貝殻 焼成 カルシウム。 貝殻焼成カルシウム

食品83

貝殻 焼成 カルシウム

画像はリリースより 研究グループは、天然物由来で既存食品添加物であり、次亜塩素酸ナトリウムやアルコールを使った除菌剤の弱点が顕著に認められない焼成カルシウムをベースとする同製剤が、肉類・魚介類の食材を生で喫食するために必用な非加熱殺菌に有用ではないかと考え、検討を開始した。 ただし、焼成カルシウムは食品衛生法で加工助剤という用途に限定されるため、現状では同製剤を食品に直接使用することはできない。 共同研究の結果、焼成カルシウム溶液(主成分は水酸化カルシウム)に低濃度のエタノールと乳酸ナトリウムを追加すると、ノロウイルスを含む既知の食中毒原因微生物に対して強い殺菌作用があり、他の消毒剤に見られた弱点のない製剤が完成した。 この成果は「キンコロスウォーター」として商品化されている。 主に食品製造業の現場で厨房器具の除菌、手袋など汚染防止装備装着後の噴霧除菌、トイレ周りのノロウイルス対策用の目的で使用されている。 O157菌株が一菌体も検出されないレベルまで殺菌 今回、研究グループは、同製剤が生食用牛肉の殺菌に応用できるか否かを検討。 O157の代表EDL933菌株の培養液を薄めた菌液に、牛もも肉を10分ほど浸し汚染させた。 この肉塊を、同製剤中で殺菌処理する場合、高速洗浄や超音波処理のような物理的な殺菌処理を併用すると、殺菌効果が増強されることを発見した。 さらに、途中で殺菌剤を新しいものへ入れ替えるステップを導入するなどの改善により、O157菌株が一菌体も検出されないレベルまで殺菌することに成功したとしている。 今回開発した除菌剤には、非加熱殺菌消毒が困難だとされている生食用の食肉や魚介類、およびワックスのきいた果実などの殺菌消毒へ応用できる可能性がある。 同製剤を物理的な処理法と併用することにより殺菌効果を格段に強化でき、生食用食肉中に1菌体でも検出されてはならないとされる重要な病原菌である腸管出血性大腸菌(いわゆるO157)の殺菌に役立つことが報告されている。 これまでの殺菌手法に比べ、生食用として取り出せる部分が多くなることが見込まれる、と研究グループは述べている。

次の

食品83

貝殻 焼成 カルシウム

抗菌水溶液スプレーとあわせ、「ウィルスファイター」ブランドとして、グループ会社である一陽染工株式会社の公式サイト にて販売を開始いたします。 当社の抗菌マスクフィルターは不織布製で、表面にホタテ貝殻焼成カルシウムパウダー CaO をコーティングしています。 PR 新型コロナウイルス感染症に対する効果はまだ証明されていませんが、原理的には上記の作用が新型コロナウイルスを不活性化させる効果があると考えられます。 強力アルカリパワーでウイルス・菌を不活性化 独自の技術でホタテ貝殻焼成カルシウム粉末を塗布した不織布シートです。 特にマスク内では呼気や飛沫によって水分を伴うため、強力アルカリパワーが持続的に発揮されます。 PR 2. お肌や環境にやさしい天然成分 ホタテ貝殻焼成カルシウムの主成分であるホタテ貝殻は、国産の天然素材。 ご使用可能期間:目安として、おおむね24時間 ご注意 1 マスクは付属しません。 2 カラーはお選びいただけません 3 使い捨てマスクフィルターとしてのみ、ご使用ください。 4 お子様には、保護者の指導監督のもとにご使用ください。 5 衛生用品のため返品交換は不可とさせていただきます。 6 お肌の弱い方やアレルギーをお持ちの方はご使用前にテストしていただくことをお勧めします。 7 本品はウイルスの感染を完全に防ぐものではありません。 ご注意 1 マスクは付属しません。 2 カラーはお選びいただけません 3 使い捨てマスクフィルターとしてのみ、ご使用ください。 4 お子様には、保護者の指導監督のもとにご使用ください。 5 衛生用品のため返品交換は不可とさせていただきます。 6 お肌の弱い方やアレルギーをお持ちの方はご使用前にテストしていただくことをお勧めします。 7 本品はウイルスの感染を完全に防ぐものではありません。 2 お子様には、保護者の指導監督のもとにご使用ください。 3 目に入らないように注意してください。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 4 外用にのみ、ご使用ください。 5 使用後は塗布箇所を十分に乾燥させてください。 PR 6 衣類など、塗布する対象物によっては乾燥後、白く粉浮きすることがあります。 7 衛生用品のため、返品交換は不可とさせていただきます。 8 本品はウイルスの感染を完全に防ぐものではありません。 5cm、 マスク全体:縦12. 5cm 生産国:日本 ご使用可能期間:洗って繰り返しご使用いただけます。 2 マスクを強く引っ張ると、生地を傷めることがあります。 3 マスクはタンブラー乾燥などをお避けください。 洗って繰り返しご使用いただけますが、お洗濯の際は無蛍光洗剤を入れたぬるま湯でもみ洗いしていただくか、洗濯ネットに入れてください。 4 衛生用品のため、返品交換は不可とさせていただきます。 5 本品はウイルスの感染を完全に防ぐものではありません。 天然のホタテ貝殻焼成カルシウムパウダーを、繊維や皮革、樹脂などあらゆる素材にコーティングする技術も、特殊染色の事業から培ったものです 特許出願番号:2020-071124。 PR その取り組み自体は2010年からスタートしており、10年以上におよぶ研究開発活動からエビデンスを収集してきました。 新型コロナウイルス感染症に対する効果はまだ証明されていませんが、原理的には強アルカリ性のホタテ貝殻焼成カルシウムの作用が新型コロナウイルスを不活性化させる効果があると考えられます。 新型コロナウイルスの感染拡大防止に少しでもお役に立ちたいとの思いで私たちBe・GLAD一陽は今後も、アルコールとも次亜塩素酸とも違う抗菌アイテム「ウィルスファイター」の関連製品供給に取り組んでまいります。 社名 :株式会社Be・GLAD一陽 ビーグラッドいちよう 本社所在地 :〒491-0007 愛知県一宮市小信中島字郷浦23番地 TEL:0586-62-5445 設立 :2018年 代表者 :代表取締役 新木 一一 あらきかずいち グループ会社:一陽染工株式会社 PR.

