シマビエ。 【シマビエ物語】令和時代の疫病コロナウィルス・最強の妖怪アマビエの出現⁈

【シマビエ物語】令和時代の疫病コロナウィルス・最強の妖怪アマビエの出現⁈

シマビエ

こんにちは、モカリーナです。 この記事は江戸時代の疫病編・妖怪アマビエのお告げ、シマエナガちゃんとアマビエの物語です。 mocharinaの作品には羊毛フェルトで作ったシマエナガがあります。 クッキーに見立てて作った「シマエナガちゃんのクッキーホルダー」 以下シマエナガちゃん です。 ある日の真夜中にモカリーナが閃きを受けて作成したのは、シマエナガちゃんとアマビエを合わせて作った作品でした。 アマビエは江戸時代後期に豊作と疫病を予言めいたことを告げたとされる妖怪です。 令和時代に世界的な脅威をもたらしたコロナウィルスにより、今アマビエが大流行しています。 mocharina作シマビエの世界ではコロナウィルスの流行によって、アマビエとシマエナガちゃんがとても胸を痛めています。 短命な人間とは違いアマビエは長く生きています。 かつては人間と妖怪アマビエはとても仲良しでした。 アマビエ達はいつまでも親愛の情を持って人間のことを気にかけて過ごしています。 (アマビエのチェリーちゃん)• 江戸時代の疫病・妖怪アマビエの予言 時は江戸時代後期、稀に見ぬ豊作続きで人々は幸せに暮らしていました。 ここ熊本県、肥後国でも村人達は食べ物に不自由することなく平和に日々を過ごしていました。 この物語はフィクションです。 Wikipedia で調べたアマビエの記述をもとに、mocharinaの作品を使って物語にしました。 アマビエとは アマビエは日本に伝わる妖怪です。 海中から光をかがやかせるなどの現象を起こし、 豊作・疫病などに関する予言をした とされています。 アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されている。 肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物がおこったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。 しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。 」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる。 Wikipedia より アマビエの姿形は「アマビエを目撃したとされる役人がその場で姿を写した物の写しであると記載されている」挿絵が存在しますが、具体的な形の特徴は書き留められていません。 でも姿形の違うシマビエ達を怖がり、傷つける人が現れました。 そしてシマビエ達は人間界から少し離れた場所で暮らすようになりました。 短命な人間達はシマビエ達のことを忘れても、長く生きているシマビエは人間に親愛の情を今でも持ち続けています。 アマビエとシマエナガちゃん シマビエは2種類、シマエナガちゃんとアマビエに分かれて生まれてきます。 シマエナガちゃん 白い体に茶色の羽を持ったシマエナガちゃん。 シマエナガちゃんに生まれたものは短命で、やがて人間界に飛び立っていきます。 頭にお花がポンと咲いたら、出発の合図です🌼 白い姿が美しい鳥のシマエナガちゃんは「雪の妖精」と呼ばれ、人間界で幸せに暮らしています。 アマビエ シマエナガちゃんのお顔にウロコと3本の尾ビレを持ったアマビエには、羽の代わりにヒレがあります。 長い髪の毛を持った美しいシマビエは、私たちが知っている人魚に近い存在です。 シマエナガちゃんの旅立ち! シマビエ達はいつも仲良く遊んでいます。 アマビエはシマエナガちゃんを見送りました。 アマビエ 「元気でね〜!」 シマエナガちゃん 「何かあったらお手紙ちょうだいね〜」 シマエナガちゃん達は、元気よく人間界へ飛び立っていきました。 アマビエの出現! 江戸時代後期、田には稲穂がキラキラ実り村人達は幸せに暮らしていました。 でも、アマビエは予言していました。 豊作は6年間続くけれど、疫病が流行することを! アマビエのチェリーちゃん 人間に予言を伝えるためにアマビエの チェリーちゃん が立ち上がりました。 チェリーちゃん はとてもオシャレさんで、優しい心を持ったアマビエでした。 身なりを整え、お顔にお化粧をしました。 妖怪アマビエの正装です。 人間達に信じてもらえるように、輝く海の波間から出現します。 この演出はとても力のいる作業です。 「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。 しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。 」 そしてアマビエの チェリーちゃん は海に帰っていきました。 アマビエの瓦版 アマビエの姿を見た役人は、お告げの通りアマビエの姿を紙に描き写しました。 波の上に立ち姿でいるアマビエの特徴• 鳥のようなクチバシ• 目は四角い• 3本の尾びれ• 長く多い髪の毛• 耳はヒレ• そして役人がアマビエの姿を書き写した紙を諸国に配り、江戸時代後期の疫病はやがて収束しました。 まとめ mocharinaの作品の「シマエナガちゃんのクッキーホルダー」とアマビエで、江戸時代後期に現れたとされるアマビエの瓦版を元に物語を作りました。 mocharinaの世界「シマビエの国」です。 この国には2種類のシマビエが生まれます。 シマエナガちゃん シマエナガのクッキーホルダーのキャラクター• アマビエちゃん シマエナガちゃんのお顔にウロコ・3本の尾びれ・ヒレを付けたキャラクター アマビエ達は長生きで江戸時代、そして令和の時代にも活躍しています。 このアマビエのデザインは、モカリーナが真夜中に眠っている時に頭の中に閃きとして出てきたものです。 色違いでマリンブルーとピンクのアマビエも作成しました。 モカリーナのアマビエ達の物語はいかがでしたか? この物語は3話に分けてお届けします。

