反 重力 生命 体 と は。 地球上でUFO開発 ~ビーフェルド・ブラウン効果による反重力~

アグル・反重力生命体の正体【Mr.関暁夫さんからのメッセージ考察】

反 重力 生命 体 と は

みなさんこんにちはikaです! 先日関暁夫さんが、Mr. 都市伝説 関暁夫から皆さんへ【反重力生命体】決して表には出なかったニュース👁 という動画を公開されましたね。 私もこちらの動画の考察を一度公開させていただきました。 それは関さんの動画の1:19あたりで3重螺旋構造のDNA画像が出てくるので、過去のやりすぎ都市伝説でそういえばこの内容が公開されていたな〜ということを思い出しました。 その番組ではフォトンベルトが取り上げられ、フォトンベルトの強力なエネルギーの中に地球が入っていくことで、光の高エネルギーにより遺伝子に異変が起こり、遺伝子レベルで人間が進化したり、人間どころか地球そのものまで、より高次元の存在へとシフトする内容であるということでした。 ということで、3重螺旋構造のDNAとフォトンベルトについて考えた内容でしたが、今回の考察動画は、このタイトルにもなっている【反重力生命体】とは具体的になんなのかということについて考えてみます。 チェキ! 反重力生命体について この【反重力生命体】のことについて、まずは「反重力」という言葉をウィキペディアで調べてみると、「反重力とは、物質・物体に加わる重力を無効にしたり、調節したりする、とされる架空の技術である。 現実の物理学では一般に不可能と考えられてきたもので、多くはSF作品に宇宙航行の基礎技術として登場する。 」という意味に当たるということです。 反重力はデータか? では、【反重力生命体】というように物体に加わる重力を無効にできる生命体の存在って果たして可能なのでしょうか? 生命体、つまり生き物にはみんな重量があるので「反重力」として重力を無効にして存在するのは不可能であると思うのです。 しかし、「ある状態」でならば生命体の存在は可能になります。 生命体とは人間か? 生命体とはもちろん生きている人やものです。 動画には人型が映し出されていましたので、生命体=人 だとすると、人が「ある状態」でならば「反重力」つまり重力を無効にして存在するのは可能であると思うのです。 それが、 自分のデータ。 自分のデータとは、アバター 関さんの動画で流れていた音声で、「これから人間は時空を超えて存在することになる」、「人間が作ったロボットではない」というものがありましたが、自分のデータ即ち アバターであればそれはロボットではないことになりますし、時空を超え存在することも可能になるのかと思います。 画像の違和感 今回の動画の構成としては黒い背景に緑の文字が刻まれていき、それを遠目で見たときに人型(頭上には未確認飛行物体と切り替えでキューブ)が出てくるという構造でした。 文字で構成されているので当然のことにはなるのですが、昔のファミコン世代のゲームキャラクターのような荒いレトロな画像の人型でしたよね。 個人的にはあの表現方法が、なんとなくアバターっぽいなという感じがしましたが、みなさんもそのように思われませんでしたか? 「きぼう」にアバター設置される ちなみに、5月21日は「こうのとり」9号機が打ち上げられ、「きぼう」にアバターを設置する予定だそうです。 JAXAによると、日本実験棟「きぼう」を活用し、『宇宙アバター事業』の創出に向けたプロジェクトを始動するとのことで、宇宙アバターという「space avatar(スペースアバター)」というものを設置し、その操作体験を一般の方に提供し、この「space avatar」をリアルタイムで直接動かし、「きぼう」船内から宇宙や地球を眺めることが可能にると言います。 人型の頭上のキューブはサーバーか 緑の人型アバターらしきものの頭上には未確認飛行物体が出てきますのでアブダクションを表現していたように思えます。 つまり上昇していく、吸い込まれていくということですね。 その未確認飛行物体がのちにキューブに切り替わるのですが、仮に人型をアバターとすると頭上のキューブは一体何を表しているのでしょうか。 私はサーバーを連想しました。 ところで、今年のやりすぎ都市伝説2020春スペシャルでは、このサーバーとアバターに関連する内容が取り上げていましたよね。 この動画はある計画の点に向かって進行しているのだと私は思います。 それが内閣府が掲げる ムーンショット計画。 全てはムーンショット計画へのシナリオ 内閣府が掲げるムーンショット計画にはいくつか目標が設定されおり、目標1では「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」という内容が掲げられています。 人間が次なるステージへ行くためのシステム この目標の中には「誰もが多様な社会活動に参画できるサイバネティック・アバター 基盤」の構築が掲げられています。 みんなが自分のアバターというものを持ち、そのアバターが社会活動に参加することができるような基盤を整える、という意味であると思います。 サイバネティック・アバター生活 具体的に内閣府ホームページは、「2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。 」 そして、「2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。 」 と公表されています。 アバターとムーンショット計画の点を線で結ぶ これらのことから、今回の関暁夫さんの新しい動画で出てきた反重力生命体は、色んな見方ができるのですが、前回のやりすぎ都市伝説で「ムーンショット計画」が取り上げられていたということで、個人的には 反重力生命体=アバター がしっくりきました。 関さんの動画を視聴するにあたり、忘れてはならないこと ここで、どうしても関さんの動画を視聴するにあたり、忘れてはならないと思うことがあります。 それは以前投稿した動画でも述べているのですが、関さんはある組織に入っています。 組織から向けられた目 YouTubeライブで「この動画も規制対象になっている」とおっしゃっていましたが、当然組織の目があるので、組織が嫌がることは動画では話せないので、視線を気にしながらビジネス的な側面で情報を発信されている可能性があるということです。 そちらを踏まえた上で見ていかないと、一方的に「アバター化のことを話しているなんて、怖いな〜関さん」というイメージになってしまうので、背後の状況を踏まえて見るということがやはり必要だと考えます。

