ピーマン の 育て 方。 家庭菜園のピーマンに発生する害虫の種類と駆除の仕方と予防法

ピーマンの4つの手入れ方法!支柱の立て方やわき芽かき、肥料や水やりについて。

ピーマン の 育て 方

ピーマンが掛かる病気の発生原因と症状 ピーマン の収穫は6月~10月と長いため、病気の種類も多いのが特徴です。 病気の症状 は葉・茎・根・果実・花とあらゆる部分に現れ、 伝染性の病気も多い ので病気の早期発見に努めましょう。 ピーマンが掛かる病気に多い症状 は 葉が萎れる・葉にモザイク状の模様が出る・葉が縮む・葉がよじれる・株が萎れる・葉が枯れる・株が枯れる・葉が丸まる・葉が曲がる・新葉が黄色くなる・葉が茶色くなる・葉の縁に病斑が出来る・葉が巻く・果実にしみが出来る・淡い黄色の病斑が出る などです。 ピーマンの青枯病 ピーマンの株が 日中に萎れて夜間に回復 する状態を繰り返す 発生しやすい時期 :7~8月 症状の特徴 :株の上部の葉から病気が進行し、葉が萎れて回復することを繰り返し最後は青いまま枯れる。 発生条件 :ナス科野菜の連作や高温で乾燥状態が長く続くと発生する。 窒素肥料の与えすぎ。 治療方法 :薬剤での初期治療が有効。 ピーマンの疫病 ピーマンの葉・茎・果実に 水が染みたような病斑 や カビ が生えた症状が出る。 発生しやすい時期 :6~7月 症状の特徴 :地際の茎では暗褐色の水に染みたような病斑が出る。 葉や果実は腐敗する。 病斑の表面に霜状のかびを生じることもある。 発生条件 :低温多湿が続く時や窒素肥料の与えすぎ灌水時の水の巻き上げにより伝染する。 治療方法 :薬剤による治療が可能です。 ピーマンのモザイク病 ピーマンの葉に黄色や緑色・薄い褐色のまばらな モザイク模様 が出る。 発生しやすい時期 :5~11月 症状の特徴 :葉が細くなったり歪んだりして、葉脈に沿って緑や黄色の濃淡のあるモザイク模様が現れる。 発生条件 :アブラムシによって感染するウイルス病。 治療方法 :薬剤による害虫駆除で予防する。 ピーマンが掛かるその他の病気の種類は? 斑点細菌病:葉が水で染みたようになる 半身萎凋病:株の半分だけが枯れ始める 苗立枯病:育苗中の苗が萎れて枯れる 根腐病:根が腐り生育不良になる ピーマンの病気の発生を防ぐための対策は? ピーマンは連作障害が出やすいので4~5年はナス科の植物を植えていない畑で育てるようにしましょう。 伝染性の病気が出た畑で連作をする時は、抵抗性接ぎ木苗を利用すると病気の発生を抑制できます。 抵抗性の接ぎ木苗で栽培する時は症状が出ないだけで病気が発症していることがあるので他の野菜への感染には注意が必要です。 ピーマンは多湿を嫌います。 水やりは植え付け時にたっぷりと与え、それ以外は土が乾燥した時のみに与えるようにしましょう。 病気の発生を促すだけですので毎日与える必要はありません。 梅雨時期や秋雨時期の雨が多い時期は、原因菌が畑を流れる雨水に運ばれて他の株に伝染してしまいますので、排水計画はしっかりと立てて畝や畝間に水がたまる場所がないように心掛けることも病気の予防になります。 ピーマンは水やり時の泥の跳ね上げによって土壌中で繁殖するウイルスや病原菌が茎や葉の傷口に付着して病気に感染します。 マルチングをして泥の跳ね返りを防ぐことで病気の発生を防ぐことが出来ます。 ピーマンは生育が旺盛で肥料を過剰に与えると葉が茂り過ぎて害虫が寄生しやすくなったり日当たりが悪くなって病気を誘発します。 茂り過ぎた葉は摘葉して肥料の過不足には注意しましょう。 果実を収穫する時は晴れた日の午前中に手で摘み取りましょう。 早い時間で日当たりが良い時間だと傷口が乾きやすいため病気が伝染しにくくなります。

