函館 新聞 コロナ。 【速報】新型コロナ、空知管内で1人感染 / 函館新聞電子版

函館「FMいるか」、コロナ禍の地元企業と休業児童生徒をラジオ放送で応援

函館 新聞 コロナ

自慢の黒毛和牛を手に食べ放題企画をPRする「一寸酔って粋な夜」の岡田店主 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、函館市内の飲食店では団体客の予約キャンセルが相次ぐなど厳しい状況に直面している。 そんな中で緊急的に格安のサービスを打ち出し、離れた客足を少しでも取り戻そうとする飲食店の動きも出てきた。 宝来町の「印度カレー小いけ本店」では、2月28日から3月13日まで「スパイスで免疫力アップ」と銘打ち、メニュー全品を半額にする企画を展開している。 定番のカレー(通常800円)やかつ丼(同1100円)などのフードメニューのほか、生ビール(同500円)やグラスワイン(同350円)などのアルコール類も対象。 また、限定メニューの親子丼を440円で提供している。 同店担当者は「ただ待っていても、離れた客足は戻ってこない。 こういう状況でも足を運んでもらえる人たちに感謝の気持ちを込め、思い切って企画を打ち出した」としている。 持ち帰り可(容器代50円別途)。 営業時間は午前11時~午後3時、同5時半~9時(いずれもラストオーダーは30分前)。 定休は水曜と第1木曜、問い合わせは、同店(0138・22・5100)へ。 松風町の焼き肉店「一寸酔って粋な夜(ちょいとよっていきなよ)」では、2月21日から、3850円で黒毛和牛を含む食べ放題企画を実施している。 焼き肉メニューの黒毛和牛3点盛りや牛タンほか、高級生ハムのハモンセラーノを使ったサラダ、数種類のパスタ、スイーツなど20種類以上のメニューを用意。 また、宴会用で仕入れた材料の余剰分があれば、ウニとイクラと和牛を使った「肉ずし」など、その日限定のメニューも食べ放題に加える。 同店の2月の売り上げはコロナウイルスの影響によるインバウンド客の大幅減で、前年同月の半分以下にまで落ち込んだ。 今後も回復が見通せないことから、現在抱える約20キロの肉の在庫がなくなり次第、一時休業を検討している。 食べ放題の原価率は8割を超えるという。 店主の岡田卓己さん(38)は「このまま営業を続けていても、赤字なので事態が収束するまで一時的な休業を考えている。 食べ放題は材料を廃棄するぐらいなら来てくれる人たちに格安で食べてもらおうと企画した」と話している。 営業時間は午後6時~同11時頃。 定休は日曜。 電話予約時に函館新聞を見たと伝えると、飲み放題(1時間半、1650円)で生ビールも選べるようになる。 問い合わせは、同店(070・5066・0819)へ。 本町のバー「evit(エビット)」では、メキシコ生まれの「コロナビール」(通常900円)を語呂合わせの567円で提供している。 同店を含む市内の飲食店では、2、3月の団体予約が軒並みキャンセルになるなど苦しい状況にあるが、明るい話題でまちを盛り上げようと企画。 店主の山上幸代さん(42)は「ネガティブな空気が広がっているが、こういうときだからこそ、楽しめる場を提供していきたい」と話している。 営業時間は午後8時~翌午前3時。 問い合わせは、同店(0138・53・0883)へ。 関連記事.