次の

【全文書き起し】反重力生命体決して表には出なかったニュースを解説・考察! 結局あれだった。

反 重力 生命 体 と は

ビーフェルド・ブラウン効果 コンデンサーの誘電体に電圧を加えた際、マイナス極側からプラス極側に力が発生しているように見える現象があります。 この現象がビーフェルド・ブラウン効果であり、トーマス・ブラウンというアメリカ人男性によって発見されました。 彼は高校時代、X線を発生させるクーリッジ管のスイッチを入れると、管に何らかの力が作用する事に気付きました。 カルフォルニア工科大学に進学した後もこの問題を追及しましたが、彼の発見した現象に興味を持つ教授とは巡り会えなかったのです。 のちにブラウンはデニソン大学に移り、その大学のポール・ビーフェルド教授が彼の発見に関心を持ちました。 彼らは、充電したコンデンサーで実験を繰り返し、のちにビーフェルド・ブラウン効果と呼ばれる法則を突き止めたのです。 そして、その実験結果について専門雑誌で発表しました。 高電圧の電界が重力場に働きかけ、推進力を生み出す事が確認されたのです。 その後、ブラウンはあらゆる実験でその効果を実証し、1953年、直径20フィートの円形コースに沿って、円盤状の物体を飛行させる事に成功します。 電気回路や装置に外部から5万ボルトの印加電圧をかけ、50ワットの電力を送り込むというものでした。 この実験では毎秒17フィート(時速約20km)という最高速度を達成しました。 ブラウンはこれらの成果を統一場理論に結び付けた説明を試みましたが、その原理は未解明のままです。 スポンサーリンク 秘密兵器 B-2ステルス爆撃機 自ら実験を行い、ビーフェルド・ブラウン効果を確認した研究者は多く存在します。 のちにブラウンは、米海軍の実験室で特別プロジェクト「ウィンターヘイブン」に携わりました。 1950年代には空中における数々の実験を行い、アメリカ国内の航空会社も同様の研究を行っています。 しかし、研究結果の大部分は秘密事項とされました。 1994年出版のトーマス・バロネ博士の著書「エレクトログラビティック・システムズ」にはこのような記述があります。 アメリカのポール・ラ・ビオレッテという宇宙物理学者が「ブラウンによる電気重力テクノロジー関連の研究は、1954年から米空軍の下『ブラックプロジェクト』として実施され、これがB-2ステルス爆撃機の推進原理に用いられている」と述べたという旨の記述です。 B-2ステルス爆撃機の翼先端部にあたる「リーディング・エッジ」を電気的にプラスとし、排気ガスをマイナスイオンで帯電させます。 そうする事により電位差が生じ、推進力が発生するというのです。 B-2ステルス爆撃機はステルス性を持つ米空軍の爆撃機で、水平尾翼及び垂直尾翼を持たない全翼機という特徴的な形をしています。 ステルス性や長い航続距離などを追及し、この爆撃機の開発が1978年に始まりました。 