次の

ピーマンに発生する病気の症状と対策

ピーマン の 育て 方

日当たり、水はけのよい場所を選びます。 根が浅いので、粗(あら)起こしでは堆肥(たいひ)を多めに入れて深く耕し、根の伸長を促すようにします。 また、生育期間が長いので、元肥は半量を全層に、半量は緩効性の化成肥料を心肥として施し、畝を立てておきます。 畝立て後にマルチングをして地温を高めておくと、活着や初期生育がよくなります。 畝の中央部に1条植えにしますが、株元が畝面より少し盛り上がった状態の、浅植えにしておくのがコツです。 1番花が咲く直前の苗なら申し分ありませんが、あまり若苗のときは、一回り大きめのポットに鉢替えし、500倍液肥を施し、大苗に育ててから植えた方が、その後の生育・収量がよくなります。 植え付けが終わったら支柱を立てて、風で株元が揺らがないように誘引しておきます。 植え付け後に仮支柱を立て、苗が倒れないようにする。 その後、本支柱を立てて誘引する。 早植えをしたときは、マルチをするかホットキャップなどで保温するとよい。 整枝、誘引 ピーマンは主枝の8〜9節に1番花をつけ、以降、各節に花とわき芽をつける性質があります。 1番花のついたわき芽は強く伸びるので、そのまま伸ばし、それより下のわき芽は早めに摘み取ります。 また、主枝の2番花がついた節のわき芽、最初に伸ばした側枝の1番花の節のわき芽も強く伸びるので、計4本を主枝として育て、支柱に誘引します。 以降、4本の主枝から出てくる側枝は、3節で摘芯して、上部のわき芽の発生・生長を促します。 貧弱で着果しない側枝(無効枝)は早めに間引いて、株全体の日当たりをよくしてやります。 ほかのわき芽は放任しますが、わき芽が込みすぎたら間引きをして株全体の日当たりをよくし、花がつくよう促します。 また、1番果を収穫した時、幹につけてあった葉は摘み取って、株元の風通しをよくしておきます。 着果数が多くなって、細い枝が垂れ下がるようになるのを防ぐため、支柱からヒモでつり上げるように誘引し、樹勢の回復を図ります。 1番花直下の強く伸びるわき芽は伸ばす。 基本的な整枝が終わった状態。 あとは一番果の収穫時に、収穫果から下の葉を摘み取って、風通しをよくする。 わき芽や葉をとりすぎたり、乾燥させると日焼け果が出やすい。 わき芽の発生が多いので、枝は弱々しい感じがする。

次の

家庭菜園のピーマンに発生する害虫の種類と駆除の仕方と予防法

ピーマン の 育て 方

栽培のポイント• 過湿にも乾燥にも弱いため、高畝で水はけをよくする• 定期的に追肥を施しながら育てる• カラーピーマン・パプリカは、完熟してから収穫する カラーピーマンとパプリカの違い ピーマンもパプリカも、どちらもの甘味種です。 ピーマンは緑色ですが、これは未成熟のものを収穫しているため。 ピーマンは完熟すると赤色や黄色、オレンジなどに色付き、その完熟果がカラーピーマンです。 パプリカは、カラーピーマンの中で大型で肉厚な品種のものを指します。 ピーマン・パプリカの栽培時期 ピーマン・パプリカの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。 2月中旬に種をまいてポットで育てた苗は、5月上旬に植え付け、6月下旬から10月いっぱいまで長期間収穫できます。 発生しやすい病害虫 ピーマン・パプリカに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 青枯病(あおがれびょう) 元気だった株が急にしおれ、青みを残したまま枯れてしまいます。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 葉が黄化してえそ斑点を生じ、症状が激しいと株全体が枯れてしまいます。 原因ウイルスをミナミキイロアザミウマが媒介します。 白絹病 株の地ぎわや周辺の土壌に白い糸状のカビが発生します。 地ぎわ付近の茎や根が腐敗し、やがて株全体が枯れます。 害虫 モモアカアブラムシ 体長1〜4mmの小さな虫が集団で棲みつき、吸汁加害します。 モザイク病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

次の