次の

【シマビエ物語】令和時代の疫病コロナウィルス・最強の妖怪アマビエの出現⁈

シマビエ

形態 [ ] 花序の枝(総)の片面に小穂を普通は2列につける。 この属の小穂は、丸っこくて腹背に偏平なのが特徴である。 また、ほとんど柄がないか、ごく短い柄で軸についている。 小穂には小花が一つだけ含まれ、第一小花はなくなっている。 はどれもほぼ同じ大きさで、第一穎はほとんど消失、第二穎は薄くて花軸の側にある。 熟すると小穂全体が落下する。 よく似ているのが () Eriochloa で、軸と小穂の位置関係が裏表になっているほか、軸が偏平でないことで区別される。 分布 [ ] スズメノヒエ属は世界のからを中心に約200種を含むおおきな属である。 日本には四種ほどの原産種があるほか、いくつかのがある。 人間との関わり [ ] 日本では特に大きな利用はない。 として用いられるものもある。 シマスズメノヒエは牧草としてはダリスグラス、アメリカスズメノヒエはバヒアグラスと呼ばれている。 害の方では、多くは雑草であり、さほど大きな影響は持たないが、キシュウズズメノヒエは有力なとして重要である。 沖縄ではタチスズメノヒエがサトウキビ畑の強力雑草として知られる。 スズメノコビエは日本ではですらない野草であるが、では Kodra と呼んで、を食用するためにされることもある。 サワスズメノヒエはに強いとして利用されている。 下位分類 [ ] 姿もかなり多様であるので、日本産の代表的なものを、いくつかに分けて説明する。 スズメノヒエはほぼ中の上くらいの大きさであるので、まずこれについて説明する。 に生える多年草で、高さは40-90cm、立ちになる。 は平坦で黄緑色でつやがなく、線形で、地上のと、花茎の基部近くにつく。 葉の根元は鞘状に茎を抱いて、やや左右から偏平になっている。 葉とには柔らかい毛が生えている。 花茎は初夏から出てやや傾いて立ち上がり、先端近くから3-5本の枝を出す。 この枝は、主軸の回りに放射状に出るのではなく、主軸の傾いた側に偏って、水平よりやや小さい角度で出る。 それぞれの枝は分枝せず、その下側に小穂を密生する。 小穂は枝の下側に二列になって生じる。 枝はやや腹背側に偏平になっており、上から見ると小穂はその下に半分隠れる。 小穂は腹背側に偏平で、円形に近い楕円形で、先端が少しだけとがる。 に生える。 からまで分布し、国外ではからまで分布がある。 以下の種はスズメノヒエに似た姿の、株立ちになる背の高い草である。 スズメノヒエに非常に似ているがやや小型で、葉や葉鞘に毛がなく、つやがある。 以南のやや湿った草原に生え、の熱帯に広く分布する。 インドでは食用に栽培されることもある。 高さ150cmにまでなる草で、特に穂が高く伸びる。 花茎の枝が10-20本と数多く、それらが束になって立ち、あるいはやや斜めにたれる。 小穂には毛が多い。 原産で、関東以西の日本に帰化している。 高さ100cmに達する。 タチスズメノヒエに似ているが、花茎の枝がせいぜい7本までと少なく、束になるのではなく広がる。 やはり南アメリカ原産で、日本南部に帰化。 Fluegge 茎の基部がはっきりと横に這うが、短いことも多いのでやっぱり株立ちに見える。 50cm程になる草で、茎や葉には毛がなく、つやつやしている。 南アメリカ原産で、に帰化し、そこから日本に入った模様。 周辺などで増殖中。 ナルコビエ スズメノヒエ属ではないが、全体によく似ている。 外見的には、花茎の枝が細く、小穂が膨らんだ形をしていることから、枝から小穂が大きくはみ出しているような感じに見えるのが特徴的。 からまでの草原に生える。 日本国外では中国からに分布。 以下の種は、小型で横に這う草で、を出し、一面に広がる。 這ってなどに絡まるためになどからは「夜這い草」の俗称で呼ばれ、駆除の対象になっている。 高さはせいぜい30cm。 長く匍匐枝を出し、枝分かれして地表を覆う。 葉はやや幅ひろく、平坦。 花茎は短く上に伸びだし、先端から2-3本の枝を出す。 花茎の枝は短い棒状でやや上に伸びるか、左右に開いて斜め下を向く。 小穂はやや幅が狭くて楕円形。 に生え、にも見られる。 のの周辺などに大群落を作ることがある。 和名はで最初に発見されたことから。 本州南岸以南に分布、世界の熱帯域に広く生育する。 Swartz キシュウスズメノヒエに似ているが、葉が厚く、両側が内側に巻く。 世界の熱帯域に広く分布、日本では以南の南西諸島で、に生える。 干潟では密生したを作るほか、海岸では表面を這い、では匍匐茎を砂に埋めて生育している。 小型の雑草で、などに生える。 匍匐茎を地表に延ばし、上に葉を出す。 花茎は葉より上に抜き出て、先端から二本の枝を出す。 花茎の枝は細長くて糸状になり、左右角度をつけて斜め上に伸びて、先端は次第にたれる。 小穂は円形でごく小さく、黄色みを帯びる。 の原産で、世界の熱帯域に帰化しており、日本では南西諸島などで見られる。 米倉浩司; 梶田忠 2003-. 2013年9月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 『日本の野生植物 草本 1 単子葉類 』ほか編、、1982年。 ほか『原色日本植物図鑑 草本編 3 単子葉類 』〈保育社の原色図鑑〉、1987年、改定49刷。 『日本イネ科植物図譜』、1993年、増補。 『琉球植物誌』、1975年、追加・訂正版。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 2013年9月6日閲覧。 (英語)• GRIN online database 英語. 2013年9月6日閲覧。 (英語)• NCBI 英語. (英語)• - (英語).

