番にご紹介します。 iOS9の追跡型広告を制限する機能をONに iOS9で追加された広告を制限する機能を活用して、不快な広告が表示されるのを防ぐことができます。 「追跡型広告を制限」をONに これで、今後は一度訪れたサイトの広告に延々と追い回されるようなことがなくなります。 私の場合、3番目にご紹介する「不適切な広告として報告」を使用としてタップし損ね、何度もサイトに訪れてしまったため、エログロまんが広告に追いかけられる羽目になったのでもうコリゴリ。 もしも追跡型広告はOKだけど、今表示されているものは非表示にしたい場合は「Advertising Identifierをリセット」を選択します。 ブラウザのクッキーをリセット ブラウザの履歴とクッキーをリセットして、間違ってクリックしてしまったサイトの追跡型広告に追いかけ回されるのをやめることができます。 設定を開いて「」を選択• 自動ログインを設定していたサイトなどもすべて改めてIDとパスワード認証が必要になります。 「追跡しない」を選択しておけば、広告の設定同様での追跡型広告をある程度ブロックすることができます。 ただしこれをONにしても追跡される場合もあるので、気になる場合はこまめに履歴を削除するのがオススメのようです。 広告が表示されたときに「不適切な広告」として報告する 追跡型広告ブロックをONにして、履歴を削除したとしても、見たくない広告が表示されることはあります。 また、で見ているとボタンの上に広告が被さるように表示されて誤ってタップしてしまったり、スクロールしてもずーっと追いかけてきて誤タップしてしまう広告もあります。 こういった広告を「不適切な広告」として報告することで、地味にですが一つ一つ消していくことができます。 サンプルとしてショット撮った広告は適切なものでしたが、ワタシはすでに諸々ブロック手続きを踏んでいるので普通に表示された広告を使わせていただきました。 ねとらぼは不快な広告に追いかけられるサイトトップ5に入ってたので、スミマセン…• 「問題がある広告として報告」をタップ 誤タップしやすい、不適切な位置に表示される広告には「ページ上の位置が不適切な広告」をタップします。 「不適切」「関連性が低い」「繰り返し表示される」から、当てはまるものを選んでタップします。 迷ったら「不適切」でOK。 これでおしまいです 間違って報告しちゃった場合は「元に戻す」をタップしましょう。 これをやると、ページ上から広告がすっきりさっぱり消えてくれます。 でも同じ広告が他のページやサイトで表示されなくなる訳ではないので、叩きのように不快な広告を見つけたら徹底的に報告するようにしましょう。 これをやることで、そもそも不快な広告が出稿されることを防げる…はず。 以上、私が教えてもらって実行した対策3つです。 不快な広告に悩まされている方も、出来心で見ていたやの商品に延々と追いかけられて困っている方も、ぜひ試してみてください! maisonnaoko.

次の

iPhoneのSafariで広告ブロック!「コンテンツブロッカー」の使い方まとめ

ぬき す と 広告 消し方 iphone

に加え、共感性絶望の傾向がある私。 などの無駄にエロくてグロい広告や、子供が虐待される描写がリアルで吐き気がする広告にずっと悩まされてきました。 っていうことをにも書いたところ、たくさんの人が広告を消す方法を教えてくださったので実践してみました。 まだたまに表示されるので叩き状態で消しまくってますが、表示される頻度は劇的に減ったので効果ありそう!ということで、どなたかのお役に立つかもしれないのでやったことを記しておきます。 まず私の環境をおさらいしておきます。 ブラウザは主にを使用• 嫌な広告が表示されているのはのアプリ内ブラウザ やったことは次の3つです。 iOS9の追跡型広告を制限する機能をONに• ブラウザのクッキーをリセット• 広告が表示された時に「不適切な広告」として報告 やり方を順番にご紹介します。 iOS9の追跡型広告を制限する機能をONに iOS9で追加された広告を制限する機能を活用して、不快な広告が表示されるのを防ぐことができます。 「追跡型広告を制限」をONに これで、今後は一度訪れたサイトの広告に延々と追い回されるようなことがなくなります。 私の場合、3番目にご紹介する「不適切な広告として報告」を使用としてタップし損ね、何度もサイトに訪れてしまったため、エログロまんが広告に追いかけられる羽目になったのでもうコリゴリ。 もしも追跡型広告はOKだけど、今表示されているものは非表示にしたい場合は「Advertising Identifierをリセット」を選択します。 ブラウザのクッキーをリセット ブラウザの履歴とクッキーをリセットして、間違ってクリックしてしまったサイトの追跡型広告に追いかけ回されるのをやめることができます。 設定を開いて「」を選択• 自動ログインを設定していたサイトなどもすべて改めてIDとパスワード認証が必要になります。 「追跡しない」を選択しておけば、広告の設定同様での追跡型広告をある程度ブロックすることができます。 ただしこれをONにしても追跡される場合もあるので、気になる場合はこまめに履歴を削除するのがオススメのようです。 広告が表示されたときに「不適切な広告」として報告する 追跡型広告ブロックをONにして、履歴を削除したとしても、見たくない広告が表示されることはあります。 また、で見ているとボタンの上に広告が被さるように表示されて誤ってタップしてしまったり、スクロールしてもずーっと追いかけてきて誤タップしてしまう広告もあります。 こういった広告を「不適切な広告」として報告することで、地味にですが一つ一つ消していくことができます。 サンプルとしてショット撮った広告は適切なものでしたが、ワタシはすでに諸々ブロック手続きを踏んでいるので普通に表示された広告を使わせていただきました。 ねとらぼは不快な広告に追いかけられるサイトトップ5に入ってたので、スミマセン…• 「問題がある広告として報告」をタップ 誤タップしやすい、不適切な位置に表示される広告には「ページ上の位置が不適切な広告」をタップします。 「不適切」「関連性が低い」「繰り返し表示される」から、当てはまるものを選んでタップします。 迷ったら「不適切」でOK。 これでおしまいです 間違って報告しちゃった場合は「元に戻す」をタップしましょう。 これをやると、ページ上から広告がすっきりさっぱり消えてくれます。 でも同じ広告が他のページやサイトで表示されなくなる訳ではないので、叩きのように不快な広告を見つけたら徹底的に報告するようにしましょう。 これをやることで、そもそも不快な広告が出稿されることを防げる…はず。 以上、私が教えてもらって実行した対策3つです。 不快な広告に悩まされている方も、出来心で見ていたやの商品に延々と追いかけられて困っている方も、ぜひ試してみてください! maisonnaoko.

次の