次の

貝殻焼成カルシウムの活用について

貝殻 焼成 カルシウム

生野菜や魚介類などを生食する場合、特に重要なのは除菌や農薬の除去です。 従来から、これらの処理には次亜塩素酸ナトリウムが使われていますが、この処理方法では生野菜などの食味の劣化が著しく、安全と引き換えに、食材が本来持っている自然の美味しさまでも破壊してしまう、大きな問題点がありました。 本製品の成分は天然の貝を超高温で焼き、微粉砕したものです。 (それ以外のものは一切入っておりません)使用に関しては、「水酸化カルシウム」として厚生労働省が認可し、 厚生省公示第120号・食品添加物218」の指定を受けた、安全性、信頼性の高い製品です。 効果 1. 食材の日持ちが良くなります。 水に溶かした時に生ずる強アルカリ性の洗浄力により一般生菌・カビ菌・食中毒の原因菌などが取り除かれます。 更に、マイナスイオンやミネラルによる抗菌コーティング効果が働き、食材の日持ちが向上します。 人体の免疫力を低下させる有害物質を取り除きます。 食材に付着している農薬、ワックス、防腐剤、着色料などの添加物や、環境ホルモンは私達の免疫力の低下、アレルギーなどを引き起こす原因の一つになっています。 私達は有害物質を年間平均3~4kg摂取していると言われています。 人体に不必要な有害物質を取り除きます。 食材本来の旨み・味がよみがえります。 表面に付着している有害物質をそのまま食べていたのでは、食べ物本来の味を損ねさせます。 食品に付着している有害物質を取り去ることで、食品の本来のおいしさを蘇らせます。 環境によい 使い終わったものを下水道に流すと排水管、河川をきれいにしながら自然に還ります。 一般的に市販されている塩素系殺菌剤、漂白剤 は、有機物と結びついてトリハロメタン・ダイオキシンなどの発生の原因となり、環境にとって有害なばかりか器具類を傷め、腐食させる原因にもなります。 次亜塩素酸が水の有機物と反応してトリハロメタンなど数々の有害な有機塩素化合物を生成するのに対して、当製品は有害汚染物質を一切生成しません。 それどころか、汚染物質を分解除去してしまいます。 繰り返しの使用が可能で低コスト、労力や水の使用料も減らせます。 状況によっても違いますが、基本的に溶液は二度以上の使用でも効力が続きます。 又、除菌洗浄で調理器具を劣化させることもなく、あらゆる面で効率的で経済的です。 (お米をザルに取る)その後はいつものように研いで、炊飯します。 保冷2日後の生菌数300以下です。 1%の食塩水に本製品を2%加えた溶液に、20分漬け置き濯ぎ洗いをして冷蔵庫で保管します。 01〜0. 03%を水で溶いて、材料に加えて頂くと、日持ち効果があります。 検査試験成績 1. 供試菌 大腸菌・サルモネラ 2. 接種菌液の調整 供試菌を普通寒天の培地に移植し、摂氏35度で20時間培養後、再度普通寒天培地に移植し、摂氏35度で20時間培養した。 試料の調整 試料は、滅菌精製水0. 5ミリリットルに試験薬0. 15グラムを加えて調整した。 試験操作 試料に接種菌液 0. 5ミリリットルを添加し、摂氏25度で10分間スターラーを用いて撹拌した後、菌数を測定した。 なお、対照として滅菌精製水100ミリリットル を用いて同様に試験した。 菌数測定 試料1ミリリットル当たりの生菌数をSCDLP寒天培地を用いた混釈培養法により測定した。 なお、生菌数測定時の希釈にはSCDLPブイヨンを使した。

次の