次の

【シマビエ物語】江戸時代の疫病・妖怪アマビエのお告げ!

シマビエ

疫病退散! どうも。 こんにちは。 スマホ堂のオオタマサノリです。 「ステイホーム」が合言葉だったゴールデンウィークも あっという間に明けてしまいました。 今年の連休はずっと自宅で過ごしたという方も 多いのではないでしょうか? 本当に早く、一日でも早く コロナ禍が終息しますように。 疫病退散の妖怪・アマビエ様 そんなコロナ禍の中で話題を呼んでいる 疫病退散の妖怪・アマビエ様。 もはや説明は必要ないほど。 みなさんご存知のことでしょう。 アマビエ とは アマビエ(歴史的仮名遣:アマビヱ)は日本における伝説の半人半魚・妖怪。 海中から光輝く姿で現れ豊作・疫病などに関する予言をすると伝わっている。 (出典- Wikipedia より) 今から 180年ほど昔、江戸時代後期の話です。 肥後国(現在の熊本県)に現れた妖怪・アマビエ様。 出現した時の様子が当時の瓦版に記録されています。 毎晩のように海中に光る物体が出没していたことから その様子に赴いた役人に対して姿を現したアマビエ様。 「私は海中に住むアマビエと申すなり」 「当年より 6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する」 「私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」 そのように予言めいたことを告げて 海の中へ帰っていったという。 妖怪・アマビエ様、スマホ堂に参上! 180年の時を超え、コロナ退散に向けて 令和の世にやってきた妖怪・アマビエ様。 スマホ堂にもやってきました。 可愛らしい。 妖怪というよりは愛くるしいキャラクター。 私が書きました! と、スマホ堂本社スタッフ・はるか画伯。 この可愛らしい妖怪・アマビエ様を身に付けて コロナ退散!疫病退散じゃ! …と、いうことでですね。 スマホケースを作りました。 種類は2種類。 いずれも背面型のハードケースでの仕上がりで 1, 980円(税込)で販売開始です。 疫病退散! アマビエ様を描いたスタッフ・はるか画伯もこう言います。

次の