当初ソビエト連邦の防空網をうまく通り抜け、ICBMの発射基地や移動式ICBMの発射台に核攻撃を加える事を目的としていました。 開発初期は、米空軍上層部にすら非公開のプロジェクトで、想像図が公に出された1988年4月まで、公式情報はほぼなかったのです。 B-2ステルス爆撃機の反重力推進 ビオレッテ氏は「B-2は反重力で動いている」と指摘しています。 彼によれば、米空軍の研究班は強力な静電気を帯電させられる物質を探し、最も強力な静電気を帯電させられる物質は劣化ウランだという結論にたどり着いたという事です。 そこで、軽量かつ円盤状の飛行機の表面全体に劣化ウランを塗り、フレーム・ジェットジェネレーターによって強い高電圧を発生させ、飛行機表面が強力な静電荷を帯びるようにしました。 それにより、UFOのような自由な動きが再現できるようになりました。 これがB-2の成り立ちです。 通常は併用しているジェットエンジンを稼動させ、UFOに近い動きをさせるために静電気を使います。 高速で飛行する際はジェットエンジンを止め、ビーフェルド・ブラウン効果だけによる飛行に切り替わるのです。 この図はビオレッテ氏によるB-2ステルス爆撃機の反重力推進の作動原理を示したもので、作動原理の概要は以下の通りです。 スポンサーリンク ガルシア氏の撮影した飛行中のB-2ステルス爆撃機 大型旅客機メーカー、ボーイング社のボビー・ガルシア氏は、この反重力推進の飛行状況をカメラに収めました。 彼が撮影したのは、軍事任務でB-2が低い高度で、高速で飛ぶ様子です。 通常のジェットエンジンを用いる推進から電気重力推進にチェンジした事により、機体の上にコロナ放電が発生しています。 内部情報では、B-2が反重力で飛行している間、極めて大幅に重力を低減するとされます。 なおビオレッテ氏の指摘によれば、ジェット戦闘機が音速を超える時生じる現象と、B-2のコロナ放電は異なるという事です。 一説では、反重力を用いたB-2は相当な高度で飛べ、宇宙空間にも到達できるとされます。 NASAは宇宙推進に利用できるようなコンセプトを調査するため、ビーフェルド・ブラウン効果を含む研究を、画期的推進物理学プログラムとして始めました。 こうして作られたB-2ステルス爆撃機は、アフガニスタン戦争の際アフガニスタンを爆撃し、どこにも着陸せず、空中給油も一切受けず米本土に帰還しました。 ビーフェルド・ブラウン効果によって、マイナス極からプラス極へ向かう真空を足場とした力で飛行している時には、外からのエネルギー補給は一切されません。 こうした点から、エネルギー保存則を大きく超えている事がわかります。 米空軍の研究班は、B-2ステルス爆撃機が多大なフリーエネルギーを利用している事を大いに意識していましたが、彼らはこれを敢えて公表しませんでした。 公表すれば、現代物理学の根本的な基本原則のエネルギー保存則が覆り、現代世界経済の産業構造も覆る恐れがあるからです。

