瓜田 に 覆 を 納 れず 意味。 「誤解を与えない」瓜田不納覆、李下不整冠

采薇庵・李下に冠を整さず

瓜田 に 覆 を 納 れず 意味

瓜田不納覆、李下不整冠。 [書き下し文] 君子は未然に防ぎ、嫌疑の間に処 お らず。 瓜田 かでん に履 くつ を納れず、李下 りか に冠を整さず。 [原文の語訳] 君子は未然に防ぐことで嫌疑をうけない。 瓜畑では靴を履かず、李の木の下では冠を直してはならない。 [解釈] 人などに疑われるような行動はしていけないということです。 瓜畑で靴を履こうと屈んだり、李の木の下で冠を直そうと手を挙げていると作物を盗もうとしていると勘違いされかねないのです。 自分では意識してない何気ない言動でも、周りの人に疑念や不信感を与えてしまってはもったいないです。 思わぬ濡れ衣を着せられるなんてことも。 階段の下で靴紐を結び直したり、歩道橋の下で空を見上げたり。 本屋でしきりに鞄を開けたりしていると不審がられますよね。 グループで食事に行った際に、会計時になって急にトイレに行ったり電話をかけたりし始めると周りから「ん? 」と思われることも。 「あの人は自己満足だったり、自分の興味のあることしか考えてないんじゃないか? 」などと勘ぐられるトップには困りものです。 [参考] [中国古典一日一言] 今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋 著 から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

次の

「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」 をアベ首相は読めますか? また、意...

瓜田 に 覆 を 納 れず 意味

瓜田不納覆、李下不整冠。 [書き下し文] 君子は未然に防ぎ、嫌疑の間に処 お らず。 瓜田 かでん に履 くつ を納れず、李下 りか に冠を整さず。 [原文の語訳] 君子は未然に防ぐことで嫌疑をうけない。 瓜畑では靴を履かず、李の木の下では冠を直してはならない。 [解釈] 人などに疑われるような行動はしていけないということです。 瓜畑で靴を履こうと屈んだり、李の木の下で冠を直そうと手を挙げていると作物を盗もうとしていると勘違いされかねないのです。 自分では意識してない何気ない言動でも、周りの人に疑念や不信感を与えてしまってはもったいないです。 思わぬ濡れ衣を着せられるなんてことも。 階段の下で靴紐を結び直したり、歩道橋の下で空を見上げたり。 本屋でしきりに鞄を開けたりしていると不審がられますよね。 グループで食事に行った際に、会計時になって急にトイレに行ったり電話をかけたりし始めると周りから「ん? 」と思われることも。 「あの人は自己満足だったり、自分の興味のあることしか考えてないんじゃないか? 」などと勘ぐられるトップには困りものです。 [参考] [中国古典一日一言] 今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋 著 から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

次の

【李下に冠を正さず】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

瓜田 に 覆 を 納 れず 意味

「瓜田 かでん に履 くつ を納 い れず」とは? これは、寡聞にして存じ上げない格言でした。 意味を調べると、疑念を招くような行為は避けよ、という戒めだそうです。 瓜畑で靴が脱げても、ウリを盗むのかと疑われる恐れがあるので、かがんで靴を履き直すようなことはすべきではないということです。 「履を納れず」は、靴に足を入れるという意味なんだとか。 古代中国で編纂された詩文集『・古楽府・君子行』に、「君子は未然を防ぎ、嫌疑の間に処らず、瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず(すぐれた人は事件が起こる前にそれを予防し、あらぬ疑いを抱かれるような立場に身を置かない、瓜畑では靴を履き直すことをせず、スモモの木の下では曲がった冠を正すようなことはしない)」とあるのに基づいています。 何気ない言動が、誤解を招き、人を傷つけていないか? 普段何気なく口に出したり、やってしまったことが、他の人にどのように受け止められているか、もしかしたら傷つけていないか、ということは、よほど注意深くしていないと分かりません。 最近では、痴漢問題が多く報道されています。 痴漢と疑われ、冤罪とならないためには、どのようにしたらいいのでしょうか。 疑われたら、線路に飛び降りて逃げるというのは論外ですが。 でも、何もしていないのに痴漢に間違われたら「とにかく逃げろ!」という説が都市伝説のようになっています。 普段の生活のシーンでも、これはセクハラではないか、パワハラではないか、マタハラではないか・・・と気を遣うことが多くなってしまいました。 まあ、とにかく常識的な言動を心掛けて過ごしていくしかありませんよね。 ・・・・・・・ さて、今日はここまでにしましょう。 ではまた! ・・・・・・・・・・・・ 2017. 17記.

次の