次の

新型コロナ:函館にPCR検査センター、5月中に開設 :日本経済新聞

函館 新聞 コロナ

自慢の黒毛和牛を手に食べ放題企画をPRする「一寸酔って粋な夜」の岡田店主 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、函館市内の飲食店では団体客の予約キャンセルが相次ぐなど厳しい状況に直面している。 そんな中で緊急的に格安のサービスを打ち出し、離れた客足を少しでも取り戻そうとする飲食店の動きも出てきた。 宝来町の「印度カレー小いけ本店」では、2月28日から3月13日まで「スパイスで免疫力アップ」と銘打ち、メニュー全品を半額にする企画を展開している。 定番のカレー(通常800円)やかつ丼(同1100円)などのフードメニューのほか、生ビール(同500円)やグラスワイン(同350円)などのアルコール類も対象。 また、限定メニューの親子丼を440円で提供している。 同店担当者は「ただ待っていても、離れた客足は戻ってこない。 こういう状況でも足を運んでもらえる人たちに感謝の気持ちを込め、思い切って企画を打ち出した」としている。 持ち帰り可(容器代50円別途)。 営業時間は午前11時~午後3時、同5時半~9時(いずれもラストオーダーは30分前)。 定休は水曜と第1木曜、問い合わせは、同店(0138・22・5100)へ。 松風町の焼き肉店「一寸酔って粋な夜(ちょいとよっていきなよ)」では、2月21日から、3850円で黒毛和牛を含む食べ放題企画を実施している。 焼き肉メニューの黒毛和牛3点盛りや牛タンほか、高級生ハムのハモンセラーノを使ったサラダ、数種類のパスタ、スイーツなど20種類以上のメニューを用意。 また、宴会用で仕入れた材料の余剰分があれば、ウニとイクラと和牛を使った「肉ずし」など、その日限定のメニューも食べ放題に加える。 同店の2月の売り上げはコロナウイルスの影響によるインバウンド客の大幅減で、前年同月の半分以下にまで落ち込んだ。 今後も回復が見通せないことから、現在抱える約20キロの肉の在庫がなくなり次第、一時休業を検討している。 食べ放題の原価率は8割を超えるという。 店主の岡田卓己さん(38)は「このまま営業を続けていても、赤字なので事態が収束するまで一時的な休業を考えている。 食べ放題は材料を廃棄するぐらいなら来てくれる人たちに格安で食べてもらおうと企画した」と話している。 営業時間は午後6時~同11時頃。 定休は日曜。 電話予約時に函館新聞を見たと伝えると、飲み放題(1時間半、1650円)で生ビールも選べるようになる。 問い合わせは、同店(070・5066・0819)へ。 本町のバー「evit(エビット)」では、メキシコ生まれの「コロナビール」(通常900円)を語呂合わせの567円で提供している。 同店を含む市内の飲食店では、2、3月の団体予約が軒並みキャンセルになるなど苦しい状況にあるが、明るい話題でまちを盛り上げようと企画。 店主の山上幸代さん(42)は「ネガティブな空気が広がっているが、こういうときだからこそ、楽しめる場を提供していきたい」と話している。 営業時間は午後8時~翌午前3時。 問い合わせは、同店(0138・53・0883)へ。 関連記事.

次の

アベノマスクを商品券と交換 函館朝市、1組で500円 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

函館 新聞 コロナ

「他地域ナンバーの車への嫌がらせがあるというニュースを見て、ひとごととは思えなかった」 北海道函館市の紙器メーカー丸栄堀川紙器が、「函館在住」と刷り込んだシールを発売した。 ナンバープレートの近くの車体に貼って、地元住民であることを知らせるねらいだ。 シールを考案したのは花岡孝一取締役(36)。 東京出身、4年前に函館へ引っ越してきたが、当初、前の住所地のナンバーの車に乗っていた。 それだけに、道の駅や商業施設の駐車場で、他地域のナンバーの車に嫌がらせの書状が置かれたり、運転中にあおられたりした、という話を聞いて、心を痛めた。 「他地域ナンバーでも、遠方から遊びに来た人とは限らない。 引っ越ししたばかりや転勤族かもしれない。 嫌がらせは愚かなことだと分かってもらえれば」 函館市は、札幌に本社がある企業や官公庁などの出先機関が多いためか、「札幌」ナンバーの車は少なくない。 早くも不安を感じている人からの問い合わせが相次いでいるという。 「函館は、こんなシールがいらない街であってほしいんですが……。 まちがった正義感を振りまく人たちを笑い飛ばすことができたらな、という気持ちもあります」と花岡さん。 道路運送車両法によると、運輸支局の管轄が異なる地域へ転居すると、車のナンバーを変更しなくてはならない。 だが、実際は、車庫証明の取得など複雑な手続きがあり、転居してもナンバーをそのままにしている人は多い。 シールは赤と黒の2種類。 10センチの正方形で1枚330円(税込み)。 丸栄堀川紙器(本社・函館市東雲町)の事務所でのみ販売する。 問い合わせは電話0138・23・8121まで。 (三木一哉).

次の