次の

宇宙人はすでに地球に存在する!地球上に存在する4種の宇宙人│都市伝説パラダイス

反 重力 生命 体 と は

みなさん、こんにちわ!モブケンです! 今回は都市伝説考察シリーズになります。 都市伝説好きなら見たかと思いますが、Mr. 都市伝説さんの先日の動画を考察。 こちらの動画で関さんは反重力生命体について語っていました。 反重力と言われて思い付くのは、テクの発展で新たに反重力装置が開発されたということなのか?はたまた精神的な意味での反重力生命体のことなのか?そんな謎に迫りたいと思いまふ。 まず、関さんが言っていたことについて。 反重力生命体が生まれた。 それがニンゲンの中に入ったり兵器として使われるとのこと。 またこれから反重力生命体が目撃されることもあるとのこと。 一体この人はなんなんだ🤔ここまで自信満々に言われると嘘も本当になってきそうですね。 過去のやりすぎ都市伝説とご自身の書籍で反重力について語っていました。 そこには漫画「」をだして、こう語っています。 抜粋致します。 【の警告】 が舌を出している有名な写真がありますよね どうして天才は舌を出して写真に納まったのか・・・その理由って考えたことありますか? ユーモア溢れる人だったから ああいうた写真を残した と いう説もありますが 僕が聞いている話は違います 彼はあの行為で 人類にあるメッセージを残したんです 天才であるが故に はこの世の果てを見てしまいました そして人の行く末を知ってしまった は舌を出しながら 【人間は愚かな生き物なんだ】 と 伝えていたのです では 天才が見たこの世の果てとは いったいどんな世界なのか 想像もつかないでしょうが 実はそれは 日本を代表するあの漫画に 既に描かれていたんです 先生の【AKIRA】が 世界的ヒットした理由が 実はと 結びつくのです まずは この世の果てをどうやって見たかから説明しましょう といえば有名なのは 【】 とかとか 色々ありますが この自体を 完全に理解している人は この世に10人にも満たない それくらい複雑なものだと言われています こので が何を言いたかったかと言うと 例えば 光の速度で走る電車があるとする それに乗って外を見ると 全てのものが歪んで見える 今 あなたの目の前にあるコップも 固い机も 光の速度を超えて映像を見ると 全部歪んでいるんです だから曲がるはずのない鉄も光の速度を超えると グニャリと曲がってるんですよ 要は この空間というのはあるようでないモノだってことに たどり着くそうです さて 人類は100年周期で歴史的な発明・発見をしています 19世紀最大の発明は何かわかりますか? そう です を発明したことが につながり文明が変わりました では20世紀は? これは核です つまり人類はエネルギーを作ることを可能としました 言い換えれば 太陽を作ることを可能にしたんですね 蛇足ですが クローン技術によって人間の手で 生物を作り出すことも 可能にしました 20世紀の時点で人間は神の領域に手をかけているんですよ では21世紀です この100年ですね 何が発明されたら人類の歴史が変わると思いますか? 21世紀に生み出されるべき発明とは? 答えは反重力装置です つまり世の中の全ての物事が浮くようになります 今まで道路を走っていた車が 空を飛ぶ時代が来る 誰もが夢見た 未来予想図が実現する時代が来るんです しかし 同時に反重力の世界は恐ろしさを秘めています 明るい未来予想図というのとは ちょっと違ってくるんです 考えてみてください 誰かが何かの拍子に反重力装置と反重力装置をくっつけるとします その時 何が起こると思いますか? 例えば鉄 硬いといえども結局は分子と分子が結合してできている訳です だから反重力装置を両端にくっつけたら 綺麗に真っ二つに割れます では同じように空気中で反重力装置をくっつけて離したら? その瞬間 何が起こるを思いますか? 答えはビッグバンです 四次元空間ができるんです 人間はビッグバンを作ることを可能にするんです そして今の文明を見てもわかるように 人間はなんでもコンパクトなものにさせますから 反重力装置が開発されてしばらくすれば 手のひらで使えるサイズにするでしょう つまり人が手のひらで ビッグバンを起こせるようになるんですよ さぁ ここでやっとAKIRAが出てきます なぜAKIRAが 世界的にヒットしたか 単純に絵のタッチや内容の良さというのとは別の理由があります 初めて手のひらでビッグバンを作ることを描いたのがAKIRAだったんです だからそこにカの科学者が真っ先に食いついた 人間が想像するものって全て実現できるんです AKIRAで描かれた手のひらビッグバンも きっと実現する日が来るのでしょう 問題はここから先です 人間は手のひらで宇宙を作ったら どうするか 核で太陽も作れる それにその頃には人間のクローンも 作れるようになっているでしょう そうなるとそのビッグバンの中に 人間は自分の星を作るんです 自分の気の合う人のDNAだけでクローン人間を作り 住ませます 男女問わず 誰しも一国一城の主でいたいという 【王様】願望を持っていますよね 女だけの星に住みたければ 自分好みの女の子のDNAだけで そういう人の星を作ることもできます クローン達に働かせて 自分は食べて過ごす事も可能です そうやってみんな自分が作った世界にもぐりこんでいく その時 地球表面には何が残ると思いますか? 何も残りません の星になるんです には そこまで見えていました そして【地球の表面にはいずれ何もなくなりますよ。 人間は愚かな生き物なんですよ】 という意味を込めて舌を出したんです 僕らみたいな一般人には想像もつかない世界が 天才科学者には わかっていたんですね ただね 僕は少し気になっているんです これは本当にの頭の中だけで済んでいる話なのか と もしかしたら その世界はすでに実現していて 僕らも何者かによって 培養され 働かされているのかもしれない 気がつかないだけで・・・ ・ 引用 の都市伝説より 最後の言い方はゾっとしますが、これが出たのが2006年ですから今から14年前になります。 当時は都市伝説だった出来事も現在では現実味を帯びてきましたよね。 ちなみに余談ですが漫画「」に2020年中止という場面があることはご存知でしょうか?あなたの好きな漫画にも未来を予知した内容があるかもしれません。 よかったら探してみてください。 話に戻りまして、関さんが言う反重力生命体とは。 「」で描かれたような反重力装置を持ったニンゲンのことをいっているのでしょうか?これなら兵器として使われることは確かですね。 別の観点からも探ってみましょう。 みなさんは昆虫について疑問を抱いたことはありませんか?薄い羽でも素早く飛ぶことができたり、人間や動物と全く違う生態系であったり。 よくよく考えると不思議な生き物ですよね。 そんな昆虫を研究し続けた天才学者こそ、ロシアの昆虫学者ヴィクトル S グレベニコフ教授。 彼は自然の造形物だけでなく、人工的な構造物が生み出す「空洞構造効果」を発見しただけでなく、1988年には、ある昆虫の殻に「反重力効果」があることを発見した。 そして、反重力が作用するに存在する物体は、完全または部分的に視覚できなくなるか、ゆがんで見える現象も発見した。 この発見に基づいて、彼は最高で(理論上)時速1500kmというスピードで飛行可能な反重力プラットフォームを製造した。 そして、1990年以来、彼は高速移動のために、その装置を利用してきたという。 引用 残念ながら彼が発見した昆虫について公表することなく、この世を去ってしまいました。 公表しなかったのは公表してしまうとその昆虫が絶滅危機になってしまうことなどを恐れたのではとされています。 その後彼の意志は引き継がれて、ついに反重力装置は完成したようです。 ロシア人のアレクセイ・チェクルコフ氏が2018年ににアップした動画が話題になったそう。 その動画では、コードにつながれた円盤状の装置がふわりと中に浮かんでいる様子が写されている。 こちらの構造や昆虫について知りたいかたは調べてみてください。

次の